1e7b705e.jpg





    1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:04:24.14 ID:6aT5NQPz0

    彼女とはフロリダで会った!
    書き溜めてないけど、書いていきます



    3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:09:36.80 ID:6aT5NQPz0

    2011年6月

    フロリダの学校で、なんとなく授業を受けて、なんとなく中庭を歩いてた!
    そんな毎日。

    大学の入学直後、留学制度を使って俺はアメリカに留学。
    アリゾナの日差しは俺にとって最高だったし、課題と友達、いろんなことにもまれる
    毎日もわるくなかった。ホストファミリーもはずれじゃなかった!

    向こうで生活してしばらくすると、頭だけつかって疲れる毎日に嫌気がさしてくる。
    高校までばりばりスポーツマンだったから









    4: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:13:55.65 ID:6aT5NQPz0

    そんなときに、アメフトを始める!
    むこうの大学で知り合ったデイビスの誘いだった!
    元々陸上部だった俺は、体はおおきくないけど運動神経には自信があったので二つ返事で
    やってみることに!

    むこうではアメフトがすごくメジャー!どのくらいメジャーかっていうと
    こっちの学校でサッカーか野球が人気なように、アメリカの(少なくとも自分の地域では)
    アメフトか、野球か、バスケか、みたいな。
    期間ごとに野球、バスケ、アメフト、みたいにやりわけてる器用なやつもいる。

    今も日本でアメフトをしているわけだけど、フロリダにいた六ヶ月の中で特に面白みのある話はない。

    しいていえば退学になりかけたくらい。



    5: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:19:33.46 ID:6aT5NQPz0

    どのみち、アメフトをはじめたことが自分の人生を大きく変えたと思う。

    6月の暑い中、練習中にチームメイトにいちゃもんをつけられた。
    自分はランニングバックだったのだけれど、留学生というだけで
    メージ(試合形式の練習)にだしてもらえたり、ちやほやされるのがそいつは気に食わなかったらしい。
    ちなみに人数はめちゃくちゃいて、それでも少ない大学だったけど100人くらい。
    ランニングバックは花形ポジションで、競り合いが激しい。
    いちゃもんをつけてきたのはスミス。黒人で背が高くて英語がなまってる。引き抜きでほかの地方からきたらしい。
    乏しい英語力のなかで聞き取れたことといえば罵詈雑言の数々

    英語の暴言っていうのは日本語に訳せない。

    留学前のオリエンテーションで、暴力やトラブルには気をつけるように、ってさんざん言われた。
    意外と向こうの大学は校則が厳しい。



    6: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:24:15.52 ID:6aT5NQPz0

    みんなとも仲良くなかったし、おもしろいから見てる奴もたくさんいたと思う。
    誰かが止めてくれたらもっと丸く収まってたかも。
    一発殴られてぷちんってなった俺は大外狩りで一蹴。
    中学時代柔道部でよかったって思ったのはこの一瞬だけだった




    気がつくと学校から停学を食らった。
    それも二ヶ月。え、俺あと四ヶ月で帰るんですけど。って思ってた。

    どうやらスミスは大外狩りで腰を強打して次の試合にでれなくなってしまったらしい。
    それでむこうの親が抗議してきて留学生とはいえ校則は校則だから、と。
    モンスターペアレンツってどこにでもいるんですね。


    こっちでの単位をとったことにはならないけど、
    日差しは最高だし、空気も澄んでるし、(ホストファミリーの家は田舎だった、
    通学には自転車で一時間かけていってた)
    このままいろんなとこにでかけんのもありかなーって思ってた。



    7: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:30:12.87 ID:6aT5NQPz0

    ホストファミリーはすっごい優しくて、この三人とは今でも連絡を取ってる
    お母さんとお父さんは50くらい。少しふとってて、郊外で飲食店をやってる。
    一回行ったけどアメリカの店はピザが安いしでかいしドリンクバーとか基本でかい。

    でキャラが濃いのはその娘のジョー。
    フロリダ娘って感じに肌が小麦色で、高校でバスケをやってる。
    たぶん、フロリダのギャルっていったらこんな感じなんだろうなあって思った。
    口調がきつい。気に入らないことがあるとすぐファ〇ク言う。でも俺が使うと汚い英語使わないで。
    って怒られる。

    ホストファミリーに事の顛末を説明すると、意外にもおこられなかった。
    のこりの期間、ゆっくりすごせば?とのこと。
    お気に入りのロードバイクにのって少し旅をすることに決めた、
    この途中この家族にはさんざん助けられることになる。



    8: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:36:05.29 ID:6aT5NQPz0

    ジャクソンビルは都会だ。でかいし人も多い。
    ジャクソンビルとか都市をぬけると、すぐ海がある。

    7月なかばくらい、自転車でのバックパックもつかれたなーなんて思ってた。
    とまるところはジョーの友達の家とか、ファミリーの親戚の家だった。

    昼は暑いのに、夜は割りと寒い。ちなみにここの人たちは冬でも半そで。


    むこうの時間で、7月26日。
    自転車をとめてビーチで休憩しているとき、ある人に目がいった。
    フロリダはひざしがすごい。黒人もたくさんだ。スペインも、メキシコも、
    フロリダだけか知らんが国際的な場所だった。

    そのなかでもひときわ白い、真っ白な人がいた。
    むこうにしてはめずらしく髪も結んでいなくておろしっぱなし。
    直感でわかった、あ、この人日本人かもって。



    9: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:45:37.39 ID:6aT5NQPz0

    そのときの記憶は鮮明にある。
    ブルーのホットパンツに、Tシャツ、ビーチのお店でジュースをひとりで飲んでた。
    髪が黒い。真っ黒だった。日本人的な真っ黒さ。

    横顔は凛々しくて、犬を思わせるようなりりしさだった。

    妙に惹かれて、俺は話しかけてみた。

    「あの~・・・」

    「あっはい。えっ日本人ですか?」



    このときのことも覚えてる。こっちを向いたときにまずおどろいたことは、
    目が黒くない。淡い茶色で、日本人的じゃない顔立ち。

    「日本語、わすれそうだよー」

    といわれたのは覚えてる。
    話を聞いてみると、アメリカで5歳まですごしてそれから高校卒までは日本ですごしたらしい。
    家では英語ではなしていたらしいので、日本語も英語も不自由していない。

    父がドイツ系アメリカ人で、名前はリサ。将来日本にいてもアメリカにいても
    こまらないようにこの名前にしたらしい。



    10: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:46:25.66 ID:6aT5NQPz0

    誰かいるかの?


    11: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:50:17.85 ID:TMMG+9zy0

    いる


    12: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:50:35.29 ID:zuAB8V7R0

    いるけど語りたいんだろ?


    13: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:51:20.47 ID:jYBflcXa0

    いるよー面白いから見てるは


    14: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:52:27.64 ID:pnjWzgjfO

    感じ悪いホストファミリーって居るのかなあ


    15: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 01:55:29.88 ID:6aT5NQPz0

    語りたいごめんなさいw

    >>14
    感じ悪いホストファミリーももちろんいますよ!
    感じ悪い、というかやっぱあたりはずれがあって、自分の場合はみんな優しくて
    「合ってた」って感じしました。(あわせてくれてたのかもしれないですけど)

    友人のところなんかはおじいさんとおばあさんでしかもイタリア系だったので毎日
    パスタで辛いっていってましたwwwwww

    続けますね



    17: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 02:03:58.70 ID:6aT5NQPz0

    リサにフロリダの大学にいってて、停学になってて、旅してて、っていう話をしたら、
    爆笑された。ひたすら笑われた。
    夕方くらいだったんだけど、人気のないビーチで笑い声が響いててちょっとはずかしかった。

    このときわかっていたのは、彼女は声が大きい。あと、表情が豊か。
    よく学校ではお前は主張が言葉にも表情にもでないから気持ち悪い。
    と指摘の意味でよくいわれていた。
    アメリカ人は主張してなんぼの文化があるのでこういうこともさらっという。
    日本人の言葉を選ぶ感じが表情とは矛盾しててもやもやするともいっていた。

    というわけで向こうでそだった人は感情表現が上手だ。

    リサは大学にはいってないらしい。
    日本で高校を卒業して、こっちにいる親戚にあいにきた、とのことだった。

    いろんなことを話していると、気付けばよる7時まわってた。
    夕飯どうするの?夜どうするの?と聞かれたところで、
    親戚の家からはダイブはなれていて、これから宿を探そうにも面倒だと気付いた。

    「リサは余裕そうだけどどこに帰るの?」

    「私はビーチからバスで15分くらいのところに行くよ!親戚の家。よかったら来る?」

    なんて会話をしてて、その日はオジャマすることにした。
    ジョーの友人に電話一本でアポとかとってたからそこらへんは慣れていた。

    自転車をどっかのアパートにつけてバスにのってゆられていると、ど田舎に入っていった。
    ついさっきまで都会だったのに、、、なんてことはアメリカではよくあること
    だ。アメリカは広い。



    18: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 02:10:42.09 ID:6aT5NQPz0

    家について思ったことは、でかい。
    アメリカで一軒家をもっている家はだいたいでかい。
    ただそれでもリサの親戚の家はでかかった。アメリカでは土地と家があることはステータスらしい。。
    日本でもおなじか。

    プールがある中庭にはダルメシアンが一匹。
    オレンジのような肌色のような大きな家の中には、うさぎがいた。
    うさぎを中で飼っていることはめずらしいらしい。なぜならアメリカの国立自然公園とかだと
    リスとかうさぎが普通にそこらへんにいるから。

    リサが「ベイビーが新聞破いてるからスーパーで野菜買ってくる」

    なんてことをはなしてて、このウサギ、ベイビーって名前なんだって思ってた。

    リサの親戚は多かった。この地域では週末にみんな庭にあつまってBBQとかパーティーをする。
    だから留学しているうちに知り合い全員覚えるとか多分無理だった。
    家の主のハンナは活発で若さのある40歳くらいのおばさん。
    おばさんというよりお姉さんというほうがよかったかもしれない。
    眉間にしわをよせるのがくせで、よくリサに言われていた。

    ハンナの旦那のジェイは建築士をやってるらしい。すこし厳しいがおおらかな人だった。
    ジェイはあだ名で、かしらもじをとってる。本名は知らない。

    リサが帰ってくるまで、正直気まずい部分はあったけど、ウサギにかまったり、
    ハンナがおしゃべりなおかげで助かった。



    19: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 02:14:56.99 ID:6aT5NQPz0

    リサが帰ってくると、リサが質問攻めにあった。
    どこで知り合ったの?電話してくれればいいのに!日本人?
    いつかえるの?日本食作ってよ!なんてことをいろいろ言ってた。


    そんなこんなでリサの親戚に日本食を振舞うことになった。
    オリエンテーションでじゅんびしていたものの、アメリカ人に料理を作るのははじめてた。
    それを言うとリサが手伝ってくれることになった。
    結論からいうと、リサは料理が下手だ。なにがへたかたというと味付けが雑。
    だから味が濃いし、あ、こいつは馬鹿なんだな、と感じたのは、ご飯をなにやら炒めていたからなにをつくってるの?
    と聞くと全力で「チャーハン!」と応えられた。
    「チャーハンは中華料理だろ馬鹿」とののしったのは、出会って3時間後のことだった。



    20: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 02:24:34.31 ID:6aT5NQPz0

    意外にも、一番人気があったのはリサの作ったチャーハンだった。
    俺の作った肉じゃがが一番不人気で悔しくて、
    「いやいや、それ日本食じゃないよ中国だよ中国」
    と英語で説明しても、
    「そんな細かいこと気にスンナ、はげるぞ!」
    と言われた。おい。

    適当なところはさすがアメリカ人である。

    日本のことをいろいろ聞かれた。
    日本の箸ってやつはどうだとか、侍なんてほんとはいないの知ってるとか、
    日本人の髪を染める個性はわからないとか。

    気付くともう寝る時間で、話で盛り上がっていたもののこの日は寝ることにした。
    シャワーを浴びて、リサの向かいの部屋の客人用の部屋で寝た。
    夜中になると、ドアノブが回る音がして、起きた。

    起きてる?起きてるよ、どうしたの?

    なんて会話をして、眠れないらしい。


    彼女は不眠症だった。寝付けないし、寝付いてもすぐ起きる。
    目の下の隈をめだたないように化粧していたらしい。

    庭のブランコで話していた。
    お互い性格の相性が良かったのか、出会ってほんの数時間で仲良くなっていたらしい。
    俺としては、敵地(?)で久々に日本人にあって、少し安心していた。

    大学の留学生組みはみんな韓国人とか中国人でウマがあわないし、仲良いデイビスもいまは
    俺が停学中だから電話しかしてない。単位がむこうで変換できないからどうしよう、
    なんて話をしたら

    大学やめちゃえば?とか極端な話をされた。
    ここヶ月自由すぎて、自分が学生であることをすっかり忘れていた。

    リサは日本でなにをしていたの、と聞くと、なにもしていなかったらしい。
    いわゆるニートってやつだ。まあ女の子だしいいんじゃない、みたいな甘いことを言っていた。

    その日は気付いたら庭のハンモックで寝ていた。



    21: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 02:34:09.69 ID:6aT5NQPz0

    朝、リサに起こされて目が覚めた。
    朝といっても5ジくらいだ。繰り返すがこいつは馬鹿だ。
    俺は眠いけど彼女が眠れないから俺を散歩につき合わせるらしい。
    むこうのこの時期の5時はうすぐらかった。

    顔を洗ってしぶしぶリサにつきあった。
    犬も同伴していて、犬のリードは俺が持たされた。
    もうひとつわかったことがあるのは、こいつは自分勝手だ。


    いままで彼女なんていなかった自分が、こうして女の子と歩いていることがすこし
    不自然におもえたけど、まあいいかなんて考えていたのは覚えている。

    少し歩くと、ちいさな公園についた。向こうの公園はあまり遊具がない。
    バスケットコートがあって、広場が合って、という感じだ。

    彼女の目的は公園の向こうの湖にあるらしい。
    この景色がまたすごくて、黒く広がる湖の水面に朝日が輝いた。

    いいものみせてあげるから!なんて漫画みたいな台詞の目的はこれだったんだなあと感動していると、
    彼女の自分勝手に対する感情がやわらいだ。

    朝日に照らされて気付いたことは、彼女の髪の色が落ちていることだった。
    彼女は髪の色は瞳とほとんど同じ色だ。真っ黒に染めているのは、そのほうが日本人ぽいから、ということらしい。

    「髪を染めるだけの個性なんて」

    が彼女の口癖だ。



    23: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 02:41:02.10 ID:6aT5NQPz0

    その日は、家で過ごした。
    連日自転車を漕いでいたため少し疲れていたらしい。
    「つき合わせてごめんね」
    なんて彼女にとってめずらしい言葉を聞いたのを最後に、
    午前中はソファでずっと寝ていた。

    ハンナとジェイは朝早くにでかけたらしい。
    昼ごろにおきても誰も居なかったのは、この家ではめずらしくない。
    リサはなにもいわずにどこかにいっているし、そんな子だった。

    アメリカの冷蔵庫はでかい。しかも一家庭にひとつではことたりない。
    家族となれば二つ三つとあるところもあるらしい。

    冷蔵庫にはいつもなにかしらが入っていて、どでかいオレンジジュースやら、
    賞味期限のわからないピザやら、サラダやら。

    俺はハンナの作るラズベリーパイが好きだった。

    三時ごろになるとリサが帰ってきた。
    どうやら雨ガふりそうとのこと。
    フロリダもある地域では雨がめずらしくない。

    あるところでは一年のうちの半分以上は雨だとか。

    その日は夕飯はハンナがつくってくれて、
    みんなでアイスを食べながらTVをみる、という漫画っぽいすごしかたをした。
    アメリカのTVは日本ほどバラエティー性がない。

    俺はどうやら寝たり無かったらしく、リサが一人で部屋をでる音を聞きながら、眠りに着いた。



    24: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/12(土) 03:22:17.12 ID:6aT5NQPz0

    シャワー浴びてました!

