シャーマンキング


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:03:02.121 ID:vzog3cFf0.net

    当時中学一年生
    俺は「シャーマンキング」という漫画に出会った

    今は後悔している。

    あの漫画に出会わなければ、俺の中学時代はもっとまともだったかもしれない‥



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:03:30.221 ID:9p5rrckkp.net

    三十路だー



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:04:07.433 ID:vzog3cFf0.net

    俺の名前は「武田 葉一」ちなみに本名だ。

    主人公と名前が似てるってだけで、俺はその気になって漫画の世界から抜け出せなかった。

    俺は「朝倉 葉」になりきった。
    いや‥(なった)んだ



    5: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:04:21.510 ID:WdRaF8Ml0.net

    一人称オイラでヘッドホンとダサい首飾りをつけてシャツを雑に着て便所サンダルで学校に行く>>1


    10: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:05:43.260 ID:vzog3cFf0.net

    >>5
    誰もが一度は通る道やろ・・・



    7: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:04:45.680 ID:mKQADxlr0.net

    メイデンちゃんと結婚してえ


    8: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:04:58.595 ID:vzog3cFf0.net

    今までの俺の性格は内気で気を使い、DQNに殴られてもヘラヘラしてるだけ、女子にはさん付けの完全敬語だった。

    だが、葉に出会って俺は変わった。
    (なんとかなる)
    最高の言葉だ。

    まず始めたのがまん太を探す事
    初歩の初歩だ。

    とりあえずクラスで一番背の低いガリ勉に手紙を渡した。
    以下内容
    「今日の放課後一緒に帰ろう。」
    アイコンタクトでOKだった。



    11: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:06:02.560 ID:vzog3cFf0.net

    続き

    まん太は俺に不信感を持っていたと思う。なんたって一度も会話した事がない俺と一緒に帰るのだから。

    だか、それでいい。
    まん太だって最初は葉の事を不信に思っていた。ふふふっ

    「完璧」だ。

    放課後帰る中、俺は無言で近所の神社に入って行った。



    12: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:07:18.667 ID:vzog3cFf0.net

    時刻は夕方17時
    風が強く、雰囲気的には満点だ。

    日が少し落ちた中、俺の後ろをトコトコ歩くまん太に振り返り俺は言った。

    「おまえにも見えるか?こいつおいらの友達なんよ」

    そう言って俺は近くにある石牌に指を指した。



    13: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:09:06.018 ID:vzog3cFf0.net

    おい!見てくれてる香具師いるんか!?


    14: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:09:16.286 ID:qMakb+7Xp.net

    続けろ


    15: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:10:13.612 ID:I08yrVZca.net

    めっちゃ見てる


    16: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:10:49.991 ID:vzog3cFf0.net

    キョトンとしているまん太。
    だるそうな目をした俺。

    「完璧」だ。

    俺はもっと色々話したい気持ちを抑え、まん太の返事を待った。

    だが、まん太は予想外に頭がおかしかった。

    「み、みえるよ!かっこいい忍者だよね!ぼ、僕こわいよ!!」

    いや、お前がこえーよ。なんだよ忍者って侍だしいや、侍だし。

    「やっぱりな‥霊が見える奴に悪い奴はおらん。今日からおまえはおいらの友達だ^ ^」

    俺の持ち霊はその日から忍者になった。



    17: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:10:56.526 ID:lgO41/2f0.net

    行動力あるな


    18: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:11:34.705 ID:vzog3cFf0.net

    そこから俺とまん太の迷える霊を助ける日々が始まった。

    ちなみに持ち霊の名前は「白夜丸」全身を黒い装束に身を包み、額当てが白く輝く冷たい目をした男だからだ。

    もちろん設定上だが、俺とまん太には確かにそれが見えていた‥と思う。

    最初にやらなければいけない事。
    そう‥白夜丸の心を開く事だ。



    19: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:11:42.392 ID:d/AtqdF/a.net

    キモオタとキモオタの出会いだな


    20: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:12:10.729 ID:vzog3cFf0.net

    DQNはまん太を上履きで殴りつけて匂いを嗅がせて、遊んでいた。

    よし。あいつは

    「木刀の竜」だ。

    今まであいつにへこへこしていた俺だったが、今日は違う。
    だって俺は「葉」なのだから。

    「やーめーとーけ」

    俺は竜の肩に手をおいた・・・



    21: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:12:40.154 ID:vzog3cFf0.net

