恋愛離れ


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/11/25(金) 18:46:06.69 .net


    NHK『クロ現』がAKB48を「名指し批判」で騒動に!? いくらなんでも「説得力」が弱すぎて......

    24日のNHK『クローズアップ現代+』で、あのAKB48を「批判したのでは」と話題になっている。

    番組では「恋人いらないってホント? 出現!いきなり結婚族」と題して、恋愛に消極的な若者たちを特集。
    実際に若者の恋愛に関する生の意見を聞き、時代の流れや背景からその理由を考えていくという構成だったのだが......。

    番組後半では、90年代から現在までの表を用い、当時のトレンドや文化、社会情勢において「恋愛を後押しするもの→赤」「恋愛のブレーキとなるもの→青」を紹介。
    90年代から2000年ほどまではバブル経済や携帯電話、インターネットなど「赤」の要因が多く、現在に近づくにつれ「メイドカフェ」や不倫バッシング、ブラック企業など「青」の領域が増えていると分析。

    この表の時点で「本当にそうか?」と信憑性を疑ってしまう部分も少々あるわけだが、その「青」の領域になんと「AKB48握手会」があったのだ。

    「AKB48が入るなら、ジャニーズなどもアイドルとしてはその領域でしょうし、ホストクラブやキャバクラが入っていないのもおかしい、と指摘する声はあります。
    『AKB48だけ』槍玉に挙げるような印象があり、さすがに不自然でした。
    『AKBにそんな影響力あるのか』『別に関係ないのでは』と、いぶかる声が多くなるのも当然かと」(記者)

    『クロ現』で出された表はさすがに無理やり感があったが、握手会をするアイドルはAKB48だけではないので、 ピンポイントで「マイナス要因」的に名前が挙がるのはさすがに気の毒である。

    「NHKとAKB48の関係は深いと言われていますし、このようなネガティブな紹介をするのは珍しいですね。
    確かに一時は社会現象のように取り上げられましたし、全く影響がないというわけではないですが......。
    まあ 、表自体の信頼性にも疑問が残るので、たまたま入れただけなのかも」(同)

    今回ばかりは表のチョイスを含め「イマイチ」な構成だったようだ。

    http://biz-journal.jp/gj/2016/11/post_1898.html

    画像
    no title




    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/11/25(金) 18:46:57.80 .net

    アホか自民党の政策じゃ


    5: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/11/25(金) 18:47:48.71 .net

    AKBを過大評価しすぎ
    あんなもんごくごく一部のオタがくらいついてるだけ
    しかも若者じゃなくておっさん