_SY344_BO1,204,203,200_


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/12/14(日) 12:09:31.19 ID:c2siSQzp0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典

    sssp://img.2ch.sc/ico/button1_01.gif
    うつ病を招く危険行為!? 自律神経のバランスを崩すNG行動

    【1】お風呂に入らず、シャワーで済ませる
    疲れて帰ってきた時こそ、15分でいいから湯船に浸かろう。血行が良くなって全身が温まり、寝つきやすくなる。バスルームでお気に入りのアロマを焚いたり、好きな音楽を流したりすれば、よりリラックスできて副交感神経の働きが高まる。そのままベッドに入るとぐっすり眠れるはず。

    【2】運動を全くしない
    「仕事で疲れているのに、運動なんかしたら余計に疲れちゃう」と思いがちだが、それは大きな誤解。適度な有酸素運動は、体内の抗酸化力をアップして、疲れにくい体を作ってくれる。忙しくて時間がないという人は、通勤の行き帰りに早歩きを心掛けるだけでも効果的。

    【3】布団に入っても、スマホをいじっている
    もう寝ようと思いつつも、ツイッターでつぶやいたり、Facebookに書き込むのがやめられないという人は多い。でもスマホやPCの画面を見ていると、脳が刺激されて興奮し、夜になっても交感神経の働きが低下しなくなって、自律神経が乱れる原因に。

    【4】休日は昼過ぎまで寝ている
    今週は残業続きだったから、休みの日くらいはたっぷり寝たい。そんな気持ちも分かるが、昼過ぎまで寝ていると、日中も副交感神経が優位に働くようになってしまう。休み明けに出社しても、体がだるく頭がボーッとして仕事に集中できないという人は、休日の過ごし方を見直してみよう。

    【5】野菜はジュースでしか摂らない
    炭水化物や甘いものを食べ過ぎると、血液がドロドロになって免疫力が低下し、体も疲れやすくなる。 炭水化物を控え、魚介や豆類など良質のたんぱく質を多めに摂ることと、野菜や果物、海草類を積極的に摂ることを心掛けよう。 ただし、市販の野菜ジュースは加熱処理によって栄養素が壊されてしまうため、体に必要な消化酵素やビタミン・ミネラルがほとんど含まれない。できるだけ生の野菜を食生活に取り入れて。
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141213-00010003-womantype



    5: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/12/14(日) 12:12:22.64 ID:9QYhE2bx0.net

    【3】布団に入っても、スマホをいじっている


    ↑逆にこれやってる方が
    気持ちよく寝オチできてよく眠れるんだが。