20120807121527527


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/07/17(木) 08:26:25.58 ID:tYy5qzpUi.net BE:252675218-PLT(15000) ポイント特典

    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_giko11.gif
    2014年7月16日(水)22:56
     岸田文雄外相は16日、中央アジアのキルギスを訪問し、同地域5カ国との対話枠組み「中央アジア+日本」の外相会合に出席した。
    http://sankei.jp.msn.com/smp/politics/news/140716/plc14071622470017-s.htm

    キルギス人と日本人の兄弟説
    キルギス人と日本人は兄弟?!
    キルギス人は、信じられないくらい親日的だ。
    日本人だとわかると、キルギス人(特に中年以上)の方はても喜び、質問攻めにあってしまうことが多い。
    日本人というだけで、こんなに相手に好感触を持ってもらえる国は他にないだろう。

    そして彼らは口をそろえて、「キルギス人と日本人は兄弟だ」という。
    いろいろ調べてみたけれど、キルギス人ー日本人兄弟説の明確な出所はよくわからない。
    恐らく、いろんな要素から親日感情が高まって、この説が自然と出てきたのだろう。

    なぜ日本人がこれほどキルギス人に好かれる様になったかを考えた場合に、
    以下の5つの理由が考えられる。

    1、顔が似ていること
    まず最初に挙げられるのが、見た目が非常に近いということ。
    中国人や韓国人よりも、日本人の方がキルギス人に顔が似ている。(と、キルギス人からは見えるらしい。)

    2、周辺国との関係がよくないため、遠い日本に親近感を持った
    陸続きで国境を接している国々の常だが、隣国のウズベキスタンや中国などと多の問題をかかえている。当然、彼らに対する国民感情はあまりよくない。
    その結果、直接的に利害関係のない遠い日本に親近感を抱くようになったのだろう。

    また、歴史的に見て大きいのは日露戦争の影響。1900年初頭、アジアのほんの小さな国でしかなかった日本は、超大国ロシアと堂々と正面から戦い、世界中の予測を大きく裏切って大勝利を手にした。

    この番狂わせの勝利は、当時のヨーロッパから中央アジアに至るまで、アンチロシアの国々から大絶賛を受けることになる。
    トルコやフィンランドなど、この時の印象のおかかげで今でも日本に親近感を持ってくれる国も多い。
    当然、ロシアと軋轢のあったキルギスでも、このニュースが人々に与えた影響は大きかっただろう。