    ちなみにアメリカでは、髪を染めていると不自然にみられる
    全員が全員そうじゃないけど、本来もっているその黒髪をどうして染めるの?
    って感じみたいです。
    だからリサはいつも髪を染めるだけの個性なんてって言ってたみたい

    ちなみにそいつがに合ってればいいんじゃない?みたいな意見の人もたくさんいる


    不眠症である彼女がいつねるのだろうとふと気になって聞いたことがある。
    いつもふといなくなる時間はビーチで寝ているのだとかなんとか。
    荷物とかとられないの?とか聞くと、いつもほんとどなにも持ってないでしょ
    って言われて、確かに!

    ビーチで寝るってwwwwwwww

    ちなみに夜も寝れたのかわかんないけど2、3時間はベッドでねたつもり、っていう日も多かった。

    8月を迎えたときは、まだハンナの家だった
    だれも「このさきどうするの?」と聞いてこないから、
    あえて自分から「これからどうしようか迷ってる」
    と夕食の時に言ってみた。

    予想外にも、みんな一瞬固まると、「どっかいっちゃうの?」といったような
    ニュアンスの意見をくれた。
    居候の存在を意外にもみんな気にしていなかったようだ。

    ハンナの話によると、リサは一人だとあまり喋らないらしい。
    夕飯のときでも、俺がきてからよく喋るようになって、ハンナもジェイも少し戸惑っていたらしい。
    リサはがこんなこだなんて思わなかった!ってハンナもジェイもいってたのを覚えてる

    金曜日の夜は、決まってみんなで外食するのがジェイの気遣いだ。
    ちょっと都市にでて、ステーキハウスでディナーを食べたり、たまには映画をみたり、
    たまに、まったく関係ない俺がなんでここにいるんだろうと、疑問に思うこともあった。

    アメリカのくいもんはとりあえずでかい。ハンバーガーもそうだし、
    ホットドッグやポップコーンもとりあえず一人前が二人前くらいはあるだろって量。

    ちょうど8月くらいから、この地域は雨が増える。
    雨だとリサもビーチにでないので、家で寝ている姿をみるのは新鮮だった。



    38: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 01:43:12.05 ID:2AXwda4b0

    1です。遅くなってすいません
    家あけてて今かえってきたので書いていきますね!



    41: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:00:50.91 ID:2AXwda4b0

    俺もアメリカという地に渡って、日々の疲れに気付いてなかった。
    もちろん大学ですごしていたころは友達という友達もいたし、
    ホストファミリーは優しいし、でもさすがに毎日一時間往復で二時間かけて自転車こいだり、
    山ほど出る課題をこなしたり(アメリカの大学では執筆しないなら〇ねというギャグがあるくらい
    厳しい。)、疲れていてもそれをごまかしながら過ごしている毎日だった。

    そんなときに停学になって、正直心が折れそうだったと思う。
    アメフトはいい感じに気晴らしになっていたのだけど・・・。

    自転車こぐのは好きだったし、旅の矢先リサっていう人に出会って、
    心の居場所になっていたと思う。

    俺はしばらくはリサの家でのんびり過ごすことに決めていた。
    大学もうだめかなーなんてこと考えながらも、
    たまっていた課題はこのときにこなしていた。
    手伝ってあげるよーなんていっていたリサも、頭は悪くないのだけれどあきっぽいのですぐやめていた

    余談になるけど、日本みたいにちょっと駅まで自転車で10分、なんて距離は、アメリカ人に
    とって歩いたりする距離だ。地方によってはスケボーでみんな通学してたりする。
    日本の自転車の距離がスケボー、車の距離が自転車、そんな感じ。
    俺の地方は田舎だったし、なによりバスも時間通りにこないから自転車が当たり前あだった。



    42: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:09:09.73 ID:2AXwda4b0

    ハンナとデイビスは、眠れていないリサの心配をいつもしていた。
    いつも「健康には気を遣いなさい!」ってちょっと強めに言われていた。

    たまには口げんかすることもあった。
    親みたいな親戚だなあ、とたびたび思っていたけど。

    リサは、不眠症なことに関しては、自分ではあまり気にしていないらしい。
    人間は3日ねないとしぬんだってよ~とか平気でいっていたし、
    自分は一日3時間とか二日おきに寝てるから大丈夫だとか。

    それで驚いたのは、彼女が散歩にいかない日は一日中ずっと寝てたりしたことだ。

    不眠症の人はむらがあるらしい。彼女曰く。


    リサに出会ってから、アメリカでは本当によく笑うようになった。
    アメリカにきてからというもの、語学の勉強に追われていて、
    課題にもおわれていて、停学で心が折られて、正直少し病んでいたと思う。

    新天地にきて、心のそこから笑ったことがなかった。
    でも、少しずつ笑う時間が増えて、いつのまにか彼女といるときはリラックスしていた。

    心に余裕ができると、できることも増えてくる。
    見えてくるものも増えてくる。

    俺は、彼女がよく言う
    「A creaking gate hangs long.」
    (少しくらい病気があったほうが、長生きするじゃん)
    という言い回しが大好きだった。



    43: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:26:25.46 ID:2AXwda4b0

    忙しい日や、楽しい日の毎日は電光石火ですぎていった
    8月の一週目になると、俺はバイト探しを始めた。
    アメリカの面接はけっこう適当で、というか、バイト程度なら面接をしないところだって多い。
    ファミレスやカフェのバイトがけっこうあったけど、いかんせん時給?が安い。
    リサやハンナの話によると、カフェ店員などのおもな収入はぶっちゃけチップだという。
    バイト探しで疲れていたころ、リサが

    「水族館に行きたい」

    といっていたことを思い出して、リサが散歩する前にいかないかと声をかけた。

    「えー!うん、いいよ!」

    とお得意の真顔で答えたのをよく覚えている。

    アメリカは広い。その上水族館や動物園、植物園なんてのがたくさんある。
    たぶんフロリダだけでもあわせて30くらいはあると思う。

    この日は、マイアミ水族館というところにいった。
    フロリダの地図でいうと、ジャクソンビルは北にあって、マイアミは最北端あたりに近い。
    ハンナの家はマイアミよりさらにしたで、バスで大体2時間くらいはいったと思う。

    マイアミは人が多い。海も近いし店も多い。

    マイアミ水族館はけっこう有名な水族館と動物園で、この日も割りとひとがいたと思う。
    ペンギンはもちろんのこと、変な深海生物もいたし、
    水質大丈夫かこれって思うほど汚いところにすむナマコ、
    どじなマンボウ、リサはクラゲをみて喜んでいた。
    彼女はちょっと変だ。
    トカゲや亀とかもいたし、夕方ごろにはシャチのショーをみてふたりで盛り上がっていた。

    夜にビーチのお店で二人で談笑していたとき、
    「デートっぽいことするのはじめてだなあ」と思っていた。

    会話が途切れて、海をボンヤリ眺めているとき、
    「あと2ヶ月もしないでかえらないといけなのかあ、嫌だなあ」
    とか考えていた。

    アメリカは広い。
    バスは時間通りにこないし、電車は大体遅れてくる。
    人は大体てきとうだし、スラムは怖い。
    ステーキはでかいし、ピザは安い。
    日差しは好きだし、寒くも無い。
    変な人もたくさんいるけど、今はアメリカがラクだった。

    大きく世界が変わるのは、日本に帰る直前だったと思う



    44: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:34:14.00 ID:2AXwda4b0

    余談だけど、アメリカへ来た日本人は文化の違いに驚くと思う。
    イエローキャブ(タクシー)はスラムからきましたみたいな兄ちゃんが運転手だし、
    ぼったくりなんて当たり前だ。
    「あ、こいつ道しらねえ遠回りしてやるか」
    なんてこともざら。
    それを防ぐために事前にチップを渡したりする。

    俺がまず嫌だったのは、公衆トイレだ。

    日本の大便するところは、個室が多い。
    だけどアメリカの公園とか公衆トイレは、
    個室という概念がほぼ崩れ去っている。

    まず、足と頭が外から見える。
    これは中に人がいるかどうか外部からみえるようにするためらしい。
    犯罪防止ならほかにもっと方法があったんじゃないか?

    小便しているアメリカン兄ちゃんはこっちが用を足してる途中に
    「よお!中国人か?」

    なんて話しかけてきたりもした。

    なんていうか、あいつらはノリが軽い。

    「ここでクソするなんてめずらしいな!気に入った今度のみにいこうぜ !」

    とか軽くいったりする。

    最悪だったのは、小銭を入れないとトイレットペーパーがでてこないトイレだ。
    それをしらなくて、初めてアメリカで
    「Somebody help me!」
    を使った。笑われた。



    45: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:40:45.88 ID:2AXwda4b0

    店員に対して敬語が使えないだの態度が悪いだのいうのは多分日本人だけだ。
    韓国やなんかも敬語みたいな言葉があるらしいけど。

    ご存知のとおり、英語の表現に敬語は無い。
    だから、普通に雑貨やとかの店員とかも
    「Do you use any bag?」
    (袋使う?)

    とかいってきたりする。
    と、いうか、コンビニとかだと店員同士でトランプしてたり
    奥で携帯いじってたりするのがけっこうあたりまえだったりする。

    ただ、言葉遣いというのは「教養」として問われる。

    敬語はないが、英語には格調がある。
    簡単に言えば、
    Can you tell me direction to park?
    (公園までどうやっていくか教えてくれる?)

    Could you tell me direction to park?
    (公園までどういけばいいか教えてくれますか?)
    だと、丁寧さが違う。ちょっと高級なジュエリーショップとかだと後者が多かったりする。

    ただの余談だ。



    46: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:50:11.95 ID:2AXwda4b0

    フロリダの大学から連絡がきていると日本から連絡がきていた。
    いちおう事情は説明して、すでに停学期間はあけているのに学校に来ないことに向こうの
    大学が心配に思って連絡していたらしい。

    じぶんを担当していたマッドという先生に直接電話を入れた。
    「先生、ごめん、俺行く気ないや」
    「どうしたんだ?話してみろ」
    「いや、停学中に自転車で旅してて実はいまホストファミリーの家にいない。ジャクソンビルからも
    離れてるしマイアミにいる」
    「マイアミ!?うらやましいじゃねーか。お前10月にはかえるんだろ?」
    「うん、成績ごめん。」
    「成績は適当につけといてやる。ただ、俺がマイアミにいったとき奢れよ!」
    なんて会話をして、ああこいつら適当だなあと考えていた。

    アメリカの大学ではけっこう成績が厳しくつけられたりする。
    たぶん、日本のどんな大学よりもそこらへんはストイックだと思う。
    勉学にたいする積極性を見られる。

    というか、日本人が勉学への意欲がなさすぎるんだと思う。
    そもそも、アメリカだと息子や娘が成人、または大学入学直後から
    親元を離れるケースがほとんどだ。

    むこうの学生は一人暮らしをしつつ学費を一人でかせいでいるパターンが多いし、
    聞いて驚いたのは、ハンナの姪は小学5年生のときに
    親に100万円渡されて、「このお金でこれからどうにかしろ」
    といわれたらしい。結局彼女は株を学びつつ資金を増やし大学の学費くらいはなんとかなるくらいまで増やしたらしい。

    つまり、むこうの学生は日本の学生よりずっとしっかりしている。



    47: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:53:27.87 ID:enOEtbMbO

    英語は簡単そうでいいなあ
    日本語は敬語だけでも謙譲語とか尊敬語とかあって本当に難しい



    50: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 03:18:14.47 ID:2AXwda4b0

    >>47
    謙譲語、尊敬語とかはめんどくさいですよね、日本にとっては当然なんですけど・・・。
    英語は表現を覚えるだけで生活はできますよ!ビジネスとかしないかぎり。



    51: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 03:19:53.65 ID:2AXwda4b0

    >>47
    謙譲語、尊敬語とかはめんどくさいですよね、日本にとっては当然なんですけど・・・。
    英語は表現を覚えるだけで生活はできますよ!ビジネスとかしないかぎり。



    48: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 02:59:13.97 ID:2AXwda4b0

    リサのことを気になり始めるのは、9月にはいってからだったと思う。
    このとき俺たちは近くの幼児スクールで日系家庭の子供たちに日本語を教えていた。
    ハンナの親戚が経営している学校らしく、バイトを探している俺にはちょうどよかった。
    子供はかわいいし、給料もそこそこだった。拘束時間も短かった。

    やることが増えると、意外にもリサはよく寝ていた。
    リサは甘いものが大好きだ。
    アメリカではアイスが小さいサイズでうってない。
    ほとんどファミリーサイズで、1キロとか2キロとかあるのに、
    それでも日本円で500円くらいだった。

    リサは本当によく食べる。アメリカ人はTVをみてる時間がすごく長い。
    そんなときにみんなきまってなんか食べるもんだから、ハンナもジェイも痩せては居ない。
    アメリカ人が太ってるのもよくわかる。

    リサはいえにいるとき四六時中アイスをたべてた。
    それでしょっちゅうおなか壊してたし、
    それでもまだ食べ続ける。
    寝る直前まで食べてるから、
    「寝れない理由それだろ絶対wwwwwww」
    「いや違うからwwwww」
    なんてやりとりをしてた。

