中居正広


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/02/11(木) 13:19:08.72 ID:CAP_USER*.net


    オレだってやっちゃうよ?

    SMAP「公開処刑」のその後~行きつけの店で中居正広が「メリーって、どう思います?」


    屈辱の謝罪会見から2日が過ぎた、1月20日の深夜。
    都内のある飲食店に、SMAPのリーダー・中居正広(43歳)の姿はあった。

    「オレってさあ、今どうなの? 世間って、どういう反応なの?」

    あの会見を見て、どう思ったか。共に店を訪れていた、テレビ局関係者と見られる知人たちに尋ねているようだ。
    唐突に問われ、彼らは言葉に詰まる。その様子を見て、中居は自分で続けた。

    「ちょっとカッコ悪いよね?」

    「そんなことないっすよ」となだめるように労る知人たち。
    気を良くしたのか、中居は「本音」を切り出した。

    「なんか、納得いかないんだよね~」

    先ほどよりも、大きな声だ。

    「これって犯罪?」

    飯島三智マネジャーと共に、ジャニーズ事務所からの独立を企てたことを指しているのだろう。
    すかさず、「そんな事ないですよ!」と、周りは声を揃える。

    「だよね~。ほんと、なんか納得いかないんだよ。オレだって、その気になったらやっちゃうよ?」

    ますます大きくなっていく声。
    他の客を気にして、連れの一人が「まあまあ」といさめる。
    だが、中居のラッパは止まらない。

    「やれるんだって!」

    怒気をはらんだ口調。見かねた一人が、「今は耐えるときですよ」とやんわり諭す。

    「だけどさあ」と呟くと、しばし沈黙。

    だが、そこは司会者として多くのレギュラー番組を抱える中居である。
    座が緊迫してしまったのを敏感に察知したのか、すぐに笑顔を作る。
    しかし、笑いながら言い放ったのは、こんな衝撃的な言葉だった。

    「ところでさ、メリーって何なの?」

    メリーとはもちろん、ジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川氏のことである。
    独立を阻止した彼女のやり方への文句か。謝罪会見に対する不満か。質問の意図がわからず、押し黙る周囲。
    しかし中居が続けたのは、予想外の言葉だった。

    「日本人なのに、メリーって(笑)」

    メリー氏の名前が本名であることは、当然、中居も知っているはず。
    こうやって茶化すことが、中居にとっては精いっぱいの強がりだったのかもしれない。

    「日本人なんだからさあ」

    笑ってくれた一同を見て、再びそう口にしながら、タバコを手に席を立つ中居。店内は禁煙だ。

    外へ出ていこうとする中居に、カウンターに座る客たちの視線が注がれる。
    すると中居は、目をそらすどころか、客たちのほうに歩み寄り、こう話しかけた。

    「普通、メリーなんて呼び方しないよね? メリーって名前、可笑しくない?」

    客たちは驚き、「ええ、まあ……」などとお茶を濁すしかなかった。

    一服を済ませ、店内に戻る。するとまた、客に声をかけた。

    「ところで、オレの評判ってどうですか」

    再び、答えに窮する客。その雰囲気を察して、「ちょっと、カッコ悪いんだよな~」と、またも自虐的にコボしながら、席に戻る。

    どうやら中居は、カッコいいか悪いか、を相当気にしている様子。
    中居らしいといえば中居らしいが、あの独立騒動の大きさを考えれば、カッコつけるだけで乗り切れることではないのは誰でもわかる。
    しかし、知人たちにそんなことが指摘できるはずもない。。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160211-00047778-gendaibiz-soci