    一瞬で氷つく教室
    DQNの顔
    まん太の顔

    全てを感じとる前に教室中に笑いがおきた。

    竜「ふっwwwお前ぜってぇーマンキン読んでんだろwwwやーめーとーけwwwってwwwふっwwふふっww」

    俺は初めて人前で泣いた。


    まん太を見る。



    まん太トイレ行ってた。



    22: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:15:16.485 ID:/FFzsSzv0.net

    これははずい


    23: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:15:26.091 ID:vzog3cFf0.net

    先生が来てクラスは落ち着き、まん太も帰って来た。

    まだクスクス聞こえる。

    幸い、その日最後の授業だった事もあり俺は机に突っ伏しながらずっと泣いてい た。

    先生に何度か聞かれたが、全部無視した。
    時々、「憑依合体wwww」って聞こえるのがすごく嫌だった。

    何故か知らんがまん太まで笑ってた‥



    24: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:16:05.089 ID:JpFkSzKVd.net

    一気に辛い話に


    25: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:16:09.753 ID:WdRaF8Ml0.net

    竜が持ち霊になったってわけだな


    26: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:16:40.951 ID:vzog3cFf0.net

    まぁいい。いずれ竜も俺の事を、
    「旦那!!」って言い出して仲間になるんだ。

    ふふっ

    そう思うと俺はいつもの「葉」に戻る事が出来た。

    ただ、まん太。

    お前だけはゆるさねぇ
    友達を助けた俺に対しあの狼藉。
    ‥そうかあいつ

    悪 霊 に 取 り 憑 か れ て る



    28: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:16:47.456 ID:lgO41/2f0.net

    マンキンってクラス中が知ってるくらい流行ってたのか?


    30: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:18:01.053 ID:vzog3cFf0.net

    >>28
    かなり人気あった



    34: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:18:53.573 ID:/FFzsSzv0.net

    >>28
    知ってるのは1とDQNの二人だけじゃね



    29: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:17:45.063 ID:vzog3cFf0.net

    早速俺はまん太に手紙を渡した。

    「放課後神社にこいよな(^^)おいら白夜丸と待ってるからな!」

    俺は急ぎ足で家に帰り、昔兄ちゃんに貰った金色のゴツイ剣のキーホルダーを持って神社に向かった、

    そうだ「媒介」だ。

    とりあえずこれでまん太に憑く悪霊を楽にしてやるつもりだった‥

    でも、あのガリ勉は竜と一緒に来やがった。



    33: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:18:43.415 ID:vzog3cFf0.net

    >>31
    ガチェ...



    32: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:18:30.808 ID:vzog3cFf0.net

    竜「お前wwwすげーなwwwまじキメェwwwんで?www白夜丸どこ?www」

    まん太「早くだせよwwwwww」

    俺は生まれて初めてひぃーん‥って声出して泣いた。

    すごい。一日で初めてを二回も経験した。

    女の子だったらこれだけでメロメロになるだろう。

    ドン引きのまん太と竜。

    そして俺‥。

    一気に現実に引き戻すには充分過ぎる破壊力だった。



    36: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:19:40.516 ID:vzog3cFf0.net

    竜「もういいから‥いや、まじで。たださ‥あんな事学校で言うの止めろよ?みんな引いてっし。友達だから言ってんだぞ?な?」

    まん太「僕もやめた方がいいと思うよ?変だよ?ww普通にwww」

    ‥は?
    俺は涙を拭い言ってやった。

    俺「え?なにが?別に白夜丸ってここにいた猫だしwwwただ、いなくなったから泣いてただけだしwwwえ?なんの事ー?www」

    俺は力強く媒介を握りしめた。



    37: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:20:24.235 ID:vzog3cFf0.net

    まん太にキレる竜。

    竜「は?おめぇ言ってる事違くね?」

    キョドルまん太

    まん太「いや、こいつ嘘ついてるって!」

    いまだ!!

