5ce625c6-s


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/09/04(木)22:55:43 ID:2Y5oOBYKP

    魔界大冒険での出木杉とのび太の会話

    出木杉「ふうん、魔法がほんとにあるかって?」
    出木杉「べつにわらわないよ。魔法も昔はちゃんとした学問として研究されていたんだから。」
    のび太「ほんと!?」
    出木杉「昔の人びとは、世界は人間以上の大きな力で動かされていると考えた。神とか、悪魔とか、精霊とか。
    彼らはその大きな力が自分たちに何を与えようとしているのか、幸福か・・・災いか・・・、それをしりたいと思った。大きな力を味方につけたいと考えた。
    古代バビロニア人は「占星術」を発明した。星の動きで運命を占おうというわけだ。これが現代の天文学の基礎になったんだよ。
    「錬金術」なんて学問もあった。ほかの鉱物を金にかえる術だ。成功はしなかったが、さまざまな実験が科学の進歩に大きく役だったんだ。だから、科学も魔法も根は一つなんだよ。」
    のび太「じゃ、どうして魔法だけすたれちゃったの?」
    出木杉「魔法ってのは悪魔の力をかりる術だと思われたんだね。神にそむく学問ということになったんだ。一五世紀から一七世紀まで、徹底的な魔女狩りがおこなわれた。魔法を使った者、使ったとうわさされた者をかたっぱしから捕らえ、拷問し、死刑にしちゃったんだ。
    それと、あとから発達した科学が、それまでの迷信のウソを徹底的にあばいてしまった。で、魔法は息の根をとめられたってわけ。」



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/09/04(木)22:56:20 ID:VR83JG6F7

    小学5年だよな…?


    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/09/04(木)22:56:56 ID:sQg8LB2Ql

    話についていってるのび太も頭いいだろこれ