640px-大分駅_高架ホーム_久大本線・豊肥本線


    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/10/20(日) 23:03:49.15 ID:icGdPech0 BE:3668906579-PLT(12358) ポイント特典

    no title

    no title



     【稲垣千駿】顔は子どもなのに、体はミツバチ。そんな不思議なモニュメントがJR大分駅にお目見えし、インターネットなどで話題をさらっている。
    デザインしたのは、あの奈良県のゆるキャラ「せんとくん」を生んだ彫刻家の籔内佐斗司さん(60)。さて、その正体は――。

     このモニュメントがJR大分駅の改札口付近に設置されたのは今年3月17日。駅の高架開業1周年を記念してだった。
    直径32センチ、高さ25センチの透明なケースに収まっている。名前は「ぶんぶん童子」と命名された。

     駅構内では週末、家族連れなどを乗せて走るミニトレイン「ぶんぶん号」がある。
    地元の旧国名「豊後(ぶんご)」と「大分」の「分」にちなんで名付けられたミニ列車で、このモニュメントも子どもたちの笑顔を見守るシンボル、という意味を込めた。


    http://www.asahi.com/national/update/1019/SEB201310190005.html