1365875646487


    18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:09:45.63 ID:Y3DW1CxyO

    休日だし誰か貼れよ


    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:04:36.05 ID:6I9g0amX0

    アウトドアな趣味で死んだ友人のビデオの内容が変わってたのなんて話だっけ
    家族に見せたら撮影した時と明らかに違くなってたやつ
    あれ怖かった









    19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:12:29.24 ID:6I9g0amX0

    あった
    505 1/4 sage 2010/06/24(木) 14:54:37 ID:2baYGPaj0
    会社の同僚が亡くなった。
    フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて
    家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。

    Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で
    休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。

    亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。
    「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」

    趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめ
    ビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見せてほしい、
    ということだった。俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろと
    いったが、クライミングをやめることだけは絶対に考えられないとKは
    きっぱり言った。いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。

    Kの家で撮影したらバレるので、俺の部屋で撮ることになった。
    白い壁をバックに、ソファーに座ったKが喋り始める

    「えー、Kです。このビデオを見てるということは、僕は死んで
    しまったということになります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
    今まで本当にありがとう。僕の勝手な趣味で、みんなに迷惑をかけて
    本当に申し訳ないと思っています。僕を育ててくれたお父さん、お母さん、
    それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、
    どうか悲しまないでください。僕は天国で楽しくやっています。
    皆さんと会えないことは残念ですが、天国から見守っています。
    ××(娘の名前)、お父さんはずっとお空の上から見ています。
    だから泣かないで、笑って見送ってください。ではさようなら」



    20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:13:23.35 ID:6I9g0amX0

    506 2/4 sage 2010/06/24(木) 14:55:19 ID:2baYGPaj0
    もちろんこれを撮ったときKは生きていたわけだが、それから半年後
    本当にKは死んでしまった。クライミング中の滑落による事故死で、
    クライミング仲間によると、通常、もし落ちた場合でも大丈夫なように
    下には安全マットを敷いて登るのだが、このときは、その落下予想地点
    から大きく外れて落下したために事故を防ぎきれなかったのだそうだ。


    通夜、告別式ともに悲壮なものだった。
    泣き叫ぶKの奥さんと娘。俺も信じられない思いだった。まさかあのKが。

    一週間が過ぎたときに、俺は例のビデオをKの家族に
    見せることにした。さすがに落ち着きを取り戻していたKの家族は
    俺がKのメッセージビデオがあるといったら是非見せて欲しいと言って来たので
    ちょうど初七日の法要があるときに、親族の前で見せることになった。

    俺がDVDを取り出した時点で、すでに泣き始める親族。
    「これも供養になりますから、是非見てあげてください」とDVDをセットし、
    再生した。



    21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:14:11.54 ID:6I9g0amX0

    507 3/4 sage 2010/06/24(木) 14:55:59 ID:2baYGPaj0
    ヴーーーという音とともに、真っ暗な画面が10秒ほど続く。
    あれ?撮影に失敗していたのか?と思った瞬間、真っ暗な中に
    突然Kの姿が浮かび上がり、喋り始めた。
    あれ、俺の部屋で撮ったはずなんだが、こんなに暗かったか?


    「えー、Kです。このビデオを・・るということは、僕は・・んで
    しまっ・・いう・・ります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
    今まで本・・ありが・・・」

    Kが喋る声に混ざって、さっきからずっと鳴り続けている
    ヴーーーーーーという雑音がひどくて声が聞き取りにくい。



    「僕を育ててくれたお父さん、お母さん、
    それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、
    どうか悲しまないでください。僕はズヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
    アアアアアアアアアアアアア××(娘の名前)、お父さん死んじゃっヴァアアアアアアア
    アアアアアア死にたくない!死にズヴァアアアアアアアにたくないよおおおおヴヴァアア
    アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア、ザッ」



    背筋が凍った。
    最後の方は雑音でほとんど聞き取れなかったが、Kの台詞は明らかに撮影時と違う
    断末魔の叫びのような言葉に変わり、最後Kが喋り終わるときに
    暗闇の端から何かがKの腕を掴んで引っ張っていくのがはっきりと見えた。



    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:14:57.04 ID:6I9g0amX0

    508 4/4 sage 2010/06/24(木) 14:58:28 ID:2baYGPaj0
    これを見た親族は泣き叫び、Kの奥さんはなんて物を見せるんだと俺に掴みかかり、
    Kの父親は俺を殴りつけた。奥さんの弟が、K兄さんはいたずらで
    こういうものを撮るような人じゃないとなだめてくれたおかげで
    その場は収まったが、俺は土下座をして、すぐにこのDVDは処分しますと
    いってみんなに謝った。

    翌日、DVDを近所の寺に持っていったら、処分をお願いしますという前に
    住職がDVDの入った紙袋を見るや否や「あ、それはうちでは無理です」と。
    代わりに、ここなら浄霊してくれるという場所を教えてもらい、行ったが
    そこでも「えらいとんでもないものを持ってきたね」と言われた。

    そこの神主(霊媒師?)によると、Kはビデオを撮った時点で完全に地獄に
    引っ張り込まれており、何で半年永らえたのかわからない、本来なら
    あの直後に事故にあって死んでたはずだと言われた。



    24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:17:22.12 ID:sWjCKn540

    これこれ・・・恐ぇよなー


    27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:23:51.15 ID:IccO+sfjO

    これも頼む

    【ベッドの下】

    友達と3人で外食した後、私の家で泊まることになった。私はベッドに寝て2人には床に寝てもらった。

    しばらくして1人が普段飲まないような飲み物を要求した。するともう1人もそれに合わせるように同じものを飲みたいと言った。

    私もそんなものは普段から飲まないので仕方なく3人で外に買いに行くことにした。

    外にでて家から離れると1人が携帯を取り出し電話をかけようとしたので、どうしたのかと尋ねると

    「ベッドの下に死んだような目で瞬きもせずにずっとこっちを見ている男がいたの」


    …さてこの子達はどこにしようか。ベッドの下はもう使っちゃってるし。



    34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:31:47.81 ID:5u7tL1knO

    >>27はわかるだろ


    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:32:16.39 ID:p3cbWQKXO

    >>27は家主が誰か殺してるってことじゃないの?


    37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:35:33.39 ID:IccO+sfjO

    >>35
    え?



    42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:39:03.49 ID:p3cbWQKXO

    >>37誰か殺してベッドの下に隠してたら見つかって、(見られたから殺すか。次はどこに隠そう)

    的な



    45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:44:10.75 ID:IccO+sfjO

    >>42
    Sunkus



    41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:37:54.38 ID:xro3nLO70

    >>37
    は?



    125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:08:31.42 ID:y59JWxCc0


    105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 12:28:06.81 ID:I2jFl3Za0
    35:もしもし私、名無しさん:2007/08/14(火) 10:38:56 ID:oPg8yp03
    みんな人形って洗ってやったりしてるの?
    最近臭いが気になるんだが

    36:もしもし私、名無しさん:2007/08/14(火) 10:59:33 ID:7BmddTpa
    >>35
    ソフビやガレキは洗わんだろw ラブドなら一緒に風呂入るけどw

    37:もしもし私、名無しさん:2007/08/14(火) 11:03:06 ID:oPg8yp03

    しかも髪ブラッシングしてやったらゴッソリ抜けた…もう駄目かもわからんね

    41もしもし私、名無しさん::2007/08/14(火) 13:48:56 ID:oPg8yp03

    目玉が落ちた…大きくて可愛い目だったのに…
    でも、もっとコロンって感じかと思ったけど、腐った柿が枝から落ちる様だった

    42:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 14:29:32 ID:7BmddTpa
    >>41 本当に人形なんだろなあ?

    48:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 14:56:01 ID:oPg8yp03
    うるせえ!ああああ臭いとれねえ!!!ちくしょう!ちくしょうちくしょうちくしょうちくしょう



    138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:40:31.97 ID:PZlZhIQBO

    >>125怖すぎ泣いた


    430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:58:35.71 ID:r0WaFfScO


    105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/22(金) 12:28:06.81 ID:I2jFl3Za0
    35:もしもし私、名無しさん:2007/08/14(火) 10:38:56 ID:oPg8yp03
    みんな人形って洗ってやったりしてるの?
    最近臭いが気になるんだが

    36:もしもし私、名無しさん:2007/08/14(火) 10:59:33 ID:7BmddTpa
    >>35
    ソフビやガレキは洗わんだろw ラブドなら一緒に風呂入るけどw

    37:もしもし私、名無しさん:2007/08/14(火) 11:03:06 ID:oPg8yp03

    しかも髪ブラッシングしてやったらゴッソリ抜けた…もう駄目かもわからんね

    41もしもし私、名無しさん::2007/08/14(火) 13:48:56 ID:oPg8yp03

    目玉が落ちた…大きくて可愛い目だったのに…
    でも、もっとコロンって感じかと思ったけど、腐った柿が枝から落ちる様だった

    42:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 14:29:32 ID:7BmddTpa
    >>41 本当に人形なんだろなあ?

    48:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 14:56:01 ID:oPg8yp03
    うるせえ!ああああ臭いとれねえ!!!ちくしょう!ちくしょうちくしょうちくしょうちくしょう



    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:21:38.70 ID:IccO+sfjO

    これの意味わかる奴教えてくれ

    【乾電池女】

    帰り道が同じになる女がいるんだけど、そいつはいつも俺の前を歩いて帰る。

    その女は毎日、帰る途中に乾電池の自動販売機に立ち寄る。毎日毎日乾電池。

    ある日謎がわかった俺は、平穏な生活を続ける為に女の前を歩いた。



    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:24:07.38 ID:GxI+X2oOO

    スタンガン


    29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:26:16.30 ID:IccO+sfjO

    >>28
    すまんそれだけじゃよくわからん



    31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:27:07.99 ID:y7s7gqQeO

    >>28のおかげでスッキリした


    38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:35:40.81 ID:LWH/pgMH0

    >>31のせいで逆に解らんくなった


    32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:27:19.19 ID:BqwoV0C50

    乾電池のがわからん


    36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:32:53.08 ID:8cPnlWhp0

    乾電池はウミガメスレで見たことあるな

    328 名前:84[] 投稿日:2012/02/11(土) 21:40:37.29 ID:0Ec8BHma0 [30/31]
    【解説】
    僕が電車を降りて家路に着くと、帰宅時間がかぶるらしく、
    よく住宅街に向かう暗い道を先に歩いてゆく女性を見かける。
    その女性がいつも自動販売機で電池を買うのがとても不思議だった。

    ある晩、帰り遅くなったとき、いつもの帰り道を歩いているとうしろから酔っ払いが騒ぎながら近づいてきた。
    絡まれたらやだなあ・・・そう思って急ぎ足になるのだが、向こうの方が足が速い。どんどん近づいてくる。

    駆け出すのはあまりに不自然で却って怒らせるかも。どうしよう・・・そう思っていたら乾電池の自動販売機が目に飛び込んできた。
    僕はその前に立ち止まり、自動販売機にコインを入れながら、酔っ払いを自然にやり過ごすことに成功した。

    そしてその瞬間に気が付いたんだ。あの女性も後ろから徐々に近づく僕を気味悪く思っていて、
    やり過ごすために乾電池を買ってたんだということに・・・。



    39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:36:35.68 ID:IccO+sfjO

    >>36
    成る程ありがとう



    46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:45:49.17 ID:IccO+sfjO

    ちょっと長いけどこれも頼む

    【滴る音】

    目覚めると、打ちっ放しのコンクリートの壁に囲まれていた。

    後頭部が痛む。湿気を帯びた冷気の漂う空間に身震いをする。

    “ここは何処なんだ?”

    全く状況が掴めない。確か自分は駅に向かっていた筈だが?

    それにしても今の自分の状態はどうした事か…椅子に縛られると云うか固定されている。
    医療用の安静の為の抑制ベルトに似た物に、腕、腹部、足が締められているのだ。しかも首まで、金属だろうか? 冷たい感触の薄い輪が括り付けられ、自由を奪われていた。

    身動きが出来ないから確かめようがないが、これは拘束具なのか? 後ろに螺子でもあれば処刑器具じゃないか。
    何と云ったか、ガ、ガロッ…? いや、いい。名前が判った所で何の解決にもならない 。頭の中は疑問符ばかりだ。目覚めてから既に何時間も経っている筈だった。

    最初は訳の解らない恐怖に支配され何者かが現れて、それこそ拷問でもされるかと怯えていたが、人の来る気配がない。
    目に見えるのは湿った壁ばかりで窓がなく、うっすらと頭上から明かりを感じるだけだった。動きがとれないのは辛い。

    何時間? いや何日過ぎたんだろう? 誰でもいい。来てくれ! 誰かいる筈だ。俺をこんな目に合わせている奴が! 動きたい! 歩きたい! おかしくなりそうだ!



    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:47:22.50 ID:IccO+sfjO

    >>46の続き

    俺は堪らず喚き散らし、自分を監禁した顔も知らぬ相手に、毒づき罵倒した。
    しかし無駄に体力を消耗し喉の渇きを覚えただけだった。

    …あいつは、待ち合わせ時間を過ぎて一人で汽車に乗ったんだろう。愚鈍な奴だから迎えに来たり、連絡が取れないからって捜したりなんてしない。仕方ない、そういう女を最終的に選んだんだから。

    ふと君の哀しむ顔が浮かぶ。素っ気なく冷たい仕打ちをした時に見せる君の顔は…?! …何やら頭に冷たい雫の様なものが落ちてくる。雨漏り? でもそんな様子はない。雨音もしない。
    だがそれは間隔をあけて断続的に頭上に落ちてきた。口に入れられたらなと、渇き切った動けない身体を恨めしく思った。

    そしてまた時間だけが過ぎていく。妙じゃないか? この上から落ちてくる水滴は何なんだ? 何故止まらないんだろうか?
    と思った瞬間、充分に俺の髪を濡らした水滴は、頬を伝い毛先から流れて、シャツやズボンに滴り落ちてぽつぽつと染みを広げた。

    それを目にした刹那、俺はあらん限りの声で叫んだ。そして無駄だと知りつつ、立ち上がろうとして暴れまくった。
    この場から逃れようと試みたが、金属板の端で首を切り自分を痛め付けるだけの結果となった。

    もう勘弁してくれ、限界だ。俺は必死で背中をのけ反らせ床を蹴ろうとした。
    執念か、椅子が木製だったからか頑として動かぬ筈が、俺は仰向けに倒れ込んだ。そうしてやっとの思いでアレの正体を見た。

    上部は吹き抜けになっていて天井が高い。途中のフロアから女が身を乗り出していた。
    女は目を見開いたまま手を差し出す様に伸ばしている。俺が倒れ込んでしまったので今は頭ではなく、腹の真ん中に花を咲かせていた。

    “君だったのか? ずっとそこにいたんだ…俺は一人じゃなかったのか。おいて行こうとしてたのを気づいてたんだ? それより大変だったな? 女はすごい。負けたよ。わかった。もう行かないよ…って言っても聞こえてないよな”

    俺も疲れたよ。

    俺の目に赤く、赤く…
    そして滴る…君の音。



    69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:02:45.39 ID:bwSYkYdB0

    >>46>>48
    堕胎された子供の目線だなww



    71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:05:09.69 ID:IccO+sfjO

    >>69
    なるほど!あなたは天才か!



    52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:54:15.99 ID:IccO+sfjO

    これも頼む
    【88の悲劇】

    私にとって今の状況は苦痛と言わざるをえない。

    思えば生まれた頃は金色に輝く衣をまとい、風を受け優雅に踊っていた。そうだ、この悪夢はあの時から始まった。

    突然大きな轟音と共に、私の体の何千倍ともあろう巨体の化け物が私を飲み込んだ。金色の衣は剥がされ、白く透き通るような肌はあられもなく露出された。

    この私を七人の神が宿る者と知っての狼藉なのだろうか。いや、知るはずもない。そして私は布袋を被せられ、暗い暗い部屋に押し込められた。

    あれから何日、いや何週間の時が経ったのだろうか。

    先ほどの事である、私は暗い部屋から突如放り出され、汚いものでも扱うかのように、凍てつくような冷水で体を流された。むしろ削り取られたと言ったほうが正しいのかもしれない。

    そして、大きな大きな銀色の巨大なホールに無造作に放り込まれた。中には少し淀んだ、そうこれは私達の仲間の体の肉片なのであろう、そんな水が漂っていた。

    するとどうだろう、みるみるうちに銀色のホール内の温度が急激に上昇し始めた。暑いなどという生易しいものでは無かった。

    体の表面が膨れだし、苦しいともがけばもがくほど肥大の一途を辿っていく…しかし、死にはしない、こんな事で私は死にはしない。

    いつの間にか気を失い、気づいた時には辺りは真っ白な薄もやがかかっていた。まだ覚めぬ熱気と戦いながら、自分の体の違和感を感じ取っていた。

    すると、突然に外の空気が流れ込んできた。もはや嵐ともいうべき衝撃だった。私の体は醜く肥大し、あの透き通るような白い肌はブヨブヨと今にも崩れ去りそうになっていた。

    そして私はここにいる…

    私の眼前には、何か得体の知れない茶色の液体が注がれている…私はこんな色にはなりたくない…



    53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:56:30.09 ID:s2FCKDTwi

    >>52
    煮魚の話し?



    60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 09:59:00.11 ID:IccO+sfjO

    >>53
    なるほど



    79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:20:22.36 ID:IccO+sfjO



    【警官のビル】

    警官のビルが家へ帰ると、妻のメリーは部屋の電気を消してベッドの中でもう寝ていた。

    ビルが寝ている妻を気遣って、電気はつけないままで制服を脱ぎ捨ててベッドへ入ろうとした時、メリーが言った。

    「貴方、私具合が悪いの。風邪引いたみたい」

    そして更に

    「疲れて帰って来たばかりなのに申し訳ないけど、薬屋さんへ行ってお薬買ってきて欲しいの」

    仕方がないとビルは暗がりの中で制服を探し出してそれを着なおし、薬屋へと急いだ。

    薬屋の前でビルは相棒のボビーにバッタリ出会った。ボビーはビックリした顔でビルに言った。

    「おいビル! お前、いつから消防士になったんだ!」

    これは俺でも分かったw



    82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:31:03.18 ID:dWxPhapn0

    >>79
    妻は既に誰かと寝ていたのか



    83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:32:01.15 ID:s2FCKDTwi

    >>79
    消防士の制服と警官の制服って
    似てるのか?



    81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:25:01.23 ID:sWjCKn540

    メリケンジョークスレになっとるがな


    91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:52:18.09 ID:bwSYkYdB0

    自分が小学生の頃、夏休みのある夜 居間に行くと親父が付けっぱなしていたラジオが流れていました。
    喋っていたのは桂三枝で、投稿なのか小説なのかは分かりませんが「怖い話」をしていました。
    自分が聞いたのは「赤い線の入った一万円札」「死んだ旦那を生き返らせる話」 「訪ねてくる看護婦の謎」の3話。
    3話とも面白かったのですが、特に最後の話は強烈に怖かったです。(以下、記憶を頼りに書いてみます。)

    ある夫婦に子供が生まれ、無事病院から退院し 家族で三人幸せに暮らしていました。
    ところが退院してから数日経った頃から、家に ある女性が訪ねてくるようになりました。
    その女性は病院の看護婦で 何かと理由を付けては 家に上がり子供を抱き あやしたりしてくるのです。
    母親は この看護婦には入院から出産まで大変 世話になったために ぞんざいには扱えず大変困っていました。
    その看護婦が ある日からパッタリと現れなくなりました。

    子供の一ヶ月検診のために病院を訪れた際、婦長に思い切って あの看護婦のことを聞いてみたところ・・・。
    「@@さんなら 退職されましたよ」「え、退職って・・何で辞めたんですか?」
    「え、あ・・・さ、さあ・・私には・・・」婦長は明らかに動揺している様子で 結局それ以上尋ねても何も答えてはくれませんでした



    92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:52:42.20 ID:bwSYkYdB0

    その翌日、自宅に訪ねてきた友人の女性から その看護婦のことを知ることに・・。
    「え、逮捕されたの!?」「そうよ、あの看護婦 殺人犯だったのよ」
    「殺人って・・誰を殺したのよ!?」「自分の子供よ」
    「自分の子!?」「あの看護婦 自宅で出産して その子を殺しちゃったんだって」
    「まさか・・自分の子を・・・」
    「死産じゃなくて、しばらくは育ててたみたいなんだけど、可哀相に首を絞めて・・
    遺体は家に隠してたんだけど そのうち異臭騒ぎを起こしてちゃってさ~」
    「・・・・・・」

    母親は凄いショックを受けましたが あの看護婦が毎日のように家を訪ねて来た理由が分かったような気がしました。
    彼女は自分の殺した子供と私の子供とを重ね合わせて見ていたのだろう、と。
    だとしたら とても哀しい話です。

    「でも 彼女ずっと病院に勤めてたのよ、出産って・・?」
    「今から一月ほど前らしいわ、ほら あの看護婦 太ってたじゃない、妊娠してたのだって誰も気づいてなかったのよ」
    「一月前・・・・」「どうしたの?」
    「まさか・・・・」母親は寝ている子供の顔を見つめます。




    93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:55:05.25 ID:blLwAGfL0

    終わり?まさかな


    94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 10:57:51.00 ID:bwSYkYdB0

    終わりだお

    あとこれは実話

    先月 別れた彼女の車のリアに
    「赤ちゃんが乗るはずでした」
    ってステッカー

    いつも以上に車間距離をとった



    96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 11:02:49.13 ID:blLwAGfL0

    >>94のが怖いw



    97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 11:14:24.32 ID:tQX5D1IIO

    残業してたんだわ、ついさっきまで。
    残ってたのは、俺、女、イケメンの三人。
    いつもどおり、黙々と仕事する俺は、その場に居ない事になってた。
    …いいんだよ、それは別に。話し振られても、キョドるだけだしな。

    そしたらさ、外が暗い中、部屋の電気つけて仕事してるもんだから、
    経費削減で冷房代わりに開けてた窓から、一匹の蛾が迷い込んで来たのな。ふらふらっと。

    俺、虫は苦手な方なんだけど、別に自分が危害加えられてるわけでも
    ねぇし、ほっといたんだわ。そしたらさ…案の定、女が騒ぎやがって…
    「キモい!キモい!○○くん(当然、俺じゃない)、やっつけて~」ってな。

    イケメン様も、面白がって箒なんか持ち出しちゃってさ、ぶんぶん振り回して、ふらふら逃げる蛾をおっかけてんだわ。
    …何か、間が悪い蛾と、面白半分に殺戮を楽しむイケメン・女に、
    普段の自分がオーバーラップしちゃってさ。

    たまらず、
    「部屋の電気を一旦消せば、外の明るさにつられて出て行くんじゃないかな?殺すこと、ないんじゃない?」って言った。
    止せばいいのにな…当然、無視。シャレにもならんが。

    意気揚々と蛾の死骸を窓から捨てるイケメン。
    笑顔でそれを見つめる女。
    俺は…なんか鼻の奥がツンとしてた。
    …それだけだ。長文ごめんな。('A`)



    99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 11:19:06.62 ID:sWjCKn540

    後味が悪い話じゃね?


    107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 12:07:57.04 ID:z6eAvY1eO

    途中から意味がわかると怖い話になってる。


    108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 12:08:28.95 ID:wfZ3+EPki

    一個だけ貼る

    去年のちょうど今頃の話なんだが。
    仕事の関係で俺はほとんど日本にいなかった。
    で、六ヶ月振りに日本に帰って来たんだよ。
    帰ってきた港の直ぐ近くに祖母と叔父夫婦が住んでる家があったんで、土産持ってな。
    んで、いつも通り「おいばばぁ!今年の夏は暑いけどくたばってへんやろなw」とか言いながら家に入った訳。
    でも祖母の返事が返ってこない。いつもなら「お前こそ死んだと思ってたわwwww」とか笑いながら出てくるのに。
    で、代わりに出てきたのが叔父。「ばあさん、3月に脳梗塞で・・・」って突然言われたんだよ。
    慌てて祖父の仏壇のある仏間に行ったら、祖父の遺影の横に祖母の遺影が。
    俺もう、大声出して泣いたのよ。祖母は大好きだったのに、その死に目にも会えなかったのかよってな。
    そしたら、突然祖母の声が聞こえたんだよ。

    「○○(俺の名前)、うちが死んだら笑ってやるって言ってたやないか!笑え!」

    ってな。一緒にそこにいた叔父夫婦もしっかり聞こえたらしい。
    もうそこからは俺も叔父夫婦も大笑いしながら大泣き。
    滲んで良く見えない視界の隅で、祖母の遺影が笑ったような気がした。



    112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 12:28:27.89 ID:IccO+sfjO

    【くちゃーに】

    小学生の頃、5人ぐらいで構成されたいじめのグループがあり、そのターゲットになってるA君がいた。
    勉強もスポーツもダメでいつもヘラヘラしているから、いじめられやすかったのだと思う。

    性格もおとなしく、いじめられても反撃せずに「やめてよぅ、くちゃーに」と言うだけだった。
    この「くちゃーに」ってのは彼の口癖のようで、いじめられる時はいつも決まり言葉のように言っていた。

    ある日気の毒に思ったので、彼にどうしてやり返さないのか聞いてみた。
    彼はヘラヘラ笑いながら「平気だよ、だって…」と言うだけだったが、その目は笑っていないように思えた。

    何しろ人の目を見て鳥肌が立ったのは、後にも先にもその時だけだったから。
    翌年彼は転校し、みんな彼のことは忘れていった。

    それから20年ほど経ち、同窓会でほどよくアルコールが回ってきた頃「そういえば」と友人が話し始めた。
    どうもA君をいじめていたグループが全員亡くなったらしい、しかも全員自殺…と。

    その友人も詳しくは知らないが、いじめグループは中学に入った頃から精神的におかしくなり始め、強制入院させられたが、半年以内に院内で自ら命を絶ったらしい。

    そんなことがあったのか、なんか怖いなと思ったとき彼の口癖を思い出した。



    113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 12:30:12.10 ID:LWH/pgMH0

    口兄


    115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 12:32:41.44 ID:blLwAGfL0

    >勉強もスポーツもダメでいつもヘラヘラしている

    完全に俺ですお前ら気を付けろようひゃw



    118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 12:45:10.52 ID:IccO+sfjO

    ↓俺が今まで読んだなかでもかなりヤバかった話し
    【DVDプレーヤー】
    一時期流行った呪いのビデオ系のDVDをレンタルして、友達とふたりで見ようということになった。
    当時の俺はまだDVDプレーヤーを持ってなかったんだけど、いい機会だったんで近所のリサイクルストアで安物のプレーヤーを購入した。
    さっそく家に帰り、友達とああでもないこうでもないと試行錯誤しながら配線をつなぐ。
    そして、件の呪いのDVDを入れスイッチオン。
    おお! これがDVD画質か! なんて綺麗なんだ! と感動しつつ映像に見入る。
    初体験の高画質のせいか恐怖も二倍増しで伝わってくるようだ。
    と、半分くらい見たところでプレイヤーの調子が悪くなってきた。
    キュルキュル音をたてはじめ、画面がなにも映らなくなる。
    なんだろう? 中古だから壊れたかな。
    そう思いふと画面の上端を見ると、そこには不可解な文字が表示されていた。

    「ダィスク無」と。

    友人と俺は顔を見合わせる。
    「なんだよダィスクって…」
    「わからん。まさかまじで呪われた…?」
    「とりあえずもう見るのやめるか。DVD取り出してよ」
    友人に請われるまま、俺がDVDの取り出しボタンを押すと、その友人が「ひゃっ!?」っと声をあげた。友人の視線を追って画面を見ると、そこには
    「オーポン」とだけ、不可解な言葉が。
    すさまじい悪寒を感じた俺と友人は一目散に部屋から逃げ出した。
    翌日、そのDVDプレーヤーを持って近所のお寺に行った。
    住職いわく、このプレーヤーの前の持ち主が不幸な死に方をしており、恐怖DVDを再生したことで無念の思いが甦り、彼岸の不可解な言葉で話しかけてきたのでは、との事だった。
    「ダィスクやオーポンて、どういう意味なんですか?」
    と尋ねると、「生きている人間には知る必要のない言葉ですよ」
    と言いながら、プレーヤーを焚き上げの火の中に投げ込んだ。



    126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:09:40.78 ID:z6eAvY1eO

    >>118
    なかなかよかった



    123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:07:48.04 ID:y59JWxCc0


    ある廃校になった旧校舎のトイレに私は篭っていた。
    ふと隣の個室から声が聞こえてきた。
    「紙をくれ~。紙をくれ~」
    私はトイレットペーパーを投げた。
    「その紙じゃない!! お前の髪だ!!」
    次の瞬間、数人の小学生たちが叫び声をあげながら私のいる個室に入ってきた。
    どうやら、幽霊のふりをして誰かを脅かすつもりだったらしい。
    しかし、驚き気絶したのは彼らのほうだった。
    これだから成仏はできない。



    129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:11:54.04 ID:x2LAZ5l+0

    近所の花屋の近くの交差点は
    「魔の交差点」と呼ばれていて
    毎年死人が出ている
    それだけならただの事故の多い交差点だが
    不思議なことにその交差点では毎年、
    「同じ日」の「同じ時間」に人が死んでいる

    そして不幸なことにそのことを知らずに町にきた俺の彼女が
    去年そこで事故にあって死んでしまった・・
    俺は悔しくて悔しくてたまらなくて
    なんとしても交差点の謎を突き止めてやろうと
    意を決して今年のその日、その時間にこの交差点にやってきた
    本当に幽霊かなにかの仕業だとしても
    そいつをこらしめてやるとさえ思っていた
    もし死んだとしても彼女に会えるなら本望だ

    俺は交差点を隅々まで調べたが
    これといったものは見つからず、俺の身に何か起こることもなかった
    一つおかしなことがあるといえば
    俺がこうして交差点をウロウロしていても誰も気にもとめず、
    警官さえも素通りしていくことか・・・

    「やはりただの偶然なのか・・・」
    あきらめて帰ろうとしたとき
    一台の青いトラックが俺めがけてつっこんできた
    そのとき、ようやく俺は気づいた
    俺は間一髪でトラックを回避した
    そのあとしばらく悔しくて悔しくて
    その場所で泣いて立っていた



    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:14:01.74 ID:y59JWxCc0

    >>129
    解説はよ



    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:17:41.88 ID:AZa+oiGD0

    >>118
    安物中華プレイヤーの話を怪談風に書いた

    >>129
    自分はとっくに死んでいる。彼女は成仏したのか、もう会えない。



    131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:14:22.34 ID:y59JWxCc0


    何年か前家族で海水浴に出かけた時の事です。
    初めての海にはしゃぐ息子を私はビデオで撮影していました。
    しばらくして少し離れた波打ち際に人だかりができているのに気づきました。
    人々の視線をカメラ越しに辿っていくとちょうど息子と同い年位の男の子が溺れています。
    なぜあんな浅瀬で?と思いつつ撮影し続けました。

    帰宅後、ビデオを編集していると問題のシーンにさしかかりました。
    私はゾッとしました。
    そこには男の子を引きずり込もうとする無数の手が写っていたのです。