    俺は媒介を握ったままの手で思いっきりまん太の顔を殴った。二回ぐらい。

    頭に血が登り過ぎてよくは覚えてないんだが、竜は普通に帰りまん太もごめんなさいしてた‥と思う。

    俺はと言うと、石牌の前に行き媒介を置いて一言だけ呟いた。

    「もってきてやったぞ」

    なんだか石牌が泣いている気がした‥



    38: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:20:38.200 ID:ktpFdbUj0.net

    振り上げた勇気は切り裂くためじゃないぞ


    39: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:21:59.456 ID:vzog3cFf0.net

    翌日。

    なんか知らんがビクビクしているまん太に俺は話しかけた。

    「お~す」

    まん太「な、なんですか?」

    敬語を使うまん太に俺はこう言った。

    「うっへっへ敬語はやめろよな~なんか照れちまう。」

    まん太「う、うん葉一くん」

    「葉でいいよ(^^)」

    まん太「じゃあ葉ね」

    「せめて君付けぐらい出来ない?」

    まん太「ごめん‥葉‥くん」

    完璧だ。



    41: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:22:38.601 ID:gWIPv5JfM.net

    >>1
    聞いたことないけどそんな漫画あるのか?



    42: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:22:52.264 ID:vzog3cFf0.net

    >>41
    神漫画やぞ



    43: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:22:59.933 ID:vzog3cFf0.net

    俺はそれからという物、どんどんシャーマンキングの世界に入っていった。

    毎日神社に行き、媒介を置きに行っては
    「今夜は空がキレイだなー白夜丸」

    と言ったり、わざわざお小遣いを使いヘッドホンと便所草履を買い、オレンジのスプレーを買ってヘッドホンに色をつけるという、本格ぶりだった。

    多分あの時の俺は「葉一」ではなく、完全なる「葉」だった。



    44: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:23:14.550 ID:eEkrgcIxK.net

    強い心の持ち主だな


    45: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:24:20.012 ID:or/IMsMn0.net

    その鋼の精神があればどんなことでも大概なんとかなるさ


    46: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:24:26.161 ID:vzog3cFf0.net

    俺は次なる作戦を実行しようとした。

    「修行」だ

    だがまて‥修行に必要不可欠なのは

    「恐山 アンナ」

    女性に敬語で話しかける俺にとっては、最高の難易度だった。

    アンナ‥アンナ‥アンナ‥

    一人だけ‥

    小学校5.6年一緒だった

    「西山 静香」

    山があるからよしとした。



    47: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:25:08.785 ID:WdRaF8Ml0.net

    葉のくせに修行したがってんじゃねーよ


    48: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:25:58.045 ID:vzog3cFf0.net

    下校時間に合わせ、小学校の時の連絡網を見て、アンナに電話をかける。

    「もしもし西山でございます」

    俺「あっ‥あの‥静香さんはいらっするまするんか?」

    噛んだ‥

    「は、はい?静香?ですか?友達?」

    俺「はい!あのーえっとー葉なんで代われますか?」

    本当にこんな事言ってたと思う。

    「はい?用なんで?なにかご用ですか?」

    俺「いや、だから、あのーあー、、あー!葉だから変わってー!」



    49: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:26:37.682 ID:vzog3cFf0.net

    「は、はぁー。。静香ー?電話ー!」

    アンナ「もしもーし?」

    「もしもし‥俺‥わかる‥?」

    アンナ「いや、誰?」

    「ほら、あの、小学の時一緒だった‥葉‥ぃ」

    アンナ「あー!武田!?」

    「う、うん‥」くそが‥!

    アンナ「久しぶりー!どうしたの?急にww」

    「いや‥あ‥明日‥ひひ暇?」

    アンナ「あー‥いや‥うーん」

    中々好印象だ。



    50: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:27:25.856 ID:LbPH2td/p.net

    心だけは強えな


    51: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:27:38.193 ID:vzog3cFf0.net

    「遊ぼうよ‥」

    付け加えるとすれば、葉なら敬語を使わないという事だ!女にもタメ口!ユルくマイペース!俺は徹底した。

    アンナ「え?なんで?」

    なんで?なんで!?いやいやいやいやいやアンナは葉にぞっこんだから!惚れてるから!アンナは葉が好きで葉もアンナが好きなんだよ!!馬鹿野郎!!!