    そんな彼女がかわいいなあ、なんて気付けば思っていた。
    当然、日本になんて帰りたくなかった。



    52: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 03:29:05.51 ID:YC3aHQ3y0

    余談が面白い


    53: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 03:35:43.42 ID:2AXwda4b0

    アメリカの気候変動は激しい。
    昼にギンギンに日が照っていたと思えば、次の日には雪がふるくらい寒くなったり、そんなつ地域もあるらしい。
    フロリダは日本に少し似ている。からっとしているからあつすぎないし、
    これで4度なんだ!ってくらいあったかかったりする。
    あきには紅葉だって見られるし。
    9月後半、リサとダルメシアンのモリー(メス)と公園を散歩していると、
    日本人に話しかけられた。
    奈菜。ホームステイで留学している大学生らしい。
    めがねをかけていて、不健康そうな肌のしろさ。
    いびつな英語表現。アメリカにきて一週間らしい。

    ホームステイ先がはずれだったらしく、迎えてくれた次の日の朝には放置プレイをかまされたらしい。

    話してみれば意外と明るい子で、日本人がいて安心したらしい。
    せっかくなので、その日はハンナの家でみんなで夕食をとることにした。

    奈菜は少し緊張していたけど、すぐ打ち解けた。
    なんとホームステイ先の家がハンナの家から歩いて10分ほどのところにあり、
    ハンナは奈菜のホームステイ先の住人たちをあまりすいてはいなかった。
    むかしから少し変わった家で、ホストファミリーをむかえいれるのは奈菜がはじめてではないらしい。
    これもハンナからきいた話だけど、アメリカ人は受け入れる留学生は
    けっこう日本人を好む。なぜなら、韓国人や中国人も留学生の仲にはたくさんいるのだけど、
    部屋をきれいに使わない。ものをきれいに食べない。文化が違いすぎる。
    などの理由らしい。それに比べて日本人は礼儀正しすぎるけど、部屋はきれいにつかってくれるし、
    話せば素直な子が多い。とのこと。

    ホームステイ先に払うお金ってけっこうかかるけど。

    奈菜はその日夜遅くにホームステイ先に帰ったけど、いえに誰もいないとのことで
    すぐまたこっちに戻ってきた。

    その日は涼しかったので一晩中庭に寝そべって三人で話をしていた。
    アメリカは星がきれいだ。
    日本の田舎よりずっと星が見える。
    日本では見えない星も見える。

    リサはたまに不思議なことをいう。

    「空ってきれいだと思う?」

    「うーん、きれいだと思うよ」

    「空って青いと思う?」

    「空は青いよね」

    「そんなの嘘だよ。」

    「どういうこと?」

    「空が青いなんてのは、本当の空をみてないよ。青い空なんてニセモノ。それでも空は綺麗だよね。人間の目は、ニセモノでも美しいと思っちゃうんだよ」

    一分後には、彼女の寝息がきこえてきて、先に寝るなんてめずらしいなあと思いながら、
    奈菜も寝ていることに気付いて、二人に毛布をかけると、その日はなぜか眠ることができなかった。



    54: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 04:03:06.23 ID:2AXwda4b0

    余談だけど、アメリカとかに旅行したとき、なるべく事故とか病気は避けたほうがいいと思う。

    一回だけ風邪が辛くて病院にかかったんだけど、
    普通に薬とかでただけで日本とかだったら2千円しないだろうなって奴で1万近く取られた。
    しらべてみたら、日本ほど保険の制度が整ってる国は無いらしい。
    まじでぼったくりだろってレベルでとられる。

    ちなみにアメリカは太ってる人がめっちゃ多い。
    ぽっちゃりとかそういうレベルじゃない。肥満。
    平均値でみると、
    日本人158センチ、53キロ(平均)に対し、、
    アメリカ人163センチ、84キロだもんwwwwwwwwwwww

    ちなみに日本人の平均バストはBアメリカ人はE。だってデブ多いもん。


    もちろん美女も多い。



    55: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/13(日) 04:12:11.25 ID:2AXwda4b0

    アメリカの銃社会という文化には驚くと思う。

    まず人一家庭で複数拳銃を所持してると考えてもいい。
    州によって差はあるんだけど、大体銃の所持には資格が必要らしい。
    そして、銃は意外と高い。ピストルとかでも何十万とかする。
    もちろん違法なんだけど、ブラックなお店で安くうってたりするらしいんだけど、
    銃の規制は厳しいらしくてすぐ逮捕されたりする。

    規制は厳しいにしてもやっぱ乱射事件とかおきたりしちゃうんだけどね。


    リサは銃が大好き。ぶっとんだ感じが大好きらしい。
    アメリカでは銃が買えるお店では、大体地下とかにためしうちできるところがあったりする。

    みんな大好きデザートイーグルは馬鹿みたいな値段だった。
    リサが興奮していろんな銃ためしうちしてたんだけど、銃ショップのおっちゃんに気に入られて
    郊外にある銃撃ち放題みたいなお店を紹介してくれた。

    そこでスナイパーライフルとか初めてみて興奮した。
    その日はリサと空砲だけど一日中ピストルをいじりながら笑ってた。

    ちなみに日本にも空砲で銃いじれるところはあるらしいですよ?

    アメリカのギャグで、できちゃった結婚は
    Shogun Wedding・Shogun Marriage
    って言う。嫁の父親がショットガンをもって怒鳴り込んでくるからwwwwwww
    ちなみにむこうだとできちゃった婚ていう表現は露骨に嫌がられます



    87: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 01:31:55.76 ID:Ad+Aipl00

    1です!PCを新調したのでID変わってるかな?

    保守ありがとうございます!
    お待たせしてごめんなさい!
    日記とかみてかくところ絞っていったのである程度スムーズにかけると思います!

    スローなのに付き合ってくださっているみなさまありがとうございます><



    88: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 01:39:29.79 ID:Ad+Aipl00

    菜奈にであってすぐ、俺が考えていたことといえば日本に帰らなければいけないことだった。
    アメフト部にはいってすぐ停学をくらって、アメリカの大学の鬼畜な課題の量からは
    逃れても忙しい毎日?を送っていたけど、海外の目新しいものに囲まれてすごす半年っていうのは、短い。

    基本的に留学するときは行き帰りのチケットは自分で手配すると思うんだけど、
    俺の場合は日本でいきのチケットしか手配してなかったので帰りのチケットはこっちで用意しなければいけなかった。

    しかも、一応9月の後半に日本の大学の履修登録(PC)は済ませていた。
    ぶっちゃけ日本帰らなくていっかとか考えてたけど、奨学金かりて大学いってるから
    それはないなとすぐに思った。

    帰国を遅らせてもむこうの単位もあるしチケットをとるのはやっぱりおっくうだった。

    9月後半でフロリダの気候はそのときはおだやかになっていた。
    相変わらずバイトがある時以外は二人か三人で過ごしていた。
    夜は映画やテレビをハンナ、ジェイ、リサ、俺、そこにあたらしく菜奈が加わっていて、
    新鮮だったのが、菜奈の英語の言い回しをハンナが直してあげることだ。

    俺は母親が英語を話すので、ある程度こっちにきてから苦労はしなかったんだけど、
    それもこっちにきてから大学の教授とか友達に直されていた。



    91: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 01:51:06.76 ID:Ad+Aipl00

    9月の後半のとき、公園でショッピングモールでリサと菜奈と買い物をしていたとき、
    菜奈がおならをした。

    彼女は結構げっぷとかおならを家とかで割と普通にする。
    肌がきれいでもてないわけでもなさそうなのにかわいそうだ(真顔)

    このときも、「あ、ごめんwwwwwwwwww」

    とかいって普通にしてたんだけど、うしろからおばあさんに

    「Hey!」

    とか言われた。なんだずいぶんファンキーなばあさんもいたもんだなとか思って、

    なに?て返したら、

    「It's not good having a fucking noise this time」

    なんだ英語もずいぶんファンキーだなとか思ってたら、
    リサが、

    「・・・I see! I'm sorry thank you for」

    とかいった。どういう意味?って聞いたら、

    「そういう法律なんだよ!(笑)」




    俺もはじめて知ったんだけど、アメリカはたくさん州があって、
    その上法律も州法といって州によって違うから変な法律がたくさんある。

    ・It is illegal to fart in a public place after 6:00pm on a Thursday.
    木曜日の夕方6時以降、公共の場でのおなら禁止。




    守ってるやついんの?



    94: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:12:50.55 ID:Ad+Aipl00

    三人でいることが増えて、菜奈は気楽だったと思う。
    俺はというと、確かに楽しかったけど、すこしもどかしかった。

    いままでいろんなことをストレスに過ごしてた菜奈が、俺らっていう居場所を得られて、
    同時に俺らがフランクだったからすぐに仲良くなったし、その場所があって
    「学校終わったらここに来るのがたのしみ!」
    ってよくいってた。だから楽しそうにしてる菜奈をみるのは嬉しかった。

    でも正直俺はもどかしくて、っていうのも、リサのことが少しずつ気になりだしていたからだ。

    二人でいたときは二人でのんびり映画とかみにいったし、
    なにかすることがないときは少し歩いてビーチまでいって寝て気づいたら夕方、とか。
    今おもえば、あのときの二人は二人の時間が好きだったと思う。

    三人でいてやることが増えたけれど、二人でできることが減って、
    同時に二人でいる時間も減って、なんだか正直いやだったときもあった。



    95: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:20:52.14 ID:UzjbnnpU0

    追いついた
    >>1はジェローム・べティスの様にゴリゴリ行くタイプのRBなのか?



    96: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:29:42.46 ID:Ad+Aipl00

    >>95
    残念ながら自分はベティスのように体格に恵まれていないので
    パワータイプのRBではないですね(泣)

    NFLだとどちらの能力も必要かと思いますがカットバックを駆使する(しなければいけない)
    タイプですね。49ersのLamichael James みたいな小ささです



    97: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:34:53.19 ID:Ad+Aipl00

    10月にはいってすぐ、四人で晩御飯を食べているとき、(この日は菜奈がいなかった)
    帰らなければいけない旨を話した。

    もう少しいればいいのに、ということ。
    チケット代はあるの?ということ。
    お気に入りの歯磨き粉、むこうに送るねっていうこと。

    いろんなことをハンナとジェイはいってくれたけど、
    一番気になっていたことはいつもは真顔で話を聞きながらごはんを食べている
    リサが、こっちを全く向かないし、ずっとTVばっかみてる。

    ハンナが どうしたの? と聞いても

    「nothing」
     別に。

    と答えるだけでなにも言おうとはしなかった。

    誰がみても明らかに機嫌が悪い。
    ハンナとジェイがお互いの顔をみてジェイがお得意の両手を広げて
    「わけがわからないよ」
    と顔をしかめながらジェスチャーをした。


    俺は菜奈がいないからかな、とか
    昼散歩ことわったからかな、とか
    バイト終わってからアイスかってきてってメールをみてなかったからかな、
    とかいろいろ考えたけど、結局彼女はシャワーを浴びるまで機嫌が悪いままだった。



    100: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:41:15.57 ID:Ad+Aipl00

    リサはシャワーが好きだ。本当に好きだ。

    初めてあった日、休みの日はなにしてるの?と聞いたら、

    「うーん、寝てるかシャワー浴びてる」

    と答えられて、その時はシャワー浴びるのがすきなのかなくらいにしか思っていなかったけど、
    リサは本当にシャワーが好きだ。

    朝起きてはもちろんのこと、散歩からかえってきたら、バイト行く前、いったあと、
    夕飯を食べたら、寝る前、とか。

    とにかくむしゃくしゃした時とか、すっきりしたいとき、気分を切り替えたいときにシャワーを浴びるらしい。

    この日も晩御飯を食べてからシャワーをあびてぶすっとした顔ででてきたかと思うと、
    俺の顔をみるならもう一度シャワーを浴びた。

    あ、なにこれ俺が原因なの?

    とか思いながらぼんやりTVをみていたら、リサにたたき起こされた。
    0時を回っていて、風邪ひくよ、シャワーあびたの?
    と聞かれた。どうやら彼女の機嫌は良くなっているようだ。

    シャワーあびてきなよ、とタオルを渡され、眠気ざましにとシャワーを浴びた。

    寝る前に、ではなくて眠気覚ましに、と考えていた時点で、
    この日はまた夜に散歩しにいくんだろうなと予想ができていた。



    101: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:48:00.69 ID:Ad+Aipl00

    むこうの人はあまりお風呂に入る習慣がない。
    シャワーが当たり前だったりする地域もあるし、それでもシャワーをあびるのは
    朝一回だけとかだったりする。

    どうやら水が貴重な地域もあるらしくて、基本的に水を大切に使う家庭がほとんどだと思う。
    それでも個人差はあるのだけれど、ハンナ家はシャワーなどに関しては寛容だった。



    その日は案の定シャワーをでてすぐリサに「散歩しにいこう!」と言われた。
    機嫌がよくなっててほっとしたけど、シャワーあびたすぐに風邪ひくわwとか思ってた。


    ハンナの家の近くの公園は夜になるときれいだ。
    ときおり変なひとがいたりするのでリサにはなるべく夜に一人でいくな行くなら俺を起こせとか言ってた。

    この日は湖の横の芝生に二人で寝そべりながら無言で空を見上げていた。


    アメリカの空は広い。この地域は田舎だからなおさらだ。


    「いつ帰るの?」


    と聞かれて、とっさに「わからない」と答えた。
    さすがに無骨すぎるだろと思ってすぐに

    「10月の後半の飛行機で帰ると思う」

    「そっかあ」

    と言われた。空を見上げている彼女の横顔をみると、
    月明かりに照らされて、憂いのある瞳が一層、憂いを帯びていたのを覚えてる。



    102: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:56:31.63 ID:Ad+Aipl00

    ジェイは家の離れ(といっても車で2時間くらい)に牧場を持ってる。
    おじさんのおじさんがどうとかよくわからない話をしてたけど、どうやらだいだい受け継がれてきた牧場らしい。

    豚やら鶏やらいろいろいた。
    そして広いアメリカをさらに広く感じさせるくらいこの牧場は広かった。

    リアルアルプスの少女ハイジだった。

    そんなときジェイの趣味のひとつでもある乗馬をさせてもらってたんだけど、
    馬ってけっこうでかいのな。そして案外くさかったりする。

    アメリカ人の体臭は独特な人が多い。
    それが女の子でも独特だったりするから不思議、文化って怖いなあとか思いながら
    それにも慣れてたりする。慣れって怖いなあ。


    リサは馬が怖いみたいで乗馬はしなかったけど、馬に乗りながら
    「落ちたらどうしよう!死ぬかも!」
    とか笑ってたら、

    「死んじゃえばいいのにwwwwwwwwww」

    とか笑われた。

    ジェイが颯爽とサラブレッド(が何かは知らない)にのって小屋からでてきた。

    「かっこいいいだろ?やらねえぞ!」

    とか言ってた。その日の夕飯の時に知ったんだけど、

    フロリダで馬を盗むと死刑です。

    一応州法で定められているらしいですけど、執行されるかどうかは知りませんwwwwwww



    馬盗むやつなんているの?