    次の瞬間私は家を飛び出しあの海水浴場へと車を走らせました。
    海に着くとすぐに車を降り浅瀬に飛び込みます。
    すぐにワラワラと無数の手が伸びてきましたが一匹ずつ倒し続けました。
    倒しても倒してもキリがないほど出てくる手をもう数千匹は倒したでしょうか・・・
    「そろそろいいかな・・・」
    最後は全体攻撃魔法で一挙に方をつけると莫大な経験値が。
    高らかに鳴り響くファンファーレはいつまでも鳴り止みませんでした。



    133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:16:48.88 ID:y59JWxCc0


    109 名前:名無しさんi486 投稿日:2001/01/04(木) 16:14
    俺の例だが、有馬の某ホテルに泊まった時、寝付きかけてたら、トイレの方から
    ジャーって水が流れる音。俺と彼女しかいなかったし、彼女はもう爆睡。
    おっかしいなー、と思ってトイレへ見に行ったら、ちゃんと排水してたのよ。気味悪かった。
    トイレの電気をつけたままにして、寝付こうとしたらまたジャーってさ。
    俺、水道の技師だからさ、速攻で分解してチェックしたんだよ。でも異常はまったくない。
    次、また音がしたら・・・ヒッヒッと思い、期待しながら寝付こうとしたら、やはり、またジャーって音。
    面白い!この俺様に挑戦するのか、って感じで、トイレのタンクの元栓を閉鎖。おまけに、タンク内の水も排出。
    これで霊がいくら頑張っても流す事は不可能だぜ、とほくそ笑みながらまた就寝。
    気持ち良く寝れて、早朝、チェックアウトしようとしたら、隣室の老夫婦がカウンターに苦情を言ってた。
    「トイレからジャーって音が夜の1時ぐらいからするんですが」って。
    俺が元栓を閉めたの、25:30頃だったから、霊は諦めて隣りの老夫婦の所へ行ったんだな、って思うと
    おかしかった。



    136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:23:20.96 ID:AZa+oiGD0

    途中から、怖そうに見えて意味が分かると笑える話になってるな


    139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:47:06.82 ID:fPaCaX8n0

    一週間前の話。
    娘を連れて、ドライブに行った。
    なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブインで飯食って。
    で、娘を脅かそうと思って舗装されてない脇道に入り込んだ。

    娘の制止が逆に面白くって、どんどん進んでいったんだ。
    そしたら、急にエンジンが停まってしまった。

    山奥だからケータイもつながらないし、車の知識もないから
    娘と途方に暮れてしまった。飯食ったドライブインも歩いたら何時間かかるか。
    で、しょうがないからその日は車中泊して、次の日の朝から歩いてドライブイン
    行くことにしたんだ。

    車内で寒さをしのいでるうち、夜になった。
    夜の山って何も音がしないのな。たまに風が吹いて木がザワザワ言うぐらいで。

    で、どんどん時間が過ぎてって、娘は助手席で寝てしまった。
    俺も寝るか、と思って目を閉じてたら、何か聞こえてきた。

    今思い出しても気味悪い、声だか音だかわからん感じで

    「テン(ケン?)・・・ソウ・・・メツ・・・」って何度も繰り返してるんだ。

    最初は聞き間違いだと思い込もうとして目を閉じたままにしてたんだけど、
    音がどんどん近づいてきてる気がして、たまらなくなって目を開けたんだ。



    140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:48:07.40 ID:fPaCaX8n0

    そしたら、白いのっぺりした何かが、めちゃくちゃな動きをしながら車に近づいて
    くるのが見えた。形は「ウルトラマン」のジャミラみたいな、頭がないシルエットで
    足は一本に見えた。そいつが、例えるなら「ケンケンしながら両手をめちゃくちゃに
    振り回して身体全体をぶれさせながら」向かってくる。

    めちゃくちゃ怖くて、叫びそうになったけど、なぜかそのときは
    「隣で寝てる娘がおきないように」って変なとこに気が回って、叫ぶことも逃げることも
    できないでいた。

    そいつはどんどん車に近づいてきたんだけど、どうも車の脇を通り過ぎていくようだった。
    通り過ぎる間も、「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」って音がずっと聞こえてた。

    音が遠ざかっていって、後ろを振り返ってもそいつの姿が見えなかったから、ほっとして
    娘の方を向き直ったら、そいつが助手席の窓の外にいた。
    近くでみたら、頭がないと思ってたのに胸のあたりに顔がついてる。思い出したくもない
    恐ろしい顔でニタニタ笑ってる。

    俺は怖いを通り越して、娘に近づかれたって怒りが沸いてきて、「この野郎!!」って
    叫んだんだ。
    叫んだとたん、そいつは消えて、娘が跳ね起きた。

    俺の怒鳴り声にびっくりして起きたのかと思って娘にあやまろうと思ったら、娘が
    「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」
    ってぶつぶつ言ってる。



    141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:48:45.61 ID:fPaCaX8n0

    やばいと思って、何とかこの場を離れようとエンジンをダメ元でかけてみた。そしたら
    かかった。急いで来た道を戻っていった。娘はとなりでまだつぶやいている。

    早く人がいるとこに行きたくて、車を飛ばした。ようやく街の明かりが見えてきて、
    ちょっと安心したが、娘のつぶやきが「はいれたはいれた」から「テン・・ソウ・・メツ・・」に
    いつの間にか変わってて、顔も娘の顔じゃないみたいになってた。

    家に帰るにも娘がこんな状態じゃ、って思って、目についた寺に駆け込んだ。
    夜中だったが、寺の隣の住職が住んでるとこ?には明かりがついてて、娘を引きずりながら
    チャイムを押した。

    住職らしき人が出てきて娘を見るなり、俺に向かって「何をやった!」って言ってきた。
    山に入って、変な奴を見たことを言うと、残念そうな顔をして、気休めにしかならないだろうが、
    と言いながらお経をあげて娘の肩と背中をバンバン叩き出した。

    住職が泊まってけというので、娘が心配だったこともあって、泊めてもらうことにした。
    娘は「ヤマノケ」(住職はそう呼んでた)に憑かれたらしく、49日経ってもこの状態が続くなら
    一生このまま、正気に戻ることはないらしい。住職はそうならないように、娘を預かって、
    何とかヤマノケを追い出す努力はしてみると言ってくれた。妻にも俺と住職から電話して、
    なんとか信じてもらった。住職が言うには、あのまま家に帰っていたら、妻にもヤマノケが
    憑いてしまっただろうと。ヤマノケは女に憑くらしく、完全にヤマノケを抜くまでは、妻も
    娘に会えないらしい。

    一週間たったが、娘はまだ住職のとこにいる。毎日様子を見に行ってるが、もう娘じゃないみたいだ。
    ニタニタ笑って、なんともいえない目つきで俺を見てくる。
    早くもとの娘に戻って欲しい。

    遊び半分で山には行くな。



    143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 13:54:11.71 ID:a/u023M30

    遊びじゃなく山登る人なんて山菜取りとかでそうそう居ないだろwww


    149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:08:31.88 ID:fPaCaX8n0

    もう一つ有名どころを

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、高校になってバイクに乗る
    ようになると、夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。
    じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたしね。
    でも、最後に行ったのが高校三年にあがる直前だから、もう十年以上も行って
    いないことになる。
    決して「行かなかった」んじゃなくて「行けなかった」んだけど、その訳はこ
    んなことだ。

    春休みに入ったばかりのこと、いい天気に誘われてじいちゃんの家にバイクで
    行った。まだ寒かったけど、広縁はぽかぽかと気持ちよく、そこでしばらく寛
    いでいた。そうしたら、

    「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」

    と変な音が聞こえてきた。機械的な音じゃなくて、人が発してるような感じが
    した。それも濁音とも半濁音とも、どちらにも取れるような感じだった。
    何だろうと思っていると、庭の生垣の上に帽子があるのを見つけた。生垣の上
    に置いてあったわけじゃない。帽子はそのまま横に移動し、垣根の切れ目まで
    来ると、一人女性が見えた。まあ、帽子はその女性が被っていたわけだ。
    女性は白っぽいワンピースを着ていた。

    でも生垣の高さは二メートルくらいある。その生垣から頭を出せるってどれだ
    け背の高い女なんだ…
    驚いていると、女はまた移動して視界から消えた。帽子も消えていた。
    また、いつのまにか「ぽぽぽ」という音も無くなっていた。



    150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:09:03.03 ID:fPaCaX8n0

    そのときは、もともと背が高い女が超厚底のブーツを履いていたか、踵の高い
    靴を履いた背の高い男が女装したかくらいにしか思わなかった。

    その後、居間でお茶を飲みながら、じいちゃんとばあちゃんにさっきのことを
    話した。
    「さっき、大きな女を見たよ。男が女装してたのかなあ」
    と言っても「へぇ~」くらいしか言わなかったけど、
    「垣根より背が高かった。帽子を被っていて『ぽぽぽ』とか変な声出してたし」
    と言ったとたん、二人の動きが止ったんだよね。いや、本当にぴたりと止った。

    その後、「いつ見た」「どこで見た」「垣根よりどのくらい高かった」
    と、じいちゃんが怒ったような顔で質問を浴びせてきた。
    じいちゃんの気迫に押されながらもそれに答えると、急に黙り込んで廊下にあ
    る電話まで行き、どこかに電話をかけだした。引き戸が閉じられていたため、
    何を話しているのかは良く分からなかった。
    ばあちゃんは心なしか震えているように見えた。

    じいちゃんは電話を終えたのか、戻ってくると、
    「今日は泊まっていけ。いや、今日は帰すわけには行かなくなった」と言った。
    ――何かとんでもなく悪いことをしてしまったんだろうか。
    と必死に考えたが、何も思い当たらない。あの女だって、自分から見に行った
    わけじゃなく、あちらから現れたわけだし。

    そして、「ばあさん、後頼む。俺はKさんを迎えに行って来る」
    と言い残し、軽トラックでどこかに出かけて行った。



    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:09:50.60 ID:fPaCaX8n0

    ばあちゃんに恐る恐る尋ねてみると、
    「八尺様に魅入られてしまったようだよ。じいちゃんが何とかしてくれる。何
    にも心配しなくていいから」
    と震えた声で言った。
    それからばあちゃんは、じいちゃんが戻って来るまでぽつりぽつりと話してく
    れた。

    この辺りには「八尺様」という厄介なものがいる。
    八尺様は大きな女の姿をしている。名前の通り八尺ほどの背丈があり、「ぼぼ
    ぼぼ」と男のような声で変な笑い方をする。
    人によって、喪服を着た若い女だったり、留袖の老婆だったり、野良着姿の年
    増だったりと見え方が違うが、女性で異常に背が高いことと頭に何か載せてい
    ること、それに気味悪い笑い声は共通している。
    昔、旅人に憑いて来たという噂もあるが、定かではない。
    この地区(今は○市の一部であるが、昔は×村、今で言う「大字」にあたる区
    分)に地蔵によって封印されていて、よそへは行くことが無い。
    八尺様に魅入られると、数日のうちに取り殺されてしまう。
    最後に八尺様の被害が出たのは十五年ほど前。

    これは後から聞いたことではあるが、地蔵によって封印されているというのは、
    八尺様がよそへ移動できる道というのは理由は分からないが限られていて、そ
    の道の村境に地蔵を祀ったそうだ。八尺様の移動を防ぐためだが、それは東西
    南北の境界に全部で四ヶ所あるらしい。
    もっとも、何でそんなものを留めておくことになったかというと、周辺の村と
    何らかの協定があったらしい。例えば水利権を優先するとか。
    八尺様の被害は数年から十数年に一度くらいなので、昔の人はそこそこ有利な
    協定を結べれば良しと思ったのだろうか。



    153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:10:22.60 ID:fPaCaX8n0

    そんなことを聞いても、全然リアルに思えなかった。当然だよね。
    そのうち、じいちゃんが一人の老婆を連れて戻ってきた。

    「えらいことになったのう。今はこれを持ってなさい」
    Kさんという老婆はそう言って、お札をくれた。
    それから、じいちゃんと一緒に二階へ上がり、何やらやっていた。
    ばあちゃんはそのまま一緒にいて、トイレに行くときも付いてきて、トイレの
    ドアを完全に閉めさせてくれなかった。
    ここにきてはじめて、「なんだかヤバイんじゃ…」と思うようになってきた。

    しばらくして二階に上がらされ、一室に入れられた。
    そこは窓が全部新聞紙で目張りされ、その上にお札が貼られており、四隅には
    盛塩が置かれていた。
    また、木でできた箱状のものがあり(祭壇などと呼べるものではない)、その
    上に小さな仏像が乗っていた。
    あと、どこから持ってきたのか「おまる」が二つも用意されていた。これで用
    を済ませろってことか・・・

    「もうすぐ日が暮れる。いいか、明日の朝までここから出てはいかん。俺もば
    あさんもな、お前を呼ぶこともなければ、お前に話しかけることもない。そう
    だな、明日朝の七時になるまでは絶対ここから出るな。七時になったらお前か
    ら出ろ。家には連絡しておく」

    と、じいちゃんが真顔で言うものだから、黙って頷く以外なかった。
    「今言われたことは良く守りなさい。お札も肌身離さずな。何かおきたら仏様
    の前でお願いしなさい」
    とKさんにも言われた。



    154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:10:48.91 ID:fPaCaX8n0

    テレビは見てもいいと言われていたので点けたが、見ていても上の空で気も紛
    れない。
    部屋に閉じ込められるときにばあちゃんがくれたおにぎりやお菓子も食べる気
    が全くおこらず、放置したまま布団に包まってひたすらガクブルしていた。

    そんな状態でもいつのまにか眠っていたようで、目が覚めたときには、何だか
    忘れたが深夜番組が映っていて、自分の時計を見たら、午前一時すぎだった。
    (この頃は携帯を持ってなかった)

    なんか嫌な時間に起きたなあなんて思っていると、窓ガラスをコツコツと叩く
    音が聞こえた。小石なんかをぶつけているんじゃなくて、手で軽く叩くような
    音だったと思う。
    風のせいでそんな音がでているのか、誰かが本当に叩いているのかは判断がつ
    かなかったが、必死に風のせいだ、と思い込もうとした。
    落ち着こうとお茶を一口飲んだが、やっぱり怖くて、テレビの音を大きくして
    無理やりテレビを見ていた。

    そんなとき、じいちゃんの声が聞こえた。
    「おーい、大丈夫か。怖けりゃ無理せんでいいぞ」
    思わずドアに近づいたが、じいちゃんの言葉をすぐに思い出した。
    また声がする。
    「どうした、こっちに来てもええぞ」

    じいちゃんの声に限りなく似ているけど、あれはじいちゃんの声じゃない。
    どうしてか分からんけど、そんな気がして、そしてそう思ったと同時に全身に
    鳥肌が立った。
    ふと、隅の盛り塩を見ると、それは上のほうが黒く変色していた。



    155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:11:14.40 ID:fPaCaX8n0

    一目散に仏像の前に座ると、お札を握り締め「助けてください」と必死にお祈
    りをはじめた。

    そのとき、

    「ぽぽっぽ、ぽ、ぽぽ…」

    あの声が聞こえ、窓ガラスがトントン、トントンと鳴り出した。
    そこまで背が高くないことは分かっていたが、アレが下から手を伸ばして窓ガ
    ラスを叩いている光景が浮かんで仕方が無かった。
    もうできることは、仏像に祈ることだけだった。

    とてつもなく長い一夜に感じたが、それでも朝は来るもので、つけっぱなしの
    テレビがいつの間にか朝のニュースをやっていた。画面隅に表示される時間は
    確か七時十三分となっていた。
    ガラスを叩く音も、あの声も気づかないうちに止んでいた。
    どうやら眠ってしまったか気を失ってしまったかしたらしい。
    盛り塩はさらに黒く変色していた。

    念のため、自分の時計を見たところはぼ同じ時刻だったので、恐る恐るドアを
    開けると、そこには心配そうな顔をしたばあちゃんとKさんがいた。
    ばあちゃんが、よかった、よかったと涙を流してくれた。

    下に降りると、親父も来ていた。
    じいちゃんが外から顔を出して「早く車に乗れ」と促し、庭に出てみると、ど
    こから持ってきたのか、ワンボックスのバンが一台あった。そして、庭に何人
    かの男たちがいた。



    156: 猿回避頼む 2012/06/16(土) 14:12:15.40 ID:fPaCaX8n0

    ワンボックスは九人乗りで、中列の真ん中に座らされ、助手席にKさんが座り、
    庭にいた男たちもすべて乗り込んだ。全部で九人が乗り込んでおり、八方すべ
    てを囲まれた形になった。

    「大変なことになったな。気になるかもしれないが、これからは目を閉じて下
    を向いていろ。俺たちには何も見えんが、お前には見えてしまうだろうからな。
    いいと言うまで我慢して目を開けるなよ」
    右隣に座った五十歳くらいのオジさんがそう言った。

    そして、じいちゃんの運転する軽トラが先頭、次が自分が乗っているバン、後
    に親父が運転する乗用車という車列で走り出した。車列はかなりゆっくりとし
    たスピードで進んだ。おそらく二十キロも出ていなかったんじゃあるまいか。

    間もなくKさんが、「ここがふんばりどころだ」と呟くと、何やら念仏のよう
    なものを唱え始めた。

    「ぽっぽぽ、ぽ、ぽっ、ぽぽぽ…」

    またあの声が聞こえてきた。
    Kさんからもらったお札を握り締め、言われたとおりに目を閉じ、下を向いて
    いたが、なぜか薄目をあけて外を少しだけ見てしまった。

    目に入ったのは白っぽいワンピース。それが車に合わせ移動していた。
    あの大股で付いてきているのか。
    頭はウインドウの外にあって見えない。しかし、車内を覗き込もうとしたのか、
    頭を下げる仕草を始めた。

    無意識に「ヒッ」と声を出す。
    「見るな」と隣が声を荒げる。
    慌てて目をぎゅっとつぶり、さらに強くお札を握り締めた。



    158: 猿回避頼む 2012/06/16(土) 14:14:06.00 ID:fPaCaX8n0

    コツ、コツ、コツ
    ガラスを叩く音が始まる。

    周りに乗っている人も短く「エッ」とか「ンン」とか声を出す。
    アレは見えなくても、声は聞こえなくても、音は聞こえてしまうようだ。
    Kさんの念仏に力が入る。

    やがて、声と音が途切れたと思ったとき、Kさんが「うまく抜けた」と声をあ
    げた。
    それまで黙っていた周りを囲む男たちも「よかったなあ」と安堵の声を出した。

    やがて車は道の広い所で止り、親父の車に移された。
    親父とじいちゃんが他の男たちに頭を下げているとき、Kさんが「お札を見せ
    てみろ」と近寄ってきた。
    無意識にまだ握り締めていたお札を見ると、全体が黒っぽくなっていた。
    Kさんは「もう大丈夫だと思うがな、念のためしばらくの間はこれを持ってい
    なさい」と新しいお札をくれた。

    その後は親父と二人で自宅へ戻った。
    バイクは後日じいちゃんと近所の人が届けてくれた。
    親父も八尺様のことは知っていたようで、子供の頃、友達のひとりが魅入られ
    て命を落としたということを話してくれた。
    魅入られたため、他の土地に移った人も知っているという。

    バンに乗った男たちは、すべてじいちゃんの一族に関係がある人で、つまりは
    極々薄いながらも自分と血縁関係にある人たちだそうだ。
    前を走ったじいちゃん、後ろを走った親父も当然血のつながりはあるわけで、
    少しでも八尺様の目をごまかそうと、あのようなことをしたという。
    親父の兄弟(伯父)は一晩でこちらに来られなかったため、血縁は薄くてもす
    ぐに集まる人に来てもらったようだ。



    160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:15:05.25 ID:fPaCaX8n0

    それでも流石に七人もの男が今の今、というわけにはいかなく、また夜より昼
    のほうが安全と思われたため、一晩部屋に閉じ込められたのである。
    道中、最悪ならじいちゃんか親父が身代わりになる覚悟だったとか。

    そして、先に書いたようなことを説明され、もうあそこには行かないようにと
    念を押された。

    家に戻ってから、じいちゃんと電話で話したとき、あの夜に声をかけたかと聞
    いたが、そんなことはしていないと断言された。
    ――やっぱりあれは…
    と思ったら、改めて背筋が寒くなった。

    八尺様の被害には成人前の若い人間、それも子供が遭うことが多いということ
    だ。まだ子供や若年の人間が極度の不安な状態にあるとき、身内の声であのよ
    うなことを言われれば、つい心を許してしまうのだろう。

    それから十年経って、あのことも忘れがちになったとき、洒落にならない後日
    談ができてしまった。

    「八尺様を封じている地蔵様が誰かに壊されてしまった。それもお前の家に通
    じる道のものがな」

    と、ばあちゃんから電話があった。
    (じいちゃんは二年前に亡くなっていて、当然ながら葬式にも行かせてもらえ
    なかった。じいちゃんも起き上がれなくなってからは絶対来させるなと言って
    いたという)

    今となっては迷信だろうと自分に言い聞かせつつも、かなり心配な自分がいる。
    「ぽぽぽ…」という、あの声が聞こえてきたらと思うと…



    164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:21:34.14 ID:bR6vcpHc0

    ここまできてTさんないとかVIP終わってんな


    173: サル食らった 2012/06/16(土) 14:29:51.97 ID:KVfD/+Rsi

    声のする方を見ると、車の前にTさんが仁王立ちしていた。
    パニクった俺は、自分に向かって言ったんだと思い、思わず車のドアを開けてしまった。
    しかし「自分だけ逃げちゃダメだ、娘を連れて行かなくちゃ、でも娘は今」とも思い、
    慌てて助手席を見るとなんと娘はすやすやと眠っている。

    俺は混乱してしまってTさんを見たが、顔がTさんの顔じゃないみたいになってた。
    頼れる人間がいなくなった俺はもう泣きそうになりながらドアを閉め、何とかこの場を
    離れるためにダメ元でエンジンをかけようとした。

    その途端Tさんが車のボンネットに飛び乗ったかと思うと
    「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」
    ニタニタ笑って、なんともいえない目つきで俺を見ながらつぶやきはじめた。
    このときにはもう手が震えてエンジンなんてかけられなくなってた。

    「出ろって!」
    つぶやきの途中で突然怒号を発したかと思うとTさんは自分の顔面をぶん殴った。
    するとTさんの身体からジャミラみたいなやつが勢いよく飛び出した。
    Tさんは「破ぁ!」と叫ぶと、そいつに向けて青白い光球を投げつけ距離をとった。
    光球はそいつの身体に触れたかと思うと激しい光を発して炸裂。
    右腕を失ったそいつは山の奥に逃げていった。
    「危ないところだったぜ。あんなもんがいやがるとはな。
    遊び半分で山には来るもんじゃねえ。女連れなら特にな」
    そう言って鼻血をぬぐうTさん。
    俺たちを麓まで送り届けると山菜採りに戻っていった。
    寺生まれはやっぱりスゴイ、俺は娘を抱きしめながら思った。



    169: サル食らった 2012/06/16(土) 14:28:26.56 ID:KVfD/+Rsi

    そしたら、白いのっぺりした何かが、めちゃくちゃな動きをしながら車に近づいて
    くるのが見えた。形は「ウルトラマン」のジャミラみたいな、頭がないシルエットで
    足は一本に見えた。そいつが、例えるなら「ケンケンしながら両手をめちゃくちゃに
    振り回して身体全体をぶれさせながら」向かってくる。

    めちゃくちゃ怖くて、叫びそうになったけど、なぜかそのときは
    「隣で寝てる娘がおきないように」って変なとこに気が回って、叫ぶことも逃げることも
    できないでいた。

    そいつはどんどん車に近づいてきたんだけど、どうも車の脇を通り過ぎていくようだった。
    通り過ぎる間も、「テン・・・ソウ・・・メツ・・・」って音がずっと聞こえてた。

    音が遠ざかっていって、後ろを振り返ってもそいつの姿が見えなかったから、ほっとして
    娘の方を向き直ったら、そいつが助手席の窓の外にいた。
    近くでみたら、頭がないと思ってたのに胸のあたりに顔がついてる。思い出したくもない
    恐ろしい顔でニタニタ笑ってる。

    俺は怖いを通り越して、娘に近づかれたって怒りが沸いてきて、「この野郎!!」って
    叫んだんだ。
    叫んだとたん、そいつは消えて、娘が跳ね起きた。

    俺の怒鳴り声にびっくりして起きたのかと思って娘にあやまろうと思ったら、娘が
    「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

    ってぶつぶつ言ってる。
    「出ろ」



    174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:30:22.93 ID:W2oewOdD0

    素晴らしい!


    175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:30:48.37 ID:bR6vcpHc0

    Tsankitaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa


    172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:29:48.64 ID:y59JWxCc0


    幽霊はマジで居たんだよ、マジで。
    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/10(水) 16:18:39.16 ID:dbRnhwGV0
    この家に引っ越してきて初日から幽霊とご対面
    もうなんか俺金縛りで動けなくて超涙目なの
    それを見ながら幽霊はニヤニヤしてブツブツなんか言ってるの
    超怖い、マジで。
    そんな事が何週間も続いてさ、流石にやべえと思って友達に相談したんだよ
    そしたらさ『俺がなんとかしてやるよ!』つって一週間家を交換したんだ
    んで、帰ってきて見ると友達はなんか目の下が腫れててさ
    俺が「大丈夫?」って聞くと「あ・・あぁ・・・今回のは少し手ごわかったな・・・」
    つって自分の家に上がると、なんか家の雰囲気?っての?そう言うのがガラって変わっててさ
    幽霊居なくなったんだなって思えたよ、マジすげえ。
    友達は「またいつでも言えよ、力になるぜ」つってかっこよく去ってくの
    マジ俺の友達は陰陽師かもわかんね。

    23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/10(水) 16:35:02.89 ID:cmcjnfeE0
    216 :水先案名無い人:2008/08/25(月) 00:22:20 ID:8FgnlqhS0
    先日、女の幽霊が出て困ってると言う友人の相談を受けて
    家を一週間交換する事にしたんだけど
    いざ幽霊が出てみると意外に可愛いんだよこれが
    金縛りもなんかS●プ●イチックな感じ思えてきてさ
    感極まって「好きだ!」って告白しちゃったの
    その日はそのまま消えちゃったんだけど
    次の日もその次の日も「好きだ!」って何度も言ってたら
    最終日前に「気持ち悪いです。」って一言残して消えた
    マジ泣いた、人外にすらキモいと言われた俺の気持ちをどうしてくれるんだ・・・



    176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:31:04.27 ID:W2oewOdD0

    姦姦蛇螺
    小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で
    毎日バカやって荒れた生活してたんだわ。

    オレとAは家族にもまるっきり見放されてたんだが、Bはお母さんだけは必ず構ってくれてた。
    あくまで厳しい態度でだけど、何だかんだ言ってBのためにいろいろと動いてくれてた。

    そのB母子が中三のある時、かなりキツい喧嘩になった。
    内容は言わなかったが、精神的にお母さんを痛め付けたらしい。
    お母さんをズタボロに傷つけてたら、親父が帰ってきた。
    一目で状況を察した親父はBを無視して黙ったまんまお母さんに近づいていった。

    服とか髪とかボロボロなうえに、死んだ魚みたいな目で床を
    茫然と見つめてるお母さんを見て、親父はBに話した。


    10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 18:27:45.36 ID:6OgYSiQM0
    B父「お前、ここまで人を踏み躙れるような人間になっちまったんだな。
       母さんがどれだけお前を想ってるか、なんでわからないんだ。」

    親父はBを見ず、お母さんを抱き締めながら話してたそうだ。

    B「うるせえよ。てめえは殺してやろうか?あ?」
    Bは全く話を聞く気がなかった。

    だが親父は何ら反応する様子もなく、淡々と話を続けたらしい。
    B父「お前、自分には怖いものなんか何もないと、そう思ってるのか。」



    178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:31:33.28 ID:W2oewOdD0

    12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 18:29:48.56 ID:6OgYSiQM0
    B「ねえな。あるなら見せてもらいてえもんだぜ。」
    親父は少し黙った後、話した。

    B父「お前はオレの息子だ。母さんがお前をどれだけ心配してるかもよくわかってる。だがな、
       お前が母さんに対してこうやって踏み躙る事しか出来ないなら、オレにも考えがある。
       これは父としてでなく、一人の人間、他人として話す。先にはっきり言っておくがオレが
       これを話すのは、お前が死んでも構わんと覚悟した証拠だ。それでいいなら聞け。」

    その言葉に何か凄まじい気迫みたいなものを感じたらしいが、いいから話してみろ!と煽った。


    14:晩ご飯食べてきます:2011/05/02(月) 18:31:53.14 ID:6OgYSiQM0
    B父「森の中で立入禁止になってる場所知ってるよな。あそこに入って奥へ進んでみろ。
       後は行けばわかる。そこで今みたいに暴れてみろよ。出来るもんならな。」

    親父が言う森ってのは、オレ達が住んでるとこに小規模の山があって、そのふもとにある場所。
    樹海みたいなもんかな。山自体は普通に入れるし、森全体も普通なんだが、
    中に入ってくと途中で立入禁止になってる区域がある。

    言ってみれば四角の中に小さい円を書いて、その円の中は入るなってのと同じできわめて部分的。

    二メートル近い高さの柵で囲まれ、柵には太い綱と有刺鉄線、柵全体にはが連なった
    白い紙がからまってて(独自の紙垂みたいな)、大小いろんな鈴が無数についてる。
    変に部分的なせいで柵自体の並びも歪だし、とにかく尋常じゃないの一言に尽きる。



    182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:34:35.86 ID:W2oewOdD0

    28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 18:54:50.63 ID:Miqo0XRx0
    あと、特定の日に巫女さんが入り口に数人集まってるのを見かけるんだが、
    その日は付近一帯が立入禁止になるため何してんのかは謎だった。

    いろんな噂が飛び交ってたが、カルト教団の洗脳施設がある…ってのが一番広まってた噂。
    そもそもその地点まで行くのが面倒だから、その奥まで行ったって話はほとんどなかったな。

    親父はBの返事を待たずにお母さんを連れて2階に上がってった。
    Bはそのまま家を出て、待ち合わせてたオレとAと合流。そこでオレ達も話を聞いた。

    A「父親がそこまで言うなんて相当だな。」

    オレ「噂じゃカルト教団のアジトだっけ。捕まって洗脳されちまえって事かね。
       怖いっちゃ怖いが…どうすんだ?行くのか?」

    B「行くに決まってんだろ。どうせ親父のハッタリだ。」

    面白半分でオレとAもついていき、三人でそこへ向かう事になった。
    あれこれ道具を用意して、時間は夜中の一時過ぎぐらいだったかな。






    183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:35:08.32 ID:W2oewOdD0

    意気揚揚と現場に到着し、持ってきた懐中電灯で前を照らしながら森へ入っていった。
    軽装でも進んで行けるような道だし、オレ達はいつも地下足袋だったんで歩きやすかったが、
    問題の地点へは四十分近くは歩かないといけない。

    ところが、入って五分もしないうちにおかしな事になった。

    オレ達が入って歩きだしたのとほぼ同じタイミングで、何か音が遠くから聞こえ始めた。
    夜の静けさがやたらとその音を強調させる。最初に気付いたのはBだった。

    B「おい、何か聞こえねぇか?」

    Bの言葉で耳をすませてみると、確かに聞こえた。落ち葉を引きずるカサカサ…という音と、
    枝がパキッ…パキッ…と折れる音。それが遠くの方から微かに聞こえてきている。

    遠くから微かに…というせいもあって、さほど恐怖は感じなかった。
    人って考える前に動物ぐらいいるだろ、そんな思いもあり構わず進んでいった。

    動物だと考えてから気にしなくなったが、そのまま二十分ぐらい進んできたところで
    またBが何か気付き、オレとAの足を止めた。



    184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:35:52.10 ID:fPaCaX8n0

    これ初めて見る
    というか行くなよ



    186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:36:46.23 ID:W2oewOdD0

    B「A、お前だけちょっと歩いてみてくれ。」

    A「?…何でだよ。」

    B「いいから早く」

    Aが不思議そうに一人で前へ歩いていき、またこっちへ戻ってくる。
    それを見て、Bは考え込むような表情になった。
    A「おい、何なんだよ?」
    オレ「説明しろ!」
    オレ達がそう言うと

    Bは「静かにしてよ?く聞いててみ」と、Aにさせたように一人で前へ歩いていき、
    またこっちに戻ってきた。二、三度繰り返してようやくオレ達も気付いた。
    遠くから微かに聞こえてきている音は、オレ達の動きに合わせていた。
    オレ達が歩きだせばその音も歩きだし、オレ達が立ち止まると音も止まる。
    まるでこっちの様子がわかっているようだった。

    何かひんやりした空気を感じずにはいられなかった。
    周囲にオレ達が持つ以外の光はない。月は出てるが、木々に遮られほとんど意味はなかった。
    懐中電灯つけてんだから、こっちの位置がわかるのは不思議じゃない…
    だが一緒に歩いてるオレ達でさえ、互いの姿を確認するのに目を凝らさなきゃいけない暗さだ。

    そんな暗闇で光もなしに何してる?
    なぜオレ達と同じように動いてんだ?



