ベッキー


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/05/19(木) 00:02:13.07 ID:LyC2Kv2D0●.net ?PLT(16000) ポイント特典


    元おはガールとして絶大な支持を得ているベッキーと、国民的人気バンド「ゲスの極み乙女」の原宿系ボーカル川谷絵音が不倫していたスキャンダルで、ベッキーのとんでもない行動が判明した。
    川谷絵音の元妻への謝罪よりも先に「自分の復帰番組」を収録したことにより、元妻がブチギレ激怒している件で、さらに詳細な時系列が判明したのである。

    ・元妻の心情より「とにかく早く復帰したい」という気持ち
    そもそも、ベッキーは元妻に対して「謝罪を受け入れてもらえるまで番組は放送しない」と約束をしていたそうだが、ベッキーは謝罪日よりも先に復帰番組を収録。
    それが意味には「謝罪日に謝れば必ず許してもらえるだろう」という真意が含まれる。

    そこにモラルや道徳心はなく、元妻の心情より「とにかく早く復帰したい」という気持ちが先走っているのがわかる。
    以下は、謝罪日から番組放送までの時系列である。

    ・ベッキーの行動の時系列
    4月27日 元妻から「謝罪日は5月2日で」とベッキーに連絡がくる
    4月28日 2日後の「金スマ」収録にベッキー出演をねじ込むことに成功
    4月30日 ベッキーの謝罪シーンを含む「金スマ」の収録をする
    5月2日 べッキーが元妻に対面で謝罪 → 元妻「許す」
    5月10日 ベッキーが「金スマ」に出演することがスポーツ紙で報じられる → 元妻「えっ!?」
    5月13日 サンミュージックから元妻にベッキーが今夜の「金スマ」に出る事を伝えられる → 元妻「えっ!?」
    5月13日 ベッキーが出演する「金スマ」が放送される → 元妻がベッキーに抗議文
    5月19日 週刊文春が元妻のブチギレ激怒インタビュー掲載

    ・あってはならない非道徳的な行為
    元妻に対面で謝罪し、許しを得てから復帰番組の収録に挑むべきだった。
    あらかじめ復帰番組を収録する行為は「死んでもいない芸能人の追悼番組を事前に収録しておく行為」と同じであり、あってはならない非道徳的な行為と言えよう。

    http://buzz-plus.com/article/2016/05/18/becky-kawatani-furin-tuma/
    no title

    no title

    no title

    no title



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/05/19(木) 00:04:06.67 ID:FZ+SQUdI0.net

    すげー女だ


    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/05/19(木) 00:07:08.28 ID:pCfXth/H0.net

    押し通す


    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/05/19(木) 00:06:27.70 ID:Rst3EPnC0.net

    謝罪の段取りを踏むのに拙速ではいかんだろ