フリーター


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/10/10(土) 08:55:26.08 ID:KomHmj1B0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典

    sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif


    アルバイト、パート、派遣、請負など非正規労働者の増加が止まらない。
    平成元年(1989年)に817万人で全体の約2割だった非正規労働者は2014年に1962万人まで増加。
    全体の37%と4割近くに迫っている。今や労働者の実に3人に1人が非正規だ。

    中でもこれから深刻な問題として顕在化してくるのが「中年フリーター」の問題だ。
    その中心は1990年代半ばから2000年代半ばに新卒として社会に出た「就職氷河期世代」の非正規労働者だ。

    氷河期最初の世代はすでに40代に突入。
    年齢的に正社員に就くのが困難であるだけでなく、体力の衰えとともに働けなくなってくる。

    中年フリーターの「下流化」は今後ますます加速する。
    非正規の平均月収は約20万円。
    体力のある若いときは低賃金でも仕事の掛け持ちなど量でカバーすることができたかもしれないが、それができなくなってくる。

    貯蓄も少ない。
    連合総研「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」によると、非正規が主たる稼ぎ手となっている世帯のうち「貯蓄なし」が28.2%、「100万円未満」の世帯も26.6%に上る。

    また社会保険の加入率が低いのも特徴だ。
    厚生労働省「就業形態の多様化に関する総合実態調査報告」によると、雇用保険の加入率は65.2%(正社員99.5%)、健康保険52.8%(同99.5%)、厚生年金51.0%(同99.5%)と正社員を大きく下回る。


    ■ 企業のコスト削減が社会の負担に

    低い賃金、不安定な雇用、教育訓練機会の乏しさ……。
    非正規をめぐる問題は以前から指摘されてきたことだ。
    これまでにも氷河期世代をはじめとした若いフリーター層に対する就労支援も行われてきた。
    だが目立った成果が上がらないまま、 中年フリーターたちは年齢を重ねてきた。

    これからますます苦しい立場に追い込まれていく中年フリーターをどうサポートするのか。
    手を打たなければ事態が悪化していくことだけは確かだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151010-00087614-toyo-bus_all&p=1
    no title




    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/10/10(土) 08:57:11.24 ID:WuTWJXQO0.net

    20万も得ていれば悠々自適な生活が満喫できるお!


    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/10/10(土) 08:58:34.43 ID:KomHmj1B0.net

    >>2
    手取りじゃないぞ”