ネギ速

ネギ速では2ちゃんねるのまとめサイトですがネット上の面白いコンテンツも独自の手法で掲載しています。クスっと笑えるネタから泣ける話、おもしろ・時事的ニュース、思わず吹いてしまう画像~画像集まで幅広く扱っているサイトです。

法的措置


ネギ速おすすめ記事

オススメピックアップ!







【速報】佐野研二郎、マスコミに法的措置wwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加


佐野研二郎


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/06(日) 23:19:51.00 ID:???*.net


    佐野氏代理人通じ報道機関に申し入れも会見「ない」
    2015年09月06日 16時00分

    佐野研二郎氏


    2020年の東京五輪・パラリンピックのエンブレムを取り下げたデザイナーの佐野研二郎氏(43)が4日、一連の盗用疑惑を巡る騒動で、代理人を通じて報道機関に「近時の過熱報道について」と題された文書を送付した。

    文書では「極めて遺憾ながら、第三者の作品が依頼者(編集注・佐野氏のこと)のデザインとして報じられ、更には、創作時間等を正確に把握・確認することもない記事が『酷似』等の見出しと共に報道されることにより、あたかも依頼者の著作権侵害を推認・示唆させるような報道が為されるに至っています」と現状を憂慮。
    エンブレム撤回以後も佐野氏の過去の作品について、盗用を疑う声は増すばかり。

    「そもそも、思想・アイデアそのものが著作権法に基づき保護されるものではないことは、著作権制度の国際的かつ基本的な原則」。
    代理人弁護士が所属する法律事務所はエンターテインメント分野に強く、知的財産権や著作権のプロフェッショナルとみられる。

    続けて、「万が一、本書簡到達後も適切な取材に基づく客観的な報道が為されず、同様の取材・報道態勢が続くのであれば、名誉棄損等の法的責任を伴うものと判断した段階で、直ちに法的措置を講ずると共に、関係機関等に対して人権侵害を理由とする申立てを行う予定であることを、念のため申し添えさせていただきます」としている。

    佐野氏追及に躍起なネット世論は佐野氏の会見を求めている。
    佐野氏はエンブレムが取り下げられた1日に「模倣や盗作は絶対にしていない」「もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況」などとホームページ上でコメントを発表しただけで、本人は雲隠れしたまま。

    代理人は法律事務所を通じ、「(佐野氏の)会見の予定はありません」と話している。無言のままで汚名返上となるかは不透明だ。

    ソース
    東京スポーツ
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/443555/




    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/06(日) 23:20:15.72 ID:087ZF3S90.net

    マジか


    5: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/06(日) 23:20:18.55 ID:Z6hcoR0L0.net

    もう、終わりだね


neginext001

ひろゆきがJIMから2ちゃんねるを取り戻せるただ1つの理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加


9e46526f-s


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/04/05(土)17:05:50 ID:7lwyK0Ok3

    2ちゃんねるは一体誰のものなのだろうか。現在、ジムワトキンスと西村博之という2人の当事者間で揉めていて、もはや誰が権利を持っているのかはっきりとしない状態だ。
    しかし、ネットギーク編集部では勝算はひろゆきにあるとみている。
    なぜなら「通謀虚偽表示は当事者間では無効」だからだ。

    netgeekでは以前、以下の記事にてこれまでの2ちゃんねるの所有者の推移を解説した。
    ジム・ワトキンスが西村ひろゆきから2ちゃんねるの経営権を奪えた「ただ1つの理由」
    http://netgeek.biz/archives/5027

    端的に言えば、サーバー屋のJIMがひろゆきから2chの権利を奪えたのは、ひろゆきが訴訟逃れのために2chの所有者を名目上レースクイーン社(ジムがフィリピンで設立した会社)に移したからだ。
    2ch.netのドメイン情報を照会してみると確かに「Race Queen, Ink」とある。
    no title

    しかし、この名義変更は民法上の「通謀虚偽表示」にあたるため無効といえる。

    通謀虚偽表示とは (中略 気になる方は記事元で)

    そして、このアナウンスにより、もはや善意の第三者はいなくなった。4/1に2chの権利者は西村博之に帰属すると公開されたわけだから、これ以降誰かが2chの権利を得ても無効になるのだ。
    そのことを知っていてひろゆきは文書を公開したのだろう。

    ひろゆきの最終目標は、再び損害賠償請求を起こされるリスクを冒してまでも、
    2ちゃんねるの所有権を取り戻すことにある。

    いくらジムが書類上の権利はレースクイーン社にあるといっても、この主張は無効になるはずだ。
    そもそも実質的な管理人はずっと、ひろゆきだったのだから。

    全文、ソース元はこちら netgeek
    http://netgeek.biz/archives/8556



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/04/05(土)18:05:59 ID:Gdn10MhQC

    西村博之は、すでに2chを他人に売却してんだから、
    今さらだれが運営しようとも関係ないよね。
    いまさら、何を言ってんだ。



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/04/05(土)18:08:25 ID:FQzFQqWS4

    西村博之がJIMから2ちゃんねるを取り戻せないただ1つの理由―「不法原因給付の取戻は不可能」


    6: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/04/05(土)18:20:33 ID:ZwPmqpPmd

    >>3
    ひろゆきはドメインをjimに預けただけで2ちゃんの運営権を預けたわけじゃないんじゃねーの?
    不法原因給付とはこの場合関係無いような



neginext001
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスランキング




読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク


★人気記事ランダム★
スポンサードリンク
最新記事(画像付)
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ


Powered by amaprop.net


読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
くりっく365はコチラ