    本当の馬鹿野郎は俺自身なのだが、この時はアンナは誘えば必ずオッケーで婚約も出来ると言う、素晴らしい脳味噌をしていた。



    52: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:28:11.430 ID:vzog3cFf0.net

    「な、なんで?」

    アンナ「いやwwあたしに聞かれてもww」

    「いやっすか?」

    アンナ「えっ?なに?デート?www」

    「はっ?もういいっす」

    アンナ「切れんなし!wwいや、別いいよ明日暇だからww」

    「あ、うん。じゃあ10時に小学校で待ち合わせ‥で‥いい?」

    アンナ「はやいなーwwわかったじゃあ10時ねー!」

    「うん‥おやすみー‥」

    うぇっへっへっ明日が楽しみだ。



    54: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:28:38.348 ID:PMDIar6Q0.net

    終わるかと思ったらメンタルすげえ


    55: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:29:08.434 ID:JpFkSzKVd.net

    その鋼のメンタル見習いたいわ


    58: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:41:47.660 ID:GvCHdT+Hd.net

    翌日

    俺は8時に起きて神社までランニングをして白夜丸に報告をした。

    「今日アンナに会うんよー(~_~;)はぁー‥また地獄の日々が始まる~(T ^ T)」

    人が来たので早々に帰り、身支度を整える。

    俺は学校で着るワイシャツを乳首が見えるまで開け、七分袖に折り畳んだ緑色のメンパンにin。さらに真っ黒のヘッドホンを首に掛け便所草履を履いて母校に向かった。

    オレンジ色に塗装したのもあったが流石にやめた。うん。やめた。

    到着したのは朝の9時。まだ待ち合わせまで一時間もある。当然アンナも来ていない。

    「忍耐力‥やっぱアンナは厳しいー(~_~;)」

    ほんと‥ねぇ‥書いてて思うがこれは過去の俺なんだよなぁ‥ははっ



    59: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:43:58.300 ID:m1DHsPiA0.net

    すごいねこれ
    うっかり思い出しちゃったら唐突に死にたくなるよな



    61: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:48:08.473 ID:GvCHdT+Hd.net

    10時‥約束の時間だ。

    だが、誰も来ない‥、。

    11時‥グラウンドに小学校が集まりだす。

    「葉だー!葉だー!」

    ああそうだ俺が葉だ!ふふっ

    俺「なんなんよ。子供は元気だなー(^^)」

    「うわぁー!まじキモいwwなりきってるwww」

    俺はワイシャツのボタンを二個だけ閉めた。



    62: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:49:50.334 ID:HL/QZI7dd.net

    この精神力はなかなかの巫力備わってるだろ


    63: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:51:57.613 ID:GvCHdT+Hd.net

    12時‥まだ来ない

    俺は嬉しかった。
    だって修行で、今から来るのはアンナだなら‥。

    12時30分‥ヒラヒラのミニスカートを翻しながら小走りでやってくる。

    アンナだ。

    アンナはフリルのミニスカートで下を固め、上はタンクトップに腕まくりをした長シャツという不埒な服装をしてやってきた。化粧もしていた。

    アンナ「ごめーん!遅れた!はぁはぁ」

    「うー(T ^ T)この修行は辛いな~(T ^ T)」

    アンナ「え?」

    「え(^^)?」

    アンナ「あはは‥修行て‥」

    「うぇっへっへっまぁいいかーアンナが来たしな(^^)無事でよかった(^^)」

    何が無事だったのか未だに理解できない。



    65: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:55:20.490 ID:eEkrgcIxK.net

    ネタに付き合ってあげる優しい子


    66: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:55:24.833 ID:qMakb+7Xp.net

    クッソきもくて好き


    67: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:55:41.939 ID:GvCHdT+Hd.net

    二人の会話は噛み合わないまま、デートは始まった。

    そうだ。デートでいいのだ。

    日頃厳しいアンナをときめかしてやればいいのだ!

    とりあえず二人でショッピングモールへと向かった。

    アンナ「てか!まじ無理そのカッコ~ww」

    俺「おいらはこれがラクなんよ(^^)」

    アンナ「いや、一緒に歩きたくないww」

    「うぇっへっへっ(^^)」

    アンナ「なにその笑い方wwきもっww」

    「アンナは厳しいなぁー(~_~;)」

    アンナ「とりあえず服買いなよ‥ね?」

    「じゃあアンナが選んでくれ(^^)」

    アンナ「いいけどww武田キャラ変わってない?www」

    「まぁ中学になったらある程度変わるよね。だってさ色んな奴がいるんだよ。多少は影響受けるよね。君だってさ変わった‥よね?それ影響じゃないの?違うの?ねぇ?違うんだったらいいけど、そうじゃないならあんまりとやかく言わないでよ。ね(^^)」