    103: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 02:59:03.22 ID:aNyVU15U0

    リサといる時は常に日本語でやりとりしてたの?


    105: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 03:03:52.66 ID:Ad+Aipl00

    >>103

    基本的にリサと二人もしくは菜奈といるときは日本語で会話してました。
    たまーに菜奈の会話力向上のためにわざと英語で話すときはありました

    ただ、母語のように英語を操るのはリサしかいなくて、
    言いたいことを伝えるには日本語がいちばん都合がよかったです。

    リサは頭でものごとを考えるときには英語で考えているといっていました。
    日本語で言うとテンポが遅れてたりしたので母語はどちらかといえば英語だと思います。

    公共の場や、ハンナたちといるときは基本的に英語で話すことを決めてました。



    108: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 03:22:39.17 ID:Ad+Aipl00

    リサの目には憂いがある。
    なんだろう、どういう目だよ!って思われるかもしれないけど、
    ぼーっとしてるときとか、何考えてるんだろうって、いつも思ってた。

    目で訴えてくることも多くあって、彼女の目には なにか を感じてた。


    何を考えているかわからない不思議なところにも惹かれていたと思う。


    芝生に横になって、
    月を見つめてると、さきほどの沈黙を破ってリサが口を開いた

    「聞いて」

    「なに?」


    「引かない?」

    「多分ね」


    「・・・」

    「話してごらん?」


    いつにもなくリサはシリアスで、なにをいうのか全くわからなくて内心ドキドキしてた。





    「私ね、鬱なんだ。」

    「病気ってこと?」

    我ながらデリカシーのない質問だったと思う。

    「そうだよ」

    「そうなんだ」


    そうなんだ、としか言えない自分がはずかしかった。

    「引いてる?」

    「引くわけないよ。どうして急に?言おうと思ったの?」

    「なんとなく。」



    「リサは普通だよ。」

    「よかった」



    109: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/20(日) 03:23:21.44 ID:Ad+Aipl00

    憂いの帯びた横顔が美しかった。いつもの少し笑いを帯びた顔に戻って、安心した。

    「自分が鬱なのは気にしてるの?」

    「気にしてないよ。だって普通にしてれば気づかれないもん」

    「言われなきゃ気づかなかったよ」

    「でも、たまにすごく悲しくなるよ。夜中とか。だからシャワー浴びるの」

    「そうだったんだ」

    その日は、朝になるまで一晩中話してた。
    日本にいるとき、いろんなストレスで鬱になったこと。
    不意な無気力感とか、急に悲しくなることが多くなって、
    病院にいったら「鬱かもしれないね」と言われて
    「私って鬱なんだ」と実感して余計に悲しくなったこと。
    親にそのことを話したら、羽をのばしにアメリカにいってみれば?
    と言われていまここにいること。


    「あなたに出会えてよかった」こと。



    118: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/21(月) 21:42:35.94 ID:TNE94qe50

    いま帰ってきました!
    時間があるので少し書きますね
    スローながらみてくれている人たちありがとうございます



    119: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/21(月) 21:47:45.98 ID:TNE94qe50

    しんみりした雰囲気のなかで、少し沈黙があった。
    リサがいつもしていた腕時計(デパートで買い物したときに買ってあげた)
    がピピピッてなって、さっき2時だったから3時か4時くらいかあ朝だなあなんて考えてたとき、
    リサの寝息が聞こえてきた。

    リサは話をしている途中とかに寝てしまうことが多い。
    それも割と真剣な話のときに。

    今回も結構しんみりした雰囲気で寝てしまったから、
    公園で寝たら風邪ひくから起こそうにも起こしづらい。


    彼女は俺がもう帰ってしまうと思っていてこういう話をしてるみたいだったけど、
    俺はそのときものすごく帰りたくなかった。

    あんなことを言われたあとだもの、リサが俺のことをどう思っていようと、
    不思議と期待が膨らんでしまう。


    そういった感情よりも、帰国をする前にリサにこの気持ちを伝えようという決心がこのころには芽生えていたと思う。



    その日は結局来ていた薄手のジャケットをリサにかけて、
    少し危ないと思ったけど家に毛布をとりにかえってその日はそのままねた。

    寒かったし、リサは不機嫌だったし、でも、その日はすっきり寝付けたと思う。


    月がきれいだった。



    120: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/21(月) 21:50:44.43 ID:HgywLNHzP

    おk
    ユニに着替えた
    ∩( ・ω・)∩ たちだーん
    まで付き合うぜ



    122: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/21(月) 22:00:21.89 ID:TNE94qe50

    >>120

    ありがとうございます
    書いてる中結構つらいこともあってか中断してしまうことが多いですが暖かく見守ってください

    アメリカ結構どこでもNFLショップがあって面白かったですよ



    121: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/21(月) 21:58:38.41 ID:TNE94qe50

    10月26日のフライトで帰る、とリサに伝えた時、
    リサは食べているアイスを落とした。

    バイト帰り、二人で通りのお店でソフトクリームを買って食べながら歩いているとき、
    軽い感じにそのことを告げたんだけど、落としたアイスに視線がいく俺を尻目に
    リサは停止していた。

    過ぎ行く人々がくすくすわらっているなら俺たちの時間だけが不明にとまっていた。

    一瞬眉間に皺がよったかと思うとすぐにいつもの笑顔にもどって家に向かって二人で歩き出した。


    リサは怒ったり不機嫌になると歩調を合わせない。彼女いわくイライラしたりすることを
    抑えるためにいろんなことを頭につっこんでまぎわらすから歩調が自然に早くなってしまうらしい。


    この日はより一層早く歩かれた。



    家に帰って横になってベッドでTVをみていたんだけど、
    突然リサのシャワー上がりの匂いが漂ったかと思うと、
    お腹の上に一つの箱がぽんっと置かれた。

    ふと見上げると満面の笑みのリサ。


    「なんだよ」

    「開けていいよ!」

    なんだこいつと思いながら少し動揺しながらも包装をあけた
    あれ?俺最近なにがほしいとかいってないよなあとか思いながらも、
    箱をあけるとそこにはブルーの腕時計が入っていた。



    リサからの初めてのプレゼントは色違いでお揃いの腕時計だった。


    この腕時計可愛いね!って言っててその日は給料日だったこともあり、
    リサになにげなく買ってあげた腕時計。

    俺はブルーがすきだなあといったのをこのこは覚えてたんだなあと思いつつリサを見つめた。

    俺はあまり言葉で表現するのが上手じゃないので、
    ちいさな声で「ありがとう」と伝えつつ腕時計をはめた


    いつもの笑顔でリサは髪を乾かしに行った


    その日はそのあと映画をみにいって二人で公園にいった



    123: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/21(月) 22:04:41.97 ID:xzzVu3izP

    リアルタイムに遭遇、ラッキー
    続きを楽しみにしています


    そうか、書いてて辛くなるのか・・・



    138: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 01:34:46.97 ID:69h5aiof0

    家の近くにあったシアターは夜中までやってる!なんだこれ大丈夫かとか思うような映画とかいろいろあった。
    ちなみにその日俺たちがみたのもなんだこれ大丈夫かと思う映画だった。


    映画が終わって0時をすぎてたと思うんだけど、その日はゆっくり話したいから
    家まで歩いて帰ろうってなった。

    お互いおそろいの時計を身につけたり、どっちかが寝れないときは夜中なのに
    庭や公園で話したり、休みの日は基本一緒にいるし、付き合ってないのにずっとなんだろうって思ってた。

    そんなゆるやかな感情の中で、忙しくて廃れていた自分の心に安心を与えてくれる存在がいつのまにか
    リサになってて、好きになったんだと思う。


    アメリカの田舎の夜は静かだ。

    どこか遠くでバイクの音が聞こえたかと思えば風の静けさに変わり、
    日本よりはるかに広い空と、海にかこまれてる。

    いつもとちがった星座や、外国人であふれかえる町をあるいてると、
    ああ、俺は地球の「どこか」にいるんだと思えた。

    そのうえ、自分の気持ちの変化に対するワクワクで、
    もうすぐ帰らなきゃいけないっていうのに、一緒にいることが嬉しかった。




    できればこのまま、日本に帰らずに、リサと悠々自適な生活を送りたかった。



    139: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 01:44:48.78 ID:69h5aiof0

    リサとはずっと一緒にいても沈黙が苦じゃない。当たり前だ、友達だもん
    でも、「なにもしない」状態で一緒にいるから、本当にいろいろなことを話した。

    浅はかかもしれないけど、7月26日にリサとビーチであった日、
    その日には既に自分が普通人にいわないようなことも話した。

    直感で感じてたんだと思う、あ、この人はなんか信用できる。って。

    両親の話とか、高校時代何部だったとか、日本ではどうだったとか、
    いろんな話をした。でも不思議とお互いの彼氏彼女がどうだったとか、という色恋沙汰の話はしなかった。
    なぜか。


    リサは人の目をみて喋らない。
    とりわけ、俺だ。wwwwwwwwwwww

    ハンナやジェイとかとはしっかり目を合わせてるんだけど、
    まじで一度も目があったことがなかった。



    リサは喋らないほうじゃないけど、基本受身だった。

    歩いて帰っているこの日は、リサからいろいろ聞いてくれた。

    何時の便で帰るのかとか、日本のどこにすんでるのとか(今更)
    日本の大学はどこで何学部でなに学科で何年だ、とか。

    ついでにあんたの好きな歯磨き粉送るから住所教えろ、とも言われた。


    この日、俺は思い切ってリサに聞いたことがある。



    140: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 01:52:33.44 ID:69h5aiof0

    「リサって彼氏とかいないの?」

    「聞かなくてもわかるでしょ(笑)」

    「なんとなく。意外かも」

    「ずっと居ないよ。親厳しくて」

    「親が厳しくて?」

    「う~ん、まだ早いみたいなことずっと言われてた。中学のときにいたけど、メールとかしてるだけで、
    ほんとなんで付き合ったのみたいな(笑)」

    「そうなんだ(笑)」

    「どうして?」

    「なんとなくだよ、高校のときとかはいなかったの?」


    「うん、精神的にきてて、そういうのなかったかな。」



    憂いを含んだ横顔が、この時はさらに愛おしく見えた。



    141: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 01:59:59.05 ID:69h5aiof0

    10月に入って、デイビスをはじめこっちの大学の友達、ジョーとそのホストファミリー、
    日本の大学や両親に帰国するという旨を伝えると、日が経過するのが早くなっているように感じた。

    まだ土曜日!なんて思ってるとあっというまに月曜日がくるように、
    まだ9月じゃん、なんて思っててももう帰国寸前だ。

    アメリカの人は基本土日休むけど、月曜日は別に嫌いじゃなかったみたいだ。
    きりかえがはっきりしてて、アメリカ人だなあとか意味不明なこと考えてた。
    ハンナやジェイ以外のほかのアメリカ人がどうなのかしらないけど。
    「ブルーマンデー」っていうんだよーっていうのを話してたら、
    ソファでTVを見てたリサが

    「ブルーマンデーなんて、たまたま日曜日の次の日が月曜日なだけで、
    月曜日がかわいそう」

    なんて意味不明なことを言ってて、怒られてるような気がした。




    そんなこんなであっというまに日が経過し、10月25日。
    帰国する前日になった。



    142: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 02:18:45.80 ID:69h5aiof0

    この日は昼からハンナとジェイが庭でホームパーティを開いてくれた。


    庭でお酒を飲みながらBBQをして、なにが面白いって、
    俺のことを知らない人が8割なのに、みんな俺の帰国を悲しんでくれる。

    「もう帰っちまうのかよ!フロリダの冬をエンジョイしろよ!」
    いや、お前誰だよ。

    「また日本帰ってこいよ?」
    日本に帰るんだよ、酔っ払いクソオヤジなにいってるかわかんねえよ。

    「来週旅行行こう!ガハハハハ」
    お前が一番わからねえよジェイ。明日帰るっつってんだろ。

    「むこうにいったら連絡してね?」
    酒を飲まないハンナはまともだ。

    数時間たつと、みんなできあがって勝手に楽しんでいた。
    夕方になるころには、俺とリサは二人で公園にいた。
    庭でパーティしてるどんちゃん騒ぎが聞こえる中、湖?のほとりで歩きながら話してた

    「明日帰っちゃうとか早いね」

    「そうだね、いろいろあったけど、自転車で旅にでようと思ってよかったかな(笑)」

    「なにそれ(笑)」

    「リサはいつ日本に帰るんだよ」

    「わかんない。気が向いたら。でも、もう十分休めたかなって」

    「俺がいないからって泣くなよ(笑)」

    「なにそれ、泣かないし(笑)」

    ちょうどこの時、リサの脚がもつれて、たおれそうになったリサの腕を掴んで、沈黙した。


    「さみしくなるね」

    「そうだね。」

    「・・・リサ。」

    「なに?」


    「好きだ。」



    「知ってる」

    この時、リサと初めて目があった。
    夕焼けに照らされて、リサの色落ちした淡い茶髪、影のかかった満面の笑み
    フロリダにいるのが不自然なくらいの真っ白な肌に、淡い茶色の瞳。
    その光景は、どんな思い出よりも深かった。

    そのままハグをして、二人で長い沈黙を楽しんだ。



    144: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 11:26:08.86 ID:nS01I1We0

    ”知ってる”キター!!


