1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/04/01(金) 22:35:22.97 ID:CAP_USER*.net


    「少女を尾行した」――。埼玉県朝霞市の中3少女(15)誘拐事件で、寺内樺風容疑者(23)がこう自供していることが1日、明らかになった。

    寺内容疑者は中学生のころから「誘拐したい願望」があり、ネットで誘拐の場所を探した結果、「朝霞は田舎すぎず都会すぎず、良い場所だ」と判断。
    「市内で学校を見て回ったところ、1人で帰る女子中学生を見つけ、自宅まで後をつけた」と話しているという。
    思いつきの犯行ではなく、周到な計画を練って少女を連れ去ったことになる。

    気になるのは2014年3月の事件当時、寺内容疑者が少女をフルネームで呼んだことだ。
    寺内容疑者は尾行の後、少女について「調べて誘拐した」と供述しているという。

    これについては防犯関係者から「自宅まで尾行しても家には表札しかないが、変質者は少女が家から出てくるのを待ち、親や友だちに名前を呼ばれるのを聞く」との指摘もある。

    「ネット上で(少女の)情報を収集したのではないか」と見るのはITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

    「携帯電話のプロフ(自己紹介)サイトなどで、自分の顔写真や通っている学校などを無防備に掲載している少女は、いまだに多い。
    偏った趣味を持つ男にとってみれば、そうしたサイトはまさに“宝の山”です。
    少女になりすまして気に入ったコに近づき、メールなどのやりとりを通し、本名や住所など相手の情報を集めていくのです」

    寺内容疑者は中学時代に「小学生が好み」などと話していたという。
    21歳の時に当時中1の少女を誘拐。“趣味”が高じて犯行に及んだ可能性も考えられる。
    こうした鬼畜どもがネット上で網を張っていると思ったら、親は気が気じゃないだろう。

    ところが、ネット上では〈かぶ(樺風)イケメンだし誘拐してほしい〉などと書き込み、顔写真をさらしている少女がいる。それも1人や2人ではない。
    当人らは冗談のつもりかもしれないが、おかしな連中に「狙ってくれ」と宣伝しているようなものだ。

    「ネット上には極力、個人情報を載せないよう、親が子どもに教える必要はありますが、一方で、自分のブログにわが子の写真を載せる親もいる。
    お誕生日会など子どもの集合写真を他人がアップするケースもある。
    このご時世、どこで誰に狙われるか分かりません。保護者同士で、顔写真や名前は不用意に掲載しないなどの取り決めをしておくべきです」(井上トシユキ氏)

    ネットオークションを通じて知り合った男からストーカー被害に遭ったなんて女性の話もある。
    甘く見ていたら、第2、第3の監禁事件が起こりかねない。

    no title

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/178546/



    ★1:2016/04/01(金) 20:47:43.29
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1459511263/



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2016/04/01(金) 22:36:43.00 ID:M+GgfrsD0.net

    オウム真理教の時もこういう奴いたよね。