    187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:37:12.13 ID:W2oewOdD0

    B「ふざけんなよ。誰かオレ達を尾けてやがんのか?」

    A「近づかれてる気配はないよな。向こうはさっきからずっと同じぐらいの位置だし。」

    Aが言うように森に入ってからここまでの二十分ほど、オレ達とその音との
    距離は一向に変わってなかった。近づいてくるわけでも遠ざかるわけでもない。
    終始、同じ距離を保ったままだった。

    オレ「監視されてんのかな?」

    A「そんな感じだよな…カルト教団とかなら何か変な装置とか持ってそうだしよ。」


    30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 18:57:10.12 ID:Miqo0XRx0
    音から察すると、複数ではなく一人がずっとオレ達にくっついてるような感じだった。
    しばらく足を止めて考え、下手に正体を探ろうとするのは危険と判断し、
    一応あたりを警戒しつつそのまま先へ進む事にした。

    それからずっと音に付きまとわれながら進んでたが、やっと柵が見えてくると、
    音なんかどうでもよくなった。
    音以上にその柵の様子の方が意味不明だったからだ。



    188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:37:58.32 ID:W2oewOdD0

    普段は霊などバカにしてるオレ達から見ても、その先にあるのが
    現実的なものでない事を示唆しているとしか思えない。
    それも半端じゃなくやばいものが。

    まさか、そういう意味でいわくつきの場所なのか…?
    森へ入ってから初めて、今オレ達はやばい場所にいるんじゃないかと思い始めた。

    A「おい、これぶち破って奥行けってのか?誰が見ても普通じゃねえだろこれ!」

    B「うるせえな、こんなんでビビってんじゃねえよ!」

    柵の異常な様子に怯んでいたオレとAを怒鳴り、Bは持ってきた道具あれこれで柵をぶち壊し始めた。
    破壊音よりも、鳴り響く無数の鈴の音が凄かった。

    しかしここまでとは想像してなかったため、持参した道具じゃ貧弱すぎた。

    というか、不自然なほどに頑丈だったんだ。
    特殊な素材でも使ってんのかってぐらい、びくともしなかった。
    結局よじのぼるしかなかったんだが、綱のおかげで上るのはわりと簡単だった。

    だが柵を越えた途端、激しい違和感を覚えた。
    閉塞感と言うのかな、檻に閉じ込められたような息苦しさを感じた。
    AとBも同じだったみたいで踏み出すのを躊躇したんだが、
    柵を越えてしまったからにはもう行くしかなかった。



    189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:38:17.27 ID:W2oewOdD0

    先へ進むべく歩きだしてすぐ、三人とも気付いた。
    ずっと付きまとってた音が、柵を越えてからバッタリ聞こえなくなった事に。
    正直そんなんもうどうでもいいとさえ思えるほど嫌な空気だったが、
    Aが放った言葉でさらに嫌な空気が増した。

    A「もしかしてさぁ、そいつ…ずっとここにいたんじゃねえか?この柵、こっから見える分だけでも
      出入口みたいなのはないしさ、それで近付けなかったんじゃ…」

    B「んなわけねえだろ。オレ達が音の動きに気付いた場所ですらこっからじゃもう見えねえんだぞ?
      それなのに入った時点からオレ達の様子がわかるわけねえだろ。」


    32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 18:58:45.93 ID:Miqo0XRx0
    普通に考えればBの言葉が正しかった。
    禁止区域と森の入り口はかなり離れてる。時間にして四十分ほどと書いたが、
    オレ達だってちんたら歩いてたわけじゃないし、距離にしたらそれなりの数字にはなる。

    だが、現実のものじゃないかも…という考えが過ってしまった事で、
    Aの言葉を頭では否定できなかった。
    柵を見てから絶対やばいと感じ始めていたオレとAを尻目に、Bだけが俄然強気だった。



    190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:38:42.45 ID:W2oewOdD0

    B「霊だか何だか知らねえけどよ、お前の言うとおりだとしたら、
      そいつはこの柵から出られねえって事だろ?そんなやつ大したことねえよ。」

    そう言って奧へ進んでいった。

    柵を越えてから二、三十分歩き、うっすらと反対側の柵が見え始めたところで、
    不思議なものを見つけた。

    特定の六本の木に注連縄(しめなわ)が張られ、その六本の木を
    六本の縄で括り、六角形の空間がつくられていた。
    柵にかかってるのとは別の、正式なものっぽい紙垂もかけられてた。
    そして、その中央に賽銭箱みたいなのがポツンと置いてあった。

    目にした瞬間は、三人とも言葉が出なかった。
    特にオレとAは、マジでやばい事になってきたと焦ってさえいた。

    バカなオレ達でも、注連縄が通常どんな場で何のために用いられてるものか、何となくは知ってる。
    そういう意味でも、ここを立入禁止にしているのは間違いなく目の前のこの光景のためだ。
    オレ達はとうとう、来るとこまで来てしまったわけだ。

    オレ「お前の親父が言ってたの、たぶんこれの事だろ。」

    A「暴れるとか無理。明らかにやばいだろ。」

    だが、Bは強気な姿勢を崩さなかった。
    B「別に悪いもんとは限らねえだろ。とりあえずあの箱見て見ようぜ!宝でも入ってっかもな。」



    197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:47:32.03 ID:2SvVbJWyi

    Bは縄をくぐって六角形の中に入り、箱に近づいてった。
    オレとAは箱よりもBが何をしでかすかが不安だったが、とりあえずBに続いた。

    野晒しで雨とかにやられたせいか、箱はサビだらけだった。
    上部は蓋になってて、網目で中が見える。だが、蓋の下にまた板が敷かれていて結局見れない。


    33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 18:59:28.25 ID:Miqo0XRx0
    さらに箱にはチョークか何かで凄いのが書いてあった。

    たぶん家紋?的な意味合いのものだと思うんだが、前後左右それぞれの面に
    いくつも紋所みたいなのが書き込まれてて、しかも全部違うやつ。
    ダブってるのは一個もなかった。

    オレとAは極力触らないようにし、構わず触るBにも乱暴にはしないよう
    注意させながら箱を調べてみた。



    198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:49:33.87 ID:2SvVbJWyi

    どうやら地面に底を直接固定してあるらしく、大して重さは感じないのに持ち上がらなかった。
    中身をどうやって見るのかと隅々までチェックすると、
    後ろの面だけ外れるようになってるのに気付いた。

    B「おっ、ここだけ外れるぞ!中見れるぜ!」
    Bが箱の一面を取り外し、オレとAもBの後ろから中を覗き込んだ。

    箱の中には四隅にペットボトルのような形の壺?が置かれてて、その中には何か液体が入ってた。
    箱の中央に、先端が赤く塗られた五センチぐらいの楊枝みたいなのが、変な形で置かれてた。

    /\/\>

    こんな形で六本。接する四ヶ所だけ赤く塗られてる。

    オレ「なんだこれ?爪楊枝か?」

    A「おい、ペットボトルみてえなの中に何か入ってるぜ。気持ちわりいな。」

    B「ここまで来てペットボトルと爪楊枝かよ。意味わかんねえ。」



    199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:50:42.66 ID:2SvVbJWyi

    オレとAはぺットボトルみたいな壺を少し触ってみたぐらいだったが、
    Bは手に取って匂いを嗅いだりした。
    元に戻すと今度は/\/\>を触ろうと手を伸ばす。
    ところが、汗をかいていたのか指先に一瞬くっつき、そのせいで離すときに形がずれてしまった。


    34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/02(月) 19:00:29.10 ID:Miqo0XRx0
    その一瞬
    チリンチリリン!!チリンチリン!!

    オレ達が来た方とは反対、六角形地点のさらに奧にうっすらと見えている柵の方から、
    物凄い勢いで鈴の音が鳴った。さすがに三人ともうわっと声を上げてビビり、一斉に顔を見合わせた。

    B「誰だちくしょう!ふざけんなよ!」
    Bはその方向へ走りだした。

    オレ「バカ、そっち行くな!」

    A「おいB!やばいって!」

    慌てて後を追おうと身構えると、Bは突然立ち止まり、前方に懐中電灯を向けたまま動かなくなった。

    「何だよ、フリかよ?」とオレとAがホッとして急いで近付いてくと、Bの体が小刻みに震えだした。
    「お、おい、どうした…?」言いながら無意識に照らされた先を見た。



    201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:51:22.30 ID:2SvVbJWyi

    Bの懐中電灯は、立ち並ぶ木々の中の一本、その根元のあたりを照らしていた。
    その陰から、女の顔がこちらを覗いていた。
    ひょこっと顔半分だけ出して、眩しがる様子もなくオレ達を眺めていた。
    上下の歯をむき出しにするようにい?っと口を開け、目は据わっていた。

    「うわぁぁぁぁぁ!!」

    誰のものかわからない悲鳴と同時に、オレ達は一斉に振り返り走った。
    頭は真っ白で、体が勝手に最善の行動をとったような感じだった。
    互いを見合わす余裕もなく、それぞれが必死で柵へ向かった。

    柵が見えると一気に飛び掛かり、急いでよじのぼる。
    上まで来たらまた一気に飛び降り、すぐに入り口へ戻ろうとした。

    だが、混乱しているのかAが上手く柵を上れずなかなかこっちに来ない。

    オレ「A!早く!!」

    B「おい!早くしろ!!」
    Aを待ちながらオレとBはどうすりゃいいかわからなかった。

    オレ「何だよあれ!?何なんだよ!?」

    B「知らねえよ黙れ!!」
    完全にパニック状態だった。



    202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:52:54.39 ID:2SvVbJWyi

    その時
    チリリン!!チリンチリン!!
    凄まじい大音量で鈴の音が鳴り響き、柵が揺れだした。
    何だ…!?どこからだ…!?オレとBはパニック状態になりながらも周囲を確認した。

    入り口とは逆、山へ向かう方角から鳴り響き、近づいているのか
    音と柵の揺れがどんどん激しくなってくる。

    オレ「やばいやばい!」

    B「まだかよ!早くしろ!!」

    オレ達の言葉が余計にAを混乱させていたのはわかってたが、急かさないわけにはいかなかった。
    Aは無我夢中に必死で柵をよじのぼった。
    Aがようやく上りきろうかというその時、オレとBの視線はそこになかった。
    がたがたと震え、体中から汗が噴き出し、声を出せなくなった。
    それに気付いたAも、柵の上からオレ達が見ている方向を見た。

    山への方角にずらっと続く柵を伝った先、しかもこっち側にあいつが張りついていた。
    顔だけかと思ったそれは、裸で上半身のみ、右腕左腕が三本ずつあった。
    それらで器用に綱と有刺鉄線を掴んでい?っと口を開けたまま、
    巣を渡る蜘蛛のようにこちらへ向かってきていた。
    とてつもない恐怖

    「うわぁぁぁぁ!!」

    Aがとっさに上から飛び降り、オレとBに倒れこんできた。
    それではっとしたオレ達はすぐにAを起こし、一気に入り口へ走った。
    後ろは見れない。前だけを見据え、ひたすら必死で走った。
    全力で走れば三十分もかからないだろうに、何時間も走ったような気分だった。



    206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:56:49.40 ID:2SvVbJWyi

    入り口が見えてくると、何やら人影も見えた。
    おい、まさか…三人とも急停止し、息を呑んで人影を確認した。

    誰だかわからないが何人かが集まってる。あいつじゃない。
    そう確認できた途端に再び走りだし、その人達の中に飛び込んだ。

    「おい!出てきたぞ!」

    「まさか…本当にあの柵の先に行ってたのか!?」

    「おーい!急いで奥さんに知らせろ!」
    集まっていた人達はざわざわとした様子で、オレ達に駆け寄ってきた。
    何て話しかけられたか、すぐにはわからないぐらい、三人とも頭が真っ白で放心状態だった。


    そのままオレ達は車に乗せられ、すでに三時をまわっていたにも関わらず、
    行事の時とかに使われる集会所に連れてかれた。

    中に入ると、うちは母親と姉貴が、Aは親父、Bはお母さんが来ていた。
    Bのお母さんはともかく、ろくに会話した事すらなかったうちの母親まで泣いてて、
    Aもこの時の親父の表情は普段見た事ないようなもんだったらしい。



    207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:57:19.24 ID:2SvVbJWyi

    B母「みんな無事だったんだね…!よかった…!」

    Bのお母さんとは違い、オレは母親に殴られAも親父に殴られた。
    だが、今まで聞いた事ない暖かい言葉をかけられた。

    しばらくそれぞれが家族と接したところで、Bのお母さんが話した。

    B母「ごめんなさい。今回の事はうちの主人、ひいては私の責任です。
       本当に申し訳ありませんでした…!本当に…」と何度も頭を下げた。
    よその家とはいえ、子供の前で親がそんな姿をさらしているのは、やっぱり嫌な気分だった。

    A父「もういいだろう奥さん。こうしてみんな無事だったんだから。」

    オレ母「そうよ。あなたのせいじゃない。」

    この後ほとんど親同士で話が進められ、オレ達はぽかんとしてた。
    時間が遅かったのもあって、無事を確認しあって終わり…って感じだった。
    この時は何の説明もないまま解散したわ。



    208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:58:41.61 ID:2SvVbJWyi

    一夜明けた次の日の昼頃、オレは姉貴に叩き起こされた。
    目を覚ますと、昨夜の続きかというぐらい姉貴の表情が強ばっていた。

    オレ「なんだよ?」
    姉貴「Bのお母さんから電話。やばい事になってるよ。」
    受話器を受け取り電話に出ると、凄い剣幕で叫んできた。

    B母「Bが…Bがおかしいのよ!昨夜あそこで何したの!?
       柵の先へ行っただけじゃなかったの!?」

    とても会話になるような雰囲気じゃなく、いったん電話を切ってオレはBの家へ向かった。
    同じ電話を受けたらしくAも来ていて、二人でBのお母さんに話を聞いた。

    話によると、Bは昨夜家に帰ってから急に両手両足が痛いと叫びだした。
    痛くて動かせないという事なのか、両手両足をぴんと伸ばした状態で倒れ、
    その体勢で痛い痛いとのたうちまわったらしい。



    223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:35:23.09 ID:2SvVbJWyi

    お母さんが何とか対応しようとするも、いてぇよぉと叫ぶばかりで意味がわからない。
    必死で部屋までは運べたが、ずっとそれが続いてるので
    オレ達はどうなのかと思い電話してきたという事だった。

    話を聞いてすぐBの部屋へ向かうと、階段からでも叫んでいるのが聞こえた。
    いてぇいてぇよぉ!と繰り返している。
    部屋に入ると、やはり手足はぴんと伸びたまま、のたうちまわっていた。

    オレ「おい!どうした!」
    A「しっかりしろ!どうしたんだよ!」
    オレ達が呼び掛けてもいてぇよぉと叫ぶだけで目線すら合わせない。

    どうなってんだ…オレとAは何が何だかさっぱりわからなかった。
    一度お母さんのとこに戻ると、さっきとはうってかわって静かな口調で聞かれた。

    B母「あそこで何をしたのか話してちょうだい。それで全部わかるの。昨夜あそこで何をしたの?」



    224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:35:47.00 ID:2SvVbJWyi

    何を聞きたがっているのかはもちろんわかってたが、答えるためにあれをまた
    思い出さなきゃいけないのが苦痛となり、うまく伝えられなかった。

    というか、あれを見たっていうのが大部分を占めてしまってたせいで、
    何が原因かってのがすっかり置いてきぼりになってしまっていた。
    何を見たかでなく何をしたかと尋ねるBのお母さんは、それを指摘しているようだった。

    Bのお母さんに言われ、オレ達は何とか昨夜の事を思い出し、原因を探った。

    何を見たか?なら、オレ達も今のBと同じ目にあってるはず。
    だが何をしたか?でも、あれに対してほとんど同じ行動だったはずだ。
    箱だってオレ達も触ったし、ペットボトルみたいなのも一応オレ達も触わってる。後は…楊枝…

    二人とも気付いた。楊枝だ。あれにはBしか触ってないし、形もずらしちゃってる。
    しかも元に戻してない。オレ達はそれをBのお母さんに伝えた。

    すると、みるみる表情が変わり震えだした。そしてすぐさま棚の引き出しから何かの紙を取出し、
    それを見ながらどこかに電話をかけた。
    オレとAは様子を見守るしかなかった。

    しばらくどこかと電話で話した後、戻ってきたBのお母さんは震える声でオレ達に言った。

    B母「あちらに伺う形ならすぐにお会いしてくださるそうだから、今すぐ帰って用意しておいてちょうだい。
       あなた達のご両親には私から話しておくわ。何も言わなくても準備してくれると思うから。
       明後日またうちに来てちょうだい。」

    意味不明だった。誰に会いにどこへ行くって?説明を求めてもはぐらかされ、すぐに帰らされた。
    一応二人とも真っすぐ家に帰ってみると、何を聞かれるでもなく「必ず行ってきなさい」とだけ言われた。



    226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:37:09.31 ID:2SvVbJWyi

    意味がまったくわからんまま、二日後にオレとAはBのお母さんと三人で、ある場所へ向かった。
    Bは前日にすでに連れていかれたらしい。

    ちょっと遠いのかな…ぐらいだと思ってたが、町どころか県さえ違う。
    新幹線で数時間かけて、さらに駅から車で数時間。絵に書いたような深い山奥の村まで連れてかれた。

    その村のまたさらに外れの方、ある屋敷にオレ達は案内された。
    でかくて古いお屋敷で、離れや蔵なんかもあるすごい立派なもんだった。
    Bのお母さんが呼び鈴を鳴らすと、おっさんと女の子がオレ達を出迎えた。

    おっさんの方はその筋みたいなガラ悪い感じで、スーツ姿。
    女の子はオレ達より少し年上ぐらいで、白装束に赤い袴、いわゆる巫女さんの姿だった。

    挨拶では、どうやら巫女さんの伯父らしいおっさんは普通によくある名字を名乗ったんだが、
    巫女さんは「あおいかんじょ」?(オレはこう聞こえた)とかいうよくわからない名を名乗ってた。

    名乗ると言っても、一般的な認識とは全く違うものらしい。
    よくわからんが、ようするに彼女の家の素性は一切知る事が出来ないって事みたい。
    実際オレ達はその家や彼女達について何も知らないけど、
    とりあえずここでは見やすいように葵って書くわ。





    227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:38:22.74 ID:2SvVbJWyi

    だだっ広い座敷に案内され、わけもわからんまま、ものものしい雰囲気で話が始まった。
    伯父「息子さんは今安静にさせてますわ。この子らが一緒にいた子ですか?」

    B母「はい。この三人であの場所へ行ったようなんです。」

    伯父「そうですか。君ら、わしらに話してもらえるか?どこに行った、何をした、何を見た、出来るだけ詳しくな。」
    突然話を振られて戸惑ったが、オレとAは何とか詳しくその夜の出来事をおっさん達に話した。

    ところが、楊枝のくだりで
    「コラ、今何つった?」といきなりドスの効いた声で言われ、
    オレ達はますます状況が飲み込めず混乱してしまった。

    A「は、はい?」

    伯父「おめぇら、まさかあれを動かしたんじゃねえだろうな!?」
    身を乗り出し今にも掴み掛かってきそうな勢いで怒鳴られた。

    すると葵がそれを制止し、蚊の泣くようなか細い声で話しだした。

    葵「箱の中央…小さな棒のようなものが、ある形を表すように置かれていたはずです。
      それに触れましたか?触れた事によって、少しでも形を変えてしまいましたか?」

    オレ「はぁあの、動かしてしまいました。形もずれちゃってたと思います。」

    葵「形を変えてしまったのはどなたか、覚えてらっしゃいますか?触ったかどうかではありません。
      形を変えたかどうかです。」



    228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:39:21.88 ID:2SvVbJWyi


    オレとAは顔を見合わせ、Bだと告げた。

    すると、おっさんは身を引いてため息をつき、Bのお母さんに言った。
    伯父「お母さん、残念ですがね、息子さんはもうどうにもならんでしょう。わしは詳しく聞いてなかったが、あの症状なら他の原因も考えられる。まさかあれを動かしてたとは思わなかったんでね。」
    「そんな…」
    それ以上の言葉もあったんだろうが、Bのお母さんは言葉を飲み込んだような感じで、しばらく俯いてた。

    口には出せなかったが、オレ達も同じ気持ちだった。
    Bはもうどうにもならんってどういう意味だ?一体何の話をしてんだ?
    そう問いたくても、声に出来なかった。

    オレ達三人の様子を見て、おっさんはため息混じりに話しだした。
    ここでようやく、オレ達が見たものに関する話がされた。





    229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:40:07.97 ID:2SvVbJWyi

    俗称は「生離蛇螺」/「生離唾螺」
    古くは「姦姦蛇螺」/「姦姦唾螺」
    なりじゃら、なりだら、かんかんじゃら、かんかんだらなど、
    知っている人の年代や家柄によって呼び方はいろいろあるらしい。

    現在では一番多い呼び方は単に「だら」、おっさん達みたいな特殊な家柄では
    「かんかんだら」の呼び方が使われるらしい。
    もはや神話や伝説に近い話。

    人を食らう大蛇に悩まされていたある村の村人達は、
    神の子として様々な力を代々受け継いでいたある巫女の家に退治を依頼した。
    依頼を受けたその家は、特に力の強かった一人の巫女を大蛇討伐に向かわせる。

    村人達が陰から見守る中、巫女は大蛇を退治すべく懸命に立ち向かった。
    しかし、わずかな隙をつかれ、大蛇に下半身を食われてしまった。
    それでも巫女は村人達を守ろうと様々な術を使い、必死で立ち向かった。

    ところが、下半身を失っては勝ち目がないと決め込んだ村人達はあろう事か、
    巫女を生け贄にする代わりに村の安全を保障してほしいと大蛇に持ちかけた。

    強い力を持つ巫女を疎ましく思っていた大蛇はそれを承諾、
    食べやすいようにと村人達に腕を切り落とさせ、達磨状態の巫女を食らった。
    そうして、村人達は一時の平穏を得た。

    後になって、巫女の家の者が思案した計画だった事が明かされる。
    この時の巫女の家族は六人。




    230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:41:03.30 ID:2SvVbJWyi

    異変はすぐに起きた。
    大蛇がある日から姿を見せなくなり、襲うものがいなくなったはずの村で次々と人が死んでいった。
    村の中で、山の中で、森の中で。
    死んだ者達はみな、右腕・左腕のどちらかが無くなっていた。

    十八人が死亡。(巫女の家族六人を含む)
    生き残ったのは四人だった。

    おっさんと葵が交互に説明した。

    伯父「これがいつからどこで伝わってたのかはわからんが、あの箱は一定の周期で
       場所を移して供養されてきた。その時々によって、管理者は違う。
       箱に家紋みたいのがあったろ?ありゃ今まで供養の場所を提供してきた家々だ。
       うちみたいな家柄のもんでそれを審査する集まりがあってな、そこで決められてる。
       まれに自ら志願してくるバカもいるがな。
       管理者以外にゃかんかんだらに関する話は一切知らされない。
       付近の住民には、いわくがあるって事と万が一の時の相談先だけが管理者から伝えられる。
       伝える際には相談役、つまりわしらみたいな家柄のもんが立ち合うから、
       それだけでいわくの意味を理解するわけだ。今の相談役はうちじゃねえが、
       至急って事で昨日うちに連絡がまわってきた。」



    231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:42:42.04 ID:2SvVbJWyi

    どうやら一昨日Bのお母さんが電話していたのは別のとこらしく、
    話を聞いた先方はBを連れてこの家を尋ね、話し合った結果こっちに任せたらしい。
    Bのお母さんはオレ達があそこに行っていた間に、すでにそこに電話してて
    ある程度詳細を聞かされていたようだ。

    葵「基本的に、山もしくは森に移されます。御覧になられたと思いますが、
      六本の木と六本の縄は村人達を、六本の棒は巫女の家族を、四隅に置かれた壺は
      生き残られた四人を表しています。
      そして、六本の棒が成している形こそが、巫女を表しているのです。
      なぜこのような形式がとられるようになったか。
      箱自体に関しましても、いつからあのようなものだったか。
      私の家を含め、今現在では伝わっている以上の詳細を知る者はいないでしょう。」



    232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:44:31.25 ID:2SvVbJWyi

    誰かさるよけ頼む

    ただ、最も語られてる説としては、生き残った四人が巫女の家で怨念を鎮めるための
    ありとあらゆる事柄を調べ、その結果生まれた独自の形式ではないか…という事らしい。
    柵に関しては鈴だけが形式に従ったもので、綱とかはこの時の管理者によるものだったらしい。
    伯父「うちの者でかんかんだらを祓ったのは過去に何人かいるがな、その全員が二、三年以内に死んでんだ。ある日突然な。
    事を起こした当事者もほとんど助かってない。それだけ難しいんだよ。」
    ここまで話を聞いても、オレ達三人は完全に置いてかれてた。
    きょとんとするしかなかったわ。
    だが、事態はまた一変した。
    伯父「お母さん、どれだけやばいものかは何となくわかったでしょう。さっきも言いましたが、
       棒を動かしてさえいなければ何とかなりました。しかし、今回はだめでしょうな。」

    B母「お願いします。何とかしてやれないでしょうか。私の責任なんです。どうかお願いします。」

    Bのお母さんは引かなかった。一片たりともお母さんのせいだとは思えないのに、
    自分の責任にしてまで頭を下げ、必死で頼み続けてた。
    でも泣きながらとかじゃなくて、何か覚悟したような表情だった。

    伯父「何とかしてやりたいのはわしらも同じです。
       しかし、棒を動かしたうえであれを見ちまったんなら……
       お前らも見たんだろう。お前らが見たのが大蛇に食われたっつう巫女だ。
       下半身も見たろ?それであの形の意味がわかっただろ?」
    「…えっ?」
    オレとAは言葉の意味がわからなかった。下半身?オレ達が見たのは上半身だけのはずだ。
    A「あの、下半身っていうのは…?上半身なら見ましたけど…」




    234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:47:00.89 ID:2SvVbJWyi

    それを聞いておっさんと葵が驚いた。
    伯父「おいおい何言ってんだ?お前らあの棒を動かしたんだろ?
       だったら下半身を見てるはずだ。」

    葵「あなた方の前に現われた彼女は、下半身がなかったのですか?では、腕は何本でしたか?」

    「腕は六本でした。左右三本ずつです。でも、下半身はありませんでした。」
    オレとAは互いに確認しながらそう答えた。

    すると急におっさんがまた身を乗り出し、オレ達に詰め寄ってきた。
    伯父「間違いねえのか?ほんとに下半身を見てねえんだな?」

    オレ「は、はい…」
    おっさんは再びBのお母さんに顔を向け、ニコッとして言った。
    伯父「お母さん、何とかなるかもしれん。」

    おっさんの言葉にBのお母さんもオレ達も、息を呑んで注目した。
    二人は言葉の意味を説明してくれた。

    葵「巫女の怨念を浴びてしまう行動は、二つあります。
      やってはならないのは、巫女を表すあの形を変えてしまう事。
      見てはならないのは、その形が表している巫女の姿です。」

    伯父「実際には棒を動かした時点で終わりだ。必然的に巫女の姿を見ちまう事になるからな。だが、どういうわけかお前らはそれを見てない。動かした本人以外も同じ姿で見えるはずだから、お前らが見てないならあの子も見てないだろう。」

    オレ「見てない、っていうのはどういう意味なんですか?オレ達が見たのは…」

    葵「巫女本人である事には変わりありません。ですが、かんかんだらではないのです。あなた方の命を奪う意志がなかったのでしょうね。かんかんだらではなく、巫女として現われた。その夜の事は、彼女にとってはお遊戯だったのでしょう。」



    236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:48:13.07 ID:W2oewOdD0

    巫女とかんかんだらは同一の存在であり、別々の存在でもある…?という事らしい。

    伯父「かんかんだらが出てきてないなら、今あの子を襲ってるのは葵が言うようにお遊び程度の
       もんだろうな。わしらに任せてもらえれば、長期間にはなるが何とかしてやれるだろう。」

    緊迫していた空気が初めて和らいだ気がした。
    Bが助かるとわかっただけで充分だったし、この時のBのお母さんの表情は本当に凄かった。
    この何日かでどれだけBを心配していたか、その不安とかが一気にほぐれたような、そういう笑顔だった。

    それを見ておっさんと葵も雰囲気が和らぎ、急に普通の人みたいになった。

    伯父「あの子は正式にわしらで引き受けますわ。お母さんには後で説明させてもらいます。
       お前ら二人は、一応葵に祓ってもらってから帰れ。今後は怖いもの知らずもほどほどにしとけよ。」


    この後Bに関して少し話したのち、お母さんは残り、オレ達はお祓いしてもらってから帰った。

    この家の決まりだそうで、Bには会わせてもらえず、どんな事をしたのかもわからなかった。
    転校扱いだったのか在籍してたのかは知らんが、これ以来一度も見てない。
    まぁ死んだとか言うことはなく、すっかり更正して今はちゃんとどこかで生活してるそうだ。

    ちなみにBの親父は一連の騒動に一度たりとも顔を出してこなかった。
    どういうつもりか知らんが。オレとAもわりとすぐ落ち着いた。
    理由はいろいろあったが、一番大きかったのはやっぱりBのお母さんの姿だった。
    ちょっとした後日談もあって、たぶん一番大変だったはずだ。

    母親ってのがどんなもんか、考えさせられた気がした。
    それにこれ以来うちもAんとこも、親の方から少しづつ接してくれるようになった。
    そういうのもあって、自然とバカはやらなくなったな。



    239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:50:33.79 ID:W2oewOdD0

    一応他にわかった事としては、
    特定の日に集まってた巫女さんは相談役になった家の人。
    かんかんだらは、危険だと重々認識されていながらある種の神に似た存在にされてる。
    大蛇が山だか森だかの神だったらしい。
    それで年に一回、神楽を舞ったり祝詞を奏上したりするんだと。

    あと、オレ達が森に入ってから音が聞こえてたのは、かんかんだらは
    柵の中で放し飼いみたいになってるかららしい。
    でも六角形と箱のあれが封印みたいになってるらしく、
    棒の形や六角形を崩したりしなければ姿を見せる事はほとんどないそうだ。

    供養場所は何らかの法則によって、山や森の中の限定された一部分が指定されるらしく、
    入念に細かい数字まで出して範囲を決めるらしい。
    基本的にその区域からは出られないらしいが、柵などで囲んでる場合は
    オレ達が見たみたいに外側に張りついてくる事もある。

    わかったのはこれぐらい。

    オレ達の住んでるとこからはもう移されたっぽい。二度と行きたくないから確かめてないけど、
    一年近く経ってから柵の撤去が始まったから、たぶん今は別の場所にいるんだろな。

    おしり



    240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:52:15.72 ID:sE1JLlnt0

    ・・え?


