dtu1hqdefault


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/01/17(土) 21:26:28.45 ID:???0.net

    もはや「天下を獲った」と言っても過言ではない大人気お笑いコンビ・ダウンタウン。
    浜田雅功、松本人志は今年で52歳を迎え、最近ではダウンタウンとしての終わり方も注目されている。

      1日放送のフジテレビ「ワイドナショー」では、「芸能人の引退」という話題でトークが展開。
    松本人志は、大先輩である“お笑いBIG3”のビートたけし、明石家さんま、タモリがどのように引退するのかに注目しており、それによって自身の引退にも影響を及ぼすとして、「動向をうかがいます」とコメントした。

      司会の東野幸治から「最後はダウンタウンっていう形で漫才するとか、コントするとか。そういうのはないんですか?」と質問されると、「なんか終わり方はあるんやろうね。もし辞めるんやったらね」と返答。
    さらに東野が「もう一度漫才するとか…。
    浜田さんはそんなこと言ってましたよ。また漫才もしたいって」と振ると、「あいつそんなこと言ってた?」と何かを感じ取った表情だった。

     “浜田が漫才をしたい”という東野の言葉。実はこれには大きな意味が込められている。

      今から11年前。日本テレビ「浜ちゃんと!」で、浜田雅功はダウンタウンの最後について赤裸々に明かしていた。
    番組は、浜田が尊敬する志村けんと1泊2日の熱海旅行を実施し、2人だけのぶっちゃけトークを放送した。

     浜田は「ウチはコントじゃないですけど、そういう番組やってないでしょ。終わったでしょ。やっぱもう一回やっといた方が ええんかなぁって。今の時代が、コントがええかどうかは別ですよ」と本音を告白。 志村から「コント云々よりちゃんと(笑いを) 作ってやった方がいい」とアドアイスされると、「今ちょっとできてない」と反省気味だった。当時、大人気だったコント番組 「ダウンタウンのごっつええ感じ」が終了していた。

     そして浜田は、「ダウンタウンで最後どうすんねんっていうのは“花月で漫才しよ”って言うてるんですよ。そこは決まってるんです。
    最後の最後は花月なんですよ。ダウンタウンとしてはね」と11年前の時点で“ダウンタウンの終わり方”はすでに決定されていたのだ。

     ダウンタウンとして2人がコントを披露したのは、今から4年前の2011年。松本人志がNHKのコント番組「MHK」で オリジナルコント5本を制作し、第一回放送に浜田がゲストとして出演。10年ぶりのコントを披露した。

     最近では、松本自身も“芸人の終わり方”を頻繁に気にしており、東野から質問されたときの“何かを感じ取った表情”は、 浜田との“花月で漫才しよ”という約束を思い出したのだろうか。

     ただ、浜田の理想としては“上方漫才の宝”と称された夢路いとし・喜味こいし師匠で、“いとこい”師匠は70歳を過ぎても現役漫才師として活躍していた。
    それを考慮すると、今すぐに解散というワケではなさそうだが、解散へのカウントダウンが本格的にスタートしたのかもしれない。

    http://npn.co.jp/article/detail/64911225/



    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/01/17(土) 21:29:03.55 ID:r4s2DkUK0.net

    解散も引退もないだろう
    番組打ち切りはあるかもしらんが



    6: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2015/01/17(土) 21:29:41.37 ID:SXkimWvW0.net

    浜田『「真剣なつっこみは、あいつのために残してある」』