障害者虐待


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/06/04(木) 18:30:05.35 ID:???*.net

    「NEWS23」のホームページに、ある障害者施設での虐待行為を告発する1通のメールが届きました。
    職員から利用者へ繰り返される暴力と暴言。内部告発から見えてきた施設での虐待の実態です。

    胸ぐらをつかみ・・・
    「座れ。座れ。座れ、早く」

    密室状態での虐待行為。暴力だけではありません。さらに・・・

    「間違ったら殺すけんの」
    「取りに来いよ、お前よ。座ってないで。バカタレが」

    これは、ある障害者施設内で撮影された映像です。施設の職員が利用者に暴力を振るい、暴言を吐く虐待行為が記録されていました。

    山口県下関市にある障害者の施設。主に重度の知的障害者およそ50人が工場の下請けなどの軽作業を行う施設です。
    映像は現役の職員Aさんが撮影しました。

    「(ある職員の)声が大きくなってきた。(施設の)どこからでも聞こえる。『バカタレ』とかそういう言葉を使いだした」(虐待映像を撮影 現役職員Aさん)

    虐待の可能性に気付いたAさんは、記録を残すべく、密かに撮影を始めました。
    施設では、7人のグループに分かれ各部屋で作業をします。そこに職員が1人つきます。

    「取りに来いよ、お前よ。座ってないで。バカタレが」(職員)
    利用者にいら立ち、大声を出し・・・

    「段ボール当たったからってどうってことないんだよ、お前」
    「ぶち殺すぞ」(職員)
    さらに、作業がうまくいかないと・・・

    「座れ。座れ。座れ、早く」(職員)

    「自分の思いどおりに動かないからだと思う。(利用者は)言葉でわからないから、どんどん腹立たしくなる。それで暴言暴行になってくる」(虐待映像を撮影 現役職員Aさん)
    つづく

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2507337.html?mode=pc