    145: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 12:21:02.71 ID:76ePZOsB0

    すげー気になるw


    147: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/24(木) 19:40:05.88 ID:ZkdXkaQqO

    キープネス


    169: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/27(日) 21:01:22.60 ID:EK/gigDT0

    日付が変わって、10月26日の夜になっても、二人は湖のほとりの木の根元で寄り添いながら話をしてた。
    朝の10時には飛行機にのらなきゃいけないのに。

    まるで帰らないような気がしてた。でも、帰らなきゃいけない。

    「リサも一緒に帰ろう」

    なんて言えなかった。彼女には彼女の事情があるし、アメリカが彼女には合ってる。



    10月だし、夜になるとさすがにちょっと寒かった。昼間の日差しを浴びて半袖のままだった二人は
    リサの「そろそろかえろっか」を皮切りに、家に歩き出した。


    歩いて家に帰るのなんて、いつもどおり。
    眠そうに歩くのも、いつもどおり。
    でもいつもと違うのは、リサが先を歩いてなくて。

    二人で手をつないで歩いてたってこと。



    172: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/27(日) 21:10:21.23 ID:EK/gigDT0

    こっちの家だと、シャワーがいくつかあるのが一般的なのだけど、俺とリサはいつも二階のシャワーをつかっていたから、
    順番にはいっていた。

    「先にシャワーあびるね。明日の荷物作らなきゃ」

    とリサに伝えると、ハグをしてリサはソファでTVをみてた。


    シャワーではちょっと泣いた。
    実はリサが「私も日本に帰る」っていうのを期待してたんだけど、
    心とは裏腹に、「リサはまだしばらくアメリカにいなよ」なんていってしまった。

    こうしてハグできるのもまたいつかわからないし、映画も見に行けない。
    バイトも一緒に行けない。買い物もできない。

    出会いの場となったビーチにもしばらくいけない。


    シャワーから出てソファにいくと、めずらしくリサが寝ていた。
    まだ1時なのに、疲れちゃったのかな、なんて思いながら、荷造りをすませてから起こすことにした。


    PCでデイビスや大学の仲間をはじめ家族に朝の便で帰ることをメールで再度伝え、
    できるだけ少ない荷造りをした。「また戻ってくる。」そう思ってたから。

    しばらくしてからソファへリサを起こしにいくと、リサがいない。

    深夜番組の通販のTVの明かりに真紅のソファが照らされて、おもむろに布団が床に落ちていた。

    シャワールームにもいないし、部屋にもいない、かといって庭にいるわけでもないし、
    リビングのどこかに隠れているのかと思って「リサ?」と声をだしてみても
    動くのはベイビー(うさぎ)だけだった。

    公園とかにも探しに行ったけど、リサの姿はなかった。

    探し疲れてソファで座っていると、いつのまにか朝がきていた。
    時計で確認した7時26分が妙に記憶に残っていた。



    173: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/27(日) 21:18:37.82 ID:EK/gigDT0

    結局8時になっても出発のときになってもリサはいなかった。
    ハンナやジェイに聞いてもわからないと言われるだけだった。

    携帯に電話してもでないし、メールしてもかえってこない。
    置き手紙があるわけじゃないし、本当になにもわからなかった。

    リサのいない車にのるのなんていつぶりだろう。
    その代わりに菜奈が載っていたけど。
    空港へ向かう途中、リサと出会ったビーチを眺めながら、まさかとはおもったけどやっぱりビーチにもリサはいなかった。


    心配ではあったけど、妙に落ち着いていた。
    空港にはデイビスやホストファミリーのジョーなどが来てくれていた。

    「遠いのにわざわざありがとう」

    「ううん、しばらく会ってなかったけど、元気だった?(笑)」

    数ヶ月会っていないのに気さくに話しかけてくれるジョー。

    「メールで話してくれた彼女は?あのこ?」

    「彼女は菜奈だよ。」

    事の顛末をジョーに話すと、

    「心配することないよ、きっと」

    なんて根拠のない慰めの言葉をかけてくれた。

    ハンナやジェイ、菜奈ともハグをして、また戻ってくること、日本についたらメールすること、
    それと、リサのこともよろしくと伝えた。



    飛行機が離陸して、小さくなっていく人の塊をみながら、空が近づくと、
    ああ、もう離れてしまうんだという思いが強くなった。
    次第に不安だったこと、心配なことがいっきに心になだれこんできて、自然に涙がでた。

    となりの婦人が「大丈夫?」と聞いてくれても、「nothing」と答えることしか出来ず、
    思ったより切羽詰っていた。


    いつまでも手を振ってくれている人たちをみていても、
    リサが来ることはなかった。

    飛行機の窓から景色が変わっていくのを目にしながら、リサのことばかり考えながら、
    俺はアメリカを後にした。



    176: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/28(月) 02:15:00.66 ID:XKESYhRsO

    リサ…


    183: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 03:17:23.61 ID:yyS++TIZ0

    日本に帰ってから、あんまり元気がなかったかったから周りには心配をかけたと思う。
    リサがあまりにもいきなり消えてしまったものだから、親友や家族にもこのことは話し出せないでいた。

    特に、冬休みに入る前に単位やらアメリカで少しやった課題やらアメリカでの留学のレポートやら
    提出しなければいけなかったので、帰ってきてからはばたばたして少し気が紛れた。

    日本帰って、すぐアメフト部に入った。少し入部が遅れていたし、アメフトはウィンタースポーツなので
    11月はシーズン真っ最中だった。
    流石に今シーズンはレギュラーは無理かと思いきや、ランニングバックでの席は開けてもらえた。



    日本はなんだかやけに寒いし、人でごった返す駅の中、時間通りにくるバスや電車、
    すべてがせわしなくて、太陽も、月も、星も、アメリカが恋しかった。



    185: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 03:23:44.22 ID:yyS++TIZ0

    夜になるとだいたいアメリカの友達や家族とスカイプで話をしたりした。
    ハンナやジェイは相変わらず元気だけど、リサはいっこうに姿を見せないらしい。
    なんだかんだ菜奈はハンナの家にしょっちゅういってるみたいだ。
    リサや俺がいないといけないと思ったけど、ハンナやジェイがさみしいらしく逆に呼ばれるそうだ。
    俺は菜奈の英語会話能力が上達していて少し安心した。


    基本的にアメフト部は忙しい。
    リサにアメフトの話をしょっちゅうしていた。
    熱くなって話して、リサが寝てしまっても気づかなかった。

    俺はアメフトが好きだ。
    いつかリサに自分が試合をしている姿を見て欲しかった。



    186: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 03:28:46.65 ID:yyS++TIZ0

    リサのすることはいつも予想できない。


    休日に姿が見えないとおもったら庭で一日草取りをしていたり、
    (彼女いわくきれい好きだそうだが部屋は汚い)
    自転車で(俺の)サイクリングしにいくといったら
    一日帰ってこなかったり。


    告白してOKをもらって(?)も次の日は一日消えていたり。



    というか、彼女の言葉は、OKの印なのだろうか。
    付き合ってるかどうかも、彼女が自分のことを好きかどうかも不明だ。

    俺は、一人で勝手に付き合ってる?



    187: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 03:36:28.80 ID:yyS++TIZ0

    そんなもんもんと日々を過ごしながら、
    俺はもうリサに会えないんじゃないかという思いでいっぱいだった。


    本当は嫌われたんじゃないのかとか、
    でもハグしたよなとか、
    実はすごい内気でそれも拒否できなかったからじゃないかとか、
    そんなことまで考えた。




    12月の半ば、チームも負けてしまってオフ期間にはいった。
    暖かい日差しをうけながらこの日もまた中庭を歩いてた。

    「どこに住んでるの?」
    「大学はどこ?」
    「誰と仲が良いの?」

    いろんなことをリサに聞かれた日、妙なことまで聞かれたことが気がかりだった。

    「大学はどこ?」
    「いつもどこでご飯食べてるの?」



    「中庭のベンチでたべてるよ。」




    12月とは思えない暖かな日差しを浴びながら、いつものベンチに向かった。

    リサの行動はいつも予想できない。

    休日に姿が見えないかと思えば、次の日の朝にはソファで寝ていたりする。
    告白した次の日に姿を消し消したかと思えば。

    いつもの俺のベンチに座っていたのは、リサだった。



    188: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 03:41:23.76 ID:yyS++TIZ0

    冬の乾いた太陽に照らされて、色落ちした淡い茶髪、スっと通った花、
    日本でも目立つくらいの、フロリダ帰りとは思えない程の、白い肌。
    冬なのに、ホットパンツ。

    俺がアメリカを出発する日、リサの部屋に置いておいた、NFLショップで勝った
    お気に入りのチームのニット帽。赤がよく似合っていた。


    人目を憚らず、涙を流した。
    中庭で時間が止まったのを覚えてる。

    正確には、リサがいなくなって止まった時間が、また動き出した。

    彼女の横顔を、アメリカで焼き付いたこの横顔を、誰かと見間違えるわけがない。




    「リサ」



    191: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 08:42:21.59 ID:knuhW9lWO

    小説みたいだ

    リサー



    193: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 22:44:56.72 ID:qXgg2xlW0

    ドラマチックだな


    197: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/29(火) 23:13:21.19 ID:yyS++TIZ0

    「心配かけて、ごめんね。」


    心配したよ、馬鹿っていおうとしたけど、言葉が喉につまってでなかった。

    俺は、喧嘩した時とか、辛い時とか、ごめんねって言われると余計に泣くタイプだ。

    毎日リサのことを考えていたこと、
    帰ってこないとうすうすわかっていたのに、メールをしていたこと。
    実は毎朝無気力感に襲われて、学校いきたくないとか思ってたこと。

    ちょっとずつ無理してた毎日が、急になんでもないことかのように、心の中で軽くなって。
    静かに涙を流して、


    12月16日、日本でリサと再会した。
    日差しが柔らかかった。



    199: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/30(水) 15:56:22.25 ID:/poZEz/L0

    この前の12/16なのかな


    200: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/01/31(木) 00:23:22.22 ID:PX08t8vD0

    2ヶ月ぶりの再会ってことか?


    206: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/01(金) 02:39:07.48 ID:pvzcvE9T0

    ありがとうございます。

    時系列的に、彼女と出会ったのは2011年7月に彼女と出会いました。
    2011年10月に帰国し、2011年12月16日に彼女と再会しました。

    この時点で、まだ日記的には半分です。

    自分もずるずる続けて迷惑をかけたくもないので、無理やりですが
    スピードをあげて完結?させようと思います。

    端折った部分の出来事は完結後でもみなさんに興味があれば
    書くことができると思うので。



    207: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/01(金) 02:52:20.66 ID:pvzcvE9T0

    再会した12月16日、お昼を一緒に食べて大学の講義を一緒に受けた。
    筆談でいろいろなことを話した。

    「(お前謝ることあるだろ)」

    「(後で 笑 )」

    「(それよりいいものもってきた。税金超かかったよ)」

    「(今日家に行っていい?)」


    と、いうわけでリサはうちにくることになった。
    うちは放任主義だ。子供のころからとりあえず勉強をしておけば
    自由にさせてくれることが多かったし、話してないけどいきなりリサをつれていっても大丈夫だろう。

    講義が終わってさあ行こうという時に、リサが

    「荷物取りに行かせて?」

    「どこに?」

    「私の家。荷物多いよ。」

    「わかった」


    この時、俺は彼女の両親と会うことになるとは思ってもいなかった。。。
    馬鹿だ。


    リサの実家と俺の家まではなんと電車で一時間くらいだった。近い。

    駅からは30分くらい歩いた。歩くのは慣れっこで30分くらいなら朝飯前だ。

    周りはマンションばっかで、ふとしたところで

    「えっなにここすごい学校みたいな家だね初めて見た。家まだつかないの?」

    「・・・ここだけど。」

    「どこ」

    「だからここ」

    「えっ、学校?」

    「学校じゃないけどここ。」


    この子、お金もちっぽいとは思っていたけど・・・。
    家が大きすぎて引いた。これはアメリカにもあまりないレベルの家だった。



    216: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 18:11:37.23 ID:zdlvNZgL0

    学校みたいな家だった。
    車庫も大きかったし、庭も広い。野球できる(嘘)

    マンション街の中にでーんと構えてるもんだから、これがまた目立つ。

    指紋認証の玄関のロックを開けて、広い玄関。
    そこからすっと出てきたのは、体が大きい鼻のスッと通った外人。

    あ、この人お父さんだ。

    お父さんとは英語で話しているらしく、リサはお父さんにハグをするなり
    俺のことを紹介してくれた。

    俺は荷物を取ったらすぐ出発するつもりだったんだけど、
    お父さんに挨拶?し終えると夕飯を一緒に食べないかと言われて断るわけにもいかず・・・。


    お父さんはアメリカンファザーって感じでガハハハって感じだった。
    厳しそうな人だと思ったけど食卓でギャグを言いながら笑ってたりする。

    ドイツ系のアメリカ人らしい。

    お母さんは小柄で肌が白くて、美人だった。40代とは思えない美しさ。

    食卓でお父さんとお母さんをみていると、たしかにリサはこの人たちの子だなあとか
    意味不明なことを考えてた。

    お父さんはリサではなく俺に、アメリカでどう出会ったのか、生活はどうだったのか聞いてきた。
    どうやら少しはリサはお父さんに話したみたいだ。
    俺は自分の両親には話してないんだけど・・・。



    218: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 18:22:49.12 ID:zdlvNZgL0

    リサがシャワーを浴びている間、お父さんとお酒を飲みながらいろんなことを話した。
    リサは小さい頃から変わっていて、日本の環境にあまり馴染めず思春期にはすごくストレスをためてしまっていたこと。
    女の子だしできるだけのびのびとさせてあげたかったけど、恋愛や家庭の面で不自由にさせてしまったこと。
    そういったことを反省してアメリカへ行かせたこと。
    お姉ちゃんとあんまり仲が良くないこと。

    お姉ちゃん?

