o0512028811263333188


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/05/12(月) 06:01:43.31 ID:a8biEt9Ji BE:252675218-2BP(1000)

    震災で不明のネコ、生きていた 飼い主と再会 岩手
    杉村和将 2014年5月10日09時35分
    【動画ニュースあり】大船渡のネコ、3年ぶりに飼い主と再会=関田航撮影
    http://www.asahi.com/articles/ASG595CTPG59UJUB00H.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    震災の日、岩手県大船渡市の民家から姿を消したネコが9日、飼い主のもとに帰ってきた。
    見つかったのは約15キロ離れた陸前高田市。
    首輪に記された携帯電話の番号から、3年2カ月ぶりの再会が実現した。

    陸前高田市気仙町の杉林にじっと座る黒いネコを地元の夫婦が保護し、大船渡保健所に届けたのは4月10日。
    首輪があり、人懐っこい。飼い主が現れるかも。
    保健所はしばらく様子を見ていたが、進展がないため、8日朝、地元紙に掲載してもらうため写真撮影をしようとした。

    そのとき、首輪にうっすらと文字が浮かんでいるのに職員が気がついた。「ヤマギシ」という文字と携帯番号。
    なんとか判読し電話をかけると、山岸剛郎(たけお)さん(67)につながった。飼い主その人だった。
    12年ほど前に家に来た雑種のオスで、名はスイカという。
    妻の一子(かずこ)さん(64)と暮らす自宅は震災で津波の被害を免れたが、スイカはあの日から行方知れずになった。
    3カ月ほど探したが見つからず、いつしか生存をあきらめていた。

    9日、保健所で対面した。山岸さん夫妻に抱きかかえられたスイカは、目を細めて体をすりつけた。
    だれかに飼われていたのか、首輪には見覚えのない鈴があった。
    「どこにいたの? まさかまさか、夢のよう」と一子さん。知らせを聞いた東京の長女(36)も電話口で泣きながら喜んだという。



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/05/12(月) 06:05:19.47 ID:vkNSpDfO0

     
    えらい人懐こい猫だなw

    そして飼い主も他人にも同じ態度wwwwwwwwwwwwww



    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/05/12(月) 06:07:26.91 ID:as/6qC9p0

    放射線で真っ黒になってるじゃないか


    6: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2014/05/12(月) 06:17:20.74 ID:H2mQKm/WO

    >>1
    これは嬉しいよなぁ。奴等は話せないからな