    Tさんは?



    245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 15:59:27.51 ID:W2oewOdD0

    456 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:44:44 ID:O7kzZ8gX0
    じわ怖といえば最近の俺のカーチャンだなw
    なんかさー、最近夜中に外に出るんだよ。パジャマ姿で。
    この間寝つけなかった時、玄関の鍵の音がしたんだよ。がちゃって。
    それで気になって窓から玄関の方を見下ろしたら、カーチャンだったんだよ。
    んで、キョロキョロ辺り見まわして公園の方に向かっていったんだよ。
    それから時意識して見るようにしてたんだけど、決まって土曜の夜中みたいだ。
    今日も出かけてったよ。一時間前に。
    でも、そん時にまた窓から見てたらカーチャンと目があったっぽいんだよね…。怖ええw

    まだ帰ってきてないけど、帰ってきたら、っつーか明日なんか言われんのかな
    とか思ったらどうにも眠れんorz

    457 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:49:09 ID:O7kzZ8gX0
    a

    458 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:52:39 ID:O7kzZ8gX0
    うそうそ。変なことを書いてごめん(笑)上に書いてあるの全部作り話だよ。
    本当にごめんなさい。気にしないで。もう寝ましょう(笑)

    459 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:53:35 ID:teMpLeBOrn0
    破ァーーーーーーーーーーッ!

    460 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 04:49:09 ID:O7kzZ8gX0
    ちょwww寺生まれすげえwwwwww



    247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:04:02.82 ID:W2oewOdD0

    規制よけにこっちでも貼っていく

    サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。
    その時、サキちゃんはまだ2歳。
    「あなた、サキのためにビデオを3本残します。
     このビデオの1本目は、サキの3歳の誕生日に。2本目は小学校の入学式に。
     そして3本目は…○○○の日に見せてあげてください」
    まもなく、サキちゃんのママは天国へと旅立った。

    そして、サキちゃんの3歳の誕生日。1本目のビデオがかけられた。
    (ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)
    「サキちゃん、お誕生日おめでとう。ママ、うれしいなぁ。
     でもママはね、テレビの中に引っ越したの。だから、こうやってしか会えない。
     パパの言うことをよく聞いて、おりこうさんでいてね。だったら、ママ、また会いに来ます」

    サキちゃんの小学校入学の日。2本目のビデオ。
    「サキちゃん、大きくなったネ。おめでとう……。ママ、うれしいな。どんなにこの日を待っていたか。
     サキちゃん、ちゃんと聞いてね。
     ママが今住んでいるところは、天国なの。だから、もう会えない。
     でもね、パパのお手伝いがちゃんとできたら、ママ、もう一回だけ、会いに来ます。
     じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!
     ほうら、サキちゃんは料理や洗濯ができるようになりました」



    248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:06:56.20 ID:W2oewOdD0

    そして3本目のビデオ。そのタイトルは、こう書いてあった。
    「新しいママが来た日のサキちゃんに」
    そしてサキちゃんが10歳の時、パパは再婚し、新しいママが来た。
    3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。
    なつかしいママの顔が映し出された。
    「サキちゃん、おうちの仕事、がんばったね。えらかったね。
     でも、もう大丈夫。新しいママが来たんだから。
     ……
     サキちゃん。今日で本当にお別れです。
     ……
     サキちゃん、今、身長はどれくらい?ママには見えない。
     (泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)
     ママ、もっと生きたい…。
     あなたのために、おいしいものいっぱいつくってあげたい…。
     あなたの成長を見つめていたい…。
     じゃあ、サキちゃん、これがママの最後の魔法です。
     それは、『ママを忘れる魔法』です。
     ママを忘れて、パパと、新しいママと、楽しい暮らしをつくってください。
     では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」
    そこでビデオは終わった。
    しかし、サキちゃんに、この魔法は効かなかった。
    パパと、新しいママにも効かなかった。
    ママは、みんなの心の中に、ちゃんと残っていた。
    その時Tさんが現れこう言った。「やれやら…死んでからもビデオに残って現世に残ろうとするとは…」
    「破ァァァーーーーーーッッ!!!!! 」
    Tさんがそう叫んだ直後、テレビとビデオは壊れ、親子は自分が何を見ていたかも忘れていた。
    「死んだ人間のことには、あまりかまうんじゃないぜ。そういうのは俺の担当だ。」
    寺生まれは凄い。俺は改めてそう思った。



    249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:07:51.92 ID:OZsXaWeu0

    友人が引っ越しをした。
    引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。
    だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。
    俺たちは「そんなに安いのっておかしい」「絶対いわく付きだぜ」
    「夜幽霊に気をつけろ」等と友人をちゃかしていた。
    やがてそいつは「そんな事は絶対に無い。来てみればどんなに良い家かわかる」
    と言い始めた。
    そこで、数人でそいつの家に遊びに行くことになった。



    250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:08:19.57 ID:OZsXaWeu0

    その家に入ると、やはりどこかイヤな気配がした。
    そいつはしきりに「どうだ、なにもないだろ。おまえらは僻んでいるだけなんだ」等と言っていた。
    一階を回った後、階段を上り二階を見て回った。
    そこで、昔不動産関係の仕事をしていた家のことに詳しい男が首を傾げた。
    どうかしたか?と聞くと「一階と二階の広さが違う。二階にはもう一部屋あるはずだ」と言う。
    言われてみると、確かにおかしかった。
    二階の廊下の先に、もう一部屋あるはずだった。
    問題の廊下にみんなで行って、突き当たりの壁をよく見てみると、
    壁紙が周りのものより新しい事に気がついた。



    251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:08:42.51 ID:OZsXaWeu0

    そこで、壁紙を引き剥がしてみると、男の予想通りに扉があった。
    なにがあるのかとどきどきしながら戸を開けようとしたが、鍵がかかっていて開かない。
    俺たちは友人の許可を得て扉を破ることにした。
    数度の体当たりの後、扉は開かれた。
    部屋の中には何もなかった。
    ただ部屋の壁すべてに青いクレヨンでびっしりとこう書かれていた。


    おとうさんおかあさんごめんなさいここからだしてください
    おとうさんおかあさんごめんなさいここからだしてください
    ここからだしてここからだしてここからだしてここからだして
    ここからだしてここからだしてここからだしてここからだして
    ここからだしてここからだしてここからだしてここからだして
    ここからだしてここからだしてTさんだしてくれてさんきゅう

    寺生まれってスゴイ、改めてそう思った。



    252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:09:16.24 ID:pnDY1JQC0

    住んでる部屋の幽霊が陽気な外国人でうざい奴ほしい


    254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:11:00.87 ID:W2oewOdD0

    >>252

    226 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/10/03(土) 00:20:03 ID:BOwHewpSO
    下北で1DKで5万台って物件。
    やっぱりいわくつきだった。
    なんかヒュー・ジャックマンに似た外人の幽霊がよく出る。
    別に実害はないから放置してる。ただ
    人が奮発して買ってきたステーキを見て「hey!見ろよトム!あれでステーキのつもりらしいぜ?」
    「hooo!冗談だろ?ハムかと思ったぜ!」
    「HAHAHAHA!」みたいな一人芝居をされるとホントにムカつく。


    お経も効かないしファブも平気。
    聖水を振りかけても「アハーン?」みたいなニャニャ顔で肩をすくめるアメリカンポーズをする。
    マジにムカつく。

    でも中指立ててFUCK YOU!をしたらすごい血相で怒りの身振り手振りをした。
    その後、靴を隠された。

    『ビックリするほどユートピア!』をしようと全裸になった瞬間、
    超うれしそうな顔をしやがったので止めた。
    どうすればこのメリケン野郎を成仏させられるのだろうか?



    468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:09:08.07 ID:fummKdoh0

    >>254
    ワロタ



    256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:13:37.38 ID:y59JWxCc0


    47 オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2007/06/22(金) 00:23:44 0
    昔、俺が取った写真が心霊写真で、オカルト系サイトでチョット話題になった。
    数年後、週刊プレイボーイ見てたら、その時に俺が取った写真が
    「さまざまな不幸を巻き起こした写真」として掲載されてた。
    ちなみにその記事によると、写真を撮ったオレは消息不明だそうだ。



    263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:19:45.08 ID:AAtAgb0M0

    小学生の頃、俺には仲のいい友達がいた
    俺と真逆でまじめな性格だったが、夏休みには毎日一緒に遊ぶほど仲良しだった
    そいつの夏休みの宿題が一段落するまで待たされるのが日課みたいになっていた
    俺の方は宿題は後回しにしてて日記もつけてなかったけどな

    だが夏休みも終わりがけのある日、そいつは事故で死んでしまった
    俺と自転車で競争中に、先を走る友達だけトラックと衝突、即死だった

    葬式にはトラックの運転手も来たようだが友達の親が怒鳴って追い返していた
    俺も自分のせいだと言って謝ったが、そんなことはないと言って友達の部屋に連れてかれた
    友達の物を何か持って行ってくれと言われて、いくつかの形見を貰った

    毎日遊んでいた友達を失って、学校が始まるまで何もせずダラダラ過ごしてた
    久しぶりに行った学校ではクラスメイトの死で騒いでたりもしてたが意外と問題なく過ごせた
    しばらくして俺の提出した自由研究が賞を取ったりしたがあまり実感が持てなかった



    267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:24:05.50 ID:blLwAGfL0

    >>263
    宿題取っただろw



    269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:25:15.38 ID:W2oewOdD0

    少し長い話ですが、暇な方、読んでください。

    小学生の頃、学校の裏山の奥地に俺達は秘密基地を造っていた。
    秘密基地っつっても結構本格的で、複数の板を釘で打ち付けて、雨風を防げる3畳ほどの広さの小屋。
    放課後にそこでオヤツ食べたり、エ口本読んだり、まるで俺達だけの家のように使っていた。
    俺と慎と淳と犬2匹(野良)でそこを使っていた。
    小5の夏休み、秘密基地に泊まって遊ぼうと言うことになった。
    各自、親には『○○の家に泊まる』と嘘をつき、小遣いをかき集めてオヤツ、花火、ジュースを買って。修学旅行よりワクワクしていた。
    夕方の5時頃に学校で集合し、裏山に向かった。
    山に入ってから一時間ほど登ると俺達の秘密基地がある。基地の周辺は2匹の野良犬(ハッピー♂タッチ♂)の縄張りでもある為、基地に近くなると、どこからともなく2匹が尻尾を振りながら迎えに来てくれる。
    俺達は2匹に『出迎えご苦労!』と頭を撫でてやり、うまい棒を1本ずつあげた。
    基地に着くと、荷物を小屋に入れ、まだ空が明るかったのでのすぐそばにある大きな池で釣りをした。まぁ釣れるのはウシガエルばかりだが。(ちなみに釣ったカエルは犬の餌)





    270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:25:36.81 ID:W2oewOdD0

    釣りをしていると、徐々辺りが暗くなりだしたので、俺達は花火をやりだした。俺達よりも2匹の野良の方がハシャいでいたが。
    結構買い込んだつもりだったが、30分もしないうちに花火も尽きて、俺達は一旦小屋に入った。
    夜の秘密基地というのは皆始めてで、山の奥地ということで、街灯もなく、月明りのみ。聞こえるのは虫の鳴き声だけ。
    簡易ライト一本の薄明るい小屋に三人、最初は皆で菓子を食べながら好きな子の話、先生の悪口など喋っていたが、静まり返った小屋の周囲から、時折聞こえてくる『ドボン!』(池に何かが落ちてる音)や『ザザッ!』(何かの動物?の足音?)に俺達は段々と恐くなって来た。
    しだいに、
    『今、なんか音したよな?』
    『熊いたらどーしよ?!』
    など、冗談ではなく、本気で恐くなりだしてきた。
    時間は9時、小屋の中は蒸し暑く、蚊もいて、眠れるような状況では無かった。それよりも山の持つ独特の雰囲気に俺達は飲まれてしまい、皆、来た事を後悔していた。



    271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:26:00.77 ID:W2oewOdD0

    (さるよけ頼む)
    明日の朝までどう乗り切るか俺達は話し合った。
    結果、小屋の中は蒸し暑く、周囲の状況も見えない(熊の接近等)為、山を下りる事になった。
    もう内心、一時も早く家に帰りたい!と俺は思っていた。
    懐中電灯の明かりを頼りに足元を照らし、少し早歩きで俺達は下山し始めた。5分ほどはハッピーとタッチが俺達の周りを走り回っていたので心強かったが、少しすると2匹は小屋の方に戻っていった。
    普段、何度も通っている道でも夜は全く別の空間にいるみたいだった。
    幅30㌢程度の獣道を足を滑らさぬよう、皆無言で黙々と歩いていた。
    そのとき、慎が俺の肩を後ろから掴み『誰かいるぞ!』と小さな声で言ってきた。
    俺達は瞬間的にその場に伏せ、電灯を消した。
    耳を澄ますと確かに足音が聞こえる。
    『ザッ、ザッ、』
    二本足で茂みを進む音。
    その音の方を目を凝らして、その何者かを捜した。
    俺達から2、30㍍程離れた所の茂みに、その何者かは居た。
    懐中電灯片手に、もう一方の手には長い棒のようなものを持ち、その棒でしげみを掻き分け、山を登っているようだった。



    273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:26:32.53 ID:W2oewOdD0

    俺たちは始め恐怖したが、その何かが『人間』であること。また相手が『一人』であることから、それまでの恐怖心はなくなり、俺たちの心は幼い『好奇心』で満たされていた。
    俺が『あいつ、何者だろ?尾行する?』と呟くと、二人は『もちろん』と言わんばかりの笑顔を見せた。

    微かに見える何者かの懐中電灯の明かりと草を書き分ける音を頼りに、俺達は慎重に慎重に後を着けだした。

    その何者かは、その後20分程、山を登り続けて立ち止まった。

    俺達はその後方30㍍程の所に居たので、そいつの性別はもちろん、様子等は全くわからない。
    かすかな人影を捕らえる程度。
    ソイツは立ち止まってから背中に背負っていた荷物を下ろし、何かゴソゴソしていた。
    『アイツ一人で何してるんだろ?クワガタでも獲りに来たんかなぁ・』と俺は言った。
    『もっと近づこうぜ!』と慎が言う。
    俺達は枯れ葉や枝を踏まぬよう、擦り足で、身を屈ませながら、 ゆーっくりと近づいた。



    274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:26:51.11 ID:W2oewOdD0

    俺達はニヤニヤしながら近づいていった。頭の中で、その何者かにどんな悪戯をしてやろうかと考えていた。
    その時、
    『コン!』
    甲高い音が鳴り響いた。
    心臓が止まるかと。

    『コン!』
    また鳴った。一瞬何が起きたか解らず、淳と慎の方を振り返った。
    すると淳が指をさし、
    『アイツや!アイツ、なんかしとる!』と。

    俺はその何者かの様子を見た。
    『コン!コン!コン!』
    何かを木に打ち付けていた。いや、手元は見えなかったが、それが【呪いの儀式】というのはすぐにわかった。と 言うのも、この山は昔から【藁人形】に纏わる話がある。あくまで都市伝説的な噂だと、その時までは思っていたが。

    俺は恐くなり、『逃げよ。』と言ったが、
    慎が
    『あれ、やっとるの女や。よー見てみ。』と小声で言い出し、淳が
    『どんな顔か見たいやろ?もっと近くで見たいやろ?』と悪ノリしだし、慎と淳はドンドンと先に進み出した。
    俺はイヤだったが、ヘタレ扱いされるのも嫌なんで渋々二人の後を追った。

    その女との距離が縮まるたびに『コン!コン!』以外に聞こえてくる音があった。
    いや、音と言うか、
    女はお経?のような事を呟いていた。



    276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:27:47.08 ID:W2oewOdD0

    少し迂回して、俺達はその女の斜め後方8㍍程の木の陰に身を隠した。
    その女は肩に少し掛かるぐらいの髪の長さで、痩せ型、足元に背負って来たリュックと電灯を置き、写真?のような物に次々と釘を打ち込んでいた。すでに6~7本打ち込まれていた。

    その時、
    『ワン!』
    俺達はドキッとして振り返った、そこにはハッピーとタッチが尻尾を振ってハァハァいいながら「なにしてるの?」と言わんような顔で居た。
    次の瞬間、慎が
    『わ゛ぁー!!』と変な大声を出しながら走り出した。
    振り返ると、鬼の形相をした女が片手に金づちを持ち、『ア゛ーッ!!』みたいな奇声を上げ、こちらに走って来ていた。



    278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:30:22.69 ID:W2oewOdD0

    俺と淳もすぐさま立ち上がり慎の後を追い走った。
    が、俺の左肩を後ろから鷲づかみされ、すごい力で後ろに引っ張られ、俺は転んだ。
    仰向きに転がった俺の胸に『ドスっ』と衝撃が走り、俺はゲロを吐きかけた。何が起きたか一瞬解らなかったが、転んだ俺の胸に女が足で踏み付け、俺は下から女を見上げる形になっていた。
    女は歯を食いしばり、見せ付けるように歯軋りをしながら『ンッ~ッ』と何とも形容しがたい声を出しながら、俺の胸を踏んでいる足を左右にグリグリと動かした。
    痛みは無かった。もう恐怖で痛みは感じなかった。女は小刻みに震えているのが解った。恐らく興奮の絶頂なんだろう。
    俺は女から目が離せなかった。離した瞬間、頭を金づちで殴られると思った。



    280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:30:52.73 ID:W2oewOdD0

    そんな状況でも、いや、そんな状況だったからだろうか、女の顔はハッキリと覚えている。
    年齢は40ぐらいだろうか、少し痩せた顔立ち、目を剥き、少し受け口気味に歯を食いしばり、小刻みに震えながら俺を見下す。
    俺にとってはその状況が10分?20分?全く覚えてない。
    女が俺の事を踏み付けながら、背を曲げ、顔を少しずつ近づけて来た、その時、タッチが女の背中に乗り掛かった。
    女は一瞬焦り、俺を押さえていた足を踏み外し、よろめいた。
    そこにハッピーも走って来て、女にジャレついた。
    恐らく、2匹は俺達が普段遊んでいるから人間に警戒心が無いのだろう。
    俺はそのすきに慌てて起きて走りだした。
    『早く!早く!』と離れたところから慎と淳がこちらを懐中電灯で照らしていた。
    俺は明かりに向かい走った。
    『ドスっ』
    後ろで鈍い音がした。
    俺には振り返る余裕も無く走り続けた。


    慎と淳と俺が山を抜けた時には0時を回っていた。
    足音は聞こえなかったが、あの女が追い掛けてきそうで俺達は慎の家まで走って帰った。


    慎の家に付き、俺は何故か笑いが込み上げて来た。極度の緊張から解き放たれたからだろうか?
    しかし、淳は泣き出した。



    281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:31:20.47 ID:W2oewOdD0

    俺は『もう、あの秘密基地二度と行けへんな。あの女が俺らを探してるかもしれんし。』と言うと
    淳は泣きながら『アホ!朝になって明るくなったら行かなアカンやろ!』と言い出した。
    俺がハァ?と思っていると、慎が俺に
    『お前があの女から逃げれたの、ハッピーとタッチのおかげやぞ!お前があの女に後から殴られそうなとこ、ハッピーが飛び付いて、代わりに殴られよったんや!』

    すると淳も泣きながら
    『あの女、タッチの事も、タッチも・・うっ・』と号泣しだした。

    後から慎に聞くと走り出した俺を後から殴ろうとしたとき、ハッピーが女に飛び付き、頭を金づちで殴られた。女は尚も俺を追い掛けようとしたが、足元にタッチがジャレついてきて、タッチの頭を金づちで殴った。
    そして女は一度俺らの方を見たが、追い掛けてこず、ひたすら2匹を殴り続けていた。

    俺達はひたすら逃げた。

    慎も朝になれば山に入ろうといった。
    もちろん、俺も同意した。

    しかし、そこには、さらなる恐怖が待っていた。



    286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:39:26.63 ID:0O/Rt30ri

    続きを1話だけ書きます

    興奮の為、明け方まで眠れず、朝から昼前まで仮眠を取り、俺達は山に向かった。
    皆、あの『中年女』に備え、バット・エアーガンを持参した。
    山の入口に着いたが、慎が『まだアイツがいるかも知れん』と言うので、いつもとは違うルートで山に入った。
    昼間は山の中も明るく、蝉の泣き声が響き渡り、昨夜の出来事など嘘のような雰囲気だ。
    が、『中年女』に出くわした地点に近づくに連れ緊張が走り、俺達は無言になり、又、足取りも重くなった。
    少しずつ昨日の出来事が鮮明に思い出す地点に差し掛かった。
    バットを握る手は緊張で汗まみれだ。

    例の木が見えた。女が何かを打ち付けていた木。

    少し近づいて俺達は言葉を失った。

    木には小さな子供(四・五歳ぐらいの女のコ?)の写真に無数の釘が打ち付けられていた。
    いや、驚いたのはそれでは無い。その木の根元にハッピーの変わり果てた姿が。
    舌を垂らし、体中血まみれで、眉間に一本、釘が刺されていた。
    俺達は絶句し、近づいて凝視することが出来なかった。
    蝿や見たことの無い虫がたかっており、生物の『死』の意味を俺達は始めて知った。



    288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:40:12.09 ID:0O/Rt30ri

    俺はハッピーの変わり果てた姿を見て、今度中年女に会えば、次は俺がハッピーのように・・・と思い、すぐにでも家に帰りたくなった。
    その時、淳が『タッチ・・、タッチの死体が無い!タッチは生きてるかも!』と言い出した。
    すると慎も
    『きっとタッチは逃げのびたんだ!きっと基地にいるはず!』と言い出した。俺もタッチだけは生きていて欲しい。と思い、三人で秘密基地へと走り出した。

    秘密基地が見える場所まで走ってきたが、慎が急に立ち止まった。
    俺と淳は『!中年女?!』と思い、慌てて身を伏せた。黙って慎の顔を見上げると、慎は
    『・・なんだあれ・?』
    と基地を指差した。
    俺と淳はゆっくり立ち上がり、基地を眺めた。
    何か基地に違和感があった。何か・・・

    基地の屋根に何か付いている・・。
    少しずつ近づいていくと、基地の中に昨夜忘れていた淳の巾着袋
    (淳は菓子をいつもこれに入れて持ち歩いている)
    が基地の屋根に無数の釘で打ち付けてあるではないか!
    俺達は驚愕した。
    【この秘密基地、あの中年女にバレたんだ!】

    慎が恐る恐る、バットを握り締めながら基地に近づいた 。



    289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:40:33.11 ID:0O/Rt30ri

    俺と淳は少し後方でエアーガンを構えた。基地の中に中年女がいるかもしれない。
    慎はゆっくりとドアに手を掛けると同時に、すばやく扉を引き開けた。

    『うわっ!』

    慎は何かに驚き、その場に尻餅を付きながら、ズルズルと俺達の元に後ずさりをしてきた。
    俺と淳は何に慎が怯えているのか解らず、とりあえず銃を構えながら基地の中をゆっくりと覗いた。

    そこには変わり果てたタッチの死体があった。
    『うわっ!』
    俺と淳も慎と同じような反応をとった。
    やはりタッチも眉間に五寸釘が打ち込まれていた。
    俺はその時、思った。あの中年女は変態だ!いや、キチ●イだ!普通、こんなことしないだろう。
    とてつもない人間に関わってしまったと、昨夜、この山に来た事を心から後悔した。

    しばらく三人ともタッチの死体を見て呆然としていたが、慎が小屋の中を指差し、『おい!!あれ・・・』

    俺と淳は黙りながら静かに慎が指差す方向を覗き込んだ。
    基地の中・・・
    壁や床板に何か違和感が・・・何か文字が彫ってある・・
    近づいてよーく見てみた。
    『淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺淳呪殺・・・』
    無数に釘で淳・呪・殺と壁や床に彫ってあった。



    290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:40:56.52 ID:0O/Rt30ri

    淳は『え??・・』
    と目が点、というか、固まっていた。いや、俺達も驚いた。なぜ名前がバレているのか!

    その時、慎が『淳の巾着や、巾着に名前書いてあるやん!』
    『?!』
    俺は目線を屋根に打ち付けられた巾着に持って行った。
    無数に釘で打ち付けられた巾着には確かに
    【五年三組○○淳】
    と書かれてある。
    淳は泣き出した。
    俺も慎も泣きそうだった。学年と組、名前が中年女にバレてしまったのだ。もう逃げられない。俺や慎の事もすぐにバレてしまう。
    頭が真っ白になった。
    俺達はみんなハッピーやタッチのように眉間に釘を打ち込まれ、殺される。。。
    慎が言った
    『警察に言おう!もうダメだよ、逃げられないよ!』
    俺はパニックになり
    『警察なんかに言ったら、秘密基地の事とか昨日の夜、嘘付いてここに来た事バレて親に怒られるやろ!』
    と冷静さを欠いた事を言った。いや、当時は何よりも親に怒られるのが一番恐いと思っていたのもあるが。。。
    ただ、淳はずっと泣いたまま、
    『ッヒック、ヒック・・』
    何も掛ける言葉が見つからなかった。

    淳は無言で打ち付けられた巾着を引きちぎり、ポケットにねじ込んだ。



    291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:41:23.24 ID:0O/Rt30ri

    俺達は会話が無くなり、とりあえず山を降りた。淳は泣いたままだった。
    俺は今もどこからか中年女に見られている気がしてビクビクしていた。
    山を降りると慎が
    『もう、この山に来るのは辞めよ。しばらく近づかんといたら、あの中年女も俺らの事を忘れよるやろ。』と言った。
    俺は『そやな、んで、この事は俺らだけの秘密にしよ!誰かに言ってるのがアイツにバレたら、俺ら殺されるかもしれん。』

    慎は頷いたが淳は相変わらず腕で涙を拭いながら泣いていた。
    その日、各自家に帰り、その後、その夏休みは三人で会うことは無かった。
    その二週間後の新学期、登校すると、淳の姿は無かった。慎は来ていたので、慎と二人で『もしかして淳、あの女に・・・』
    と思いながら、学校帰りに二人で淳の家を訪ねた。
    家の呼び鈴を押すと、明るい声で『はぁーい!』と淳の母親が出て来た。
    俺が『淳は?』と聞くと、おばさんは『わざわざお見舞いありがとねー。あの子、部屋にいるから上がって。』
    と言われ、俺と慎は淳の部屋に向かった。
    『淳!入るぞ!』と淳の部屋に入ると、淳はベットで横になりながら漫画を読んでいた。
    以外と平気そうな淳を見て俺と慎は少し安心した。



    292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:41:46.80 ID:0O/Rt30ri

    慎『何で今日休んだん?』
    俺『心配したぞ!風邪け?』
    淳『・・・』
    淳は無言のまま漫画を閉じ、俯いていた。
    そこにおばさんが菓子とジュースを持ってきて、
    『この子、10日ぐらい前からずっとジンマシンが引かないのよ。』と言って『駄菓子の食べ過ぎじゃないのー?』と続けた。
    笑いながらおばさんは部屋を出ていった。
    俺と慎は笑って
    『何だよ!脅かすなよー、ジンマシンかよ!拾い食いでもしたんだろ?』とおどけたが、淳は俯いたまま笑わなかった。
    慎が『おい!淳どうした?』と訪ねると淳は無言でTシャツを脱いだ。

    体中に赤い斑点。
    確かにジンマシンだった。俺は『ジンマシンなんて薬塗ってたら治るやん。』と言うと、淳が、
    『これ、あの女の呪いや・・・』と言いながら背中を見せて来た。
    確かに背中も無数にジンマシンがある。
    慎が『何で呪いやねん。もう忘れろ!』と言うと
    淳は『右の脇腹見て見ろや!』と少し声を荒げた。
    右の脇腹・・たしかにジンマシンが一番酷い場所だったが、なぜ『呪い』に結び付けるかが解らなかった。
    すると淳が『よく見ろよ!これ、顔じゃねーか!』
    よく見て俺と慎は驚いた。確かに直径五㌢程の人、いや、女の顔のように皮膚がただれて腫れ上がっている。



    294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:42:42.54 ID:0O/Rt30ri

    俺と慎は『気にしすぎだろ?たしかに顔に見えないことも無いけど。』
    と言ったが、
    『どー見ても顔やんけ!俺だけやっぱり呪われてるんや!』と言った。
    俺と慎は淳に掛ける言葉が見つからなかった。と言うより淳の雰囲気に圧倒された。
    いつもは温厚で優しい淳が・・少し病んでいる。青白い顔に覇気のない目、きっと精神的に追い詰められているのだろう。
    俺と慎は急に淳の家に居づらくなり、帰ることにした。
    帰り道、俺は慎に『あれ、どー思う?呪いやろか?』と聞いた。
    慎は『この世に呪いなんてあらへん!』と言った。なぜかその言葉に俺が勇気づけられた。

    それから三日過ぎた。依然、淳は学校には来なかった。
    俺も慎も淳に電話がしづらく、淳の様子は解らなかった。ただクラスの先生が『風疹で淳はしばらく休み』と言っていたので少し安心していた。
    しかし、この頃から学校で奇妙な噂が流れ始めた。
    【学校の通学路にトレンチコートにサンダル履きのオバさんが学童を一人一人睨むように顔を凝視してくる】
    という噂だ。