    「お姉ちゃんがいるんですか?初めて聞きました」

    「なんだって(笑)マリーもアメリカにいるはずだよ」

    マリーは3つ上の姉らしい。

    リサがシャワーからでてくる音がすると、お父さんは
    「感謝しなければいけないことがある。アメリカから帰ってきてあのこがまっさきに話したことは
    君のことだったよ。人の顔も見るようになった。アメリカから帰ってきて男の話を最初にするのか!
    っていうところだったけど、ここは我慢したんだ(笑)なぜならあの子があんなに笑ってるのは
    しばらくみたことがなかったからね。ありがとう。で、どこまでやったんだ?」

    最後の奴がなければ感動できるセリフでしたよ、お父さん。

    「なにもしてないです(笑)」

    「そ、そうか。あのこはまたアメリカに行きたいそうだ。その話はしてるのか?」

    「い、いえなにも。こっちにきてまだあったばかりなので。聞いてみます。」


    リサがアメリカの洗剤のフローラルな香りを漂わせながら自分の部屋に上がっていくと、
    ソファに座っている俺を上から「おいで!」と呼んだ。

    ピアノがある大広間には大きなテレビ、ソファがあり天井まで吹き抜けになっている。
    アメリカの家みたいで少し懐かしかった。



    219: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 18:33:23.19 ID:zdlvNZgL0

    リサの部屋は広かった。
    アメリカの家とちがってものが沢山あって、でもシンプルだった。
    特に好きなアイドルとかがいるわけでもないらしく、それでいてカーテンとかにはこだわりをもっているようだった。
    真紅のカーテンに、赤い布団。ベッドは天蓋がついてたからキングサイズだと思う。

    赤いライトに、赤いセーター。好きなものはなんでもとりいれるみたいだ。

    クローゼットが部屋みたいになってて、俺の部屋と同じくらい大きかった。
    俺の部屋よべねえ・・・。ついでに言うとリサの部屋がうちのリビングくらいの大きさだった。

    ここまでアメリカナイズドされた家は初めてだった。テンションがあがる。

    「お姉ちゃんいるの?」

    「いるよ!言ってなかったっけ?(笑)」

    「あと、はい、じゃーん!」

    見るとダンボールのなかには俺の好きなキャラメルポップコーン(アメリカ産)が大量にあった。
    わざわざもって帰ってきてくれたらしい。

    「ありがとう!」

    「嬉しいでしょ!このあと家にいっていい?」

    「俺の?」

    「いいけど、もう8時だよ」

    「そっちに泊まる」

    「まじかよ」

    「お父さんには言ってある。日本に帰ってきた私をみて、少し寛容になったみたい。
    というか、○○(俺)のこと、認めてるんだと思う。」

    一緒にいたかったから嬉しい反面、家には呼べないという葛藤した気持ちを胸に、
    リサのバックパック用のリュックを背負い電車に乗った。
    しばらく冬休みになるけど、どんな休みを過ごすんだろう。



    222: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 18:56:48.82 ID:zdlvNZgL0

    リサの家はぎりぎり都内なんだけど、俺の家は県をまたいで電車で1時間くらい。
    はっきりいって田舎だ。

    フロリダと同じくらい田舎だ。フロリダの田舎と同じくらい田舎だ。
    フロリダほどそらは広くないし道も長くないんだけど、
    おまけに駅からうちまでバスもない(笑)
    自転車の後ろにリサを乗せて家についた。

    家に帰る途中、田んぼ道でリサがそらを仰ぎながら、
    「不眠症、良くなったよ。」
    といってて嬉しかった。

    まあ俺が不眠症気味なんだけどね(笑)

    うちに暖かい家庭というものはない。正直ぎすぎすしているし、
    でも俺自身は家族とは仲が良い。

    お母さんは仕事でまだ帰ってきていなかった。
    シャワー浴びてくるね、といってリサは部屋で待たせた。

    俺の部屋にある電子ピアノのリサの音色がきこえてきて、シャワーを浴びている途中、
    ハンナの家でもシャワー浴びてるときピアノ聞こえてきたっけと思い出した。

    シャワーからでるとリサはテレビをみていた。
    興味はないみたいだ。

    リサのベッドとは違う、狭いベッドで、二人でねた。
    あくまで自然に、まるでこうなることが普通だったかのように、自然にベッドに入って。

    めずらしく先に寝るリサの横顔がなつかしかった。
    窓から入る月明かりに照らされて、リサの真っ白な肌が強調された。

    「明日はうちに泊まりにおいで」

    まだまだ話すことはたくさんあったけど、その日はそのままねた。
    リサの体温で安心して、俺もすぐに寝れた。



    224: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 19:05:19.62 ID:7oNDP1r00

    >>1のペースでいいから書ききってくれたらおれは満足だよ
    >>1の書き方すごく小説みたいで好きだ



    225: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 19:15:15.33 ID:zdlvNZgL0

    >>224

    ありがとうございます。
    日記をみながら書いてるので、思い出し易いです



    226: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 19:22:48.51 ID:zdlvNZgL0

    朝起きると、なぜかリサがお母さんと朝ごはんを食べていた(笑)
    なにごとかと思ったwwwwwwwwwwwwww

    仲良くなるの早すぎるっしょ。
    いろんなことを話したらしい。

    家をでるとき、お母さんがリサをひどく気に入ったみたいだった。

    この日は日中リサとららぽーと(笑)にいって、夕方になってからリサの家にお邪魔しました。
    晩御飯を食べて、シャワーを浴びて、部屋でテレビをみて。

    リサが部屋で飼ってるゴールデンハムスターが巣作りをしているのをみながら、
    話をしていた。

    リサはアメリカにいきたいらしい。

    それを自分からもちかけようと思った。

    「リサ」

    「なに?」

    「またアメリカ行く気ある?」

    「いますぐにでも行きたいよ」

    「来年の2月になったら、行こう」

    「また留学するの?」

    「交換留学できるんだ。テストがあるんだけど。今度は学校もあるし忙しいかもしれないけど、
    フロリダの大学行けるし、ハンナがよければまたゆっくりできると思う。」


    「嬉しい。お父さんとお母さんに行ってくるね」

    テンションのあがったリサは俺のほっぺにキスをすると夜中なのに階段をかけおりて話をしにいった。

    彼女からのファーストキスは何気なかった。



    227: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 19:36:32.74 ID:zdlvNZgL0

    その日の夜、二人ともなかなか寝付けなくて、
    ずっと話をしてた。

    1月中はテスト期間だから忙しくなるけどちょっと我慢してねってこと。
    アイススケートしにいこうねってこと。
    お姉ちゃんの名前は日本ではマリってこと。

    「俺らってさ、付き合ってる?」

    「付き合ってないけど、お互い好き。すごく」

    「付き合おうか」

    「あっさりしすぎでしょ(笑)言葉は簡単だよ。」

    「思わない?私たち、きっと運命」


    「そうだね(笑)」



    「恋人同士ってさ、別れたり喧嘩したりするじゃない。
    好きだから恋人の嫌なことはしない~とかくだらないと思うの。

    私たち、付き合うって言葉はないけど、お互い好きでしょ。

    付き合ったら、別れちゃうかもしれないよ、それだけで、会えなくなっちゃうかもしれない。
    それは嫌なんだ。

    例えば、友達同士ってさ、友達同士になろうっていって、友達になる?
    たまにはそういうこともあるかもしれないけど、親友も同じでしょ。

    一生ものの親友ができて、その人とちょっとやそっと喧嘩したくらいで
    もう親友終わり?違うでしょ?別れるっていう概念があるから、別れが怖いんだよね。

    私たち、お互い好きだよ。
    だから、私いま日本にいるよ。
    ○○、好きだよ、親友みたいな恋人でいよう。」



    彼女の心は純粋で綺麗だなあ、といつも思う。
    目も、心も、考えることも、いうことも。


    リサの部屋の大きな窓とカーテンを開けて、閑散として街の上にある
    月明かりを浴びながら、この日はじめて、ゆっくりキスをした。

    リサの独特な甘い匂いが、舌に伝わってきた。
    彼女の匂いは、シャンプーでもコロンでもなくて、”リサの匂い”なんだ。



    228: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 19:50:16.68 ID:UIWkaYzi0

    うむ、良い話だわ


    229: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 21:15:08.24 ID:cvnVqb/H0

    伝わる。


    231: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/02(土) 22:07:15.54 ID:J+SBwZG80

    画面の外にも伝わってきましたよっと


    251: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/03(日) 02:49:15.51 ID:Dwch6DaP0

    結果的にいうと、2月にはアメリカに戻ります。
    1月に学校がある期間はある程度省略しようとおもってますが、
    それから先も書こうと思えばすごく長くかけてしまうのですが、ご存知のとおり
    みなさんのご期待に添える速度でかけてきていません。
    なのでいつまでも引き伸ばしたくないので、2月以降から結末?まで端折るつもりでいますが、どうでしょうか



    252: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/03(日) 02:54:37.70 ID:Z13ETNtZO

    1の好きな様に書いてくんさい


    253: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/03(日) 02:57:38.18 ID:xsR1UjfK0

    1に任せる。
    読み手としては、楽しいよー。



    254: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/03(日) 03:18:55.34 ID:Dwch6DaP0

    ここでちょっと余談(?)を。


    リサと俺ってすごい偏食?なんだ。
    というより、好きなものを本当に好きなだけ食べる。

    俺は普通だった。
    リサに影響された(笑)

    リサはアイスクリームがすごく好きで、一年中食べてる。お腹痛くなるまで食べてる。
    主食はちゃんと食べるんだけど・・・。

    日本にきてからも、寝る前とか一緒に映画みてて
    ずーっと食べてて。日本のアイスって甘くないねとかいってて
    お前それは味覚がおかしいよってつっこんだんだけど、

    よし、寝よっかって布団入った時に、ごめんお腹痛いwwwwwww

    つってトイレにいったり。

    俺は俺で、もともと甘党だったのもあって、プリンとかキャラメルポップコーンとか、
    アイスも好き。

    「私たち二人でいるとどっちも止めないから太るね(笑)」

    ってのが印象的だった。


    アメリカで映画みてるとき、部屋暗くしてたんだけど、
    そのときチョコを食べてたんだ。

    ぽとって俺がチョコ落としたんだけど、
    リサが どこだ? って探してくれたのね。

    あった!つって拾ってたのが

    ベイビーのうんこ

    だった。
    っていうなんでもない小話。ごめんなさい(笑)



    257: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/03(日) 04:10:33.55 ID:Dwch6DaP0

    >>254のベイビーってのはうさぎね!


    258: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/03(日) 04:13:16.15 ID:UEPHcAJP0

    >>257
    アメリカかぶれがwww国際派かww




    無理しない程度に更新まってるわ

    けど何日も放置すんなよー



    256: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/03(日) 04:05:36.80 ID:Dwch6DaP0

    リサは自分の家がすごく大きいんだけど、なぜか俺の家がすきなんだよね。
    普通の家。
    俺の部屋も教科書とピアノとPCとテレビと月明かりがきれいなくらいなのに。
    あと、言うまでもないけどリサの家はお金もち。
    リサの貯金残高もたくさんあるみたい。アメリカではあまりないらしいけど、
    子に投資してるみたいで。お父さん曰く、国際結婚だといろいろ迷惑もかけるし、
    俺が死んだころには君たちが困らないように財産くらいのこしたい。

    だそうな。

    1月のテスト期間はうちの大学すごく忙しくてテストいっぱいあっていらいらもするし。
    でもリサが家にかえればいるし勉強にはなぜか付き合ってくれるし、晩御飯とか夜食つくってくれるし、
    なんだかんだすっとしあテスト期間だったかもしれない。

    アメリカも日本もそうなんだけど、田舎の夜ってすごく暗いじゃん。
    うちのほうとか街頭も多くなくて、田んぼと森ばっかの田舎だから
    夜中とかあまりコンビニ一人でいかせたくなくて二人でいってたんだけど、
    途中小さな森があるのね。

    そこに丸く開けた狭い草原?みたいな場所があって、私有地なんだけど
    夜中に月明かりがそこにちょうどかかるとすごくきれいなんだ。
    カメラとかだとうまく写らないんだけど。

    そこに夜中に二人で寝っ転がるのがリサのお気に入りで。
    アメリカで公園に二人でいるときを思い出すって。

    そんなこんなでテストも終わってアメリカへの出発が近づいてたんだよね。
    親には一時帰国はあるかわからないけど一年行く予定だからしばらくじゃあね、って
    今度はちゃんとした単位とってくるからねって(笑)

    リサの両親には、アメリカでもしマリーに会えたらよろしくねって。
    わがままな娘だけどよろしくねって言われた。

    出発の時は親友とかがきてくれたりして案外泣いた。



    270: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/04(月) 02:38:56.12 ID:EfR2h85q0

    リサは空がすごく好きで、飛行機に乗ってる時も眺めてたのをよく覚えてる。
    夜になってふとリサのほうを見ると寝ちゃってて、添乗員が毛布をもってきてくれて、
    リサに布団をかけてあげてねた。

    そのあとリサが起きちゃってそのころには俺ねてたんだけど起こされたんだよね、
    で、結局起きなかったんだけど、そのときにリサがほっぺにキスしてくれたのは忘れない。

    何回か飛行機乗り継いで、フロリダについてハンナとジェイが迎えに来てくれていた!
    リサが連絡をとってくれたらしい!

    シルバーのボルボにのって、懐かしいビーチを通って、その日は俺ら飛行機で疲れてるだろうからって
    きをつかってくれたみたいで休ませてくれた。夕飯はピザだった

    ソファで二人で寝てしまっていて、その様子をみてハンナとジェイは俺らが
    付き合ってる?ことを改めて実感して嬉しかったって翌朝の置き手紙?でよく言われた

    映画とかでもよくあるけど、むこうの家は置き手紙とか多いです
    出かけてくるねって。



    271: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/04(月) 02:49:19.67 ID:EfR2h85q0

    次の日!
    昼適当に作って(チャーハン。)食べて、昼はまだリサねてたから犬の散歩勝手にいってきて、
    菜奈と公園で待ち合わせた!

    この時、菜奈はもうすぐ日本に帰る予定だったんだけど・・・。


    3時くらいになって、公園にリサがきた!

    「やっぱりいたー!菜奈、ひさしぶり!」

    「リサ!元気だった!メールしても帰ってこないからびっくりしたよ(笑)」

    「ごめん(笑)忙しくてさ」

    このあと三人で夜までいろんなこと話してた!

    菜奈も結構お金持ちらしくて、しばらく大学休んでこっちにすみたいらしい。
    破天荒すぎるだろwwwwwwwwwwwwwwwwww

    夜になってハンナから「ばんごはんどーすんの!」ってメールきて
    「菜奈もつれてっていい!」って送ったら「もちろん!帰り牛乳買ってきて」
    って言われた(笑)息子かよ(笑)

    帰りスーパー(みたいなとこ)で牛乳とかアイスとか牛乳(ポリタンク)
    かってみんなで夕飯たべた!ハンナはサラダを作るのが上手だ!


    そしてそして!

