渋谷 ゴミ


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/11/01(日) 20:27:05.050 ID:V5mWgYVJ0.net

    西山の企画(渋谷を掃除して拾ったゴミでアートを作る)を潰すため
    VIPPERがハロウィンでゴミだらけになった渋谷を掃除
    no title

    no title

    no title

    no title




    西山さん一行、VIPPERのせいでゴミが落ちてないので自販機のゴミ箱から缶を奪取
    no title

    no title

    イベント後、アート用に持ち込んだ衣類などで嵩増し記念撮影
    no title




    朝日新聞出版、何故か西山さんの企画を大々的に記事に


    サッカーW杯や年末のカウントダウンを思わせる混雑ぶりだった、ハロウィーンの渋谷。
    昨年は翌日のごみ問題などが報じられたが、今年はどうなっているのか。
    祭りの後の渋谷を歩いてみた。

    白いごみ袋を持った人々と何度もすれ違った。
    よく見ると、ごみ袋には映画「ゴーストバスターズ」でおなじみのゴーストマークが描かれている。
    センター街をごみ拾いしながら歩く、彼らに話を聞くと、これは「SHIBUYAハロウィン・ゴーストバスターズプロジェクト」という活動の一環だという。
    参加男性は次のように説明する。

    「これは西野亮廣(お笑いコンビ・キングコングのひとりで、現在は絵本作家としても活動)さんが発案した活動なんです。
    ハロウィーンのごみ問題が報じられていますけど、実際になくそう、と言うだけではなくならない。
    それなら片づけ自体も楽しめる活動にすればいいんじゃないかということで、ネットなどで呼びかけをして、集まってごみ拾いをしているんです」

    ハロウィーンはゴーストの仮装などをすることから、ゴーストが出したごみを片付ける、ゴーストバスターズになろうという活動だ。
    これは現在開催中のアートイベント「TOKYO DESIGN WEEK」の一環として行われており、集めたごみで最終的にトラッシュアートを作るという。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151101-00000004-sasahi-life