    295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:43:00.71 ID:0O/Rt30ri

    その噂を聞いた放課後、俺は激しく動揺した。何故なら俺は唯一、間近で顔を見られている。
    慎に相談した。
    慎は『大丈夫!夜やったし見えてないって!それにあの日見られてたとしても、忘れてるって!』と、俺を落ち着かせる為か、意外と冷静だった。
    何よりも嫌だったのが、俺と慎は通学路が全くの正反対。俺と淳は近所なのだが、淳が休んでいる為、俺は一人で帰らなければいけない。
    俺は慎に『しばらく一緒に帰ろうよ!俺、恐い。』と慎に頼んだ。慎は少し呆れた顔をしていたが、『淳が来るまでやぞ!』と行ってくれた。
    その日から、帰りは俺の家まで慎が付き添ってくれる事になった。



    296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:43:27.49 ID:0O/Rt30ri

    続き

    その日から慎と帰ることになった。

    その日は学校で噂の『トレンチコート女』(推定・中年女)には会わなかった。
    次の日も、その次の日も会わなかった。
    しかし、学校では相変わらず【トレンチコートの女】の噂は囁かれていた。
    慎と一緒に下校することになり五日目、俺達は久しぶりに淳の見舞いに行くことにした。

    お土産に給食のデザートのオレンジゼリーを持って行った。

    淳の家に着き、チャイムを押した。いつもの様に叔母さんが明るく出て来て俺達を中に入れてくれた。

    淳は相変わらず元気が無かった。ジンマシンは大分消えていたが、淳本人は
    『横腹の顔の部分が日に日に大きくなっている。』
    と言っていたが、俺と慎には全く解らなかった。むしろ、前回見たときよりはマシになっているように見えた。
    精神的に淳はショックを受けているのだろう。
    俺達は学校で流れている『トレンチコートの女』の噂は淳には言わなかった。
    帰り間際に淳の叔母さんが俺達の後を追い掛けて来て、『淳、クラスでイジメにでも会っているの?』と不安げな顔で聞いて来た。
    俺達は否定したが、本当の理由を言えないことに少し罪悪感を感じた。



    297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:43:58.68 ID:0O/Rt30ri

    それから三日後、
    その日は珍しく内藤と佐々木と俺と慎の四人で一緒に下校した。
    内藤は体がデカく、佐々木はチビ。実写版のジャイアンとスネオみたいな奴ら。
    もう俺と慎の中で『中年女』の事は風化しつつあった。学校で噂の『トレンチコート女』も実在したとしても、全くの別人と思えて来ていた。

    その日は四人で駅前にガチャガチャをしに行こうと言う話になり、いつもと違う道を歩いていた。

    これが間違いだった。

    楽しく四人で話しながら歩いていると、佐々木が『あ、あれトレンチコート女ぢゃね?』
    内藤『うわっ!ホンマや!きもっ!』と言い出した。
    俺はトレンチコート女を見てみた。心の中で《別人であってくれ!》と願った。
    トレンチコート女はスーパーの袋を片手に持ち、まだ残暑の残るアスファルトの道で、ただ、突っ立っていた。うつむいて表情は全く解らない。

    慎は警戒しているのか、小声で俺達に『目、合わせるなよ!』と言ってきた。
    少しずつ、女との距離が縮まっていく。緊張が走った。女は微動たりせず、ただ、うつむいていた。
    女との距離が5㍍程になったとき、女は突然顔を上げ、俺達四人の顔を見つめてきた。そして、その次に俺達の胸元に目線を送って来ているのが解った。
    !名札を確認している。



    300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:46:41.89 ID:W2oewOdD0

    俺は焦った。平常心を保つのに必死だった。
    一瞬見た顔であの日の出来事がフラッシュバックし、心臓が口から出そうになった。
    間違いない。『中年女』だ!
    俺はうつむきながら歩き過ぎた。
    俺はいつ襲い掛かられるかとビクビクした。
    どれくらい時が過ぎただろう。いや、ほんの数秒が永遠に感じた。
    内藤が『あの目見たけ?あれ完全にイッテるぜ!』と笑った。
    佐々木も『この糞暑いのにあの格好!ぷっ!』と馬鹿にしていた。
    俺と慎は笑えなかった。
    佐々木が続けて言った
    『やべ!聞こえたかな?まだ見てやがる!』
    俺はとっさに振り返った。
    『中年女』と目が合った・・・
    まるで蝋人形のような無表情な『中年女』の顔がニヤっと、凄くイヤらしい微笑みに変わった。

    背筋が凍るとはこの事か。。。
    俺は生まれて始めて恐怖によって少し小便が出た。
    バレたのか?俺の顔を思い出したのか?バレたなら何故襲って来ないのか?
    俺の頭はひたすらその事だけがグルグル巡っていた。

    内藤が『うわーっ、まだこっち見てるぜ!佐々木!お前の言った悪口聞かれたぜ!俺知らねーっ!』っとおどけていた。



    301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:47:22.24 ID:W2oewOdD0

    もうガチャガチャどころではない。曲がり角を曲がり、女が見えなくなった所で俺は慎の腕を掴み
    『帰ろう!』と言った。
    慎は俺の目をしばらく見つめて『あ、今日塾だっけ?帰らなやばいな!』と俺に合わせ、俺達は走った。

    家とは逆の方向に走り、しばらくして俺は慎に『アイツや!あの目、間違いない!俺らを探しに来たんや!』
    慎は意外と冷静に『マジマジと名札見てたもんな。。学年とクラス、淳の巾着でバレてるし。。』
    俺はそんな落ち着いた慎に腹がたち『どーすんだよ!もう逃げ切れネーよ!家とかそのうちバレっぞ!!』

    慎『やっぱ警察に言おう。このままはアカン。助けてもらお。』

    俺『・・・』俺はしばらく黙っていた。たしかに他に助かる手は無いかもしれないと思った。
    『でも、警察に何て言う?』と俺が問うと慎は
    『山だよ。あの山に打ち付けられた写真とかハッピー、タッチの死体、あれを写真に撮って、あの女が変質者って言う証拠を見せれば警察があの女を捕まえてくれるはずや!』

    俺は納得したが、もうあの山に行くのは嫌だったが、仕方が無かった。

    さっそく、明日の放課後、裏山に二人で行く事になった。



    302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:47:44.87 ID:W2oewOdD0

    明日の放課後、裏山に行く。その話がまとまり、俺達は家に帰ろうとしたが、『中年女』が何処に潜伏しているか解らない為、俺達は恐ろしく遠回りした。通常なら20分で帰れるところを二時間かけて帰った。
    家に着いて俺はすぐに慎に電話した
    『家とかバレてないかな?今夜きたらどーしよ!』などなど。俺は自分で自分がこれほどチキンとは思わなかった。
    名前がバれ、小屋に『淳呪殺』と彫られた淳が精神的に病んでいるのが理解できた。
    慎は『大丈夫、そんなすぐにバレないよ!』と俺に言ってくれた。
    この時俺は思った。普段対等に話しているつもりだったが、慎はまるで俺の兄のような存在だと。
    もちろんその日の夜は眠れなかった。
    わずかな物音に脅え、目を閉じれば、あのニヤッと笑う中年女の顔がまぶたの裏に焼き付いていた。

    朝が来て、学校に行き、授業を受け、放課後、
    午後3時半。。
    俺と慎は裏山の入口まで来た。



    303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:48:04.93 ID:W2oewOdD0

    俺は山に入るのを躊躇した。『中年女』『変わり果てたハッピーとタッチ』『無数の釘』
    頭の中をグルグルと鮮やかに『あの夜の出来事』が甦ってくる。
    俺は慎の様子を伺った。慎は黙って山を見つめていた。慎も恐いのだろう。
    『やっぱ、入るの恐いな・・・』と言ってくれ!と俺は内心願っていた。

    慎はズボンのポケットからインスタントカメラを取り出し、右手に握ると、俺の期待を裏切り、
    『よし。』
    と小さく呟き、山へ入るとすぐさま走りだした。
    俺はその後ろ姿に引っ張られるように走りだした。

    慎は振り返らずに走り続ける。
    俺は必死に慎を追った。一人になるのが恐かったから必死で追った。

    今思えば慎も恐かったのだろう。恐いからこそ周りを見ずに走ったのだろう。

    『あの場所』が 徐々に近づいてくる。
    思い出したくもないのに『あの夜』の出来事を鮮明に思いだし、心に『恐怖』が広がりだした。
    恐怖で足がすくみだした時、『あの場所』に着いた。
    そう、『中年女が釘を打っていた場所』『中年女がハッピー、タッチを殺した場所』『中年女に引きずり倒された場所』


    【中年女と出会ってしまった場所】



    306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:48:30.62 ID:W2oewOdD0

    俺は急に誰かに見られているような気がして周りを見渡した。いや、『誰かに』では無い、中年女に見られているような気がした。
    山特有の『静寂』と自分自身の心に広がった『恐怖』がシンクロし、足が震えだす。
    立ち止まる俺を気にかける様子無く、慎はあの木に近づきだした。

    何かに気付き、慎はしゃがみ込んだ。
    『ハッピー・・・』
    その言葉に俺は足の震えを忘れ、慎の元に歩み寄った。
    ハッピーは既に土の一部になりつつあった。頭蓋骨をあらわにし、その中心に少し錆びた釘が刺さったままだった。
    俺は釘を抜いてやろうとすると、慎が『待って!』と言い、写真を一枚撮った。
    慎の冷静さに少し驚いたが、何も言わず俺は再び釘を抜こうとした。
    頭蓋骨に突き刺さった釘をつまんだ瞬間、頭蓋骨の中から見たことの無い、多数の虫がザザッと一斉に出てきた。
    『うわっ!』俺は慌てて手を引っ込め、立ち上がった。
    ウジャウジャと湧いている小さな虫が怖く、ハッピーの死体に近づく事が出来なくなった。それどころか、吐き気が襲って来てえずいた。
    慎は何も言わずに背中を摩ってくれた。

    俺はあの夜、ハッピーを見殺しにし、又、ハッピーを見殺しにした。
    俺は最高に弱く、最低な人間だ。



    307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:48:53.58 ID:W2oewOdD0

    慎はカメラを再び構え、『あの木』を撮ろうとしていた。
    『ん?!おい!ちょっと来てーや!』
    何かを発見し、俺を呼ぶ慎。俺は恐る恐る慎の元に歩み寄った。
    慎が『これ、この前無かったよな?』と何かを指差す。
    その先に視線をやると、無数に釘の刺さった写真が・・・
    ん?たしか前もあったはずじゃ・・・

    いや!
    写真が違う!

    厳密に言うと、この前見た『4・5歳ぐらいの女の子』の写真はその横にある。
    つまり、写真が増えている!
    写真の状態からして、ここニ・三日ぐらいに打ち込まれているであろう。
    この前に見た写真は既に女の子かどうかもわからないぐらいに雨風で表面がボロボロになっている。

    新しい写真も『4、5歳ぐらいの女の子』のようだ。

    この時、慎には言わなかったが、俺は一瞬『新しい写真が俺だったらどうしよう!!』とドキドキしていた。

    慎はカメラにその打ち込まれた写真を撮った。
    そして、
    『後は秘密基地の彫り込みを撮ろう。』と言い、又走りだした。
    俺は近くに中年女がいるような錯覚がし、一人になるのが怖く、慌てて慎を追った。



    308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:49:12.01 ID:W2oewOdD0

    秘密基地に近いてきて、俺は違和感を感じ、
    『慎!』
    と呼び止めた。

    違和感

    いつもなら秘密基地の屋根が見える位置にいるはずなのだが、屋根が見えない。
    慎もすぐに気付いたようだ。
    このとき脳裏に『中年女』がよぎった。

    胸騒ぎがする。
    鼓動が激しくなる。

    慎が『裏道から行こう。』と言った。俺は無言で頷いた。
    裏道とは獣道を通って秘密基地に行く従来のルートとは別に、茂みの中をくぐりながら秘密基地の裏側に到達するルートの事である。
    この道は万が一秘密基地に敵が襲って来た時の為に造っておいた道。
    もちろん、遊びで造っていたのだが、まさかこんな形で役に立つとは・・
    この道なら万が一、基地に『中年女』がいても見つかる可能性は極めて低い。
    俺と慎は四つん這いになり、茂みの中のトンネルを少しずつ進んだ。

    そして秘密基地の裏側約5㍍程の位置にさしかかった時、基地の異変の理由が解った。

    バラバラに壊されている。

    俺達が造り上げた秘密基地はただの材木になっていた。

    しばらく様子を伺ったが、中年女の気配もないので俺達は茂みから抜けだし、秘密基地『跡地』に到達した。



    309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:49:32.59 ID:W2oewOdD0

    俺達はバラバラに崩壊された秘密基地を見、少し泣きそうになった。
    『秘密基地』言わば俺達三人と2匹のもう一つの家。
    バラバラになった材木の片隅に大きな石が落ちていた。恐らく誰かがこれをぶつけて壊したのだろう。
    『誰かが』?・・いや、多分『中年女』が。。
    慎が無言で写真を撮りだした。
    そして数枚の材木をめくり、『淳呪殺』と彫られた板を表にし、写真を撮った。
    その時、わずかな板の隙間からハエが飛び出し、その隙間からタッチの遺体が見えた。

    ハッピーとタッチ。
    秘密基地よりもかけがえの無い2匹を俺達は失った事を痛感した。

    慎は立ち上がり
    『よし、このカメラを早く現像して警察に持って行こう。』
    と言った。
    俺達は山を駆け降りた。
    山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。
    『このカメラに納められた写真を見せれば、中年女は捕まる。俺らは助かる。』その一心だけで走った。

    途中でカメラ屋に寄り現像を依頼。
    出来上がりは30分後と言われたので俺達は店内で待たせてもらった。
    その間、慎との会話はほとんど無かった。ただただ 写真の出来上がりが待ち遠しかった。

    そして30分が過ぎた。



    311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:50:00.46 ID:W2oewOdD0

    『お待たせしましたー。』
    バイトらしき女店員に声をかけられた。
    俺と慎は待ってましたとばかりにレジに向かった。
    女店員は少し不可解な顔をしながら
    『現像出来ましたので中の確認をよろしくお願いします。』といいながら写真の入った封筒を差し出した。まぁ現像後の写真が犬の死骸や釘に刺された少女の写真のみだから、不可解な顔をするのも当然だが・・・
    慎はその場で封筒から写真を取り出し、すべての写真を確認し、
    『大丈夫です。ありがとうございました。』と言い、代金を支払った。
    店を出て、すぐさま交番へ向かった。

    これで全てが終わる

    駅前の交番へ二人して飛び込んだ。

    『ん?!どうしたの?』
    中にいた若い警官が笑顔で俺達を迎えてくれた。
    俺達はその警官の元に歩み寄り、
    『助けてください!』
    と言った。


    俺と慎は『あの夜』の出来事を話した。裏付ける写真も一枚一枚見せながら話した。そして、今も『中年女』に狙われている事を。


    一通り話し終わるとその警官は穏やかな表情で『お父さんやお母さんに言ったの?』
    俺たちは親には伝えてないと言うと、
    『ん~、んぢゃ家の電話番号教えてくれるかな?』と警官は言い出した。



    312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:50:27.56 ID:0O/Rt30ri

    慎が『なんで親が関係あるの?狙われているのは俺達だよ?!』とキレ気味に言い放った。
    ちなみに慎の両親は医者と看護婦。高校生の兄貴は某有名私立高校生。
    俺達3人の中で一番裕福な家庭だが、一番厳しい家庭でもある。
    『あの夜』親に嘘をついて秘密基地に行き、このような事に巻き込まれた、などバレれば、俺や淳もだが、慎が一番洒落にならないのである。
    『助けてよ!警察官でしょ!!』と慎が詰め寄る。
    警官は少し苦笑いして、『君達小学生だよね?やっぱり、こーゆー事はキチンと親に言わなきゃダメだよ。』
    と、しばらくイタチゴッコが続いた。

    あげくに警官は『じゃあ君達の担任の先生は何て名前?』
    など、俺達にとっては《脅し》に取れる言葉を投げ掛けてきた。
    まぁ、警官にとっては俺達の『保護者及び責任者』から話を聞かないと・・・って感じだったのだろうが、
    俺達にとって、こういう時の『親・先生』は怒られる対象にしか考えられなかった。
    そうこうしているうちに俺達の心の中に、目の前にいる 警官に対して《不信感》が芽生えてきた。
    [このまま此処にいれば、無理矢理住所を言わされ、親にチクられる!]と。




    313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:50:55.93 ID:0O/Rt30ri

    (この警官は俺達の話を信じてくれてないのでは?)
    と俺は思い始めた。
    俺や慎が必死に助けを求めているのに、『親』『先生』ばかり言ってくる。
    俺達は『中年女』の存在を裏付ける証拠写真まで持参しているのに。。
    俺はもう一度警官に写真を見せつけ
    『犬をこんな殺し方する奴なんだよ!』と言った。
    すると、警官はしばらく黙り込み、写真を手に取り、意外な一言を言った。
    『ん~。。これって犬?なの?』

    『は?』と俺と慎は驚いた。この人は何を言っているんだろう!と。
    続けて警官は
    『いや、君達を信じていない訳じゃないよ。じゃあもう少し詳しく教えて。ここが頭?』

    警官は冗談を言っている訳では無く、本当に解らないようだ。
    俺はハッピーの写真を取上げ
    『だから、、、』
    と説明しかけて言葉が詰まった。
    確かに、この写真を客観的に見ると犬の死骸には見えないかも・・。と思った。
    薄茶色に変色した骨に所々わずかに残っている毛。。。
    俺と慎はハッピーが死体になった翌日にも見ているので、腐食が進んでいても元の形(倒れていた角度、姿)を知っているが、
    知らない奴が見るとただの汚れた石に汚い雑巾の様なものが絡んでいるようにしか見えないかも知れない。。



    314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:51:21.55 ID:0O/Rt30ri

    俺は冷静に他の写真も見てみた。
    板に刻まれた『淳呪殺』・少女の写真に無数の『釘』。。
    たしかに『中年女』の存在に直接結び付けるのは難しいのか?
    ひょっとして警官は『小学生の悪戯』と思っていて、先程から『親・担任』などと言っているのか?
    俺はこのまま此処にいては危険だと感じ出した。
    『絶対、親を呼び出すつもりだ!』
    俺は慎に小さな声で耳打ちした。
    慎は無言で頷き、アゴをクイッと動かし、『外に出る合図』を送ってきた。
    すると次の瞬間には慎は勢いよく振り向き、走りだした。
    俺もすぐさま後を追い、交番から抜け出した。
    後ろから『おいっ!』と警官が呼び止める声がしたが、俺達は振り向かずに走り続けた。

    警官が追い掛けてくる気配は無かった。警官はおそらく
    『悪戯しにきた小学生が、嘘を見破られそうになり逃げ出した。』
    とでも思っているのだろう。
    俺と慎は警官が追って来ていないことを充分に確認し、道端に座り込み、緊急ミーティングを開催した。



    315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:51:51.60 ID:0O/Rt30ri

    『これからどーする?』
    『どーしよ・・』
    俺達は途方に暮れていた。最後の切り札の警察にも信じてもらえず、『中年女』から身を守る術を失った。
    『これで全てが解決する』
    と俺達は思い込んでいただけにショックはデカかった。
    『このままだったら中年女に住所バレて・・・』
    俺は恐かった。
    すると慎が
    『・・・しばらくあの女には出くわさないように注意して・・』
    と言いかけたが
    俺はすぐに『もう無理だよ!淳の学年とクラスがバレてる時点ですぐに俺らもバレるに決まってる!』と少し声を荒げた。
    『でも、あの女、、、俺達に何かする気あるのかな?』
    俺『?』
    慎が言いだした。
    『だってこの前俺ら学校帰りにあの女に出会ったじゃん。もし何かするつもりならあの時でも良かった訳じゃん。』
    俺『・・・』
    慎が続けて『それに山・・・もし俺らのことを許してないなら山に何らかの呪い彫りとかあってもいーはずじゃん。』

    俺『・・・』

    たしかに。山に行った時、確かに新しい『俺達に対する』呪い的な物は無かった。秘密基地は壊されていたが・・・
    新しい『女の子の釘刺し写真』はあったが、俺達・・まして、フルネームが バレている淳の『呪い彫り』は無かった。



    316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:52:14.09 ID:0O/Rt30ri

    俺は内心『そーなのかな?』と反論したかったが、しなかった。
    それは、慎の言うとうり実は俺達が思っている程『中年女』は俺達の事を怨んでいない、忘れかけている。と思いたかった。
    慎はもう一度『俺らを本気で怨んでいるなら何らかの《アクション》を起こすはずだろ?』
    と、まるで俺を安心さすかのように言った。
    そして『学校の近くをウロついてるのも、俺らを捜してるんぢゃなく《写真の女の子》を捜してる可能性もあるだろ?』
    と言葉を続けた。
    『そーか・・・』
    俺はその慎の言葉を聞いて少し気持ちが楽になった感じがした。
    と言うか慎の言った言葉を自分自身に言い聞かせ、自分自身を無理矢理納得させようとした。
    それは【現実逃避】に近いかもしれない。
    慎自身もそうだったのかも知れない。もう『中年女』から逃げる術が見つからず、言ったのかも知れない。
    しかし俺は、、
    俺達は、
    『そーだよな!そのうち俺らのことなんて忘れよる!』
    『もう忘れとるって!』
    『なんだよチクショー!ビビって損した!』
    『ほんま、あの女、泣かしたろか!』
    とお互い強がって見せた。ある意味やけくそに近いかもしれない。



    317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:53:01.48 ID:0O/Rt30ri

    しばらくその場で慎と『中年女』の悪口など、談笑していた。
    辺りは薄暗くなり始め、俺達は帰宅することにした。
    慎と別れる道に差し掛かって、『明日の帰り、淳の様子見に行こっか!』『おう!そやな!』
    とお互い明るく振る舞って手を振り別れた。
    俺の心は少し晴れやかになっていた。
    『そーだよな・・慎の言う通り、中年女はもう俺達の事なんて忘れてるよな・・』
    と。
    まるで自己暗示のように繰り返し言い聞かせた。
    足取りも軽く、石を蹴りながら家に向かった。
    空を見上げると雲も無く、無数の星がキラキラ輝き、とても清々しい夜空だった。
    今まで『中年女』の事でウジウジ悩んでいたのが馬鹿らしく思えた。
    自宅に近づき、その日は見たいアニメがあるのに気付き、俺は小走りで家に向かった。
    『タッタッタッタッ、、、』夜の町内に俺の足跡が響く。
    『タッタッタッタ、、、』
    静かな夜だった。
    『タッタッタッタッ、、、』
    ん?
    『タッタッタッタ・・』
    俺の足音以外に違う足音が聞こえる。
    後ろを振り向いた。
    暗くて見えないが誰もいない。気のせいか。。
    ナンダカンダ言って俺は小心者だなと思いながら再び走った。
    『タッタッタッタッ。。。』
    『タッタッタッタ・・』
    ・・ん?誰かいる。



    319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:53:35.13 ID:0O/Rt30ri

    俺はもう一度立ち止まり、目を凝らして後ろを眺めた。
    ・・・やっぱり誰もいない・・
    確かに俺の足音にマジって後ろから誰かが走ってくる足音が聞こえたのだが?!
    俺も淳のように自分でも気付かないうちに精神的に『中年女』追い詰められているのか?ビビり過ぎているのか?
    しばらく立ち止まり、ずーっと後ろを眺めた。

    ドックンドックン鼓動を打っていた心臓が、一瞬止まりかけた。

    15㍍程後方、民家の玄関先に停めてある原付きバイクの陰に誰かがしゃがんでいる。
    いや、隠れている。
    月明かりでハッキリ黙視できないが一つだけハッキリと見えたものがある。
    『コートを着ている!』
    しばらく俺は固まった。
    隠れている奴は俺に見つかっていないと思っているようだが、シルエットがハッキリ見える!
    俺は一瞬混乱した。
    『中年女だ!中年女だ!中年女だ!中年女!中年女!』
    腰が抜けそうになったが、本能だろうか、次の瞬間
    『逃げなきゃ!逃げなきゃ!逃げなきゃ!逃げなきゃ!逃げなきゃ!逃げなきゃ逃げなきゃ!』
    ともう一人の俺が、俺に命令する。
    俺は思いッキリ走った!運動会の時より必死に走った。もう風を切る音以外聞こえない程、無呼吸で走った。



    321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:54:01.87 ID:0O/Rt30ri

    無我夢中で家に向かって走った。
    家まであと10㍍。
    よし!逃げ切れる!

    『!』
    一瞬、頭にあることがよぎった。
    【このまま家に逃げ込めば間違いなく家がバレる!】
    俺はとっさに自宅前を通過し、そのまま住宅街の細い路地を走り続けた。
    当てもなく、ただ俺の後方を着いて来ているであろう『中年女』を巻く為に。。。
    5分ほど、でたらめな道を走り続けた。
    さすがに息がキレて来て歩きだし、後ろを振り向いた。

    もう、『中年女』らしき人影も足音も聞こえて来ない。
    俺は周囲を警戒しつつ、自宅方面へ歩き始めた。
    再び自宅の10㍍程手前に差し掛かり、俺はもう一度周囲を警戒し、玄関にダッシュした。
    両親が共働きで鍵っ子だった俺はすばやく玄関の鍵を開け、 中に入り、すばやく施錠した。
    『。。。フぅー。。』
    安堵感で自然とため息が出た。
    とりあえず慎に報告しなければと思い、部屋に上がろうと靴を脱ごうとした時、玄関先で物音がした。
    『!?』
    俺は靴を脱ぐ体制のまま固まり、玄関扉を凝視した。
    俺の家の玄関は曇りガラスにアルミ冊子がしてある引き戸タイプなのだが、曇りガラスの向こう側に。。。
    玄関先に誰かが立っている影が映っていた。



    322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:54:20.63 ID:0O/Rt30ri

    玄関扉を挟んで1㍍程の距離に『中年女』がいる!
    俺は息を止め、動きを止め、気配を消した。
    いや、
    むしろ身動き出来なかった。まるで金縛り状態・・・『蛇に睨まれた蛙』とはこのような状態の事を言うのだろう。
    曇り硝子越しに見える『中年女』の影をただ見つめるしか出来なかった。
    しばらく『中年女』はじっと玄関越しに立っていた。微動すらせず。
    ここに『俺』がいることがわかっているのだろうか?・・。
    その時、硝子越しに『中年女』の左腕がゆっくりと動き出した。
    そして、ゆっくりと扉の取手部分に伸びていき、『キシッ!』
    と扉が軋んだ。
    俺の鼓動は生まれて始めてといっていいほどスピードを上げた。
    『中年女』は扉が施錠されている事を確認するとゆっくりと左腕を戻し、再びその場に留まっていた。
    俺は依然、硬直状態。。
    すると『中年女』は玄関扉に更に近づき、その場にしゃがみ込んだ。
    そして硝子に左耳をピッタリと付けた。
    室内の様子を伺っている!
    鮮明に目の前の曇り硝子に『中年女』の耳が映った。
    もう俺は緊張のあまり吐きそうだった。鼓動はピークに達し、心臓が破裂しそうになった。
    『中年女』に鼓動音がバレる!と思う程だった。



    323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:54:33.88 ID:sE1JLlnt0

    さあラノベちっくな文章になってきました


    324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:54:48.38 ID:0O/Rt30ri

    『中年女』は二、三分間、扉に耳を当てがうと再び立ち上がり、こちら側を向いたまま、ゆっくりと、一歩ずつ後ろにさがって行った。
    少しづつ硝子に映る『中年女』の影が薄れ、やがて消えた。。
    『行ったのか・・・?』
    俺は全く安堵出来なかった。
    何故なら、
    『中年女』は去ったのか?
    俺がここ(玄関)にいることを知っていたのか?
    まだ家の周りをうろついているのか?
    もし、『中年女』に俺がこの家に入る姿を見られていて、『俺の存在』を確信した上で、さっきの行動を取っていたのだとしたら、間違いなく『中年女』は家の周囲にいるだろう。。
    俺はゆっくりと、細心の注意を払いながら靴を脱ぎ、居間に移動した。
    一切、部屋の明かりは点けない。明かりを燈せば『俺の存在』を知らせることになりかねない。
    俺は居間に入ると真っ直ぐに電話の受話器を持ち、手探りで暗記している慎の家に電話をかけた。
    3コールで慎本人が出た。
    『慎か?!やばい!来た!中年女が来た!バレた!バレたんだ!』
    俺は小声で焦りながら慎に伝えた。
    『え?どーした?何があった?』と慎。
    『家に中年女が来た!早く何とかして!』俺は慎にすがった。



    325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:55:17.23 ID:W2oewOdD0

    慎『落ち着け!家に誰もいないのか?』
    俺『いない!早く助けて』
    慎『とりあえず、戸締まり確認しろ!中年女は今どこにいる?』
    俺『わからない!でも家の前までさっきいたんだ!』
    慎『パニクるな!とりあえず戸締まり確認だ!いいな!』
    俺『わかった!戸締まり見てくるから早く来てくれ!』
    俺は電話を切ると、戸締りを確認しにまずは便所に向かった。
    もちろん家の電気は一切つけず、五感を研ぎ澄まし、暗い家内を壁づたいに便所に向かった。
    まずは便所の窓をそっと音を立てず閉めた。
    次は隣の風呂。
    風呂の窓もゆっくり閉め、鍵をかけた。
    そして風呂を出て縁側の窓を確認に向かった。
    廊下を壁づたいに歩き縁側のある和室に入った。
    縁側の窓を見て違和感を覚えた。
    いや、いつもと変わらず窓は閉まってレースのカーテンをしてあるのだが、左端。。。
    人影が映っている。。
    誰かが窓の外から、
    窓に顔を付け、双眼鏡を覗くように両手を目の周辺に付け、室内を覗いている。
    家の中は電気をつけていない為、外の方が明るく、こちらからはその姿が丸見えだった。
    窓に『中年女』がヤモリの如く張り付いている。
    俺は腰が抜けそうになった。




    326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:55:32.02 ID:W2oewOdD0

    これは
    【動物の本能】
    なのだろうか?
    肉食獣を見つけた草食動物のように、俺はとっさにしゃがみ込んだ。
    全身が無意識に震えていた。
    『中年女』からこちらは見えているのか?
    『中年女』はしばらく室内を覗き、そのままの体勢で、ゆっくりと窓の中心まで移動して来た。
    そして『キュルキュルキュル』と嫌な音が窓からしてきた。
    『中年女』の右手が窓を擦っている。左手は依然、目元にあり、室内を覗きながら。。。
    『キュルキュルキュル』
    嫌な音は続く、
    俺の恐怖心はピークに達した。
    何かわからないが、『中年女』の奇行に恐怖し、その恐怖のあまり、声を出す事すら出来なかった。
    すると『中年女』はとったに後ろを振り返り、凄い勢いで走り去って行った。
    俺は何が起きたかわからず、身動きも出来ずに、ただ窓を見ていた。
    すると、窓の向こうの道路に赤い光がチカチカしているのが見えた。
    「警察が来たんだ!」
    俺は状況が飲み込めた。
    偶然通りかかったパトカーに気付き、『中年女』は逃げて行ったんだと。

    しばらく俺はしゃがみ込んだまま震えていた。
    『プルルルルル!』
    その時、電話が突然鳴った。もう心臓が止まりかけた。
    ディスプレイを見ると慎の自宅からの電話だった。



