イジメ


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/16(水) 20:41:27.36 ID:???*.net


    梅雨入り間もない6月8日。日没前後から雨が降り始めた大阪府河内長野市の公園に、傷だらけの男性が力なく横たわっていた。
    近くに住む専門学校生、工藤勇人さん(19)。
    意識不明の重体で搬送され、1カ月後に亡くなった。

    工藤さんに暴行したとして、大阪府警は傷害容疑で高校時代の同級生2人を逮捕。2人は傷害致死罪で起訴された。


    「動くサンドバッグや」「格闘技の練習台」。
    工藤さんは2人から殴る蹴るの暴行を受けた末、わずか19年の短い生涯を閉じた。
    捜査で明らかになったのは、高校時代から4年近くも続いた陰惨で壮絶な「いじめ」だった。
    距離を置こうとした工藤さんを執拗(しつよう)に呼び出しては、暴行の様子をスマートフォンで動画撮影。
    押収されたスマホには、痛がる工藤さんに格闘技をかけて喜ぶ2人の姿が写っていた。「鬼畜の所行」の全容とは-。


    「殴るときはお前の服」
    傷害致死罪で起訴されたのは元専門学校生(20)と大学生(19)。
    6月8日昼過ぎ、2人は「スマートフォンの液晶保護フィルムを壊された」という口実で工藤さんの自宅を訪れた。

    捜査関係者によると、そもそも「壊れた」とは、保護シートの一部がめくれた程度の話。
    実際に工藤さんが壊したのかどうかも分からないという。
    結局、理由は何でもよかったのだ。

    当時、工藤さんの両親は不在で、在宅していたのは工藤さんだけだった。
    玄関の呼び鈴を何度も鳴らす2人。身を縮めるような思いで呼び鈴を聞いていたに違いない。

    「このチャイム、壊れてるんちゃうか」

    やがて2人は、勝手に家の扉を開け、中をのぞき込んだ。
    工藤さんの部屋は1階。工藤さんが中にいるのを見つけると、無断で部屋に上がり込んだ。
    そして、持参したカップ麺を悠々と平らげた。

    「そろそろ行こか」

    午後1時ごろ、2人は工藤さんを自宅近くの公園に連れ出した。
    一瞬、雨が降った。
    2人は工藤さんに自宅に傘を取りに帰るように命じ、さらにこう続けた。

    「お前を殴るときに俺たちの服が汚れるから、お前の服を持ってこい」

    工藤さんは言われた通り、傘と服を2セット用意して戻ってきた。公園で2人はその服に着替えた。
    自分たちの服は持参したリュックサックにしまうと、バイクのシート下に収納した。準備は整った。

    工藤さんにとって地獄のような時間が始まった。

    顔を殴る。腹を殴る。倒れたところを足蹴りする。柔道技の背負い投げをかける。タックルで押し倒す-。
    痛がる工藤さんに、2人は交互に、何度も何度も執拗に暴行を加えた。

    自分がこの場を我慢すれば全てが丸く収まる。このとき、工藤さんはそう思っていたのか。
    それとも、2人からはもう逃げられないと絶望的な気持ちだったのか…。
    ただ一つ確かなことは、恐怖心は想像を絶するものだったということだ。

    公園の周辺に響き渡る怒声。2人は殴り疲れると、公園のシーソーで寝そべり、その間も、工藤さんをののしり続けた。

    怒声に気付いた近所の男性が3人に近づき、「年寄りが住む町だから勘弁してよ。大声出さないでよ」と注意した。
    ここでは素直に従った2人。しかし、2人は北に約500メートル離れた別の公園に工藤さんを連れて行くと、再び暴行を繰り広げた。

    1時間半ほど経過したころ、強烈なタックルが決まった。工藤さんは頭を強打、白目をむいて倒れ込み、意識を失った。

    約1カ月後の7月4日。工藤さんはそのまま帰らぬ人となった。

    府警の捜査が進むと、2人が4年近くにわたり、工藤さんに暴行を繰り返していたことが明らかになる。

    続きは以下ソースで
    http://www.sankei.com/west/news/150916/wst1509160006-n1.html




    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/16(水) 20:43:33.91 ID:oT4epCKx0.net

    大阪らしいわ


    7: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/16(水) 20:44:11.71 ID:fHetAZYI0.net

    修羅の国だなマジで。