    泣かせちゃった☆



    68: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:57:26.185 ID:GvCHdT+Hd.net

    ちなみに呼び名はみんな本名で呼んでます。この中だけ、シャーマンキングの名前を使ってます。あしからず。


    69: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:57:42.298 ID:HoEIBPqj0.net

    読んでるのクソつらいんだけど
    釣りって言ってくれお願いします



    70: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 15:59:50.391 ID:GvCHdT+Hd.net

    目の前で泣くアンナに嫌悪感を抱きながらも俺は慰めた。

    だってそうだろ?
    アンナは絶対に葉の前では泣かない。
    涙を見せないんだ。

    「大丈夫かー(~_~;)」

    アンナ「もういい‥服見よ‥」

    「うぇっへっへっ(^^)流石アンナだ(小声)」

    アンナ「早くいこ‥」

    そうして俺は洋服屋さんに入って行った。

    所持金2000円で‥。



    71: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:02:48.252 ID:GvCHdT+Hd.net

    正直舐めてた。
    なんであんなに服って高いの?

    俺はアンナに進められた1980円の長袖を買った‥すぐに着替える。

    いたって普通のデブにLeveldownした‥。

    財布の中身は26円。今でも覚えてる。

    アンナはやっと少しだけまともになったって言ってる。

    絶対頭がおかしい。



    72: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:04:12.455 ID:mQV7B/fna.net

    デブだったのかよwww


    73: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:04:49.540 ID:GvCHdT+Hd.net

    次に俺たちはゲームセンターに入る事にした。

    アンナ「やばーい!あがるー!ねぇあれとって!!」

    指を指したのはUFOキャッチャー‥。
    中にはかわいいぬいぐるみがあった。

    だが‥所持金26円の俺に何を期待しているのだろう。

    「い、いやオイラ得意じゃないんよー(~_~;」

    アンナ「一回ぐらいいいじゃん」

    だから所持金ry

    ごねにごねた俺は無事ゲームセンターを回避する事に成功した。

    時刻は15時‥お腹が減る時間だ。



    74: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:06:11.411 ID:HL/QZI7dd.net

    ここまでアンナが天使


    75: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:06:41.927 ID:GvCHdT+Hd.net

    だが金が無い。

    マックすら行けない。

    葉ですら行くのに‥。

    アンナ「お腹空かない?」

    「いんやー(^^)」

    アンナ「お腹空いた~!」

    「じゃあ帰るかー(^^)」

    アンナ「‥‥うん」

    まぁそのまま普通に帰り、無事にアンナと絆を深める事が出来た。

    アンナも嬉しそうだった。

    うぇっへっへっ(^^)



    76: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:07:10.564 ID:WdRaF8Ml0.net

    金使わずに何で時間潰せたんだ
    アンナ可哀想すぎる



    77: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:07:31.394 ID:JpFkSzKVd.net

    アンナくっそ不純でワロタ


    78: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:07:36.216 ID:GvCHdT+Hd.net

    ~第1章終わり~


    80: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:09:15.509 ID:GvCHdT+Hd.net

    アンナに別れを告げた翌日‥。
    日曜日。俺は迷ってしまった。

    シャーマンキングを目指すにはライバルが必要になる‥更に言うならばシャーマン試験も受けなければならない。

    俺は神社へと向かった。

    「なあー白夜丸‥オイラはあの世とこの世を結ぶ者‥シャーマンなんよσ(^_^;)力を貸してくんねーかな(^^)」

    強い風が吹く‥。

    まるで「御意」と言ってるみたいだった。

    ふふっ

    「よろしくなー白夜丸(^^)」

    ついに白夜丸が完全なる仲間になった。

    理由はヤンキーから白夜丸を守ったからだ!



    83: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:10:22.642 ID:GvCHdT+Hd.net

    子供の怖い所は、究極のご都合主義。

    なんでも脳内で考えた事を現実に持ち込み、それを成そうとする。

    だから、黒歴史が生まれるのだ‥。


    俺は白夜丸、そして媒介「夏雪」を持ち、街へと繰り出した。


    そう‥。シャーマン試験を受けに‥。

    場所は決まってある。

    街にある古ぼけた銭湯だ。

    銭湯が開くのは14時。その時間に合わせ、俺はシャーマン試験を受けに行った。



    87: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:11:54.775 ID:GvCHdT+Hd.net

    一番乗りで銭湯に入る。

    ままんに貰った代金を支払い、全裸で夏雪を握りしめて中に入った。

    ‥きたな。

    第一の関門。

    「水風呂」

    「やっぱりなーσ(^_^;)ちょっと踏ん張るかー白夜丸(^^)」

    水の温度は2度。。

    シャーマンでなくては死んでしまう水温だ。

    俺は息を止める事で白夜丸と憑依合体する。

    くそっ!まだ80%かっ!