    327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:55:49.20 ID:W2oewOdD0

    俺は慌てて電話に出た。
    慎『どう?』
    俺『なんか部屋覗いとったけど、どっか行った。。。』
    慎『そっか、親帰って来たんか?』
    俺『いや、たまたまパトカー通って、それにビビって中年女逃げたんや思う。』
    慎『そーなんや!良かった。俺、お前んちの近くに不審者がいるって通報しといてん。
    でも、あいつに家バレたんやったら、そろそろ親にも相談しなあかんかもな。。』
    俺『・・・』
    慎『俺も今日、親に言うから。。お前も言えよ!もうヤバイよ!』
    俺『・・・うん・・』
    そして電話を切った。
    その30分後、母親がパートから帰って来た。
    俺は部屋の電気を消したまま玄関に走り、母の顔を見た瞬間、安堵感からか、泣き出した。
    母親はキョトンとしていたが、俺はしばらく泣き続けた後、
    『ごめんなさい、』
    と冒頭に謝罪をし、
    『あの夜』の出来事から『さっき』の出来事まで説明した。
    説明の途中、父親も帰宅し、父には母が説明した。
    その後、父が無言で和室の窓硝子を見に行った。
    窓硝子は鋭利な何かで凄い傷が付けられていた。
    『鋭利な何か』が『五寸釘』だと直感でわかった。
    両親は俺を叱らず、母親は俺を抱きしめてくれ、父は警察に電話をかけていた。



    328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:56:04.89 ID:W2oewOdD0

    10分程してから警察が来た。
    警察には父が事情を説明していた。
    俺はしばらくの間、母親と居間にいたが、少ししてから警官が居間に来て『あの夜』の事を聞いてきた。
    ハッピーとタッチの事、木に釘で刺された少女の写真の事、淳の名前が秘密基地に彫られていたこと・・・
    その後、放課後に出会った事など、『中年女』に係わる全ての事を話した。そして『さっき』の出来事も。。。
    鑑識らしき人も来ていて、俺が話している間に窓の指紋を採取していた。
    俺が話した内容で警官がもっとも詳しく聞いてきたことが『少女の写真』の事だった。
    『その少女』の容姿や面識の有無等聞かれたが、それについては『よく解らない。』と答えるしかなかった。
    そして裏山の地図を書かされ、翌日、警察が調べに行くと言う事になり、自宅周辺の夜間パトロール強化を約束して警察官は帰っていった。
    結局、指紋は出なかった。

    しばらくして、慎・淳の親から電話がかかってきた。親同士で何やら話していたが『中年女』に関する話、というより、学校にどのように説明するかを話していたようだ。



    329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:56:10.21 ID:u7PfmPAT0

    おお


    330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:56:24.86 ID:W2oewOdD0

    その夜、俺は何年かぶりに両親と共に寝た。
    恥ずかしさなど微塵も無く、純粋に『中年女』が怖く、なかなか寝付け無かった。

    次の日の朝、母親に起こされた時にはすでに午前8時を回っていた。
    『遅刻する!』と慌てると母が『今日は家で寝てなさい。』と言う。
    どうやら既に学校に事情を話したらしい。
    父はすでに出社していたが、母はパートを休んでいた。
    『おそらく、慎や淳も今日は学校を休んでいるだろう・・・』と思ったが、あえて電話はしなかった。
    慎は恐らく、厳格な両親に怒られて、淳の両親は『不登校』になった淳の真実を知り、ショックを受けているだろうと思うと電話するのが恐かったから。
    俺は自室に篭り、『中年女』が早く警察に捕まることだけを願っていた。
    一時も早く追い詰められる『恐怖』から解放されたかった。

    母親は何故か『中年女』の事を口にしてこなかった。俺への気配り?と思い、俺も何も言わなかった。
    昼飯を食べ、ふたたび自室に篭っていると、『ドスっ』と家の外壁に鈍い音が響いた。
    俺はとっさに『慎だ!』と思った。あいつは俺を呼び出す時、玄関の呼鈴を鳴らさず、窓に小石を投げてくる事がしばしばあったからだ。



    331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:56:41.04 ID:W2oewOdD0

    俺は窓から外を眺めた。
    家の前の路地にある電柱に慎がいるはず!と思ったが、慎の姿は無かった。
    どこかに隠れているのかと思い、見える範囲で捜したが何処にもいない。
    その時、俺の部屋の下にあたる庭先から『キャ!』と母親の声がした。
    びっくりして窓を開け、身を乗り出し、下を見た。
    そこには母親が地面を見つめながら口元に手を当てがい、何かを見て驚いていた。
    俺は何が起こっているのか解らず
    『どーしたの!』と聞いた。
    母は俺の声にギクッと反応し、こちらを見上げ、驚いた表情で無言のまま家の外壁を指差した。
    俺は良からぬ感じを察したが、母の指差す方向を見た。
    そこには何やらドロっとした紫色した液体とゼリー状の物が付いていた。
    先程の『ドスっ』の音の正体であろう。
    視線を母の足元に落とし、その何かを捜した。
    そこには内蔵が飛び出た大きな牛蛙の死体が落ちていた。
    母はしばらく呆然と立ち尽くしていた。
    俺はすぐに『中年女』が頭に浮かんだ。すぐに目で『中年女』の姿を捜したが何処にも姿は見えなかった。
    母はふと思い出したように居間に駆け込み、警察に電話をした。



    332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:56:57.85 ID:W2oewOdD0

    母は青い顔をしていた。恐らくこの時始めて『中年女』の異常性を知ったのだろう。
    そうだ、あの女は異常なんだ。
    きっと今も蛙を投げ込んできた後、俺や母の驚く姿を見てニヤついているはず。。
    きっと近くから俺を見ているはず。。。
    鳥肌が立った。
    『警察早く来てくれ!』心の中で叫んだ。

    もうこの家は『家』では無い。『中年女』からすれば『鳥籠』のように俺達の動きが丸見えなんだ。常に見られているんだと感じ出した。
    しばらくしてパトカーがやってきた。昨日とは違う警官二人だった。
    警官一人は外壁や投げ込んで来たであろう道路を何やら調べ、もう一人は俺と母に
    『何か見なかったか?』
    『その時の状況は?』
    などなど、漠然とした事を何度も聞いて来た。

    最後に警官が不安を煽るような事を言って来た。
    『たしか、昨日もいやがらせを受けているんですよね?おそらく犯人はすぐにでも同じような事をしてくる可能性が高いです。』と。
    俺はたまらず
    『あの呪いの女なんです!コートを着てる40歳ぐらいの女なんです!早く捕まえてください!』
    と半泣きになって懇願した。



    333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:57:18.52 ID:W2oewOdD0

    すると警察官は
    『さっきね、山を見てきたんだよ。。。犬の死体も板に彫られたお友達の名前も、あと女の子の写真もあったよ。
    今からそれを調べて必ず犯人捕まえるから!』
    と言い、俺の肩をポンと叩くと、母の元へ行き、何やら話していた。
    『主人に連絡を・・』
    みたいな事を言われていたようだ。
    壁に付いた蛙の染み、及びその死体の写真を撮り、1時間程で警官達は帰って行った。
    しばらくして父親が帰宅した。まだ5時前だった。昨日の今日だから心配になったのだろう。
    夕食の準備をしている母も、夕刊を読んでいる父も無言だったが、どことなくソワソワしているのが解った。
    もちろん俺自信も次にいつ『中年女』が来るのか不安で仕方なかった。
    その日の晩飯は家族皆が無口で、只、テレビの音だけが部屋に響いていた。
    そして夜11時過ぎ、皆で床に就いた。用心の為、一階の居間は電気を点けっぱなしにしておくことになった。



    334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:57:34.08 ID:W2oewOdD0

    その夜も家族揃って同じ部屋で寝た。
    もちろんなかなか寝付けなかった。

    どれぐらい時間が過ぎただろう。。。
    突然玄関先で
    『オラァー!!』
    とドスの効いた男の声とともに
    『ア゛ー!ア゛ー!』
    と聞き覚えのある奇声
    【中年女】の叫び声が聞こえた。
    俺達家族は皆飛び起き、父が慌てて玄関先に向かった。
    俺は母にギュッと抱き締められ、二人して寝室にいた。
    『カチャカチャ・・ガラガラガラガラ!』
    父が玄関の鍵を開け、戸を開ける音がした。



    336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:58:43.30 ID:W2oewOdD0

    戸を開ける音と共に、再び
    『ア゛ー!!チキショー!ア゛ァー!!ア゛ァァァァ!』
    と再び【中年女】の叫びが聞こえて来た。
    『大人しくしろ!』
    『オラ!暴れるな!』
    と、男の声もした。
    この時、俺は『警官だ!警官に捕まったんだ!』と事態を把握した。
    中年女は奇声を上げ続けていた。
    俺はガクガク震え、母の腕の中から抜けれなかったが、父親が戻って来て、
    『犯人が捕まったんだ。お前が山で見た人かどうかを確認したいそうだが。。。大丈夫か?』と 尋ねてきた。
    もちろん大丈夫ではなかったが、これで本当に全てが終わる。終わらせることが出来る!と自分に言い聞かせ、
    『。。。うん。。』
    と返事し、階段をゆっくりと降り、玄関先に向かった。
    玄関先から
    『オマエーっ!チクショー!オマエまで私を苦しめるのかー!』
    と凄い叫び声が聞こえ、足がすくんだが、父が俺の肩を抱き、二人の警官に取り押さえられた『中年女』の前に俺は立った。



    337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:59:15.59 ID:gE1kbpygi

    俺は最初、恐怖の余り、自分の足元しか見れなかったが、父に肩を軽く叩かれ、ゆっくりと視線を中年女に送った。
    両肩を二人の警官に固められ、地面に顎を擦りつけながら『中年女』は俺を睨んでいた。
    相当暴れたらしく、髪は乱れ、目は血走り、野犬の様によだれを垂れていた。
    『オマエー!オマエー!どこまで私を苦しめるー!』
    訳のわからない事を中年女は叫び、ジタバタしていた。
    それを取り押さえていた警官が
    『間違いない?山にいたのはコイツだね?』と聞いてきた。
    俺は中年女の迫力に押され、声を出すことが出来ず、無言で頷いた。
    警官はすぐに手錠をはめ、『貴様!放火未遂現行犯だ!』と言った。
    手錠をはめられた後もずっと奇声を発し暴れていたが、警官が二人掛かりでパトカーに連行した。
    そして一人だけ警官がこちらに戻って来て、
    『事情を説明します。』と話し出した。



    338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:59:23.30 ID:u7PfmPAT0

    捕まった


    339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 16:59:31.10 ID:gE1kbpygi

    警官『自宅前をパトロールしてると玄関に人影が見えまして、あの女なんですけど、、
    しゃがみ込んでライターで火を付けていたんですよ。玄関先に古新聞置いてますよね?』

    母『いえ、置いてないですけど・・・?』

    警官『じゃあこれも【あの女】が用意したんですかねー?』と指差した。
    そこには新聞紙の束があった。確かにうちがとっている新聞社の物では無かった。
    警官が『ん?』
    と何かに気付き、新聞紙の束の中から何かを取り出した。
    【木の板】
    それには《○○○焼死祈願》と俺のフルネームが彫られていた。

    俺は全身に鳥肌が立った。やはり俺の名前を調べ上げていたんだ。
    もし警察がパトロールしていなかったら・・
    と、少し気が遠くなった。
    母は泣きだし、俺を抱き締めて頭を撫で回してきた。

    警官はしばらく黙っていたが『実は、あの女、、、少し精神的に病んでまして。。。○○町にすんでいるんですけど、結構苦情、、、まぁ、同情の声というのもあるんですがねぇ・・・』
    と、中年女の事を語りだした。



    341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:01:05.64 ID:gE1kbpygi

    警官『あの女、1年前に交通事故で主人と旦那を亡くしてまして。。
    それ以来、情緒不安定と精神分裂症というか。。まぁ近所との揉め事なども出てきだしましてね。。
    山で発見された【少女の写真】であの女の特定は出来ていたんですよ。
    二年前の交通事故・・・・・あの少女が道路に飛び出したのをハンドルをきって壁に衝突して主人と息子が無くなったんですよ。。。
    飛び出した少女は無傷で助かったんですが・・・以来、あの少女の家にも散々嫌がらせをしているんですよ。
    ただ事故が事故なだけに少女の家からは被害届けはでてないんですが。。。あの少女を相当怨んでいるんでしょうね。。。』

    と。
    俺はその話を聞き、同情などは一切出来なかった。
    むしろ【中年女】の執念深さがヒシヒシ と伝わってきた。
    何よりも警官も認める
    『情緒不安定・精神分裂症』
    これでは、すぐに釈放になるのではないか?
    その後、又、『中年女』の存在に怯え生きていかなければならないのか?
    警官の話を聞き、『安堵感』よりも『絶望感』が心に広がった。


    それから5年。。。
    俺・慎・淳はそれぞれ違う高校に進んでいた。



    343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:02:19.74 ID:xiAkJ68W0

    ・・・?


    345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:04:12.18 ID:0sYw0Wyw0

    それから5年。。
    俺・慎・淳はそれぞれ違う高校に進んでいた。
    俺達はすっかり会うことも無くなり、それぞれ別の人生を歩んでいた。
    もちろん『中年女』事件は忘れることが出来ずにいたが、『恐怖心』はかなり薄れていた。

    そんな高一の冬休み、懐かしい奴『淳』から電話が掛かってきた。
    『おう!ひさしぶり!』
    そんな挨拶も程ほどに、淳は『実は単車で事故ってさぁ・・足と腰骨折って入院してんだよ。』
    俺『え?!だっせーな!どこの病院よ?寂しいから見舞いに来いってか?』
    淳『まぁ、それもあるんだけどさぁ。。。お前、【中年女】の事って覚えてる?事件の事じゃなくってさぁ。。顔、覚えてる?』
    俺『、、、何で?何だよ急に!』
    淳『。。。毎晩、面会時間終わってから。。。変なババァが俺の事を覗きに来るんだよ。。ニヤつきながら。。』



    346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:04:33.10 ID:0sYw0Wyw0

    淳の発した言葉を聞いたとたんに『中年女』の顔を鮮明に思い出した。
    始めて出会ったあの夜の『歯を食いしばった顔』
    下校時に出会った『いやらしいニヤついた顔』
    自宅玄関で見た『狂ったような叫び顔』
    あれから忘れる努力をしていたが決して忘れることの出来ない『トラウマ』だった。
    俺は淳に『何言ってんだよ?!もう忘れろ!ほんっとオメーって気が小せぇーなぁ?!』と答えた。
    自分自身にも言い聞かせるように。。
    淳は『そーだよな。。。いや、こーゆーとこって妙に気が小さくなるんだよ!』
    俺は『そーゆーとこ、変わってねーな!』と余裕を見せた。
    俺自信もあの日のまま成長していないが。
    そして、入院している病院を聞き、『近いうちにエ口本持って見舞いに行くよ!』と言い電話を切った。
    電話を切った瞬間、何故か胸騒ぎがした。

    『中年女』

    淳の言葉が妙に気に掛かりだした。
    電話を切った後、しばらく考えた。
    まさか、今更『中年女』が現れるはずが無い。。。
    それにあいつは捕まったはず。。。いや、釈放されたのか??
    というか、今思えば俺達三人は『中年女』に何をしたわけでも無い。
    ただ『中年女』の呪いの儀式を見てしまっただけなのに、こちらの払った代償はあまりにも大きい。
    偶然、夜の山で出会い、いきなり襲われた。
    俺達は何一つ『中年女』から奪っていない。それどころか、傷付けてもいない。
    『中年女』は俺達からハッピーとタッチを奪い、秘密基地を壊し、何より俺達三人に『恐怖』を植え付けた。
    『中年女』がいくら執念深いといっても、さすがにもう俺達に関わってくるとは思えない。
    こんなことを思うのも何だが、怨むなら『写真の少女』にベクトルが向くはず!
    俺は強引に『俺自信』を納得させた。



    347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:04:54.74 ID:0sYw0Wyw0

    2日後、俺はバイトを休み、本屋でエ口本を3冊買ってから淳の入院している病院に向かった。
    久しぶりに淳に会うという『ドキドキ感』と淳が電話で言っていた事に対する『ドキドキ感』で、複雑な心境だった。
    病院に着いたのは昼過ぎだった。
    淳の病室は三階。俺は淳のネームプレートを探し出した。
    303号室・六人部屋に淳の名前があった。
    一番奥、窓側の向かって左手に淳の姿が見えた。
    『よう!淳、久しぶり!』
    『おう!まぢひさしぶりやなぁ!』
    思ったより全然元気な淳を見て少し安心した。
    約束のエ口本を渡すと淳は新しい玩具を与えられた子供の如く喜んだ。
    そして他愛も無い話を色々した。
    淳といると小学生の頃に戻ったようでとても楽しかった。無邪気に笑えた。
    あっという間に時間は経ち、面会終了時間が近ずいてきた。
    俺が『んぢゃ、もうそろそろ帰・・・』
    『実はさぁ、電話でも言ったんだけど、』と淳が真顔で何かを言いかけた。
    何かを・・いや、『中年女の事だろ?』と俺は言った。
    すると淳は『気のせいだとはおもうんだけど・・・いつもこの時間に来るオバさんがいてさぁ、、、何か、こう。。。引っ掛かるっつーか。。』
    俺は『だから、気のせいだって!ビクビクすんなよ!』と強気な発言をした。
    すると淳は少しカチンと来たのか『だから、勘違いかもしんねーっつってんぢゃん!ビビりで悪かったな!』
    空気が重くなった。
    俺は空気を読み、淳に謝ろうとした。



    348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:05:15.34 ID:0sYw0Wyw0

    そのとき『ガラガラガラ・・』廊下に台車のタイヤ音が響いた。
    淳が『来た・・・』とつぶやく。
    俺は視線を部屋の入口に向けた。
    『ガラガラガラ。』
    台車は扉の前に止まったようだ。
    そして、扉が開いた。
    そこには上下紺色の作業着を着たオバさんが居た。
    俺は『何だよ!脅かすなよ!ゴミ回収のオバさんじゃねーか。』と、少し胸を撫で降ろした。
    そのオバさんは患者個人個人のごみ箱のゴミを回収しだし、最後に淳のベットに近づいてきた。
    淳が小声で『見てくれよ!』
    俺はそのオバさんの顔をチラッと見た。

    『・・・・!』
    俺は息を飲んだ。
    似ている・・・いや、『中年女』?なのか?
    俺は目が点になり、しばらく、その人を眺めていると、そのオバさんはこちらを向き、ペコリと頭を下げて部屋を出て行った。
    淳が『どう?やっぱ違うか?!俺ってビビりすぎ?』と聞いてきた。
    俺は『全然ちげーよ!ただの掃除オバさんぢゃん!』と答えた。
    いや、しかし似ていた。他人の空似なのか。。。?



    349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:05:39.32 ID:0sYw0Wyw0

    『・・・んぢゃそろそろ帰るわ!あんま変な事考えてねーで、さっさと退院しろよ!』と俺が言うと、淳は『そだな。。あの女が病院にいるわけねーよな。お前が違うって言うの聞いて安心したよ。また来てくれよ!暇だし!』と元気よく言った。
    俺は病室を出ると、足早に階段を駆け降りた。
    頭の中からさっきの『オバさん』の顔が離れない。
    『中年女』の顔は鮮明に覚えている。
    しかし、中年女の一番の特徴といえば『イッちゃってる感』だ。
    さっきのオバさんは穏やかな表情だった。
    もし、さっきの『オバさん』=『中年女』なら、俺の顔を見た瞬間にでも奇声をあげ、襲い掛かって来てもおかしくない。
    そうだ。やっぱり他人の空似なんだ。と考えつつ、なぜが病院にいるのが怖く、早々に家路についた。

    家に帰ってからも『中年女』=『清掃おばさん』の考えは払拭しきれなかった。
    やはり気になる・・・
    その日は眠りに落ちるまでその事ばかり考えていた。



    351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:06:00.39 ID:0sYw0Wyw0

    次の日、『清掃おばさん』の事が気になり、俺はバイトを早めに切り上げ病院に行くことにした。
    俺のバイト先からチャリで30分。
    病院に着いたときには20時を回っていて面会時間も過ぎていた。
    もう、『清掃おばさん』も帰っている事は明白だったが、臨時入口から病院に入り、とりあえず淳の病室に向かった。
    こっそり淳の病室に入ると淳のベットはカーテンを閉めきってあった。
    『寝たのか?』と思い、そーっとカーテンを開けて隙間から中を覗いた。
    『うわっ!』
    淳が慌てて飛び起き、『ビックリさせんなよ!』と言いながら、何かを枕の下に隠した。
    淳はエ口本を熟読していたようだ。
    俺は敢えてエ口本の事には触れずに『暇だろーと思って来てやったんだよ!』と淳の肩を叩いた。
    淳は少し気まずそうに『おぅ!この時間暇なんだよ!ロビーでも行って茶でもしよか?』と言った。
    俺は車椅子をベットの横に持って来て、淳の両脇を抱え、淳を車椅子に乗せてやった。
    淳が『ロビー一階だからナースに見つからんよーに行かんとな!』と小声で言った。
    俺達はコソコソと、まるで泥棒の様に一階ロビーに向かった。
    途中、何人かのナースに見つかりそうになる度、気配を消し、物陰に隠れ、やっとの思いでロビーに着いた。
    昼間と違い、ロビーは真っ暗で、明かりといえば自販機と非常灯の明かりしかなく、淳が『何か暗闇の中をお前とコソコソするの、あの夜を思い出すよなぁ。』と言った。
    『そだな。何であの時、アイツの事を尾行しちまったんだろーな。。』と俺が言うと淳は黙り込んだ。



    352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:06:20.92 ID:0sYw0Wyw0

    俺は今日病院に来た理由、すなわち『清掃おばさん』の事について・・
    淳に言おうと思ったが、躊躇していた。
    淳はこの先、1ヵ月近く此処に入院するのにそのような事を言うのは・・・と。
    またあの時のように『原因不明のジンマシン』が出るかもしれない。
    すると淳が『お前、あのおばさんの事できたんじゃないのか?』と。
    俺はとっさに『え?何が?』ととぼけたが、淳は『そーなんだろ?やっぱり似てる・・いや、【中年女】かもしれないんだろ?』と真顔で詰め寄って来た。
    俺はその淳の迫力におされ『たしかに似てた・・雰囲気は全然違うけど・・似てる。』
    淳はうつむき、『やっぱり。。。前にも電話で言ったけど。。。』と語り始めた。



    353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:06:54.90 ID:0sYw0Wyw0

    淳は少し、声のトーンを下げ『俺が入院して二日目の夜、足と腰が痛くて痛くてなかなか眠れなかったんだ。
    寝返りもうてないし、消灯時間だったし、仕方ないから、目つむって寝る努力をしていたんだ。
    そして少し睡魔が襲ってきてウトウトし始めたとき、【視線】を感じたんだ。。。
    見回りの看護婦だろうと思って無視してたんだけど、なんか、ハァ・・ハァ・・って息遣いが聞こえてきて・・
    何だろう?隣の患者の寝息かなぁ?って思って薄目を開けてみたんだよ。。
    そしたら俺のベットカーテンが3㌢程開いてて、その隙間から誰かが俺を見ていたんだ。。
    その目は明らかに俺を見てニヤついてる目だったんだ。。
    俺、恐くて恐くて、寝たふりしてたんだけど。。
    そして、そのまま寝てたらしく、気付いたら朝だったんだ。
    後から考えたんだ。
    【あのニヤついた目】
    どこかで見覚えが・・
    そーなんだよ。『清掃おばさん』の目にそっくりだったんだよ!』

    【ニヤついた目】

    俺はその目を知っている!
    『中年女』にそのニヤついた目付きで見つめられた事のある俺にはすぐに淳の言う光景が浮かんだ。
    更に淳は話を続けた。
    『それにあの清掃おばさん、ゴミ回収に来た時、ふと見ると、何かやたら目が合うんだ。。俺がパッと見ると、俺の事をやたら見ているんだ。。。
    半ニヤけで。。。』



    354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:07:17.87 ID:0sYw0Wyw0

    それを聞き、俺が抱いていた疑問、【中年女=清掃おばさん】は確信に変わった。
    やっぱりそうなんだ。
    社会復帰していたんだ!
    缶コーヒーを握る手が少し震えた。決して寒いからでは無い。体が反応しているんだ。
    『あの恐怖』を体が覚えているんだ。。

    その時、俺の後方から突如、光が照らされた。
    『コラ!』
    振り向くと、そこには見回りをしている看護婦が立っていた。
    『ちょっと淳君!どこにもいないと思ったらこんなとこに!消灯時間過ぎてから勝手に出歩いちゃダメって言ってるでしょ!それに、お友達も面会時間はとっくに過ぎてるでしょ!』と、かなり怒っていた。
    淳は『はいはい。。。んぢゃまた近いうちに来てくれよな!』と看護婦に車椅子を押され病室に戻って行った。
    『おぅ!とりあえず、気つけろよ!』と言った。
    俺もとりあえず帰るか。。。と思い、入って来た急患用出入口に向かった。
    それにしても夜の病院は気味が悪い。
    さっきまで『あの女』の話をしていたからか?と思って歩いていると。。。
    ん?
    廊下の先に誰かがいる。
    あれは。。。
    清掃おばさん。。?

    いや、『中年女』、、か、、?
    『中年女』らしき女が何かしている。。。



    455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:04:34.77 ID:NqdvZ/zs0

    間違いない!
    『中年女』だ!
    この先の出入口付近で何かしている!
    俺はとっさに身を隠し、『中年女』の様子を伺った。
    どうやら俺には気付かず、何かをしているようだ。。。
    中腰の態勢で何かをしている。
    俺は目を凝らし、しばらく観察を続けた。

    何か大きな袋をゴソゴソし、もう一方に小分けしている?
    尚も『中年女』はこちらに気付く様子も無く、必死で何かしている。


    ひょっとして、病院内の収拾したゴミの分別をしているのか?(俺達の地元はゴミの分別がルールとなっている)

    その時、後ろから
    『ちょっと、まだいたの?私も遊びじゃないんだからいい加減にして!』と、さっきの看護婦が。
    俺はドキッとし、
    『あ、いや、帰ります!どーも・・・』
    と言い、出入口に目をやると『中年女』はこちらに気付き、ジィーっとこちらを見ていた。



    461: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:06:02.28 ID:NqdvZ/zs0

    『全く!』看護婦はそう吐き捨て、再び見回りに行った。
    いや、それどころでは無い!
    『中年女』に見つかってしまった!
    どうすればいい?
    逃げるべきか?
    先程の看護婦に助けを求めるべきか?
    俺の頭はグルグル回転し始め、心臓は勢いを増しながら鼓動した。

    俺は『中年女』から目を離せずにいると、『中年女』は俺から視線を外し、何事も無かったように再びゴミの分別作業をし始めた。
    『え!?』
    俺は躊躇した。その想定外の行動に。。俺の頭には
    『襲い掛かってくる』
    『俺を見続ける』
    『俺を見、ニヤける』
    と、相手が俺に関わる動向を見せると思っていたからである。
    俺はしばらく突っ立ったまま、『中年女』を見ていたが、黙々とゴミの分別をしていて、俺のことなど気にしていないようだった。
    『何かの作戦か?』
    と疑ったが、俺の脳裏にもう一つの思考が浮かんだ。

    【中年女≠清掃おばさやん】?

    やはり、似ているだけで別人・・・?!



    464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:07:36.73 ID:NqdvZ/zs0

    俺と淳が疑心暗鬼になりすぎていたのか?!やはり『中年女』とは赤の他人の別人なのか?
    そう一人で俺が考えている間も、『その女』は黙々と仕事をしている。

    俺は意を決して、出入口に歩き出した。すなわち『その女』の近くに。。。

    少しずつ近づいてくるが相手は一向にこちらを見る気配が無い。しかし、俺は『その女』から目を離さず歩いた。。

    あっという間に何事も無く、俺は『その女』の背後まで到達した。
    女は一生懸命ゴミの分別をしている。手にはゴム手袋をハメて大量のゴミを『燃える』『燃えない』『ペットボトル』に分けていた。
    その姿を見て、俺は『やはり別人か。。』
    と思っていると、
    『その女』はバッ!っとこちらを見て、
    『大きくなったねぇ~。』
    と俺に話し掛けてきた。
    俺は頭が真っ白になった。
    【大きくなったねぇ?オオキクナッタネェ?】

    この人は俺の過去を知っている??
    この人、誰?
    この人、『中年女』?
    こいつ、やっぱり
    『中年女』!!



    469: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:09:11.32 ID:NqdvZ/zs0

    その女は作業を中断し、ゴム手袋を外しながら俺に近寄ってくる。
    その表情はニコニコしていた。
    俺はどんな表情をすればいい???
    きっと、とてつもなく恐怖に引きつった顔をしていただろう。

    女は俺の目前まで歩み寄って来て
    『立派になって。。もう幾つになった?高校生か?』
    と尋ねてきた。

    俺は『この女』の発言の意味が判らなかった。
    何なんだ?
    俺をコケにしているのか?
    恐怖に引きつる俺を馬鹿にしているのか?
    何なんだ?
    俺の反応を楽しんでいるのか?

    俺が黙っていると、
    『お友達も大きくなったねぇ、、、淳くん。。可哀相に骨折してるけど。。お兄ちゃんも気付けなあかんよ!』
    と言ってきた。

    もう、意味が全く解らなかった。数年前、俺達に何をしたのか忘れているのか?俺達に『恐怖のトラウマ』を植え付けた本人の言葉とは思えない。
    『女』は尚もニヤニヤしながら
    『もう一人いた・・あの子、元気か?色黒の子いたやん?』

    !!慎の事だ!
    何なんだコイツは!
    まるで久しぶりに出会った旧友のように。。
    普通じゃない。。
    わざとなのか。。?
    何か目的があってこんな態度を取っているのか?



    474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:10:23.93 ID:NqdvZ/zs0

    俺は『中年女』から目を逸らさず、その動向に注意を払った。

    【こいつ、何言ってるのか解ってるのか?】

    『あの時はごめんね・・・許してくれる?』
    と中年女は言いながら俺に近づいてくる。
    俺は返す言葉が見つからず、ただ無言で少し後退りした。
    『ほんまやったら・・もっと早くあやまらなあかんかってんけど・・』
    俺は耳を疑った。
    こいつ、本気で謝罪しているのか。。?それとも何か企んでいるのか。。?
    ついに『中年女』は手を伸ばせば届く範囲にまで近づいてきた。
    『三人にキチンと謝るつもりやったんやで・・ほんまやで。。。』
    と言いながら、ますます近づいてくる!
    もう息がかかる程の距離にまで近づいた。
    『あの時』とは違い、俺の方が身長は20㌢程高く、体格的にも勿論勝っている。
    俺は『中年女』に指一本でも触れられたら、ブッ飛ばしてやる!と考えていた。



    479: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:11:48.29 ID:NqdvZ/zs0

    『中年女』は俺を見上げるような形で、俺の目を凝視してくる。
    しかし、その目からは『怨み』『憎しみ』『怒り』など感じられない。
    真っ直ぐに俺の目だけを見てくる。
    『あの時はどうかしててねぇ、酷い事したねぇー。。』
    と『中年女』は謝罪の言葉を並べる。
    俺はもう、 その場の『緊張感』に耐えれず、ついに走りだし、その場を去った。
    走ってる途中、『もし追い掛けられたら・・・』と後ろを振り向いたが『中年女』の姿は無く、ある意味拍子抜けた。
    走るのを止め、立ち止まり、考えた。
    さっきのは本当に本心から謝っていたのか?

