7a21bc66


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/04/04(土) 15:54:20.46 ID:???*.net

    川崎市で男子中学生(13)が殺害された事件で、殺人の非行内容で家裁送致された18歳の少年は「誰かに止めて欲しいと思った」と供述していたという。

    少年時代、非行に走ったことのある人たちも当時、心の中で助けを求めていた。

    「強がっていても本当はもっと気にかけてもらいたかった。(ドラマの)『GTO』のように家庭にもがつがつ踏み込んで、マンツーマンで向き合ってくれる先生がいれば、と憧れた」

    かつて川崎市で非行グループを率いた男性(30)は、そう話す。

    年上のメンバーの命令通り、万引きや恐喝で手に入れた金を納め、薬物にも手を染めた。逮捕や少年鑑別所の入所経験もある。命令に逆らって暴力を受けないように「共存」の道を選んだ、と男性は言う。

    「不良をやりたかったわけじゃない。いじめられず生きるには(非行集団の中で)『共存』するしかなかった」

    進学や就職する友人を見て焦りや、うらやましさを覚えた。
    18歳で暴力団に誘われ、川崎市から逃げた。不良仲間とも連絡を絶った。
    犯罪と無関係になるには7年ほどかかった。

    中学1年から飲酒をしていても、周りの教師も大人も、止めてくれなかった。

    会社員となり、子どももできた今、川崎の事件について、
    「悪循環が何十年も続いてしまっている。教育委員会は、もっと子ども個人を見た方がいいのでは」と感じている。

    http://www.asahi.com/articles/ASH3S6G00H3SUTIL041.html
    no title

    no title

    no title




    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/04/04(土) 15:55:44.43 ID:VWtMiXr90.net

    かわいそう。頭が。


    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/04/04(土) 15:56:29.20 ID:4lV5Bl6G0.net

    人殺しの言い訳