    だがしょうがない。

    いくぞっ!!

    ちなみに、まじで声だしてやってました。ほんとだれかたすけて。



    88: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:12:36.118 ID:GvCHdT+Hd.net

    「くっ!やっぱつえーなσ(^_^;)こいつの持ち霊は(~_~;)オイラはラクなのがいいのになー」

    紹介しよう。この水風呂ただの水風呂ではござらん。

    パッチ族が操る精霊「ウォルター」

    なんか知らんが俺はこう思ってた‥。なりきり過ぎてこの時は少し道を間違えてたんだ。

    誰やねんウォルターて‥。



    91: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:14:07.855 ID:GvCHdT+Hd.net

    俺は憑依合体した状態で水風呂に入る。

    やばいしぬ

    湯にも浸からずいきなり水風呂。
    どうみても自殺行為だった。

    だが、なんかしらんがこの時はすっげー興奮していた。本当に試験を受けてるみたいで‥。

    「白夜丸ーin夏雪!オーバーソウル!」

    自分でも驚いた。
    自然に身体が動いたのだ。

    試験は武器に持ち霊をオーバーソウルさせる事が目的。俺は勝った‥。


    五秒くらいで。


    それから第二、第三の関門と称し銭湯を満喫した俺は銭湯を後にした。

    また一つ強くなった‥。



    93: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:15:18.426 ID:GvCHdT+Hd.net

    時刻はまだ15時。
    暇な俺は神社へと向かった。

    石牌にもたれかかり、空を眺め呟く。

    「これから大変だなー(^^)」

    大変なのはお前の頭だ葉一‥。

    風を感じもう一度呟く。

    「まん太こねーかな(~_~;)」

    結局ギャラリーがいないと完全な葉にはなれない。これが俺の欠点だった。

    閃いた。


    俺は自分の母校である小学校へと向かった。



    94: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:15:27.507 ID:VRn2YQctM.net

    小学生低学年ぐらいまではガチのごっこ遊びもするよ


    95: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:16:19.056 ID:GvCHdT+Hd.net

    なんか話を繋げて行くとぐだりそうなんで、単発っぽく書いて行きます(^^)

    「南くん」

    葉になったまま俺は中学二年生になった。
    クラスには竜とアンナそして‥南くんがいた。

    この南くん。自己紹介で生まれが北海道だという事がわかった。

    「ホロホロ」

    彼はその日から、俺の中でホロホロになった‥。

    自己紹介も終わり、休み時間を迎える。

    「おっす(^^)オイラ葉ぃ‥ちよろしくなー(^^)」

    ホロホロ「あっ‥うん」

    違うな‥ホロホロはこんなんじゃない。

    もっと元気だ。



    97: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:16:53.931 ID:GvCHdT+Hd.net

    「元気ないな~(^^)体調悪いんか~」

    ホロホロ「いや?別に?」

    「じゃあどうしたんよーσ(^_^;)」

    ホロホロ「別に武田くんと仲良くないし」

    「(^^)‥友達だ」

    ホロホロ「ははっどうも‥」



    ホロホロが俺に心を開いた瞬間だった。



    98: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:17:09.896 ID:M6lzE//E0.net

    no title

    俺もマンキンすきだよ



    99: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:19:40.847 ID:GvCHdT+Hd.net

    「木刀の竜」

    竜とは学年が上がって更に仲良くなった。

    週に二回ほど神社に行き、猫を探したり俺の特訓に付き合ったりしてくれた。

    でも、仲がいいじゃ駄目だ。

    俺が尊敬されないと‥。

    そこで俺が考えたのが、


    「高い所からジャンプしておりる」

    完璧‥のはずだった。。。



    100: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:20:25.539 ID:GvCHdT+Hd.net

