ネギ速

ネギ速では2ちゃんねるのまとめサイトですがネット上の面白いコンテンツも独自の手法で掲載しています。クスっと笑えるネタから泣ける話、おもしろ・時事的ニュース、思わず吹いてしまう画像~画像集まで幅広く扱っているサイトです。

吉本崩壊


ネギ速おすすめ記事

オススメピックアップ!







【吉本崩壊】さんま「宮迫がウチに来る。」 宮迫博之、さんま個人事務所入り内定!!!!!!!!



お笑い


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/08/11(日) 00:20:34.14 ID:h4QobRtS9.net

    タレント明石家さんま(64)が、10日午後11時15分から放送された大阪・MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で、闇営業問題から吉本興業との契約解消、その解除をめぐり、中ぶらりんになっていた雨上がり決死隊宮迫博之(49)の自身の個人事務所入りについて、ほぼ確実になった見通しを語った。

    さんまは、番組冒頭で「世間的には(吉本の騒動も)落ち着いてきたみたいやけど、ウチら的にはこれからが大変」と言い、加藤浩次の残留が決まるなどし、騒動後の“事後処理”へと言及した。

    宮迫については「(自身の事務所入りが)本決まりでも何でもないんですけど、宮迫がウチに来てくれるということ(意向)で」と、宮迫と意志確認ができている状況を明かした。

    ただ、宮迫の事務所入りが実質的に内定したことで「そしたら続々、僕も入れてくれ、と言うてくるんですよ。まあ、協力はさせてもらいますけど」と言いつつも「社員もね、くるんですよ。宮迫やから、受け入れてもええよということやからね」と吐露した。

    ただ、大勢を受け入れるには、有能なマネジャーら、社員、スタッフの充実も不可欠。
    「今、仕事いうてもないしね。いっぱい来てもろても。社員もね、キレるヤツいうのはやっぱり(会社に)残るしね。気のきいた腕のいいマネジャー来てくれたらええなあ」「タレントいらんわ。(腕のいい)社員」などとぼやいた。

    また、同番組に出演している村上ショージ(64)が、吉本興業の大崎洋会長について「(会社の)中庭で(ゴルフの)アプローチの練習を始めたらしい」と言い、多少、余裕が出てきたことを、ゴルフの練習にたとえて表現。
    すると、さんまは「いや、人生かけて(のアプローチ)と思うわ。国へのアプローチとか」などと言い、本拠地の大阪府、大阪市をはじめ、行政とタッグを組み、事業を進めている吉本を思い、話していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-08101409-nksports-ent



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/08/11(日) 00:21:55.39 ID:v0ZWlbSX0.net

    ヤクザとの繋がりは何も解決してないが


    48: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/08/11(日) 00:31:40.33 ID:pjysN8E80.net

    「タレントいらんわ、腕のいい社員欲しい」

    サンマもちょっと本音出ちゃってるしw



neginext001

【吉本崩壊】加藤浩次「反旗」の裏側!『武道館やった芸人は松本さんだけ他の芸人がやるのはNG!』



闇


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/07/28(日) 00:32:49.90 ID:i+FgDAOG9.net

    お笑い芸人による闇営業問題に端を発する吉本の内紛騒動。極楽とんぼの加藤浩次(50)はなぜ自らの身を切ってまで経営陣に反旗を翻したのか。そして、なぜ芸人たちはそれに追随するのか。それは、長年続いてきた経営陣が敷いてきた“松本ファースト”体制の呪縛なのか。



     経営陣の退陣を生放送で迫った加藤。大崎洋会長(65)との直談判を果たし、存在感をアピールした。

     「22日の放送で自身の進退をかけた発言をした際、『芸人も社員も大崎会長や岡本(昭彦)社長のことをおそれている』と芸人だけでなく、社員の思いも代弁した形です」と吉本の実情に詳しい芸能事務所関係者。

     「単に芸人の不満をぶちまけたというわけではないのです。ただ松本人志と意見を違えるわけでもなく、吉本をよくしたいという思いは一緒。もともと“外様”の加藤は主流派ではない。だから、社内の不満の声なども加藤の耳には入ってくるようです」と続ける。

     加藤の動きに北海道出身の芸人らが追随する動きを見せている。中でも関係者を驚かせたのはタカアンドトシのタカ(43)だ。インスタグラムに「ファミリーと感じたことない」と投稿したのだ。

     「芸人の中でも穏やかな性格のタカがこのような発言をすることが驚きでした」と演芸関係者。「ただ、タカも現体制に煮え湯を飲まされた一人ですから」とも。

     「タカアンドトシの人気がピークだったとき、日本武道館で単独ライブをやろうとしたのです。会場を押さえて、スタッフもそろえた段階で、上層部から『武道館でライブをやった芸人は松本(人志)さんだけだから、ほかの芸人がやるのはNGだ』とストップがかかったんです。あのときはタカトシもスタッフもかなりがっかりしたそうです。武道館なら、ザ・ぼんちもやっているんですけどね」と明かす。

     「端から見ていても、『めちゃイケ』にかかわっていたスタッフなんて相当の逆風でしたね。当時のマネジャーなんて10円ハゲがいくつもできるほど神経をすり減らしながら、上層部とやりあっていましたよ」と先の芸能事務所関係者。

     大崎会長は、ダウンタウンを東京でトップ芸人に育て上げた恩人。そして岡本社長は入社直後からダウンタウンのマネジャーを務めてきた。

     「2人は、自分たちがダウンタウンを支えることで、現在の吉本興業の隆盛を作り上げてきたという自負も大きい。そうやって組織が成り立っている以上、2人にとってダウンタウンを頂点とする構造を頑なに守ることが呪縛となったのです」と先の演芸関係者。

    2019年7月27日 17時3分ザクザク
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16839873/

    写真no title


    1 Egg ★ 2019/07/27(土) 22:45:44.87
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564235144/



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/07/28(日) 00:33:34.99 ID:zCwtxdPT0.net

    クソみたいな映画を何度も作らせるくらいには、松本ファースト


    280: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/07/28(日) 01:29:31.32 ID:QszBX8bm0.net

    >>2
    映画は作ったまっつんはどうでもいいけど出てた俳優は本当に黒歴史だわな
    最初はまだいいけど数回後はハズレ確定なのに断り辛いのもあったろうし大変だわ



neginext001
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
アクセスランキング




読者登録
スポンサードリンク


★人気記事ランダム★
スポンサードリンク
最新記事(画像付)
カテゴリ別アーカイブ
おすすめ


Powered by amaprop.net


読者登録
  • ライブドアブログ
くりっく365はコチラ