全員悪者


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/08(火) 13:21:44.79 ID:???*.net


    アートディレクターの中島英樹氏(54)は7日までに、白紙撤回された2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムを作った佐野研二郎氏(43)について「10年前の私の作品も盗用された」と告発した。

    中島氏によると、佐野氏が「盗用して」作ったのは、07年ごろのディズニー関連の作品。
    「当時は、偶然似てしまったのではないかと思っていた。でも、今度の件で盗作と確信した」と怒りをあらわにした。

    佐野氏も所属する、国内の一流デザイナーらが集う東京ADC(アートディレクタークラブ)会員で、世界で最も歴史のある広告賞のニューヨークADC金賞など数々の受賞歴を誇る中島氏。
    05年、国内の著名なデザイナー6人と香港で展覧会「セブン・エキシビション」を開いた。
    佐野氏の博報堂社員時代の上司の佐藤可士和氏(50)、五輪エンブレムのデザイン審査員を務めた浅葉克己氏(75)らが名を連ねた。

    「佐野氏が盗用した」という作品は展覧会で披露されたもので、バラなどが描かれた白いポスターに多くの穴をあけてアルファベットを並べた斬新なデザインだった。
    「妹を病気で亡くした後で、妹を思い、身を削る思いで魂を込めた作品でした」

    今回、盗作疑惑が浮上した当初、中島氏は「佐野氏は才能があり、未来を担うアートディレクター。 エンブレムはやっていないはず」と思い、インターネットなどを通じて擁護してきた。
    だが、8月28日に発表したエンブレムのデザイン原案にも疑惑が指摘された直後に、批判に転じた。

    ネット上で「原案のパクリの元ネタ」と指摘されたのは、13年に都内で開催されたタイポグラフィー(活字を用いて組版、印刷、製本などを行う技術)の巨匠「ヤン・チヒョルト」展で使用されたロゴマーク。
    中島さんが敬愛する巨匠のロゴまで「汚された」ことに憤りを覚えたという。

    「自分の口で説明してほしい」と願う中島氏。
    だが、佐野氏はエンブレムの盗作に関しては否定しており、会見の予定はない。
    中島氏の「盗作」発言について7日、佐野氏の事務所に問い合わせたが、返答はなかった。

    スポーツ報知 9月8日(火)5時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150907-00000121-sph-soci



    「セブン・エキシビション」の中島氏のデザイン
    http://tdctokyo.org/jpn/?award=seven-exhibition
    no title

    no title



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/08(火) 13:22:23.50 ID:llwEMy+d0.net

    叩いて落ちてくるのが埃なんてレベルじゃない


    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/09/08(火) 13:23:37.83 ID:RCFa4nOF0.net

    パクリはダメだけど 10年前に抗議しなくて今更いうのもオカシイわ