    学校ではバカみたいな遊びが流行ってた。

    頸動脈を止めて失神ごっこ
    肩パン
    髪の毛の早抜き
    チョーク味比べ‥etc

    そこで俺が目を付けたのが‥


    「階段飛び降り」


    高い段から飛べば飛ぶほど男子から惜しみない喝采が得られる。


    俺は‥やってやった。



    101: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:21:02.376 ID:GvCHdT+Hd.net

    通常みんなが飛べるのが8~11段

    俺は‥

    15段に挑戦した。

    昼休み竜を含むみんなが見守る中、(多分まん太もいた)俺は小声で呟いた。

    「白夜丸人魂モ~ド‥憑依合体‥」

    白夜丸は忍者‥。


    余裕すぎるwwwwww


    空高く俺は飛んだ‥。



    I can fly(^^)



    102: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:21:30.701 ID:JpFkSzKVd.net

    なんだかんだ仲良くやってるって事は社交性はあるんだなw


    103: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:21:56.626 ID:GvCHdT+Hd.net

    いたいいたいいたいいたいっ!!!

    右腕に激痛が走る。

    みんなは爆笑‥。

    多分まん太も。

    死ぬ程痛い思いをしながら、俺は上を見る。

    下から五段目に俺の上履きがあった。。



    惜しかった‥。



    104: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:22:51.051 ID:GvCHdT+Hd.net

    保健室に一人で行き、先生に診てもらう。

    「あんたなにやってんの!?車だすから待ってなさい!」


    どうやら重傷のようだ‥。


    先生のいない保健室で俺は言った。はっきり言った。


    「このぐらいですんでよかったなー白夜丸σ(^_^;)普通なら死んでるからなー(^^)」

    心の中で呟く

    「葉殿!!拙者の力不足ゆえ‥すまぬ!」

    忠義を尽くす白夜丸に俺は胸をうたれた。

    「きにすんなー(^^)オイラが弱いだけだ。白夜丸は悪くないぞー(^^)」


    ここにひとつの愛が生まれた。



    105: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:24:35.286 ID:GvCHdT+Hd.net

    ちなみに連は出てきません。
    連くんには接近したが、ボコボコにされたんで、関わるのやめました。イジメられました。



    106: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:24:47.257 ID:Qs8yffTX0.net

    工業高校だった俺はガンダムの開発者という設定だった
    それを従兄弟の小学生に自慢げに話していた黒歴史・・・
    思い出すと死にたくなる



    107: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:25:24.061 ID:GvCHdT+Hd.net

    先生が来て病院に運ばれる。

    レントゲンを撮り右腕を診てもらう。


    診断結果


    「なんかあの、右腕の肘の回りと下の方複雑骨折」


    入院して、手術する事になった。


    期間は一ヶ月~二ヶ月。


    重傷だった☆



    108: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:26:22.654 ID:GvCHdT+Hd.net

    入院期間中クラスの奴らは見舞いに来なかった。さみしかった‥。

    でも、竜だけは毎日来てくれた。
    病院食って不味くね?って言って毎日カップ麺を買ってきてくれてた‥。こいつがいなかったらシャーマンキングになるの辞めてたと思う‥。

    だが、俺には成さねばならぬ事がある。


    病院。


    竜に頼み事をした。


    明日はまん太を連れて来いと‥。



    110: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:27:00.371 ID:GvCHdT+Hd.net

    これ以上まん太に危ない思いをさせる訳にはいかない‥。

    脳内ではアドレナリンが大量に出ていた。

    漫画と一緒だったから‥。

    翌日になり、竜とまん太が入ってきた。

    俺は待ってましたとばかりに、入院服を少しはだけさせ胡座をかき、背筋を伸ばしてまん太を見る。そう‥冷たい目をして。



    111: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:27:09.444 ID:HL/QZI7dd.net

    竜いいやつで笑う


    112: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:27:48.389 ID:GvCHdT+Hd.net

    まん太「葉くん‥怪我大丈夫?ww」

    「( ̄^ ̄)」

    まん太「葉くん‥?ww」

    「( ̄^ ̄)帰れ」

    まん太「えっ?ww」

    「( ̄^ ̄)お前のせいで怪我をした‥。」

    まん太「え‥」

    「( ̄^ ̄)お前のせいだ」

    まん太「な、なん‥でグスグス‥」

    まん太が泣き出す。

    「((((;゚Д゚)))かえれぇー!!!」



    あんたぁぁぁああぁぁ!!!!!