    俺は中年女を信じることが出来なかった。疑う事しか出来なかった。まぁ、『あの事件』の事があるから当たり前だが。

    俺は小走りで先程の場所近くに戻ってみた。
    そこには再びゴム手袋をはめ、大量のゴミの分別をする『中年女』の姿があった。

    こいつ、本当に改心したのか?
    必死に作業をする姿を見ると、昔の『中年女』とは思えない。

    とりあえず、その日はそのまま帰宅した。



    482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:12:44.59 ID:NqdvZ/zs0

    俺は自室のベットに横になり、一人考えた。
    人間はあそこまで変わることが出来るのか・・?昔、鬼の形相でハッピー・タッチを殺し、俺を、慎を、淳を追い詰め、放火までしようとした奴が。。。
    『ごめんね』など、心から償いの言葉を発することが出来るのか。。
    いや、
    ひょっとして【あの事件】をきっかけに俺が変わってしまったのか。。?疑心暗鬼になり、他人を信じる事が出来ない『冷たい人間』になってしまったのか。。?
    『中年女』の謝罪の言葉を信じることで【あの事件】の精神的な呪縛から解放されるのか。。?

    もう一度、『中年女』に会い、直接話すべきだ。。。
    俺は『中年女』にもう一度会うこと、今度は逃げないこと!と決意を固め、その日は就寝した。

    そして次の日、俺はバイトを休み、病院に行った。



    487: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:13:40.05 ID:NqdvZ/zs0


    まずは淳の病室に入り、昨日の出来事を説明した。そして今日は、『中年女』に会い、直接話してみるつもりだ。と 言う事を伝えた。
    淳は最初『中年女』は変わっていない!と俺の意見に反対だったが、『このまま一生、中年女の存在に怯え、トラウマを抱えたまま生きていくのか?』と俺が言うと、
    『・・・中年女に会って話すんだったら俺も付き合う、。。』
    と言ってくれた。



    489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:14:22.38 ID:NqdvZ/zs0

    しばらく沈黙が続いた。

    刻々と時間は過ぎ、面会時間終了のチャイムが鳴ると同時に
    『ガラガラガラ・・・』
    廊下の奥の方からゴミ運搬台車の音が聞こえてきた。
    『。。来たな。。。』
    淳がボソッと呟いた。
    俺は固唾を飲んで部屋の扉へ視線を送った。

    『ガラガラガラ、』
    台車の音が部屋の前で止まった。

    部屋の扉が開いた。

    作業服の『中年女』が会釈しながら入室してきた。俺と淳はその姿を目で追った。
    『中年女』は奥のベットから順にゴミ箱のゴミを回収し始めた。
    『ごくろうさん。』
    と患者から声を掛けられ、笑顔で会釈をする中年女。。。とても昔の『中年女』と同一人物とは思えない。

    そして、ついに淳のベットのゴミ回収に中年女がやってきた。



    492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:15:06.17 ID:NqdvZ/zs0

    『中年女』はこちらに一切目を合わせず、軽く会釈をし、ゴミを回収し始めた。
    俺は何と声を掛けていいのかわからず、しばらく中年女の様子を伺っていたが、淳が
    『おばさん!どーゆーつもりだよ?』
    と 切り出した。
    中年女はピタッと作業の手を止め、俯いたまま静止した。淳は続けて
    『あんた、俺の事覚えてたんだろ?俺には謝罪の言葉一つも無いの?』

    俺はドキドキした。まさか淳が急にキレ口調で話すなんて予想外だった。
    中年女は俯いたまま
    『・・・ごめんねぇ。。。』とか細い声を出した。
    淳はその素直な返答に驚いたのか、キョトンとした目で俺を見て来た。
    俺は『。。。おばさん。。。本当に反省してるんだよね?』
    と聞いてみた。
    すると中年女はこちらを向き
    『本当にごめんなさい。。私があんな事したから淳君、こんな事故に会っちゃって。。。私があんな事したから・・・ほんとゴメンね!』と。

    俺と淳は更にキョトンとした。何か話がズレてないか?
    俺は
    『いや、昔あんた犬に酷い事したり、俺ん家にきたり、、すべてひっくるめて!』と言った。



    497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:16:02.49 ID:NqdvZ/zs0

    中年女は
    『本当にごめんなさい!私が、私があんな事さえしなければ、、こんな事故、、ごめんね!本当にごめんね!』
    と泣きそうな声で言った。
    その態度、会話を聞いていた病室内の患者の視線が一斉にこちらに注目していた。
    静まり返った病室に
    『ゴメンね!ごめんなさい!ゴメンなさぃ!』
    と中年女の声だけが響いた。
    淳は少し恥ずかしそうに
    『もういいよ!だいたい、俺が事故ったのアンタとは一切関係ねーよ!』
    と吐き捨てた。

    中年女はペコペコ頭を下げながら淳のベットのゴミを回収し、最後に
    『ごめんなさい・・』
    と言い、そそくさと病室から出て行った。
    その光景を周りの患者が見ていたので、しばらく病室は変な空気が流れた。
    淳は『何なんだよ!あのオバハン!俺は普通に事故っただけだっつーの。。何勘違いしてやがんだよ!』といいながら枕をドツイた。
    俺は『中年女』の行動、言動を聞いていてハッキリと思った。
    やはり『中年女』は少しおかしい。いや、謝罪は心からしているのだろうが、アイツは『呪いの儀式』を行った事を謝っていた。
    『呪い』を本気で信じているようだった。



    503: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:17:15.78 ID:NqdvZ/zs0

    淳は『あの頃は無茶苦茶怖い存在やって、今だにトラウマでビビってたけど、、
    さっき喋って思ったんは単なるオカルト信者のヲバはんやって事やな!』
    と何処かしら憑き物が取れたと言うか、清々しい表情で言った。
    俺は『あぁ、昔と違って俺らの方が体もデカくなったしな!』と調子を合わせた。
    『さて、とりあえず一件落着したし、俺帰るわ!』
    『おぅ!また暇な時来てや!』
    と言葉を交わし、俺は病室を出て家路に就いた。
    家に帰る途中、俺は慎の事を思い出した。
    アイツにもこの事を伝えてやろうと。
    アイツも今回の話を聞かせてやれば、きっと『あの日のトラウマ』が無くなるのでは無いか、と。



    507: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:18:00.10 ID:NqdvZ/zs0

    家に帰り早速、慎と同じサッカー部だった奴に電話をかけ、慎の携帯番号を聞いた。
    そして慎の携帯に電話を掛けた。

    『おう!ひさしぶり!』
    なつかしい慎の声。

    俺はしばし慎と、
    最近どうよ?
    的な話をした後、淳が事故って入院したこと、その病院に『中年女』が 清掃員として働いていること、中年女が昔と別人のように心を入れ替えている事を話した。
    慎は『中年女』が謝罪してきたことに対し、たいそう驚いていた。
    そして最後に慎は
    『淳が退院したら三人で快気祝いをシヨウ。』
    と 言った。
    もちろん俺は賛成し、淳の退院のメドが着き次第連絡する。と伝えた。

    その翌日、俺は病院に行き淳に『慎がおまえの退院が決まり次第、こっちに帰って来て快気祝いしようってよ!』
    と伝えた。
    淳はたいそう喜んでいた。



    511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:18:45.79 ID:NqdvZ/zs0

    それから一週間程、病院に見舞いには行っていなかった。
    別に理由は無いが、新学期も始まり、なかなか行く時間が無かったというのもある。
    それに『中年女』が更正(?)しているようだったので、心配も、以前ほどはしていなかった。
    何かあれば淳から電話があるだろうと思っていた。
    そんなある日、淳から電話が掛かってきた。
    内容は『来週退院する!』
    との事だった。
    俺は『良かったな!』と祝福の言葉と共に、『中年女』の動向を聞いたが、
    『普通にゴミ回収の仕事をしている。特に何もない。』との事だった。


    そして、さらに一週間が経ち、淳は退院した。
    俺は学校帰りに淳の家に立ち寄った。
    チャイムを押すと、松葉杖をつきながら淳が出てきた。
    『おぅ!上がれよ!』
    足にはギブスをはめたままだったが、すっかり元気そうだった。
    淳の部屋でしばし雑談をした。
    夕方になり俺は帰宅し、夕飯を喰った後、慎に電話をした。
    『淳、退院したぜ!』
    『まぢ!そっか、じゃあ快気祝いしなくちゃな!すぐにでも行きたいけど部活が忙しいから月末頃にそっち行くよ!』
    との事だった。



    514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:19:34.60 ID:NqdvZ/zs0

    そして月末の土曜日。

    俺、慎、淳。。。
    小学校以来、久しぶりの三人での再会だった。
    昼に駅前のマクドで落ち合った。
    久しぶりに会った慎は冬なのに浅黒く日焼けし、少しギャル男気味だった。
    まぁ、それはさておき、夕方まで色々と語った。
    それぞれの高校の話。
    恋の話。
    昔の思い出話。。。

    もちろん『中年女』の話題も出てきた。
    あの時それぞれが何よりも恐ろしく感じていた『中年女』も、今となればゴミ回収のおばさん。
    病院での出来事を俺と淳が慎に詳しく話してやると、慎は
    『あの頃と違って、今ならアイツが襲って来てもブッ飛ばせるしな!』
    と笑いとばした。

    もう俺達にとって『中年女』は過去の人物、遠い昔話で、トラウマでも無くなっていた。



    518: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:20:14.73 ID:NqdvZ/zs0

    夕方になり、俺達はカラオケBOXに行った。
    久しぶりの『三人』での再会と言うこともあり、俺達は再会を祝して『酒』を注文した。
    まぁ酒と言っても酎ハイだが。。。
    当時の俺達は充分に酔えた。
    各々、4、5杯ぐらい飲み、皆ほろ酔いだった。
    いい気分で歌を歌い、かなりHIGHテンションだった。
    そして二時間経ち、歌にも飽き出した時、慎がある提案をした。
    『よーし、今から秘密基地に行くぞ!あの時、見捨てちまったハッピーとタッチの供養をしに行くぞ!』と。
    一瞬、空気が凍った。
    俺も淳も『・・・』と言葉を失った。
    まさか、『あの場所』に行こうなんて。。予想外の発言だったから。
    慎はそんな俺達を挑発するように
    『オメーら変わってねーな!まぢでビビっんの?!ハハッ!』
    と、少し悪酔い?していた。
    その言葉に酔っ払い淳が反応し、『あ?誰がビビるかよ!喧嘩売ってんのか慎?』とキレ出した。



    522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:21:13.34 ID:NqdvZ/zs0

    俺は酔いながらも空気を読み
    『おいおい、やめとけって!第一、淳まだ杖突いてんだぜ?』と言うと、慎がすかさず
    『あ、そっか、、杖ツイてちゃ逃げれねーしな?ハハハ♪』
    と、かなりの悪酔いしていた。
    淳は益々ムキになり
    『うるせーよ!行きてーんなら行ってやるよ!お前こそ途中でビビんぢゃねーぞ?』
    と、まるで子供の喧嘩のようになり、結局、『ハッピーとタッチの冥福を祈りに』と言う名目で行くことになった。
    慎、淳は二人とも結構酔っていたのと、引くに引けなかったんだと思う。
    まぁ、『ハッピーとタッチの供養』はいずれしなければならないと思っていたので、いい機会かも、、と少し思った。三人なら恐さも薄れるし。。

    カラオケBOXを出て、コンビニに寄り、あの2匹が大好きだった
    『うまい棒』と『コーラ』
    を買い込み、タクシーで一旦俺の家に寄り、照明道具を取って来てから
    『小学校の裏山』
    へ向かった。



    527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:22:09.80 ID:NqdvZ/zs0

    タクシー運転手に怪しげな目で見られつつ、山の入口でタクシーを降りた。
    俺は三人でよく遊んだ裏山という懐かしさと共に『あの日』の出来事を思い出した。
    こんな夜更けに・・又、入ることになるとは・・・
    そんな俺の気持ちも知らずに淳は意気揚々と
    『さぁ、入ろうぜ!』
    と、杖を突きながらズカズカと入っていく。
    その後ろをニヤニヤしながら慎が明かりを燈しながら着いて行った。
    俺は
    『淳、足元、気つけろよ!』
    と言い、慎に続いた。

    いざ山に入ると、昔と景色が変わっていることに驚いた。
    いや、景色が変わったのでは無く、俺達がデカくなったから景色が変わって見えているのか。。?
    登山途中、慎が淳をからかうように
    『中年女がいたらどーする?俺、お前置いて逃げるけど♪』
    等、冗談ばかり言っていた。(俺は逃げるけど)
    思いの外、スムーズに進め、30分程で『あの場所』に到達した。



    530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:22:46.23 ID:NqdvZ/zs0

    『あの場所』
    『初めて中年女』と会った場所。。。
    俺達は黙り込み、ゆっくりと明かりを燈しながら『あの樹』に近づいた。
    『あの日』中年女が呪いの儀式をしていた樹。。。
    間近に寄り、明かりを燈した。。
    今は何も打ち込まれておらず、普通の大木になっていた。。
    しかし、古い『釘痕』は残っていた。所々、穴が開いていた。
    恐らく、警察がすべて抜いたのだろう。

    しばらく三人で釘痕を眺めていた。
    そして慎が『ここらへんでハッピーが死んでたんだよな。。。』と、地面を照らした。
    さすがにもう、ハッピーの遺体は無かったが、ハッキリとその場所は覚えている。。
    俺はその場に『うまい棒』と『コーラ』を供えた。
    そして三人で手を合わせ、次は『タッチ』の元へ。。
    『秘密基地跡』へ向かった。



    532: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:23:59.63 ID:NqdvZ/zs0

    秘密基地に向かう途中、淳が
    『色々あったけど、やっぱ懐かしいよな。。』
    とポツリと言った。
    すると慎が
    『あぁ。。あの夜、秘密基地に泊まりに来なければ、、、嫌な思い出なんて無かっただろうな。』と言った。
    確かに。。
    この山で『中年女』に会わなければ、ここは俺達にとっては聖地だったはずだ。


    『ここらへんだったよな。。。』
    慎が立ち止まった。
    『秘密基地跡地』
    もう、跡形も無かった。あの日バラバラにされていた材木すら一枚も無かった。
    淳が無言でしゃがみ込み、『うまい棒・コーラ』を置き、手を合わせた。
    俺と慎も手を合わせた。

    しばらく黙祷したのち、慎が言った。
    『ハッピーとタッチがいなけりゃ。。。今頃俺達いなかったかもな。』

    淳『あぁ。。。』
    俺『そうだよな・・・結局、中年女も更正して、、、なんだか、やっと悪夢から解放された感じだな。。』

    しばらく沈黙が続いた。

    ふと慎が周囲や目の前の池を電灯で照らし、
    『この場所、あの頃は俺らだけの秘密の場所だったのに、結構来てる奴いるみたいだな。』と。

    慎が燈す場所を見ると、スナック菓子の袋や空き缶が結構落ちていることに気付いた。



    538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:25:03.35 ID:NqdvZ/zs0

    俺は
    『ほんとだな、あの頃はゴミなんて全然無かったもんな。。今の小学生、この場所しってんのかな?』と言った。

    淳が続けて
    『あの時は俺ら、まじめにゴミは持ち帰ってたもんな。。』と言った。

    その時、慎が
    『うわっ!何だこれ!』と叫んだ。
    俺と淳はその 声に驚き、慎の照らす明かりの先に視線をやった。

    一本の木に何やらゴミが張り付いている。
    よく見ると無数の菓子袋や空き缶、雑誌が木に釘で打ち付けられていた。
    『なんだこれ?!』
    慎が明かりを照らしながら近づいていった。
    俺と淳も後を着いて行った。

    『誰かのイタズラ??』俺はマヂマヂと打ち付けられたゴミを見た。

    その時、
    『あぁぁぁ、、、これ、、俺の、ゴミぃ、、ぁぁぁぁあ、、』
    と淳が震えた声で言いながら硬直した。
    『は?!』
    俺と慎は聞き直した。
    淳は
    『あ゛ぁぁぁ、、俺が、病院で捨てた、、、あぁぁ。、。』
    といいながら後ずさりした。



    543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:26:26.59 ID:NqdvZ/zs0

    慎が
    『おい!淳!しっかりしろ!んなわけねーだろ!』
    と怒鳴りながら、釘で打たれた一枚の菓子袋を引きちぎった。
    それを見て、淳は
    『あー、ぁあぁ、、』
    と奇妙な声を出し、尻餅を付いた。
    その行動に俺と慎は呆気に取られたが、次の瞬間、
    『うわっ!』
    と、慎が手に持っていた袋を投げた。
    『え?!』と俺がその袋に目をやると、袋の裏に
    『淳呪殺』
    とマジックで書かれていた。
    俺は『まさか?』と思い、木に釘打たれたゴミを片っ端から引き剥がし、裏を見た。
    『淳呪殺』
    『淳呪殺』
    『淳呪殺』
    『淳呪殺』
    すべてのゴミに書かれていた。

    淳は口をパクパクさせながら尻餅を付いた状態で固まっていた。

    慎が何気に周囲に落ちていたゴミを拾い、
    『!おい!、これ!』
    と俺に見せてきた。

    『淳呪殺』

    なんと、周囲に落ちているゴミにも書かれていた。



    549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:27:33.64 ID:NqdvZ/zs0

    俺はその時、初めて気付いた。
    『中年女』は更正なんて初めからしていなかったんだ。
    ずっと俺達を怨んでいたんだ。
    俺が病院で見掛けた、ゴム手袋をして必死で分別していたのも、淳のゴミだけを分けていたんだ!
    俺達に『ごめんね』と言っていたのも全部嘘だったんだ。

    俺は急にとてつもなく寒気を感じ、
    【此処にいてはいけない!】
    と本能的に思い、淳に
    『おい!しっかりしろ!行くぞ!』
    と行ったが、
    『俺の、、ゴミ、。俺のゴミ、、、』
    と、淳は壊れていた。発狂していた。
    とりあえず慎と俺で淳を担ぎ、山を降りた。


    あれから8年
    あの日以来、もちろん山には行っていない。
    『中年女』とも会っていない。
    まだ俺達を怨んでいるんだろうか?
    どこかで見られているんだろうか?
    しかし、俺達三人は生きている。
    ただ、
    今だに、淳は歩く事が出来ない。


    end



    552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:28:33.19 ID:YXYLc8emO

    >>549



    586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 18:43:59.16 ID:vwYv+X1i0

    ある日、俺は一人でネットサーフィンを楽しんでいた。
    夕方近くになると嫁と子供が帰ってきた。
    「ただいまー」
    『おかえり、風呂沸かしといたから』
    「えっ」
    嫁が怪訝そうな顔で俺を見ている。
    子供は泣き出し、俺は困惑した。

    嫁は子供を連れて、風呂場に行った。
    すぐに戻ってきたかと思うと、嫁は子供の手をひき勢いよく家から出ていった。

    嫁と子供が帰ってくることはなかった。
    俺はまたネットサーフィンをすることにした。



    596: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 19:14:09.32 ID:W2oewOdD0

    >>594
    『俺』はもう死んでるんじゃないかな



    597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 19:23:20.80 ID:X8eHh18C0

    >>596
    俺はてっきり、
    妻(え、仕事は……?)
    妻(うわ、マジで風呂張ってある! つまりリストラ?)
    で実家に帰ったのかと



    598: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 19:24:37.25 ID:W2oewOdD0

    >>597
    うわ考えたら鳥肌立った



    360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:10:22.38 ID:muT7djp80

    友達と廃家に行って押入れ開けたらおばさんが壁に向かって正座してたコピペはマジで怖かった


    361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:11:18.69 ID:Uj4BC8Un0

    >>360
    見たことないなkwsk



    364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:14:30.71 ID:muT7djp80

    あった

    個人的にトラウマな話。家族以外は知らないし、誰にも話したことない。

    うちは転勤族で、子供の時は2~3年おきに引っ越ししてた。
    小3~4年の時住んでたのは京都のとある市だったんだが、アパート(官舎?)の裏は山になってた。
    近所の友達とよく裏山を探検してたんだけど、親から言われてたのもあってあまり奥までは入らなかった。

    ある日、親たちには内緒で、友達3人くらいと裏山の奥まで入ったことがあった。
    多分30分ほど適当に歩いてたら、廃屋があった。別に普通の廃屋だった。
    俺たちはテンション上がって、廃屋の中に入って探索してた。平屋の3LKくらいの間取りだったと思う。

    廃屋のリビングと思われる部屋にエ口本が数冊落ちてて、エ口ガキだった友達たちは歓喜してそれを読んでた。
    俺はまだそこまで興味なかったから、適当に友達がエ口本読んでるのを後ろから見た後に別の部屋を探索した。
    隣の部屋に入ったけど、特に家具とかは無かったと思う。押入れがあるだけだった。
    俺は何となく押入れの襖を開けた。



    365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:14:52.42 ID:muT7djp80

    そしたら押入れの上段に、小太りのおばさん?が後ろ向きに、正座をちょっと崩した感じで座ってた。
    あまりにも予想外すぎて、恐怖とか疑問より、その時の俺は怒られる!ってパニクった。

    でも2~3秒してもおばさんはこっちに背を向けたままだったので、おばさんは俺にまだ気付いてなくて、
    このまま静かに襖閉めればバレないんじゃないか、って思った俺は、静かに襖を閉めようとした。
    で、襖に手をかけた瞬間におばさんが突然振り向いた。
    今でもはっきり覚えてるが、おばさんの顔がヤバかった。

    眼球が無くて、目の部分がぼっこりと黒い穴が開いてた。口開いてたんだけど、歯もなかった。
    そして顔のいたる所から血が流れてた。
    俺は叫んで一目散に家を飛び出た。友達を置いて。
    帰り道の道中はよく覚えてないけど、何とか家まで帰ってきた。
    もう走ってる最中ずっと泣きっぱなしだった。
    家の前まで来ると幾分冷静になったんだけど、親に話そうか迷った。
    話したら怒られると思ったから。「勝手に裏山の奥に行って!」って。
    結局黙ってることにした。もう友達のことなんてすっかり忘れてた。
    で、家帰って、怖いの払拭するためにファミコン始めた。確かDQ3だったと思う。
    俺の家のFCがある部屋には襖がある。DQしてる途中に、襖の方から音が聞こえた気がして振り返ったら、
    襖が少し開いてて、中からさっきの顔面ぐちゃぐちゃのおばさんが見てた。
    俺また絶叫して、台所にいる母親に泣きついた。「押入れにおばさんがいる!」って伝えた。
    母親が俺をなだめた後、ファミコン部屋の押入れを確認に行った。もう俺はただただ怖くて、台所で固まってた。



    366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:15:09.85 ID:muT7djp80

    すぐに母親が、「何もいないじゃない」って言ったから、恐る恐る確認に行った。
    母親は襖を開けたまま「どこにおばさんがいるの?」って聞いてきたけど、
    おばさんはまだ襖にいて、眼球ないのに俺の方を見てた。母親には見えてなかったみたい。
    俺はそこで気絶したらしい。

    それ以来押入れ(のある部屋)がダメになった。旅行先の旅館の押入れにもいた時はマジで困った。
    今も押入れにまだおばさんがいるのかは分かんないけど、怖くて確認できない。てか、したくない。
    今まで3回そのおばさん見たんだけど、見る度に少しずつ押入れから体を出してきてる気がするから。



    368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 17:19:51.74 ID:sE1JLlnt0

    >>366
    >旅行先の旅館の押入れにもいた時はマジで困った。
    ここで吹いた



    590: ぬるっぱち@湯豆腐Lv10 ◆NULL48M.1g 2012/06/16(土) 18:51:56.15 ID:C2z10hdw0

    スレッドタイトルタイトル:2まで息止める


    本文 
    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/01/18(月) 15:48:06.64 ID:Q14sjINt0
    よっしはじめんぞ




    総レス数1
    ■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています



    603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 19:56:11.05 ID:z6eAvY1eO

    霊柩車

    Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。

    気立ての良かったおばあちゃんは、数年前寝たきりになってから、急に偏屈になりそれが元で家族からも愛想を尽かされていました。
    今は介護も食事も雑になり、そのせいで身体が一気に弱り、最後には立ち上がる事もできず、口すらもきけず、ただ布団の中で息をしているだけというような状態になっています。



    604: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 19:57:36.28 ID:z6eAvY1eO

    そんなある日Kさんが2階の部屋で寝ていると、深夜に何回もクラクションの音が響きました。

    Kさんが腹を立ててカーテンをめくって外を見ると、家の前に止まっていたのは大きな一台の霊柩車でした。

    エンジンをかけている様子もなく、ひっそりとしています。
    そしてKさんが見た途端クラクションは止まり、そのまま朝を迎えました。

    ところが朝になってKさんは、両親に昨日のクラクションの話をすると、二人は知らないといいます。
    あれだけの音に気づかないわけはありませんし、両親がそんな嘘をつく理由もないように思われました。




    605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 19:59:30.14 ID:z6eAvY1eO

    Kさんは、あれはもしかしておばあちゃんを迎えに来たのではないかと夢想するようになりました。おばあちゃんは相変わらず「元気」なままでしたが。

    それから毎夜、霊柩車はクラクションの音と共にやって来ました。

    不眠も続き、不気味さでノイローゼ気味になった7日目のことです。
    両親がある用事で親戚の家に出かけなくてはならなくなりました。本当はKさんも行くのが望ましかったのですが、おばあちゃんがいるので誰かが必ずそばにいなくてはなりません。

    両親が出かけてしまうと、Kさんは霊柩車の件もあり、おばあちゃんの部屋には不気味で近寄りもせず、食べさせなくてはいけない昼食もそのままにして放っておきました。



    606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:01:58.47 ID:z6eAvY1eO

    ところが、両親は約束の時間になっても帰って来る気配がありません。

    両親が帰ってこないまま夜中になり、その日もクラクションは鳴りはじめました。
    Kさんがいつもの通りに2階の窓から外を見下ろすと、いつもはひっそりとしていた車から、何人もの黒い服を着た人達が下りてきて、門を開けて入ってくるではありませんか。

    そのうちに階下でチャイムの鳴る音が聞こえました。
    出ないままでいるとチャイムは軽いノックの音になり、しまいにはもの凄い勢いでドアが「ドンドンドンドンドンドン!」と叩かれ始めました。

    パニックで叫びだしそうになった、その時、電話がけたたましく鳴ったのです。

    Kさんは両親からの連絡であることを祈って受話器を取りました。

    「もしもし!もしもし!もしもし!」



    607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:03:50.60 ID:z6eAvY1eO


    「○○さんのお宅ですか」

    意外なことに、やわらかい男の人の声でした。

    「こちら警察です。実は落ち着いて聞いていただきたいんですが、先ほどご両親が交通事故で亡くなられたんです。あのう、娘さんですよね?もしもし、もしもし・・・」

    Kさんは呆然と立ちすくみました。不思議なことにさっきまでやかましく叩かれていたドアは、何事もなかったかのようにひっそりと静まり返っています。

    Kさんは考えました。もしかしてあの霊柩車は両親を乗せに来たのでしょうか?おばあちゃんを連れに来たのでなく?
    そういえば、おばあちゃんはどうなったのだろう?
    その時後ろから肩を叩かれ、Kさんが振り返ると、動けない筈のおばあちゃんが立っていて、Kさんに向かって笑いながらこう言いました。








    「お前も乗るんだよ」



    612: VIPの帝王 ◆koxjyhajbE 2012/06/16(土) 20:18:49.84 ID:ZvCtXgIH0

    >>607
    これ怖いなwww



    608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:12:01.17 ID:XDbSMA9/0

    きやーーーーーーー!!


    609: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:13:12.96 ID:gdxWIOyIO

    こわす(´・ω・`)


    611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:18:06.15 ID:DFd4j6oY0

    稲川ボイスで再生された


    613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:22:20.80 ID:W2oewOdD0

    幼稚園のころ、ころんでひっかき傷つくって泣いてたら同じクラスの女の子に絆創膏をもらったんだ。
    金属の箱に入ったヤツ。5枚ぐらいあった。「全部あげる。無駄使いしちゃだめよ」って。
    家に帰っておふくろに「絆創膏?ケガしたの?」って言われたんで剥がしてみせた。
    ケガなんてどこにもなくなってる。不思議だったけど絆創膏のパワーだと信じた。

    何日かして朝御飯のとき自分のお気に入りの茶碗にヒビが入ってるのを発見。
    ガキの浅知恵だよね。ヒビに絆創膏はってみたんだ。
    ・・・・・・夕飯のときにはがしたら直ってた。
    手押し車にアヒルがついてるおもちゃ。アヒルの首が取れちゃったんだけど
    絆創膏はっておいたらやっぱり直った。

    大切に使わなきゃ、とさすがに事の重大さに気づいた矢先、うちの猫のヤーヤが車にひかれた。
    残ってた絆創膏全部はって、毛布をかけて幼稚園休んで看病した。
    泣き疲れて寝ちゃったんだよね。ヤーヤに顔をなめられて目を覚ました。
    治ってたんだ。傷なんか痕すら残ってない。明日幼稚園いったらミヤちゃんにお礼言わなきゃ。
    「絆創膏くれてありがとう」って。

    幼稚園行って気づいた。ミヤちゃんなんて女の子はいない。
    絆創膏をもらった時以外に彼女をみたことなんてなかった。
    なのに僕は彼女をみたときミヤちゃんだとなぜだか思った。

    そういえばヤーヤを産んですぐに死んでしまった母猫もミヤだった。



    617: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:36:44.04 ID:W2oewOdD0

    若い頃クライミングをしていた時に俺の先輩が最初に教えてくれた言葉が、
    「ペアで登攀中に片方が転落した時は、上の者はできる限りの努力をしろ!ぶら下がっている者は
    上の者を助けるつもりで自分のザイルを切れ!」と教えられた。
    そしてその先輩は2年後俺とのクライミングで自分のザイルを切った・・・

    数年後、俺と後輩が岩壁に登っている最中に俺が転落・・・
    後輩はまだまだ臨機応変にできるほど経験を積んでいなかったので
    俺が「最期は笑って逝ったと嫁と子供に伝えてくれ」と言ってナイフに手をかけた瞬間、
    見覚えのある手が私のナイフを押さえた・・・そう、数年前に自分でザイルを切った先輩の手だった。
    何故かそう感じた。そして次の瞬間後輩がまだ教えてもいない方法で私を助けた。
    上を見た瞬間、後輩の側でザイルを握っているもう1つの手が見えた。

    はっきり言って緊迫した状況だったので幻覚かもしれない。
    そして火事場の馬鹿力を後輩が発揮したのかもしれない。でも俺がナイフを取り出そうとした瞬間に
    押さえた手の感触は紛れも無く先輩だったと10数年経った今でも信じている。



    623: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:45:35.66 ID:XDbSMA9/0

    >>617
    映・画・化・決・定・!



