年収1000万


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/29(火) 22:32:29.45 ID:INyRlQpf0.net BE:878978753-PLT(12121) ポイント特典

    sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif


    ここでは『図解 お金持ちの教科書』の「第1章 お金持ちってどんな人?」から一部を抜粋し、6回に分けて掲載する。
    今回がシリーズ最終回。なぜ年収1000万円なのに年収400万円よりエンゲル係数が高く、生活が苦しいケースがあるのかを知っておこう。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    イメージしやすいリッチな生活の基準と言うと、やはり年収1000万円ではないだろうか?
    だが年収1000万円は決して お金持ちとは言えない。

    実は年収1500万円までは、年収500万円の人と基本的な生活スタイルは変わらないことが多い。
    収入が絶たれてしまうと生活が成り立たなくなるという意味においても条件は同じだ。

    これが3000万円を超えると、生活のレベルが変わる。
    たとえばレストランの話題でも、「行った」という話ではなく、レストランのオーナーになっていたりする。
    生活の質が根本的に変わるというのは、こういうことを指すのだ。


    年収1000万円の人が一番キツい
    実は、年収1000万円の人の家計は、収入が低い人よりもずっと苦しいというのである。

    ある経済誌が組んだ富裕層の特集で紹介された、年収1000万円のプチ(ニセ?)富裕層の悲惨な日常生活によると、年収1000万円の人は、400万~600万円の人に比べて富裕層への憧れが強く、過剰な消費に走っているというのだ。
    年収1000万円世帯のエンゲル係数が、400万円世帯よりも高いというデータも明らかにされている。

    特に40代で大企業に勤め、妻は専業主婦というパターンが一番危ないそうだ。
    このタイプの家庭の必須アイテムは、海外製ベビーカー、高級鍋、ウォーターサーバー、こだわり家電など。
    これらが積み重なると相当な出費となる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10645663/




    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/29(火) 22:33:48.97 ID:sDNmmEaO0.net

    しらねえよ、金よこせ


    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/29(火) 22:34:00.28 ID:sB+3vtHd0.net

    贅沢な悩みだ