    ((((;゚Д゚)))))))!!??
    忘れてた。大部屋だった☆



    113: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:28:52.982 ID:GvCHdT+Hd.net

    竜「すいません。こいつみんなで遊んでて怪我したんすよ。だから俺達も多分悪いっす。」

    まんた「‥‥。」

    俺「まん太も謝って‥。」

    まん太「!‥すいません。」


    「喧嘩すんなら余所でせぇ!余所で!」


    まん太のせいで怒られた。
    今でも書いてて腹が立つ(^^)



    114: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:29:02.465 ID:WdRaF8Ml0.net

    次は洞窟で修行だな


    115: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:29:07.392 ID:JpFkSzKVd.net

    竜親友やな


    116: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:29:57.394 ID:sU8O3vgPd.net

    竜みたいな友達欲しい


    117: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:30:35.613 ID:GvCHdT+Hd.net

    俺はその日、竜が毎日来る理由がやっとわかった。


    罪悪感なのだろう。


    胸が苦しくなった‥。

    ありがとう竜‥。

    これからも毎日来てね。
    ・゜・(ノД`)・゜・。

    「木刀の竜」 完


    どうしよう‥。マンキンとは関係ない、病院オ●ニー編もあるが書いた方がいいのか?



    131: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:46:50.528 ID:GvCHdT+Hd.net

    まだまだあるけど疲れたんで





    「寝るぞーーー!」



    133: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:48:54.616 ID:6VZgbeJn0.net

    でいまは何してんの?


    134: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:49:10.110 ID:HL/QZI7dd.net

    は?終わりかよ


    137: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 16:52:43.552 ID:GvCHdT+Hd.net

    >>134
    連載の原作通り中途半端な感じです



    140: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:02:38.439 ID:KTEa7j+3a.net

    ここまで読んでもらって悪いんだが俺は最初の>>1じゃないんだ


    141: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:07:03.687 ID:GvCHdT+Hd.net

    スレ主はどーしたんだ?


    142: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:07:49.040 ID:iYIMbn0yd.net

    あいつは俺が


    143: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:08:32.645 ID:GvCHdT+Hd.net

    なんで誰も気づかなかったんだ?


    144: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:10:18.000 ID:vzog3cFf0.net

    戻ってきた

    おい、説明しろ



    148: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:11:29.776 ID:GvCHdT+Hd.net

    >>144

    どちらも偽物



    145: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:10:50.258 ID:wrCidQLva.net

    てっきりコンビニ行ってきたらID変わったのかと


    146: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:10:54.834 ID:k8VODtqFM.net

    すまん
    入れ替わりに全く気付かなかったんだ



    147: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:11:07.471 ID:WdRaF8Ml0.net

    バカな…どっちが本物の"麻倉葉"なんだ…!?


    149: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:12:21.969 ID:SrTNhq4m0.net

    憑依されてるな


    150: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:12:24.111 ID:vzog3cFf0.net

    なにこれ
    怖い



    151: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:13:29.834 ID:GvCHdT+Hd.net

    あひゃひゃひゃひゃ


    152: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:14:36.129 ID:t80NtZk6d.net

    全然違和感なく読んでてワロタwww


    154: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:15:41.433 ID:HoEIBPqj0.net

    見返したら本当に途中で入れ替わっててワロタ


    156: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:18:37.337 ID:yJvmtp450.net

    なんだこれマジじゃねーかwwww
    IDとか全然気にしない位に自然に読んでたわ



    157: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:19:37.513 ID:lS5edMEpa.net

    急にホラー展開wwww


    158: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:25:42.423 ID:GvCHdT+Hd.net

    なんでこんなに内容が自然かっていうと

    まだ指摘ないからネタばらしするけど、このスレの内容って8年くらい前にvipに立てられたスレの内容なのね。
    スレ主もおれもコピペしただけ。

    スレ主がコンビニ行って報告かえってこないから引き継いでしまった。だれかしら気づくかと思ったんだが。
    まさかの最後まで書いてしまった。

    ある意味釣りみたいになってしまった。すまぬ



    159: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:30:44.511 ID:fhJzLHSL0.net

    へえ


    160: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:31:32.004 ID:V/2WEtVx0.net

    へー


    161: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:38:20.087 ID:cFT3285fp.net

    別人と確認しようも無いし気づかんわな


    155: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2019/03/26(火) 17:17:41.999 ID:JpFkSzKVd.net

    ワロタ


引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1553580182/