    この日、シャワーを浴びていると、

    あれ、誰かはいってくんなあって思ったら、





     リ サ だ っ た の で あ る 。



    273: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/04(月) 03:00:35.90 ID:EfR2h85q0

    浴室のドアを少しあけて顔だけ出して、

    「リサ?」

    「一緒に入っていい?」


    「・・・・いいけど(笑)」

    「電気消して(笑)あと湯船にお湯はって(笑)」


    一応電気は消させるんだなあと思いつつ、天井の窓を少し開けた。
    天井の大きなまどから入る月明かりが綺麗で、
    まだ目が慣れてない内にリサがシャワールームに入ってきた。

    月明かりに照らされるリサのシルエットが綺麗だった。

    華奢でもなく、太ってもなく、スラッとしたリサの体型。
    長い髪から飛び散る水がなんども顔にかかったけど、そんなことを気にしないリサも
    かわいいなあと思いながら眺めていた。

    もちろんたまには下心があったりしたんだけど、この時はこうなることがごく自然かのような
    心持ちだったから特に下のほうは反応しなかった。逆に失礼なのかも。


    ルックスが整いすぎてたりすると、想像力が減るじゃん。
    リサは俺にとってそんな存在に近くて、でも身近にいたものだから、
    心持ちが慣れていたのかもしれない。

    たくさんの日差しを浴びてるのに白い肌と、あ、このこ運動苦手そうだなって感じの
    なんとなくぷよぷよの肌。

    二人で浴室にいると、暑い。

    からだとを洗い終わって、リサが浴槽の横でぐでっとした。
    寒くなると、リサは浴槽に入ってきた。背中合わせになる形で座って、
    追い焚きなんてこっちにはなかったんだけど、二人ではいってると、暑かった。


    「幸せ」


    ポツリとリサがつぶやいて、

    「知ってる」

    と俺は返すと、リサが頭をあずけてきた。



    その日は、お湯が冷めるまで、他愛もない話をした。



    275: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/04(月) 08:06:04.50 ID:8MuzNKKDO

    プラトニックすぎるだろおおおおお






    よし!続けてくれ



    296: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/06(水) 17:21:45.65 ID:cRwk/DmQ0

    それから2週間に一回くらいは一緒にお風呂とか入ってたかも!
    ちなみにむこうの浴室はシャワーと浴槽が一体型になっていたり、
    浴室と洗面所が一緒になっていたり、(トイレとか)
    ハンナの家はシャワールームがいくつかあったけど、
    自分たちが使っていた2階のシャワールームは浴槽とシャワーは別々だった!

    日本のビジネスホテルにあるのような一体化したのが一般的ですね


    むこうの大学では3月下旬に学校がはじまるので2月中旬からちょいちょい手続きやら
    なんやらで忙しかったですね!
    むこうで有名な大学は州立で有名なフロリダ大学、あとはフロリダ国際など州立から私立まで
    たくさんあったのですが、ハンナたちが通って欲しいといってくれたこともあり
    多少遠い家から通うことにした!

    車で一時間くらい!wwwwwwwwwwwwww



    297: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/06(水) 17:32:12.76 ID:cRwk/DmQ0

    でも、大学の友達だと結構通学時間かかるこ多かったかも。
    自転車で片道二時間かけていってるとか、結構普通。
    いや普通じゃないけどめずらしくなかったと思う。

    そこの大学でアメフトすることはしませんでした、
    恥ずかしながらリサと会う時間を減らしたくなかったので。

    大学の授業や課題でただでさえ忙しくなるのに、、、。

    英会話とか日本語教えるバイトも再開した!


    2月にこっちについて以前と変わっていることは、
    リサの服装。

    夏にホットパンツ+Tシャツというのは結構かわらなくて、
    冬はどうなんだろうって気になってたけど、
    ホットパンツにパーカーとか(笑)

    そういえばアメリカだとタイツ?ってあんまみなかったかも。



    夜に一緒にアイスたべたり、リサが大学に迎えに来てくれたり、
    いっしょに友達つくったり、前当たり前だったことが今も当たり前で、
    幸せだったと思う。


    一緒におつかいにいくのも楽しかった!
    タンク?に入った牛乳とか、規格外のコーンフレークとか、
    途中でホットドッグかって食べてたりとか、
    学生って気楽で幸せだなあなんて考えたりして。


    菜奈は一時帰国?していたからしばらくあってなかった。



    299: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/06(水) 18:31:40.90 ID:2B5eWkCf0

    リサパパ「で、どこまでやったんだ?」


    306: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/06(水) 21:55:06.84 ID:/528Nf/w0

    いいなぁ、大学生でこういう青春送るとか…。青春小説みたい。


    316: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 00:31:08.37 ID:RaQGS7N60

    1です。

    保守してくれている人や、待ってくれている人たちには本当に感謝しています。
    自分の都合上、大きな時間をとって書くということができません。
    できれば毎日、少しでも時間があるときに書きます。

    そして、ペースを合わせてもらっている以上、自分はかならず書き終わります。それは約束します。



    317: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 00:34:37.43 ID:Yc/vLkviP

    >>316
    今の調子で良いよ、楽しみに待ってるからね

    大切なリアルが優先なのは当たり前の事だからね



    318: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 00:42:38.46 ID:RaQGS7N60

    休みをエンジョイしてた2月から3月のことは省きます。

    学校がはじまると本当に忙しかった。
    大学の留学生向けの歓迎パーティだったり、
    英語のクラスだったり、なぜか料理のクラスだったり。

    歓迎パーティっていうのが結構豪華で、この大学は専用の舞台?
    みたいなやつもってて、結構面白かった。

    留学生のなかにはもちろん日本人だけでなくむしろ韓国人や中国人のほうが多かったかもしれない。
    ヨーロッパ系の国の人たちは英語が上手で、よく日本人にしては上手だねーとか言われてた。

    留学生だけの飲み会?みたいなやつもあって、半分くらいはアジア人だったと思う。

    そのなかにいた日本人が妙につっかかってくる。
    なにかと思いきやよく大学で一緒にいる肌の白いこを紹介しろとのこと。

    それでもあのからだがいいとかそそるとか下世話な話をつづけていた。


    胸ぐらを掴んでテーブル越しに少し脅した。

    「なんだよ」

    「不愉快なんだよ。そういうのやめてくれよ」

    相手は175cmくらいで俺は170しかないけど体格は断然よかったから脅しにはなったらしい。

    その場を立ち去りいつものロードバイクでビーチ沿いを走ってるとバイクに後ろからバイクに
    のった5、6人の集団に囲まれた。



    319: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 00:56:41.04 ID:RaQGS7N60

    一瞬アメリカのギャングがよぎった。

    以前ジャクソンビルを歩いているとき、
    うしろから「Hey! Japanese! Japan! Jap!」
    とギャング?っぽい奴らにからかわれたことがある。

    振り向いて笑顔を振りまくと、「お前もしかして中国人?」
    といわれて、「いや、日本人だよ」とつながりそこから少し仲良くなった。

    こいつかわいくねえ?と言われて携帯の画面でみせられた写真が
    本当にブスだったんだけど、「可愛いと思うよ」
    みたいなことをいったら「そうだよなあ!」って肩をバンバン叩かれて
    ジュースおごってくれた。

    それはなんでもない話なんだけど、彼らのいちいちいう「Japan」
    という単語の発音が「Japan」というより「Japaeen」といっていて少し違和感があったのを覚えてる。

    関西弁や地方の訛りのように英語にも地方によってなまっていたりするんだけど、
    フロリダのほうの発音でもそれは聞いたことがなかった。

    帰ってからリサにそのことを話したら、
    アメリカのギャングってわざと発音をおかしくしてるんだよね。



    320: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 01:02:12.72 ID:RaQGS7N60

    留学生とかって結構金品目的に強盗されたりするんだけど、
    そのときのために要求を聞けとか学校でいってたっけなとか思い出して、

    「目的はなんだ」(英語)

    っていったら

    「おまえあれで無事に帰れると思うなよ」

    みたいなことを日本語で言われたwwwwwwww

    お前wwwwwwwwwwwwww

    くだらないやつだなーとか思いながら前例もあるので
    できれば暴力沙汰は起こしたくなかった。

    バットとか鉄パイプとか持っててあーこれは詰んだかなとか考えてたとき、

    そのうちの一人が横から思いっきり殴ってきた。

    「こいつか?」

    みたいなことは英語でいってた、フルフェイスのヘルメットで顔はみえないけど、
    さっきの留学生仲間の一人と、その外人の友達らしい。

    助けをよぼうにもあたりが暗いし街は遠いし無理だと悟った。



    321: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 01:08:15.50 ID:RaQGS7N60

    その時うしろからまた5,6人げらげら集団が歩いてきてたんだよね。

    その集団に5対1かよ卑怯だなあいつらとか聞こえてきて、
    妙に聞き覚えのある声だなって思った。


    で、そのうちの背の高い一人が、「○○?○○!!」(俺の名前)
    叫んだんだよ。

    誰だ?とか思いながら、俺に絡んでる集団のほとんどがそっちにいった。

    「いまあいつと話してるからどっかいってろ」

    つってそっからしばらく話をしてて、

    いきなり

    パン!

    って銃声が聞こえた。
    まさかとは思ったけど、人は撃たれてなくて、
    あとから来たやつらが撃ったのはバイク。

    俺に絡んでた集団は相当びびったのかオシャカになったバイクを置いて逃げてった。


    銃を撃ったのはデイビスだった。



    326: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 08:12:39.16 ID:GBzjErmQO

    デイビスふらぐ


    327: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 08:35:49.57 ID:guJEamDf0

    フロリダ住みの俺が通りますよっと


    328: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 12:15:05.84 ID:eKJxoRHrP

    消えろ


    329: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/08(金) 21:20:26.65 ID:TfgE82eI0

    この展開は、燃えるッッ!!


    330: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 00:42:35.44 ID:CIirbvTc0

    アメリカに対する銃のありかたについて、ゆるいと思っている人が多いかもしれないけど、
    意外と携帯するのは条件がついてたり、結構厳しい。
    その中でもフロリダは結構ゆるいほうなんだけど・・・。

    当たり前のように、こういttストリートでバンバン銃をうっちゃいけない。
    ジャクソンビルは場所にもよるけど、ビーチエリアは比較的安全だから、
    すぐに警察がくる。

    「デイビス!ひさしぶり!」

    デイビスには日本を出るまえに少しだけメールしたんだけど、
    どうやらこっちの旅行ついでに俺に会おうとしてたところらしい。

    デイビスはアメフトはちゃんとやってるけど元ヤンみたいなもんだ。

    「ギャングにはできるだけ関わらないほうがいい。俺みたいにポケットに銃を隠し持ってるやつだっている」

    と言われて、ことの経緯を話した。
    お前のことだろうからどうせお前は悪くないだろうと思って
    バイクを撃ったらしい。バイクがわかれば脚がつく。

    ジャクソンビルにある仲間内の親戚の家にとまっているのだとか。



    332: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 00:51:10.97 ID:CIirbvTc0

    残念ながら彼らはこのあと用事があるからゆっくりしている
    時間はなかったらしいんだけど、
    近くのコンビニ(みたいなところ)でジュースをお礼に買ってあげて
    その日はさよならした。もうすぐ帰ってしまうらしいんだけど。

    さよならするときに、デイビットに報復?のことについて話された。
    器のちいせえジャップにそんな勇気はないかもしれねえが、
    まわりのやつらはバイクオシャかにされてるしなにするかわからない。
    できるだけ彼女とは大学構内には行くな。
    あと、あとでバイクの写真とか車体番号とか教えるから、
    学生科?にいって事情を話せばなにか措置をとってくれるかもしれない。


    とのこと。バイクオシャかにしたのは君だとして、大学が留学生に対しても厳しいのは
    身をもってしってる(笑)

    それと、なんかやばいことがあったらこいつに電話しろ、と仲間内の一人を紹介してくれた。
    マーク。クマみたいにでかくて、ヒゲを生やしてる。
    高校の時はアメフトのタックルをやってたらしい。ちなみに同じ大学。


    ありがとうと再びお礼をいって、その日は解散した。
    なんだかんだ時刻は深夜1じを回っていた。



    334: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 01:05:04.47 ID:CIirbvTc0

    家に帰るとリビングでリサがDVDをみたまま寝てしまっていた。
    この日はアイスクリームを食べかけでテーブルに溶けたアイスがお皿の上に転がっていた。

    「リサ、風邪ひくよ」

    「・・・う、うん。」

    「うんじゃなくて(笑)起きな」

    「今日は遅かったね」

    「ちょっといろいろあってね。ほら、シャワー浴びるからさ」

    そのときにリサがムッとこちらをみて、あ、しまったと思って言い直した。

    「ビーチでヤンキーに絡まれちゃってさ(笑)なにもなかったから大丈夫だったけど。」

    「そうなんだ」

    リサはめんどくさいからって ちょっといろいろあって とか
    言われるのが好きじゃない。例えば自分たちが喧嘩しても、
    そのときにどんな嫌なことを言われても、言ってくれれば理解するからって。

    隠されるのが嫌いらしい。嘘なんてもってのほかだ。

    ちょっと腫れてるよといって、リサは冷蔵庫から氷をだして袋に入れて
    顔にあててくれた。そのままリサに付き合わされて見かけのDVDをみて
    リサを寝かせてシャワーを浴びた。


    恋人がいる人や、婚約者がいる人、お母さんがいる人、お父さんがいる人、
    ほとんどすべての人に言えるのは、大切なものがそばにあること、その大切さに気づかない。
    気づいても、すぐに忘れてしまう。嬉しかったこと、感謝すること、常に心においておくべきだと思う。
    世の中はどうしても悲しいことが強調されがちだけど、
    たとえば、恋人と喧嘩したとか、くだらないと思う。

    家族や恋人、大切な友人がそばにいてくれることに、感謝して生きるべきだ。


    ギャングに絡まれたことが意外にも不安だったのか、シャワーに入っているとき
    どうも疲れた。

    ソファに座ってるときのリサのぬくもりとか、氷をあててくれる優しさとか、
    リサがいなくなったときのことを思い出して、戻ってきたんだと改めて実感した。



    335: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 01:09:57.01 ID:CIirbvTc0

    ここで写真を投下。
    確かフロリダビーチ。



    336: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 01:13:06.80 ID:CIirbvTc0

    あれ?見れないかな?

    no title



    338: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 01:14:46.34 ID:hNYMHeBn0

    すげー青いw


    339: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 01:15:44.34 ID:CIirbvTc0

    これは有名だけどジャクソンビルにある像

    no title



    340: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 01:26:29.71 ID:CIirbvTc0

    学校が始まってからはなかなかすれ違いが多かった。。
    リサはバイトしてるし、俺もバイトしてるし、休みもなかなか合わなくて、
    さすがにそれはしょうがないなあとか思ってたんだけど。

    リサはペットショップが大好き。
    ハンナの家には犬もハムスターもうさぎもいるからそれはそれで癒しなんだけど・・・。

    リチャードソンジリスとかでっかいリス系がリサは大好きで、いつもはしゃいでた。
    でもむこうの人はリスそんなすきじゃないと思う(笑)
    だって、そこらへんいいるもの(笑)野生のリスってかなり凶暴。
    ちょっとした公園にもリスがいたりする。でも、うかつに触れない。

    野生のリスは寄生虫や狂犬病ウイルスの媒介となる、犬の散歩をすれば
    威嚇されるし、野生はかわいいもんじゃない。



    341: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 01:58:24.80 ID:CIirbvTc0

    no title


    写真は二人ででかけたときの風景です~



    342: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 09:06:15.59 ID:oMirxVjx0

    このスレの雰囲気、好きだな。
    更新頻度とかもw

    のんびりゆったりしながらもドラマチックなエッセンスがそこかしこにあって…。

    無理しないで続けてね!



