ネギ速

ネギ速では2ちゃんねるのまとめサイトですがネット上の面白いコンテンツも独自の手法で掲載しています。クスっと笑えるネタから泣ける話、おもしろ・時事的ニュース、思わず吹いてしまう画像~画像集まで幅広く扱っているサイトです。

桃太郎


ネギ速おすすめ記事

オススメピックアップ!







【恐怖】桃太郎、鬼をボコボコにして優しさアピールwwwwwwww



桃太郎


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/02/21(金) 04:45:36.673 ID:Y9im9Z3t0.net

    no title

    サイコだろ



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/02/21(金) 04:46:54.007 ID:0EBrSSJ20.net

    上から雉が糞を落とす作戦だぞ


    15: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/02/21(金) 04:57:23.404 ID:KIbzboPn0.net

    >>2
    これは策士



neginext001

【画像あり】電車に乗る桃太郎、怪我をした鬼に席を譲るwwwwwwww



桃太郎


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/02/02(日) 08:58:28 ID:UJdZ6nAtM0202.net

    no title



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/02/02(日) 08:59:18 ID:1tls365900202.net

    お前のせいだろw


neginext001

小学六年の少女「桃太郎の鬼は悪くない、桃太郎は盗人。」



桃太郎


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/01/12(日) 15:50:12.162 ID:v8lDASUY0.net

    その後も読み比べを続け、計二百冊以上を読んで気がついたのは、桃太郎の話が時代によって異なること。
    特に、鬼については(1)江戸?明治初期は、鬼から宝物を奪っている
    (2)明治末ごろから、鬼がみずから宝を差し出すようになっている
    (3)昭和になると優しい鬼が出てくる?と時代とともに非力になっていく様子を発見。
    鬼に落ち度はなく、「桃太郎盗人説」に共感を覚えた。
    同時に得体(えたい)の知れないものを「鬼」とすることで、日本人は昔から心の安定を図ってきたという結論にたどりついた。
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201908/CK2019080602000155.html



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2020/01/12(日) 15:51:16.647 ID:8UCE7/+20.net

    異分子排除って日本に限ったことじゃないと思う


neginext001

桃太郎の結末は「金銀財宝を持ってお爺さんお婆さんの待つ家に帰ってめでたしめでたし」だが



桃太郎


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/12/16(月) 15:18:00.360 ID:xgjZ9x/OK.net

    金太郎の結末ってどうだっけ?
    熊と相撲を取って勝ってそれから



neginext001

【大議論】小倉優子「なんで桃太郎は鬼と話し合いをしないの?悪に対して暴力で解決したら同じじゃないですか?」



桃太郎


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2018/03/08(木) 16:31:09.39 ID:jI0vfS5OM.net

    「桃太郎は鬼を成敗しないで話し合ってほしい」小倉優子
    https://npn.co.jp/article/detail/76286593/

    3月6日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に小倉優子が出演し、日本で有名な昔話の疑問を語った。
    明石家さんまは「『これから鬼の成敗についてくるなら(きびだんごを)あげましょう』っていうのがイヤやねん」と食べ物で動物を釣ろうとするのに違和感を感じることから、桃太郎の話を嫌っていると明かした。

    この話に小倉は「分かります」と同意。
    「日本の昔話はそういうことが多い。桃太郎も鬼ヶ島に行くじゃないですか?鬼退治じゃなくて(戦わずに)話し合ってほしんですよ。『悪いことはしちゃいけない』『君はどうしたいんだ?』と…。カチカチ山とかもヒドイじゃないですか?どう(子供に説明)すればいいのか分からない」と不満げ。

    悪に対し、暴力でこらしめる話が日本昔話には多く、子どもに聞かせることに抵抗を感じるのだという。
    ただ、FUZIWARA・藤本敏史は「そこは考えなくていい。(暴力で罰するのは)大人の意見でしょ」と子どもに読み聞かせする物語ひとつで、悪をこらしめる方法まで考える必要はないとキッパリ否定する。

    だが小倉は「でも、成敗はしないでほしい。いくら相手が悪いことしたからって、『自分も同じように悪いことしてもいいか』っていうのは(違う)」と「悪」を「悪」で正すことを終始、疑問視していた。

