豊臣秀吉


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/01/21(木) 19:36:01.76 ID:if8auZZe0.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典

    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif

    羽柴秀吉が、家臣の武将、脇坂安治に宛てた書状33通が見つかった。
    兵庫県たつの市立龍野歴史文化資料館と東京大が21日発表した。

    「天下人」の書状がまとまって確認されるのは異例。
    天下統一や朝鮮出兵の過程での細かな指示ぶりや叱責(しっせき)を飛ばしていた様子がうかがえるという。

    書状は織田信長が本能寺の変で倒れた後の約10年間分で、信長の次男・信雄(のぶかつ)や徳川家康と覇権を争った小牧・長久手の戦いや越中の佐々成政攻め、九州の島津攻め、朝鮮出兵などに関する内容。

    85年の書状は、2カ月で13通に及んだ。
    正親町(おおぎまち)天皇が譲位後に住んだ京都の仙洞御所造営に使う材木の手配を伊賀で行うよう命じた安治に対し、越中出陣を望んだことや材木輸送の遅滞を再三叱責。

    伊賀の統治についても細かく指示し、統治がうまくいかなければ蒲生氏郷ら他の武将を派遣すると告げた。
    追放した近臣の1人をかくまわないよう指示し、「信長の時代のようには甘くない」とすごみも利かせていた。

    朝鮮出兵でも、「小西行長が釜山の海城を落としたと聞いたが、皆で攻めるよう申し渡したはず。早く合流して戦え」
    「明との国境に攻め入ったのはめでたい。しっかりと高麗国を攻めよ」
    「普請などしっかり行え」と再三指示していた。
    「三月に渡海するから待っていろ」「来春明に渡る予定である」とも記し、秀吉本人が渡海予定だったことも改めてわかった。

    編纂所の村井祐樹助教(日本中世史)は「しつこいぐらいに細かい秀吉の性格がわかる。
    子飼いの武将だった安治との親密さもうかがえる」と話す。

    豊臣秀吉文書集(名古屋市博物館編)の編集委員会委員の藤田達生・三重大教授(日本史学)は「伊賀は当時、自治の伝統が強かった。信頼の厚い安治を派遣し、指示を再三与えたことから相当に気をつかっていたことがわかる」と指摘する。

    http://digital.asahi.com/articles/ASJ1P5T15J1PPTFC012.html




    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/01/21(木) 19:38:34.52 ID:tJ/wgYkQ0.net

    ノブは甘いのか


    32: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/01/21(木) 19:47:47.68 ID:6vpNdzTQ0.net

    >>3
    伊賀における信長の話って悪いのが多いけど、実は甘かったってことか?



    223: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/01/21(木) 23:04:03.72 ID:1dKrl0au0.net

    >>3
    信長は必要な事をやってるだけで、身内には甘いくらいだろ。



    5: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/01/21(木) 19:39:24.05 ID:vWr0E3Er0.net

    サルめ
    言いよるわ