    641: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:02:14.65 ID:M4hem/KBO

    >>617
    泣いた



    625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:48:35.83 ID:W2oewOdD0

    丁度2年くらい前のことです。旅行にいきたいのでバイトを探してた時の事です。
    暑い日が続いてて汗をかきながら求人をめくっては電話してました。
    ところが、何故かどこもかしこも駄目,駄目駄目。
    擦り切れた畳の上に大の字に寝転がり、適当に集めた求人雑誌を
    ペラペラと悪態をつきながらめくってたんです。
    不景気だな、、、節電の為、夜まで電気は落としています。
    暗い部屋に落ちそうでおちない夕日がさしこんでいます。
    窓枠に遮られた部分だけがまるで暗い十字架のような影を
    畳に落としていました。 、、遠くで電車の音が響きます。
    目をつむると違う部屋から夕餉の香りがしてきます。
    「カップラーメンあったな、、」私は体をだるそうに起こし
    散らかった求人雑誌をかたずけました。ふと、、偶然開いたの
    でしょうかページがめくれていました。



    そこには某県(ふせておきます)の旅館がバイトを募集しているものでした。
    その場所はまさに私が旅行に行ってみたいと思ってた所でした。
    条件は夏の期間だけのもので時給はあまり、、というか全然高くありません
    でしたが、住みこみで食事つき、というところに強く惹かれました。
    ずっとカップメンしか食べてません。まかない料理でも手作りの
    ものが食べれて、しかも行きたかった場所。



    627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:49:06.56 ID:W2oewOdD0

    私はすぐに電話しました。

    「、、はい。ありがとうございます!○○旅館です。」
    「あ、すみません。求人広告を見た者ですが、まだ募集してますでしょうか?」
    「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」
    受けつけは若そうな女性でした。電話の向こう側で低い声の男と(おそらくは
    宿の主人?)小声で会話をしていました。私はドキドキしながら
    なぜか正座なんかしちゃったりして、、待ってました。やがて受話器をにぎる
    気配がしました。
    「はい。お電話変わりました。えと、、、バイトですか?」
    「はい。××求人でここのことをしりまして、是非お願いしたいのですが」
    「あー、、ありがとうございます。こちらこそお願いしたいです。いつから
    これますか?」
    「いつでも私は構いません」「じゃ、明日からでもお願いします。すみません
    お名前は?」「神尾(仮名)です」「神尾君ね。はやくいらっしゃい、、、」



    628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:49:29.50 ID:W2oewOdD0

    とんとん拍子だった。運が良かった。。私は電話の用件などを
    忘れないように録音するようにしている。再度電話を再生しながら
    必要事項をメモっていく。住みこみなので持っていくもののなかに
    保険証なども必要とのことだったのでそれもメモする。
    その宿の求人のページを見ると白黒で宿の写真が写っていた。
    こじんまりとしているが自然にかこまれた良さそうな場所だ。

    私は急にバイトが決まり、しかも行きたかった場所だということも
    あってホっとした。しかし何かおかしい。私は鼻歌を歌いながら
    カップメンを作った。何か鼻歌もおかしく感じる。日はいつのまにか
    とっぷりと暮れ、あけっぱなしの窓から湿気の多い生温かい風が
    入ってくる。私はカップメンをすすりながら、なにがおかしいのか
    気付いた。
    条件は良く、お金を稼ぎながら旅行も味わえる。女の子もいるようだ。
    旅館なら出会いもあるかもしれない。だが、何かおかしい。
    暗闇に窓のガラスが鏡になっている。その暗い窓に私の顔がうつっていた。

    なぜか、まったく嬉しくなかった。。理由はわからないが
    私は激しく落ちこんでいた。
    窓にうつった年をとったかのような生気のない自分の顔を見つめつづけた。



    629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:51:34.22 ID:W2oewOdD0

    次の日、私は酷い頭痛に目覚めた。激しく嗚咽する。風邪、、か?
    私はふらふらしながら歯を磨いた。歯茎から血が滴った。
    鏡で顔を見る。ギョッとした。目のしたにはくっきりと墨で書いたような
    クマが出来ており、顔色は真っ白。、、、まるで、、、。
    バイトやめようか、、とも思ったが、すでに準備は夜のうちに整えている。
    しかし、、気がのらない。そのとき電話がなった。
    「おはようございます。○○旅館のものですが、神尾さんでしょうか?」
    「はい。今準備して出るところです。」
    「わかりましたー。体調が悪いのですか?失礼ですが声が、、」
    「あ、すみません、寝起きなので」
    「無理なさらずに。こちらについたらまずは温泉などつかって頂いて構いませんよ。
    初日はゆっくりとしててください。そこまで忙しくはありませんので。」
    「あ、、だいじょうぶです。でも、、ありがとうございます。」
    電話をきって家を出る。あんなに親切で優しい電話。ありがたかった。
    しかし、電話をきってから今度は寒気がしてきた。ドアをあけると眩暈がした。
    「と、、とりあえず、旅館までつけば、、、」
    私はとおる人が振りかえるほどフラフラと駅へ向かった。

    やがて雨が降り出した。
    傘をもってきてない私は駅まで傘なしで濡れながらいくことになった。
    激しい咳が出る。「、、旅館で休みたい、、、、」
    私はびしょぬれで駅に辿りつき、切符を買った。そのとき自分の手を見て驚いた。。
    カサカサになっている。濡れているが肌がひび割れている。まるで
    老人のように。「やばい病気か、、?旅館まで無事つければいいけど、、」



    630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:53:51.15 ID:W2oewOdD0

    私は手すりにすがるようにして足を支えて階段を上った。何度も休みながら。
    電車が来るまで時間があった。私はベンチに倒れるように座りこみ
    苦しい息をした。。ぜー、、、ぜー、、、声が枯れている。
    手足が痺れている。波のように頭痛が押し寄せる。ごほごほ!咳をすると
    足元に血が散らばった。私はハンカチで口を拭った。血がベットリ。。
    私は霞む目でホームを見ていた。
    「はやく、、旅館へ、、、」
    やがて電車が轟音をたててホームにすべりこんでき、ドアが開いた。
    乗り降りする人々を見ながら、私はようやく腰を上げた。腰痛がすごい。
    フラフラと乗降口に向かう。体中が痛む。あの電車にのれば、、、、
    そして乗降口に手をかけたとき、車中から鬼のような顔をした老婆が
    突進してきた。

    どしん!私はふっとばされホームに転がった。老婆もよろけたが
    再度襲ってきた。私は老婆と取っ組み合いの喧嘩を始めた。
    悲しいかな、相手は老婆なのに私の手には力がなかった。
    「やめろ!やめてくれ!俺はあの電車にのらないといけないんだ!」
    「なぜじゃ!?なぜじゃ!?」
    老婆は私にまたがり顔をわしづかみにして地面に抑えつけながら聞いた。
    「りょ、、旅館にいけなくなってしまう!」
    やがて駅員たちがかけつけ私たちは引き離された。
    電車は行ってしまっていた。私は立ち上がることも出来ず、人だかりの
    中心で座りこんでいた。やがて引き離された老婆が息をととのえながら言った。
    「おぬしは引かれておる。危なかった。」そして老婆は去っていった。



    631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:54:14.89 ID:W2oewOdD0

    私は駅員と2~3応答をしたがすぐに帰された。
    駅を出て仕方なく家に戻る。
    すると体の調子が良くなってきた。声も戻ってきた。
    鏡を見ると血色がいい。
    私は不思議に思いながらも家に帰った。

    荷物を下ろし、タバコを吸う。
    落ちついてからやはり断わろうと旅館の
    電話番号をおした。すると無感情な軽い声が帰ってきた。
    「この電話番号は現在使われておりません、、」
    押しなおす
    「この電話番号は現在使われておりません、、」

    私は混乱した。まさにこの番号で今朝電話が掛かってきたのだ。
    おかしいおかしいおかしい。。。
    私は通話記録をとっていたのを思い出した。
    最初まで巻き戻す。

    、、、、、、、、、キュルキュルキュル、、、、、     ガチャ



    633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:54:52.07 ID:W2oewOdD0

    再生
    「ザ、、、ザザ、、、、、、、、はい。ありがとうございます。○○旅館です。」
    あれ、、?私は悪寒を感じた。若い女性だったはずなのに、声がまるで
    低い男性のような声になっている。




    「あ、すみません。求人広告を見た者ですが、まだ募集してますでしょうか?」
    「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」
    ん??
    私はそこで何が話し合われてるのか聞こえた。
    巻き戻し、音声を大きくする。
    「え、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    ・・い、・・・そう・・・・だ・・・・・・・・」
    巻き戻す。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ザ、、、ザ、、ザザ、、、
    、、むい、、、、こご、そう・・・・だ・・・・・・・・」
    巻き戻す。
    「さむい、、、こごえそうだ」
    子供の声が入っている。さらにその後ろで大勢の人間が
    唸っている声が聞こえる。
    うわぁ!!私は汗が滴った。。
    電話から離れる。すると通話記録がそのまま流れる。



    634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:55:32.83 ID:W2oewOdD0

    「あー、、ありがとうございます。こちらこそお願いしたいです。いつから
    これますか?」
    「いつでも私は構いません」、、、

    記憶にある会話。しかし、私はおじさんと話をしていたはずだ。
    そこから流れる声は地面の下から響くような老人の声だった。
    「神尾くんね、、はやくいらっしゃい」



    そこで通話が途切れる。私の体中に冷や汗がながれおちる。
    外は土砂降りの雨である。金縛りにあったように動けなかったが
    私はようやく落ちついてきた。すると、そのまま通話記録が流れた。



    638: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 20:58:56.26 ID:W2oewOdD0

    今朝、掛かってきた分だ。
    しかし、話し声は私のものだけだった。
    、、、、、、
    「死ね死ね死ね死ね死ね」
    「はい。今準備して出るところです。」
    「死ね死ね死ね死ね死ね」
    「あ、すみません、寝起きなので」
    「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」
    「あ、、だいじょうぶです。でも、、ありがとうございます。」

    私は電話の電源ごとひきぬいた。
    かわいた喉を鳴らす。な、、、、なんだ、、、なんだこれ、、
    なんだよ!? どうなってんだ??

    私はそのとき手に求人ガイドを握っていた。
    震えながらそのページを探す。
    すると何かおかしい。      、、ん?



    640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:00:55.14 ID:W2oewOdD0

    手が震える。。そのページはあった。
    綺麗なはずなのにその旅館の1ページだけしわしわでなにか
    シミが大きく広がり少しはじが焦げている。どうみてもそこだけが
    古い紙質なのです。まるで数十年前の古雑誌のようでした。
    そしてそこには全焼して燃え落ちた旅館が写っていました。
    そこに記事が書いてありました。
    死者30数名。台所から出火したもよう。
    旅館の主人と思われる焼死体が台所でみつかったことから
    料理の際に炎を出したと思われる。
    泊まりに来ていた宿泊客達が逃げ遅れて炎にまかれて焼死。

    これ、、なんだ。。求人じゃない。。
    私は声もだせずにいた。求人雑誌が風にめくれている。
    私は痺れた頭で石のように動けなかった。
    そのときふいに雨足が弱くなった。。一瞬の静寂が私を包んだ。


    電話がなっている



    642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:05:57.94 ID:0KWzc2J20

    旅館の続きマダー?


    644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:06:47.92 ID:0KWzc2J20

    おお、これで終わりだったのか


    646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:08:09.03 ID:pnDY1JQC0

    電源抜いてんのに電話が・・・


    651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:11:46.56 ID:TzBnuMdm0

    >>646
    うわあああああああああああああ



    649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:10:49.65 ID:sE1JLlnt0

    漏れにはちょっと変な趣味があった。
    その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
    いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。
    遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
    酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、
    ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
    漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
    だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
    その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら「あ、大きな蛾が飛んでるな~」なんて思っていたら、
    坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
    「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
    満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
    奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
    ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
    なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
    ドアを閉めて、鍵をかけて「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」って怯えていたら、
    ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。
    「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」って心の中でつぶやきながら、
    声を潜めて物音を立てないように、リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
    しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。
    もう、バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、
    ドアをダンダンダンダンダンダン!!って叩いて、チャイムをピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!と鳴らしてくる。
    「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
    心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。
    さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
    数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
    それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
    あいつはいったい何者だったんだ。
    もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。



    655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:17:30.06 ID:z6eAvY1eO

    >>649
    これは怖いな



    668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:34:51.70 ID:DFd4j6oY0

    俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。
    今は利用者もないお寺ね。
    んでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。
    「~、ちょっと来て」と。俺が行くと、同僚の足元に、黒ずんだ長い木箱が置いてたんだわ。

    俺「何これ?」
    同僚「いや、何かなと思って・・・本堂の奥の密閉された部屋に置いてあったんだど、
    ちょっと管理してる業者さんに電話してみるわ」

    木箱の大きさは2mくらいかなぁ。相当古い物みたいで、多分木が腐ってたんじゃないかな。
    表に白い紙が貼り付けられて、何か書いてあるんだわ。相当昔の字と言う事は分ったけど、 凡字の様な物も見えたけど、もう紙もボロボロで何書いてるかほとんどわからない。
    かろうじて読み取れたのは、

    「大正??年??七月??ノ呪法ヲモッテ、両面スクナヲ???二封ズ」

    的な事が書いてあったんだ。木箱には釘が打ち付けられてて開ける訳にもいかず、
    業者さんも「明日、昔の住職に聞いてみる」と言ってたんで、その日は木箱を近くの
    プレハブに置いておく事にしたんだわ。



    670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:37:33.05 ID:DFd4j6oY0

    んで翌日。解体作業現場に着く前に、業者から電話かかってきて、

    業者「あの木箱ですけどねぇ、元住職が、絶対に開けるな!!って凄い剣幕なんですよ・・・
    なんでも自分が引き取るって言ってるので、よろしくお願いします」

    俺は念のため、現場に着く前に現場監督に木箱の事電話しておこうと思い、

    俺「あの~、昨日の木箱の事ですけど」
    監督「あぁ、あれ!お宅で雇ってる中国人(留学生)のバイト作業員2人いるでしょ?
    そいつが勝手に開けよったんですわ!!とにかく早く来てください」

    嫌な予感がし、現場へと急いだ。プレハブの周りに、5~6人の人だかり。
    例のバイト中国人2人が放心状態でプレハブの前に座っている。

    監督「こいつがね、昨日の夜中、仲間と一緒に面白半分で開けよったらしいんですよ。
    で、問題は中身なんですけどね・・・ちょっと見てもらえます?」

    単刀直入に言うと、両手をボクサーの様に構えた人間のミイラらしき物が入っていた。
    ただ異様だったのは・・・頭が2つ。シャム双生児?みたいな奇形児いるじゃない。
    多分ああいう奇形の人か、作り物なんじゃないかと思ったんだが・・・

    監督「これ見てね、ショック受けたんか何か知りませんけどね、この2人何にも喋らないんですよ」

    中国人2人は俺らがいくら問いかけても、放心状態でボーっとしていた(日本語はかなり話せるのに)。



    671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:40:22.30 ID:DFd4j6oY0

    あ、言い忘れたけど、そのミイラは
    「頭が両側に2つくっついてて、腕が左右2本ずつ、足は通常通り2本」という
    異様な形態だったのね。俺もネットや2ちゃんとかで色んな奇形の写真見たこと
    あったんで、そりゃビックリしたけど、「あぁ、奇形か作りもんだろうな」と思ったわけね。
    んで、例の中国人2人は一応病院に車で送る事になって、警察への連絡はどうしようか、 って話をしてた時に、元住職(80歳超えてる)が息子さんが運転する車で来た。開口一番、

    住職「空けたんか!!空けたんかこの馬鹿たれが!!しまい、空けたらしまいじゃ・・・」

    俺らはあまりの剣幕にポカーンとしてたんだけど、住職が今度は息子に怒鳴り始めた。岩手訛りがキツかったんで標準語で書くけど、

    住職「お前、リョウメンスクナ様をあの時、京都の~寺(聞き取れなかった)に絶対送る言うたじゃろが!!送らんかったんかこのボンクラが!!馬鹿たれが!!」

    ホント80過ぎの爺さんとは思えないくらいの怒声だった。

    住職「空けたんは誰?病院?その人らはもうダメ思うけど、一応アンタらは祓ってあげるから」

    俺らも正直怖かったんで、されるがままに何やらお経みたいの聴かされて、経典みたいなので かなり強く背中とか肩とか叩かれた。
    結構長くて30分くらいやってたかな。
    住職は木箱を車に積み込み、別れ際にこう言った。

    「可哀想だけど、あんたら長生きでけんよ」

    その後、中国人2人の内1人が医者も首をかしげる心筋梗塞で病室で死亡、
    もう1人は精神病院に移送、解体作業員も3名謎の高熱で寝込み、俺も釘を足で 踏み抜いて5針縫った。
    まったく詳しい事は分らないが、俺が思うにあれはやはり人間の奇形で、差別にあって恨みを残して死んでいった人なんじゃないかと思う。
    だって物凄い形相してたからね・・・その寺の地域も昔部落の集落があった事も
    何か関係あるのかな。無いかもしれないけど。長生きはしたいです



    672: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:42:16.50 ID:DFd4j6oY0

    ID変わっちゃったけど452です。いきなりブラックアウトして電源落ちたんでビビッた・・・
    俺だってオカ板覗くらいだから、こういう事には
    興味しんしんなので、真相が知りたく何度も住職に連絡取ったんだけど、完全無視でした。
    しかし、一緒に来てた息子さん(50過ぎで不動産経営)の連絡先分ったんで、
    この人は割と明るくて派手めの人なんで、もしかしたら何か聞けるかも?と思い
    今日の晩(夜遅くだけど)飲みに行くアポとれました。何か分ったら明日にでも書きますわ



    675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:49:00.19 ID:pPCMHx350
    673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:44:12.71 ID:DFd4j6oY0

    すんません。直前になって何か「やはり直接会って話すのは・・・」とか言われたんで、 元住職の息子さんに「じゃあ電話でなら・・・」「話せるとこまでですけど」と言う 条件の元、話が聞けました。
    時間にして30分くらい結構話してもらったんですけどね。
    なかなか話し好きなオジサンでした。要点を主にかいつまんで書きます。

    息子「ごめんねぇ。オヤジに念押されちゃって。本当は電話もヤバイんだけど」
    俺「いえ、こっちこそ無理言いまして。アレって結局何なんですか??」
    息子「アレは大正時代に、見世物小屋に出されてた奇形の人間です」
    俺「じゃあ、当時あの結合した状態で生きていたんですか?シャム双生児みたいな?」
    息子「そうです。生まれて数年は、岩手のとある部落で暮らしてたみたいだけど、生活に窮した親が人買いに売っちゃったらしくて。それで見世物小屋に流れたみたいですね」
    俺「そうですか・・・でもなぜあんなミイラの様な状態に??」
    息子「正確に言えば、即身仏ですけどね」
    俺「即身仏って事は、自ら進んでああなったんですか!?」
    息子「・・・君、この事誰かに話すでしょ?」
    俺「正直に言えば・・・話したいです」
    息子「良いよ君。正直で(笑) まぁ私も全て話すつもりはないけどね・・・
    アレはね、無理やりああされたんだよ。
    当時、今で言うとんでもないカルト教団がいてね。
    教団の名前は勘弁してよ。今もひっそり活動してると思うんで・・・」
    俺「聞けば、誰でもああ、あの教団って分りますか?」
    息子「知らない知らない(笑)極秘中の極秘、本当の邪教だからね」
    俺「そうですか・・・」



    674: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:46:05.78 ID:DFd4j6oY0

    息子「この教祖がとんでもない野郎でね。外法(げほう)しか使わないんだよ」
    俺「外法ですか?」
    息子「そう、分りやすく言えば(やってはいけない事)だよね。ちょっと前に真言立川流が、 邪教だ、外法だ、って叩かれたけど、あんな生易しいもんじゃない」
    俺「・・・具体的にどんな?」
    息子「で、当時の資料も何も残ってないし偽名だし、元々表舞台に出てきたヤツでもないし、今教団が存続してるとしても、今現在の教祖とはまったく繋がりないだろうし、
    名前言うけどさ・・・物部天獄(もののべてんごく)。これが教祖の名前ね」
    俺「物部天獄。偽名ですよね?」
    息子「そうそう、偽名。んで、この天獄が例の見世物小屋に行った時、奇形数名を
    大枚はたいて買ったわけよ。例のシャム双生児?って言うの?それも含めて」
    俺「・・・それで?」
    息子「君、コドクって知ってる?虫に毒って書いて、虫は虫3つ合わせた特殊な漢字だけど」
    俺「壺に毒虫何匹か入れて、最後に生き残った虫を使う呪法のアレですか?(昔マンガに載ってたw)」
    息子「そうそう!何で知ってるの君??凄いね」
    俺「ええ、まぁちょっと・・・それで?」
    息子「あぁ、それでね。天獄はそのコドクを人間でやったんだよ」
    俺「人間を密室に入れて??ウソでしょう」
    息子「(少し機嫌が悪くなる)私もオヤジから聞いた話で、100%全部信じてるわけじゃ ないから・・・もう止める?」
    俺「すみません!・・・続けてください」
    息子「分った。んで、それを例の奇形たち数人でやったわけさ。教団本部か何処か
    知らないけど、地下の密室に押し込んで。それで例のシャム双生児が生き残ったわけ」
    俺「閉じ込めた期間はどのくらいですか?」
    息子「詳しい事は分らないけど、仲間の肉を食べ、自分の糞尿を食べてさえ生き延びねばならない期間、と言ったら大体想像つくよね」
    俺「あんまり想像したくないですけどね・・・」



    676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:49:38.78 ID:DFd4j6oY0

    息子「んで、どうも最初からそのシャム双生児が生き残る様に、天獄は細工したらしい んだ。他の奇形に刃物か何かで致命傷を負わせ、行き絶え絶えの状態で放り込んだわけ。奇形と言ってもアシュラ像みたいな外見だからね。その神々しさ(禍々しさ?)に天獄は惹かれたんじゃないかな」
    俺「なるほど・・・」
    息子「で、生き残ったのは良いけど、天獄にとっちゃ道具に過ぎないわけだから、
    すぐさま別の部屋に1人で閉じ込められて、餓死だよね。
    そして防腐処理を施され、即身仏に。
    この前オヤジの言ってたリョウメンスクナの完成、ってわけ」
    俺「リョウメンスクナって何ですか?」

    >>476氏ほど詳しい説明は無かったが、神話の時代に近いほどの大昔に、
       リョウメンスクナと言う、2つの顔、4本の手をもつ怪物がいた、と言う
       伝説にちなんで、例のシャム双生児をそう呼ぶ事にしたと、言っていた。

    俺「そうですか・・・」
    息子「そのリョウメンスクナをね、天獄は教団の本尊にしたわけよ。
    呪仏(じゅぶつ)としてね。
    他人を呪い殺せる、下手したらもっと大勢の人を呪い殺せるかも知れない、とんでもない呪仏を作った、と少なくとも天獄は信じてたわけ」
    俺「その呪いの対象は?」
    息子「・・・国家だとオヤジは言ってた」
    俺「日本そのものですか?頭イカレてるじゃないですか、その天獄って」
    息子「イカレたんだろうねぇ。でもね、呪いの効力はそれだけじゃないんだ。
    リョウメンスクナの腹の中に、ある物を入れてね・・・」
    俺「何です?」
    息子「古代人の骨だよ。大和朝廷とかに滅ぼされた(まつろわぬ民)、いわゆる朝廷からみた反逆者だね。逆賊。その古代人の骨の粉末を腹に入れて・・・」
    俺「そんなものどこで手に入れて・・・!?」
    息子「君もTVや新聞とかで見たことあるだろう?古代の遺跡や墓が発掘された時、
    発掘作業する人たちがいるじゃない。
    当時はその辺の警備とか甘かったらしいからね・・・
    そういう所から主に盗ってきたらしいよ」



    677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:51:38.43 ID:DFd4j6oY0

    >>675
    一応言っておくけどコピペなw

    俺「にわかには信じがたい話ですよね・・・」
    息子「だろう?私もそう思ったよ。でもね、大正時代に主に起こった災害ね、
       これだけあるんだよ」

     1914(大正3)年:桜島の大噴火(負傷者 9600人)
     1914(大正3)年:秋田の大地震(死者 94人)
     1914(大正3)年:方城炭鉱の爆発(死者 687人)
     1916(大正5)年:函館の大火事
     1917(大正6)年:東日本の大水害(死者 1300人)
     1917(大正6)年:桐野炭鉱の爆発(死者 361人)
     1922(大正11)年:親不知のナダレで列車事故(死者 130人)

    そして、1923年(大正12年)9月1日、関東大震災、死者・行方不明14万2千8百名

    俺「それが何か?」
    息子「全てリョウメンスクナが移動した地域だそうだ」
    俺「そんな!教団支部ってそんな各地にあったんですか?と言うか、偶然でしょう(流石に笑った)」
    息子「俺も馬鹿な話だと思うよ。で、大正時代の最悪最大の災害、関東大震災の日ね。 この日、地震が起こる直前に天獄が死んでる」
    俺「死んだ?」
    息子「自殺、と聞いたけどね。純粋な日本人ではなかった、と言う噂もあるらしいが・・・」
    俺「どうやって死んだんですか?」
    息子「日本刀で喉かっ斬ってね。リョウメンスクナの前で。それで血文字で遺書があって・・・」
    俺「なんて書いてあったんですか??」

    日      本      滅      ブ    ベ    シ



    678: これでおしまい 2012/06/16(土) 21:54:33.46 ID:DFd4j6oY0

    俺「・・・それが、関東大震災が起こる直前なんですよね?」
    息子「そうだね」
    俺「・・・偶然ですよね?」
    息子「・・・偶然だろうね」
    俺「その時、リョウメンスクナと天獄はどこに・・・??」
    息子「震源に近い相模湾沿岸の近辺だったそうだ」
    俺「・・・その後、どういう経由でリョウメンスクナは岩手のあのお寺に?」
    息子「そればっかりはオヤジは話してくれなかった」
    俺「あの時、住職さんに(なぜ京都のお寺に輸送しなかったんだ!)みたいな事を
    言われてましたが、あれは??」
    息子「あっ、聞いてたの・・・もう30年前くらいだけどね、私もオヤジの後継いで坊主に
    なる予定だったんだよ。
    その時に俺の怠慢というか手違いでね・・・その後、あの寺もずっと放置されてたし・・・話せることはこれくらいだね」
    俺「そうですか・・・今リョウメンスクナはどこに??」
    息子「それは知らない。と言うか、ここ数日オヤジと連絡がつかないんだ・・・
    アレを持って帰って以来、妙な車に後つけられたりしたらしくてね」
    俺「そうですか・・・でも全部は話さないと言われたんですけど、なぜここまで
    詳しく教えてくれたんですか?」
    息子「オヤジがあの時言ったろう?可哀想だけど君たち長生きできないよ、ってね」
    俺「・・・」
    息子「じゃあこの辺で。もう電話しないでね」
    俺「・・・ありがとうございました」


    以上が電話で話した、かいつまんだ内容です・・・はっきり言って全ては信じてません。
    何か気分悪くなったので今日は落ちますね。連投・長文スマソ。



    679: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:54:53.74 ID:R2jVAyi+0

    ダ   ガ    断     ル 


    159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 14:14:46.85 ID:y59JWxCc0

    【7:46】メリーさんからの着信で起床。「家の前にいる」等とほざいてやがる。おかげで寝起きが悪い。
    【8:02】朝食で使った油の容器にゴキブリが入ってた。気にせず捨てた。今まで気がつかなかった事に腹が立つ。
    【8:36】出勤。ダルい。家を出るときに電話が鳴る。うるせぇシカトだ。
    【9:07】車で走っていると、後ろからババアがダッシュで追いかけてくる。アクセル全開で振り切る。あくびが出た。
    【9:30】デスクに向かっている。下を見ると白い手がオレの足をつかんでいる。ふりほどき蹴りをいれる。大人しくなった。
    【10:39】窓際に立ち空を眺めていると、女が落ちてきて目があった。この不細工が。
    【12:24】交差点を歩いてて、すれ違う時に男が「よくわかったな」と言ってきた。黙れ池沼。
    【14:26】携帯に着信記録16件。かけてみる。「わたしメリーさ…ブチッ…ツーツーツー」
    【16:12】外回りをしているとマスクをした女が声をかけてきた。「わたしきれい?」右ストレートを入れる。うずくまったまま動こうとしない。こっちは急いでるんだよ。
    【17:30】公衆便所に行くと人形が落ちている。「わたしリカちゃん。呪われているの」うるせぇ黙れ。
    【20:32】車で走行中、バックミラーを覗くと上半身だけの女がついてきている。急ブレーキをかけてバンパーにぶつける。もう着いて来ないようだ。
    【21:25】帰宅、着信記録が49件。またアイツか。
    【21:42】ベッドの下に男がいたのでボコって追い出した。大の男が泣くな。
    【22:10】メリーさんからの電話に出る。「わたしメリーさん、今あなたの後ろにいるの」後ろは壁だ。
    【23:34】着信がしつこく鳴り響く。電話線を抜いた。
    【0:12】就寝。今日一日でかなり疲れた。
    【2:40】急に目が覚める。金縛りのようだ。髪の長い女が天井にへばりついて恨めしそうにこっちを見つめている。だが睡魔には勝てない。





引用元タイトル◆お前らがマヂでガクブルした怖い話のコピペ貼ってけ
引用元URL  ◆http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339803842/
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...







お気に入りサイトおすすめ記事
【画像あり】嘘みたいだろ? この青と緑、同じ色なんだぜ……
【震災から1年】 「大津波来た」「ぜってー死ぬなよ」「死なない!愛してる」…亡くなった南三陸町の24歳女性職員、緊迫のメール
おいお前らwww今すぐGoogleで「娘が」って入力しろwww
最近の子供すっげええええええええwwwwwwwwww
通信制高校入ったら想像を超えてたwwwwwwwwwww
【閲覧注意】オカ板で過去最高に盛り上がったスレは何か
絶 対 に 考 え て は い け な い こ と
【画像】俺が震災後に撮った写真をみてくれよ
【画像】「こっちみんな」って言いたくなる画像くれwwwwwww
【閲覧注意】掃除屋やってた時の話
絶 対 に 風 化 さ せ て は い け な い 事 件
【3.11】命を救った人々の話を教えて【東日本大震災】
【画像あり】ドラえもん怖すぎ
海外「日本では動物も忍者か」 レッサーパンダの行動が面白いと話題に 他
ニートなのに結婚したったwwwwwww
偶然リーマンの会話聞いてたんだけど、これどっちが悪いの?
Yahoo知恵袋に投稿された質問が深刻すぎる件
ローラTwitterで豹変ワロタwwwwwwwwww
自販機の裏技発見したったwwwwwwwwwww
女20代年収800万だけど質問ある?
元納豆県民の俺が地震の話する
【画像あり】『ニコニコ超会議』参加の美人女子「オタクの男性、全然イケます」


ネギ速のおすすめ記事











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...