    喫煙者は害悪。



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2018/03/08(木) 16:31:32.37 ID:1D/VQsEq0.net

    そんな優しい事言ってから浮気されんだよ


    6: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2018/03/08(木) 16:32:13.41 ID:jI0vfS5OM.net




neginext001

【速報】桃太郎、強盗致傷で有罪が確定!懲役5年6ヶ月wwwwwwww



桃太郎


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/08/17(木) 01:00:13.92 ID:XgQqqc4o0.net

     子どもたちに裁判所を身近に感じてもらおうと、千葉地裁は9日、童話「桃太郎」を題材にした裁判の体験会を開いた。
    夏休み中の小学4~6年生と保護者ら約60人が参加した。

     銀行の支店長を務める赤鬼が、村人の借金の担保として持って行った米を、桃太郎が奪い返したという設定。
    赤鬼は桃太郎に木刀で脅され、驚いた拍子につまずいて全治1カ月のけがを負い、桃太郎が強盗致傷の罪に問われた。

     参加者は、桃太郎、赤鬼、証人、弁護士、検察官、裁判官の役柄に分かれた。
    弁護側は「村人を救うためという目的は正当だし、木刀で脅しただけにすぎない。緊急的に必要な行為だった」と主張。
    これに対して検察側は「赤鬼から無理やり米を奪い返すという危険な行為であり、重大な結果も生じている。悪質だ」として、懲役7年を求刑した。

     この後、裁判官役の児童8人が審議に入り、被告の桃太郎に対して懲役5年6カ月を言い渡した。

     裁判官役を務めた八千代市立みどりが丘小学校6年の小川和真君(12)は
    「村には2週間分の食料があった。桃太郎は無理に奪い返す必要がなかったので有罪だと思った。
    判断するのは難しかったけど、裁判の流れがよくわかった」と話した。



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/08/17(木) 01:00:45.69 ID:qLWNQvNga.net

    桃カスwwwwwwwwww


    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/08/17(木) 01:01:10.08 ID:26xveUx8a.net

    桃~ん(笑)


neginext001

【画像あり】岡山駅のイルミネーションダサすぎワロタwwwwwwww



00_top


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/12/01(月) 22:58:16.24 ID:KdClX6mP0.net

    no title


    これなにか分かる?
    ヒントはいらないよな



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/12/01(月) 22:58:41.70 ID:RowtH7uH0.net

    やったぜ。


    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/12/01(月) 22:58:34.33 ID:CUPHZlIH0.net

    岡山(笑)wwwwwwww


neginext001

小鬼「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」 



DDFxKsJ


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/11/13(水) 13:30:41.50 ID:4yt1Twgq0 BE:5222873-PLT(12369) ポイント特典

    2013年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」結果発表

     日本新聞協会広告委員会が今年度「しあわせ」をテーマに実施した「新聞広告クリエーティブコンテスト」には、全国から1,069作品の応募がありました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
    本コンテストは、若いクリエーターの皆さんに、新聞広告の可能性を広げるような独創的で斬新な作品を作っていただくために実施しています。(中略)

    ■最優秀賞
    「めでたし、めでたし?」
    no title


    山﨑博司さん(博報堂)
    C=山﨑博司さん(写真左)
    AD・D・I=小畑茜さん(博報堂/写真右)

    ○コメント
    ある人にとってしあわせと感じることでも、別の人からみればそう思えないことがあります。
    反対の立場に立ってみたら。ちょっと長いスパンで考えてみたら。別の時代だったら。
    どの視点でその対象を捉えるかによって、しあわせは変わるものだと考えました。
    そこで、みんなが知っている有名な物語を元に、当たり前に使われる「めでたし、めでたし。」が、異なる視点から見ればそう言えないのでは?ということを表現しました。広告を見た人が一度立ち止まり自分の中にさまざまな視点を持つことの大切さを考えるきっかけになればと思っています。
    「しあわせってなんだろう?」と二人で考えた経験が、次に生かされるよう頑張っていきたいと思います。
    http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2013/no1_b.html



neginext001
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスランキング




読者登録
スポンサードリンク


★人気記事ランダム★
スポンサードリンク
最新記事(画像付)
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ


Powered by amaprop.net


読者登録
  • ライブドアブログ
くりっく365はコチラ