野村貴仁


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/05/17(火) 20:26:37.15 ID:CAP_USER9.net

    覚せい剤取締法違反(使用など)の罪で起訴された元プロ野球選手、清原和博被告(47)の初公判が、17日午後、東京地裁で開かれた。
    巨人時代に同僚だった野村貴仁氏が高知市内で取材に応じ、清原被告が覚せい剤を使用し始めた時期について検察側が「遅くとも引退した2008年すぎから」としたことに声を荒げる一幕があった。

    野村氏が一瞬、けげんそうな表情を浮かべた。
    検察側が冒頭陳述で「遅くとも引退した2008年すぎから覚せい剤を使用するようになった」と述べ、現役時代の使用に触れなかったことを報道陣から伝え聞いた時だった。

    野村氏は「向こう(清原被告)は自爆したやんか。膝が痛いから使ったて」と清原被告が供述調書で左足にケガを負って人工関節を入れ、その頃から薬物の使用を始めたと検察側が明かしたことに触れた。

    野村氏は「裁判を左右するようなことは言えない」と冷静な一面も見せた一方で、「何を言わせたいんや」と声を荒らげながら激しく両手を振るなどエキサイトする瞬間もあった。

    野村氏と清原被告の接点はともに巨人に在籍していた時期で、1998年から01年までの4年間。
    野村氏は今年2月、民放情報番組の取材に対し、ともに巨人に在籍していた当時に清原被告から「マリフアナを仕入れてくれ、と言われた」などと答えていた。

    また、野村氏は法廷での清原被告の発言内容にも不満な様子で「(保釈の際に発表したコメントの)FAXの方を(裁判で)言わないとアカン。FAXの方、流してたがや」と土佐弁を交えながら、しっかりとした謝罪が必要だと指摘。
    「テンパってるんですわ」とニヤリと笑った。

    清原被告の今後については「(薬物使用を)止めるなら強い意志が必要。パンと止めるしかない」と助言。
    「やりたくなったら勇気を持って自分で警察に電話するべき」と強い意志を持つべきとの考えを強調した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000085-dal-ent



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/05/17(火) 20:28:06.45 ID:pQ1Zanlg0.net

    こいつ現役でヤってるだろ


    61: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/05/17(火) 21:26:06.92 ID:dUGBZVSb0.net

    >>2
    薬止めたって壊れたのは戻らないんやで