三田麻央


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/07/29(水) 21:36:12.21 ID:???*.net


    最大の禁忌を犯した!? NMB48の三田麻央、後藤輝基×徳井義実の“BLマンガ”を公開して腐女子激怒

    今月28日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、NMB48の三田麻央が自作のBLマンガを公開し、腐女子たちから大ひんしゅくを買っている。

    三田はAKB48グループきってのオタクメンバーで、今年2月に放送された『※AKB調べ』(フジテレビ系/放送終了)では、オタクとして有名なAKB48・渡辺麻友が「アイドルではなくガチオタ」と語るほど。
    三田のTwitter(@kyunmao_m99)を見ると、購入したBLマンガを紹介していたり、BL妄想をしていたり……時には自作のBLイラストやBLマンガも公開している。

    そんな三田の腐女子っぷりは、この番組でも炸裂。
    趣味に「BL妄想トーク」を挙げ、「2次元の中でBLってジャンルが本当に好き」と力説する三田。
    妄想だけでは足りないことからBLマンガを自作するようになったという。

    BL語りだけにとどまらず、なんと番組MCのお笑い芸人・徳井義実と後藤輝基を題材にした自作のBLマンガを公開。しかも本人たちにアフレコをさせていた。
    その内容は後藤が“攻め”で徳井が“受け”で、仕事後、酒を酌み交わしている時に「キスしてみるか」と後藤が徳井に迫るといった濃厚なストーリーとなっていた。

    この三田のBLマンガにスタジオは大盛り上がりで、番組にゲスト出演していたヴァイオリニスト・高嶋ちさ子も「(世界観は)全然わからないけど、めっちゃ面白かった」と絶賛していた。

    だが、その一方で、ネットでは
    「三田麻央って子恐ろしいな。同人最大の禁忌を平然とやりおるとは」
    「腐女子会のルールも知らずに腐女子とは言えない」
    「腐女子の恥を晒してくれたから私一生許さない」
    といった腐女子の声が上がる大炎上状態に。

    というのも、今回三田が描いたBLマンガはいわゆる“ナマモノ”と言われる芸能人やスポーツ選手、お笑い芸人など“実在の人物”を題材にしたジャンル。
    この“ナマモノ”は、腐女子界隈ではかなりデリケートに扱われているジャンルなのだ。

    そのため、「本人や事務所には知られてはならない」という暗黙の了解があるのだが、今回、三田は公共の電波で“ナマモノ”を公開し、しかも本人たちにアフレコさせた。
    これに腐女子からの反感を買うこととなってしまったのだ。

    そんな“ナマモノ”、過去には2013年に吉本新喜劇の芸人が先輩芸人を題材にBL同人誌を描き、イベントで販売すると告知し、ネットが炎上するといった事例もある。

    番組で腐女子っぷりを見せ、「逆カプ(受けと攻めが逆なこと)」といったBL用語も解説していた三田だが、“ナマモノ”に対する知識はなかったのだろうか……。

    http://otapol.jp/2015/07/post-3460.html


    動画
    http://www.youtube.com/watch?v=4KuzFK8Fl30


    no title

    no title

    no title

    no title


    殺害予告
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    7: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/07/29(水) 21:39:47.75 ID:YIUxWt2L0.net

    腐の掟、こええなwww