    343: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/09(土) 11:13:23.62 ID:xd/EHR8O0

    待ってるぜ!幸せなオチであることを祈る


    354: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 02:03:08.43 ID:T0WfFnV20

    残念ながら写メはないんだけど、
    ペットショップの店長さんのリチャードソンジリスがすごい可愛くて。

    なんか自由なやつがいるなあとおもったら店長が店内で飼ってた
    リスらしい(笑)小さい頃からかってれば個体差はあるけどリスもなつくらしい。

    リチャードソンジリスはたまに日本にいるかな?シマリスより少し高めで
    2万くらいかな。

    アメリカと比べるとシマリス飼ってるひと日本は多いよね。
    アメリカだとうさぎとか人気だったかも。

    リチャードソンジリスようつべで検索してみてくださいな!可愛いよ



    356: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 02:27:47.16 ID:T0WfFnV20

    5月くらいになってジェイが中型のバイクをひっぱりだしてきた。
    昔乗ってたやつで、修理すればまだ乗れるらしい。

    中型の免許をもってて申請すればこっちでも乗れるんだけど、
    機会がなくて行ってなかった。

    ジェイがバイクくれるっていうし、
    いい機会だから講習にいった。



    テストとかバイトばっかりでストレスたまるだろうから
    たまにはストレス発散してこいってことでジェイが修理してくれた。

    それから休みの日になると一人か大学の仲間でツーリングしにいった。

    バイクや道に慣れるとハイウェイとかにリサを乗せて走った。
    うしろに乗せると乗ってる心地もだいぶ違うし、ブレーキとか少し違うから
    本当は一人で走りたかったんだけど、
    ツーリングいくよって言うと買ってあげた半ヘルをつけてバイクにスタンバイしてたリサが
    可愛くてついつい連れて行ってた。

    リサはスピード狂。
    「私がバイクのってたら絶対事故って死ぬ(笑)」って言ってた



    363: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 22:51:39.07 ID:T0WfFnV20

    「じゃあ俺のうしろにいるうちは事故で死なないね(笑)」

    「しばらくはそれで我慢してあげる(笑)」



    364: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 22:54:45.89 ID:T0WfFnV20

    「バイクで旅行行きたいなあ」


    「長時間運転するの結構きついんだぞ(笑)」


    「いいじゃん!行こうよ!1泊でいいからさ」


    「どこ行きたい?」



    「ハイウェイを走りたい!地平線が見えるくらい先が遠い。それか海かなあ」



    「夏休みになったらね」



    「約束ね」



    366: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:02:54.98 ID:T0WfFnV20

    気が遠くなるほど長くて、海が見えるハイウエイは、ひとつしかない。

    「海を越える橋」キー・ウエスト

    no title



    367: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:10:53.56 ID:T0WfFnV20

    泊まったコテージ、綺麗だったね。


    キーウエストで、後ろでパシャパシャ写真とってたの、覚えてるよ!



    「永遠なんてないよね」


    「あるよ、きっと。」


    「心に約束はないでしょ?」



    368: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:13:50.50 ID:T0WfFnV20

    no title




    「Love gives us hope, but I don't know love」

    愛は希望を与えてくれる。私は愛を知らないけど(笑)

    リサの口癖。



    369: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:15:56.49 ID:T0WfFnV20

    知ってた。



    何で眠れないのかも、何でアメリカにいるのかも、
    なんでふと姿を消すのかも、
    飛行機出発前に姿を消したのかも。


    リサがなんで俺と付き合いたがらなかったのかも、知ってたよ。



    370: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:26:14.49 ID:T0WfFnV20

    帰りのハイウェイを飛ばしているとき、
    水面から乱反射する光を浴びてリサが行った



    「もっと飛ばしてよ!」


    「聞こえねーよ!」(聞こえてるけど)



    バックミラーでリサの姿を確認して気付いた。

    大きく息を吸い込んだかと思うと時折喉に声が詰まるようにえづいていた。

    背中にもたれかかって小さく痙攣したかと思うと女性の力とは思えない力で
    ジャケットの袖を思い切り握り締められた。

    ハイウェイでは止まれない。


    「リサ!リサ!」


    リサのサイドバックから取り出そうとしたポーチが落ちた。当然拾いには行けない。


    キー・ウエストが長すぎる。



    372: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:31:37.24 ID:T0WfFnV20

    ハイウェイを降りてすぐにバイクを止めて救急車を呼んだ。

    「ごめんね」

    苦しそうに声を振り絞って言われた一言がそれだった。



    なにも言えなかった。



    373: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:41:03.31 ID:T0WfFnV20

    ハンナとジェイが病院について俺を抱きしめてくれた。

    「○○、本当にすまないと思ってる。お前に黙ってたことがある。」

    「知ってる」


    「・・・本当に申し訳ない。」



    まるで最悪なドラマのような、
    病状が急激に変化、なんて、身近にあると思わなかった。


    「もう長くないと思う」


    なんて言われる言葉なんて、信じたくなかった。



    374: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:43:17.97 ID:yvxahQIX0

    え...嘘だろ...?
    今更そういう展開ありかよ



    375: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:47:06.61 ID:T0WfFnV20

    驚くほど白い肌に、少し痩せたかなって思う、少し細くなった腕。
    出会った頃より、髪の色が落ちた。


    ハンナとジェイがリサの両親への連絡は済ませてくれた。

    リサは元気だった。
    変わらないくったくのない笑顔は、出会った頃と変わらない。

    一つだけ大きく違うのは、リサは俺の目を見てくれる。

    さらに言えば、手を握りあえるし、抱きしめあえる。

    人目をはばからずキスだってできる。


    そしてさらに違うのは、

    ずっと一緒にいれるかな、なんて言えなくなった。



    ずっと一緒には、いれない。



    376: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:51:09.68 ID:T0WfFnV20

    変わらなく元気だったリサを見れなくなったのは、意外と早かった。


    「Why aren't you more panicked right now?」
    どうしてもっとパニクらないの?

    ハンナが言った。病室の外で、会話を聞いていた。

    「I don't know, but I have him」




    病室の外で声を押し殺して泣いた。ジェイも泣いてた。



    彼女との別れは意外と早かった。



    377: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/10(日) 23:54:18.41 ID:gy8g+Qub0

    え・・・え・・・?


    378: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:00:45.15 ID:f1XH+6V/0

    その日の夜、ナースがけたたましく病室へ駆け込んでいった。

    まさか。



    リサの病室へかけこんでいくナースやドクターをみて逆に冷静になった。

    俺はリサとの別れを受け止められるだろうか。




    ゆっくりと歩を進めて病室へ入ると心拍数が一気に上がったのを覚えてる。
    夢であって欲しかった。

    苦しそうに小さく痙攣するリサによって握り締められたシーツは乱れ水を飲もうと
    取りこぼしたコップと水が床にこぼれていた。


    ハンナとジェイが抱き合って大丈夫、大丈夫とお互いを慰め合っていた。

    ドクターがリサの腕に注射をし終わるのを見てリサのそばによった。
    この一週間で何度も目にしたこの光景を背に、どこか悟っていた。

    まるでさっきまでのことが嘘かのように穏やかな寝息を立ててリサは眠っている。



    ピッピッと機械音の静寂を破りドクターが静かに身内に告げたのは、
    次は目を覚ますかわからない。このまま眠ったままかもしれないということだった。


    もう会えないかもしれない、もう話せないのかもしれない、
    最後に話したことはなんだっけ、とか妙に冷静なことを考えていた。

    できればリサをずっと抱きしめていたかった。

    永遠に、この手を握っていると決めた。



    379: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:06:44.71 ID:EtjyldGeO

    この展開はねーよ・・・


    380: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:11:55.64 ID:qdUHL2e50

    帰ってきた、、、、、んだよね?


    381: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:18:27.84 ID:f1XH+6V/0

    時間の経過は残酷だった。
    このままリサの手を握っているだけでいい。それが永遠でもいい。


    そんなことを考えていた。


    時間の経過は残酷だった。本当に愛なんてあるのだろうか。


    リサの手がパッと開いたかと思うと再び俺の手を握り、
    リサが静かに目を覚ました。
    すべての覚悟をしたと思う。



    382: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:21:03.42 ID:f1XH+6V/0

    「○○」



    俺の名前を呼び、リサの瞳が美しかった。

    「なに?」

    「聞いて」

    諭すように声を発するリサをみて、自然に涙が出た。
    自分の涙が熱いと思えるほど、感情が鮮明だった。


    「なに」


    「Are you with me forever for I am gone」
    死ぬまでずっと一緒にいてくれる?


    ずっと、なんて言葉が嫌いだったリサ。一度も言わなかった。
    ハンナとジェイの前では英語で話す、という約束を健気に守っている。
    セリフと同時に手を強く握ってきた。リサと出会った頃を鮮明に思い出した。
    気づいたら、彼女はこんなにそばにいるんだ。

    彼女が手が届かない程遠くへいってしまう前に、


    「Shall I go with you ?」
    一緒に行こうか


    と少しおどけて言った。リサがしてやったり、という得意な笑顔をみんなに見せると、静かに俺に告げた。



    「愛してる」


    「知ってる」




    小さく微笑んで、リサは眠りについた。
    そのまま目を覚ますことはなく、
    7月26日の朝、リサは帰らぬ人となった。



    383: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:25:49.29 ID:7XPXbcw60

    釣り…だよな?
    頼む、釣りだと言ってくれ…



    384: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:27:19.39 ID:nV1jiOoJ0

    ウソだろ?
    急なこの展開…釣りなんだろ?!

    画面が見えねーよ…



    385: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:29:13.80 ID:qdUHL2e50

    マジで?


    387: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:29:32.01 ID:f1XH+6V/0

    以上です。

    長い間、スレを見てくださった皆様、保守してくださった皆様には本当に感謝しています。
    先日フロリダのハンナの家とリサのお墓にいってきたときの体験が、タイトルのきっかけとなっています。

    その他ストーリーは省略しております、ご容赦ください。



    388: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:32:17.29 ID:wPLFRKsz0

    いやまて
    リサのお墓でなにがあったんだよ



    390: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:32:57.52 ID:qdUHL2e50

    スレタイと違う結果なんだが


    391: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:33:45.86 ID:f1XH+6V/0

    載せるかどうか迷いましたが、載せます。

    最後の旅行で泊まったとき、自分がシャワーを浴びている間に勝手に自分の携帯で
    自撮りしたと思われるリサです(笑)


    no title



    393: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:35:47.79 ID:EtjyldGeO

    釣り宣言かと思ったのにクソッ・・・クソッ!


    394: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:39:27.64 ID:f1XH+6V/0

    リサのことはもちろん今も大好きだし、愛しています。
    多くのことを学びました。

    後日談や余談はまた後ほど。

    キー・ウエストの写真については撮った記憶がなかったので広いものですがほかは自分やリサ撮影です。


    一ヶ月という長い間スレが保っていられたのは皆様のおかげです。
    本当にありがとうございました。
    また、焦りは感じていましたが自分が望むペースで終わらせることができたので
    急かされたとは思っていません。悪しからず。



    395: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:42:28.40 ID:b5zoisLv0

    いやよく最後まで書いてくれたね
    辛い思い出がよみがえって苦しかっただろうに

    リサさんが美人で驚いた
    ご冥福をお祈りします



    397: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:45:23.44 ID:ItijyxoQP

    何の病気だったん?


    398: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:45:35.61 ID:7XPXbcw60

    完結したのは嬉しいけど、結果が素直に受け入れらない自分がいる…。


    399: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:47:46.19 ID:EpuwCVIq0

    えー!?何の病気だったの?


    400: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:49:24.87 ID:f1XH+6V/0

    リサは免疫不全症候群でした。

    自分が飛行機出発の日に発作で倒れジェイが病院へ連れて行きました。
    心配させまいと自分に告げなかったそうです。

    その時点で併発している可能性のある病気がいくつかあり余命宣告もうけていたそうです
    もともとからだも強くなかったみたいなので発作で苦労したと思います。

    リサの家にいったときアメリカの病院からきていた手紙を勝手にですが読み事実を知りました



    401: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 00:53:34.10 ID:ItijyxoQP

    キーウエストの青さが逆に悲しいな(つД`)


    404: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 01:03:30.08 ID:nV1jiOoJ0

    一ヶ月お疲れ!
    ありがとう。
    本当いい話聞かせてもらった。二人の雰囲気、1の文章、独特な世界観、全部好きだった。すごく引き込まれた。

    素敵な出会いをしたんだね。
    リサちゃんが、笑顔でいる時間が増えてよかった。

    なんだか他に言葉が見つからない…

    後日談楽しみにしてる!



    406: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2013/02/11(月) 02:48:32.02 ID:DQ+6pWmq0

    最初から一気に読んだ!
    2人とも良い恋愛をしたね!
    最後に>>1が「俺もいっしょに行こうか?」て言った気持ちなんか分かる…

    お疲れ様でした
    リサさんのご冥福をお祈りします。
    そして>>1が幸せでありますように



引用元: 大切な人が、帰ってきた。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...







お気に入りサイトおすすめ記事
ツイッターでミサワ並に痛いやつ見つけたったwwwwwwwwwwwwwww
昔のちびまる子ちゃんって結構悲惨だったんだなwwwwwwwwwwwwww
SKE48 もしチームSが全員同じクラスなら誰が一番モテる?
auから凄い額の請求書きたったwwwwww
最近の子供すっげええええええええwwwwwwwwww
通信制高校入ったら想像を超えてたwwwwwwwwwww
【閲覧注意】オカ板で過去最高に盛り上がったスレは何か
絶 対 に 考 え て は い け な い こ と
【中川翔子】しょこたんからLINEで送られてきた画像がやべええええええええwww
【画像】「こっちみんな」って言いたくなる画像くれwwwwwww
【閲覧注意】掃除屋やってた時の話
実 は 体 に 悪 い 食 べ 物 ((((;゚Д゚)))ガクブル
ニートなのに結婚したったwwwwwww
Yahoo知恵袋に投稿された質問が深刻すぎる件
インターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」で、およそ9年に渡って議論が続けられている話題がある
自販機の裏技発見したったwwwwwwwwwww
AKB48 セレクションで落とされた子達が可哀想なんだが
元納豆県民の俺が地震の話する
SKE48 もしチームSが全員同じクラスなら誰が一番モテる?


ネギ速のおすすめ記事











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...