1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/09/20(火) 22:59:16.20 ID:CAP_USER9.net

    no title


    この十数年で急速にインターネットが普及。さらにここ数年ではSNSが大流行し、個人がネットにさまざまなものを投稿する時代になった。だが、そんな時代が子供たちに“とんでもない遊び”をする機会を与えてしまったようだ。今小学生の間では「親のフルネームを検索して出てきた画像を見せ合う遊び」が行われているというツイートが拡散されている。

    ■親世代が恐怖で震える子供の遊び

    Twitterユーザーの@yulily100さんが「こないだ小学5年生の子5人くらいと話してて戦慄したことといえば、『親のフルネームを検索して出てきた画像を見せ合う遊び』ですね……」とツイート。このツイートが広がると「こんなん怖すぎるわ」「ネット時代こわ」「こりゃ下手な事できんな」「黒歴史掘り出される」と、現在の親世代だけに関わらず、これから親になる若者たちと思われる人も恐怖の声を上げているようだ。

    現在の小学生の親世代は、まだSNSが爆発的に普及する一歩前くらいの世代かもしれない。だが、フェイスブックなど実名でネットをやることが流行している今の時代の若者たちは、将来子供に「自分のアカウントを絶対見られたくない」と感じているようだ。「この遊びが親世代のシャレにならないものを呼び起こす時代に今はなっているので、早めに手を打ったほうがいいなこれ。全国で悲劇を生む遊びだ」と注意を喚起するひとも現れている。

    ■実際に検索をした結果……

    この恐怖の遊びが小学生の間で行われているとのことだが、さまざまなTwitterユーザーが実際に親の名前で検索してみたり、自分の名前で検索してみたりと、試した結果をツイートしている。…

    すると多くの人が「同姓同名の別人が大量に引っかかるだけだった」「ありふれた苗字と氏名だから検索しても同姓同名が大量に引っ掛かるだけ」「慶応卒のイケメン弁護士が出てきた。なにこの完璧超人」と声をあげているように、思い描いた本人の元に辿り着かないというケースがほとんどという結果になっているのだそう。

    だが「キラキラネームだったら一発だな」といった声も上がっているように、珍しい名前なら一発で本人の元に辿り着いてしまいそうとの指摘が。となると今後親になる現在の若者世代は、やはり注意が必要かも。

    Excite Bit:http://www.excite.co.jp/News/bit/E1474353897721.html



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/09/20(火) 23:00:42.31 ID:IlYrDkt70.net

    キス動画とか残るもんな

      



    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/09/20(火) 23:00:42.92 ID:eA0/F6+10.net

    実名を書かなきゃいいだけ