0219kurolong_0030_s


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/10/23(水) 18:46:26.80 ID:5bFV5LKAP BE:1384723182-PLT(12050) ポイント特典

    何やこれ・・・
    no title

    no title

    no title


    【波瀾万丈 起業家列伝】独学で人気のラーメン生み出した「せたが屋」前島社長
    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20131021/ecn1310210724001-n1.htm

    ラーメン好きなら知らぬ者はいないほどの超有名店が「せたが屋」。
    国内では、せたが屋に加えて「ひるがお」という別ブランドも展開中。現在、国内直営16店、
    海外では2007年に米ニューヨークに出店して現在2店、その他にプロデュースした店舗もある。
    せたが屋の前島司社長(50)は、まぎれもなく日本のラーメン文化を牽引(けんいん)する1人である。
    割烹(かっぽう)料理屋を営む両親のもとに生まれた前島氏は、
    いわゆる「カギっ子」。食事は自分でつくるインスタントラーメンが多かった。
    しかし毎日では飽きてしまうため、野菜や牛乳を入れてみるなど工夫をしながら食べていた。これが料理人の基礎となる。キーワードは「独学」だ。
    その後、両親は離婚。高知に移り住むも、再び上京してからはこれといった仕事に恵まれず職を転々とする。
    が、その頃からすでに「ラーメン屋をやりたい」という思いを抱いていた。店を出す資金を稼ぐため、さまざまな仕事をして10年頑張り、
    800万円ほどの資金をためた。2000年6月、都内のラーメン激戦区、環七沿いに念願の店を開く。そのときの店名は「よさこい」だった。
    ところが、「よさこい」はたった3カ月で閉めた。「はっきり言って、マズかったんです」と苦笑する。
    自宅で研究していた頃は、ピンポイントで納得のいく味は出せた。しかし、いざ営業となると常に同じ味を生み出さないといけない。その知識はなかった。
    試行錯誤した結果、4カ月後、ついに完璧な魚だし醤油ラーメンができ上がった。
    「独学したことでずいぶん回り道をしたように思います。でも、だからこそ自分の引き出しが増えたし、
    粘り強さや勉強することの大切さも身についた。どこかの有名店で修業した方が早く独立できたかもしれないけど、
    僕はこれでよかったと思っています」店名も世田谷にあったので「せたが屋」に変え、内装も一新。
    再スタートした店はまたたく間に人気店となり、その後の活躍につながったのである。



    2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/10/23(水) 18:47:46.74 ID:WHFK+pmo0

    た か が ら ー め ん 


    26: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/10/23(水) 18:54:50.67 ID:L2iWt7GS0

    >>2
    お わ り