560190f4


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/03/25(水) 20:19:09.05 ID:???*.net

    やらなきゃやめなきゃ直さなきゃ、つい罪悪感を感じてしまう悪い習慣のあれこれが、実は体にいいこと満載なのをご存じですか?たとえば……。

    1.朝寝坊
    ウィスコンシン大学の研究結果によれば、一日数時間しか寝ない人より、長時間寝る人のほうが体重が減少する傾向があるそうです。
    これは、睡眠をとることによってレプチンとグレリンというホルモンの働きが食欲を調整してくれるからだそうです。

    2.シャワーを浴びない
    ノースウエスタン・メモリアル・フィジシャンズ・グループの研究結果によれば、熱いシャワーの湯と洗浄作用の強い石鹸は皮膚が本来持つ自然のオイルを洗い流してしまい、結果肌を傷めることになるのだそうです。

    3.噂話
    カリフォルニア大学の研究結果によれば、少々の噂話はストレスを軽減し、また他人のふり見てわが身を治す効果もあるそうです。

    4.そわそわ動く
    テキサス・サウスウエスタン・メディカルセンターの研究結果によれば、立ったり座ったりあちこちウロウロしたりと落ち着かない人ほど実はカロリー消費も高く太りにくいという効果があるそうです。

    5.布団を出しっぱなし
    朝起きて布団がぐちゃぐちゃのままだと親に怒られましたよね?キングストン大学の研究結果によれば、 布団ダニはピシッと整えられた布団よりも乾燥して温かいぐちゃぐちゃの布団のほうが早く死滅するそうです。

    6.チョコレートを食べる
    ハーバード・メディカルスクールの調査結果によれば 、少量のダークチョコを摂取することによって、心臓発作や脳梗塞のリスクを 減らすことができるそうです。ただしこれはダークチョコ限定、ミルクチョコやホワイトチョコでは同じ効果はないそうです。

    7.ストレスを受ける
    バッファローの大学の調査結果によれば、多少のストレスは頭を冴えさせ、記憶力を増加させるそうです。もちろん常にストレスに 晒されるのは健康に悪いので、その場合はなるべくすみやかにストレス解消させましょう。

    8.適量のコーヒーの摂取
    アーカイブ・オブ・インターナル・メディシン誌に掲載された最近の研究結果によれば、一日2-3杯のコーヒーはパーキンソン病、 癌や2型糖尿病を発病するリスクを軽減させる可能性があるそうです。

    http://news.ameba.jp/20150324-257/

    >>1-10に続きます。